オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
初音ミク -Project DIVA- f公式サイトへ
  • セガゲームス
  • 発売日:2012/08/30
  • 価格:Vitaカード版:7329円(税込)
    ダウンロード版:6600円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
74
投稿数:9
レビューを投稿する
海外での評価
90
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/06/23 20:47

イベント

「Weekender Girl」など新楽曲が初プレイできた,「初音ミク -Project DIVA- f」店頭体験会レポート。開発プロデューサーへの合同インタビューも

初音ミク -Project DIVA- f
 セガから2012年8月30日発売予定のPS Vita用ソフト「初音ミク -Project DIVA- f」店頭体験会が本日(6月23日),東京・秋葉原のヨドバシカメラマルチメディアAkiba(第2エントランス)にて開催された。

 本作は,「歌うようにボタンを押す」という従来作のコンセプトはそのままに,タッチスクリーンを使ったPlayStation Vitaならではの新操作「スクラッチ」を追加した人気リズムゲームシリーズの最新作だ。
 そのほかにも,グラフィックスの強化や新規モジュールの追加,ARモードの実装など,あらゆる面がパワーアップしており,まさに正当進化と呼ぶに相応しい作品へと仕上がっている(関連記事)。

 体験会は全国13か所で行われる予定となっており,本日はその初日となる。記事の末尾にイベント日程を掲載しておくので,興味のある方はぜひチェックしておいてほしい。それではさっそく,体験会の模様をレポートしていこう。


「初音ミク -Project DIVA- f」公式サイト


 筆者が会場であるヨドバシカメラに着いた12:00頃には,すでに試遊台の前は溢れんばかりのプレイヤーで埋め尽くされており,かなり長い行列が作られていた。セガのスタッフによると,体験会は9:30のスタートにも関わらず,8:00の時点で来場者はすでに100人超え。お昼を過ぎた頃には,来場者数は600人を数えたという。とはいえ試遊台は14台ほど用意されていたため,体験会自体にはとくに大きな混乱もなく,スムーズな進行だったようだ。

試遊することでもらえるクリアファイル。裏表で違うデザインとなっている
初音ミク -Project DIVA- f


○当日プレイできた楽曲 ※()はアーティスト名,<>はモジュール名。
  • ODDS&ENDS(ryo)<デフォ>
  • Weekender Girl(k2/八王子P)<パンジー>
  • メランコリック(Junky)<メランコリー>
  • ワールズエンド・ダンスホール(wowaka)<初音ミク 翠玉><巡音ルカ 紅玉>

「ODDS&ENDS」「Weekender Girl」「メランコリック」の3曲がプレイできたのは,この日が初めてとのことだ
初音ミク -Project DIVA- f

 会場では,「初音ミク -Project DIVA- f」の開発プロデューサー林 誠司氏と,6月8日より「Version B」のロケテストも行われている「初音ミク Project DIVA Arcade」の開発プロデューサー大崎 誠氏への合同取材も行われた。まずは林氏へのインタビューからお届けしよう。

大崎誠氏(写真左),林 誠司氏(写真右)

――まず,今回の体験会の感想からお聞かせください。

林氏:
 大盛況なようで何よりです。「初音ミク -Project DIVA- f」の開発は佳境に差し掛かっているのですが,このように多くのお客さまが集まっているのを見ると,本当に励みになります。

――「Project DIVA」シリーズは,これまでPSPで3作品出ていますが,本作はPS Vitaでの初のタイトルとなります。いろいろな新要素があると思いますが,なかでもとくに注目してほしい部分はどこですか?

林氏:
 グラフィックスには当然力を入れています。これまでハードの制限でできなかったこともできるようになりましたし,これまでにあった演出も,大幅に強化されています。それからリズムゲームとして,これまでの要素は残しつつ,新たに「スクラッチ」というVitaならでの遊びを盛り込みました。音に合わせて指を動かすというポイントを,ぜひ楽しんでいただきたいですね。

――「初音ミク -Project DIVA- f」の“f”の意味が気になるのですが,これにはどのような意味が込められているのでしょうか?

林氏:
 最初は「NEXT HATSUNE MIKU Project DIVA」という仮称で発表したのですが,正式タイトルを決めるときにはさまざまな議論がありました。ただ個人的に,あまり長いタイトルにはしたくないという思いがあったので,短く分かりやすいタイトルにたかったんです。
 そんななか,候補として上がったのが“f”なんですよ。いろいろ調べてみたら,“f”始まる言葉って結構多いんですよね。“forte”や“future”とか。なので,総合的に考えて「-Project DIVA- f」がいいんじゃないかということで,決まりました。

――今後はfがらみでグッズ展開なども期待したいですね。

林氏:
 「セガ 初音ミクプロジェクト」という括りで,いろいろな展開を考えています。これから全国で行われるプレイヤー向けにイベントでも大々的にグッズを販売していきますので,今後の情報に期待してください。

――「初音ミク -Project DIVA- f」の全体的なボリュームはどれくらいでしょうか。

林氏:
 曲は30以上,モジュールは80体ほど登場します。モジュールは全部1から作り直してますので,そういう部分も楽しみにしていてほしいですね。

――それでは最後に,プレイヤーに一言お願いします。

林氏:
 「初音ミク」のシリーズは,プレイヤーの皆さんの応援があってこそ続いているシリーズだと思います。ぜひ,これからも応援してください。僕らも全身全霊をかけて面白いゲームをお届けできるように頑張りますので。

――ありがとうございました。

初音ミク -Project DIVA- f

 続いては,大崎氏のインタビューをお届けする。

――7月5日からアーケードタイトル「初音ミク Project DIVA Arcade Version B」の稼働がスタートしますが,「Version B」では実際どのあたりが変わっているのでしょうか?

大崎氏:
 一番大きいのは「ライバルモード」と「PV鑑賞モード」です。PV鑑賞モード自体は今までもありましたが,「Version B」からはスクリーンショットが撮れるようになっています。撮った写真は「DIVA.NET」を通じてアップロード/ダウンロードできるので,ぜひお気に入りの写真を手に入れていただきたいです。
 それから「評価モード」にエクセレントを追加していますし,筐体も白にイメージチェンジしました。細かいところでいろいろ変わっています。

――現在ロケテストが行われていますが,平日でもお客さんが多くいらっしゃってますね。

大崎氏:
 評価システムが変わるので,今のうちに頑張っておこうという思いがあるのかしれないですね(笑)。あと,写真を撮りたい人もいるのかも。
 「初音ミク Project DIVA Arcade」は,本当に数多くの方からご要望をいただいているので,できるだけたくさんの要望にお応えしたいと思っています。どしどしご要望をお待ちしております。

――「初音ミク Project DIVA Arcade」が稼働してから2周年ですが,2周年を迎えての感想などはありますか?

大崎氏:
 もうそんなに経っちゃったか(笑)。最初はすごく不安だったんです。「アーケード版なんて出して大丈夫?」なんて意見もありましたし。でもいざロケテストを迎えたら,予想以上に多くのプレイヤーが集まってくれて。「ああ,良かった!」と一安心したのを覚えています。その後は,より一層アーケード版ならでの要素を大事にしていきたいということで「DIVA.NET」も導入しましたし,ロケテストをお客さんの意見をもらいながらさまざまな部分を改良していきました。
 ここまで来られたのは,本当にプレイヤーの皆さんのおかげだと思っているので,これからも応援してほしいです。楽曲募集も引き続き行っているので,こちらもよろしくお願いします。

――ゆくゆくは「Project DIVA- f」の楽曲が,「DIVA Arcade」に登場することも期待していいのでしょうか。

大崎氏:
 それは当然やっていきます。ただ,「Project DIVA- f」のほうが「DIVA Arcade」より優れている部分もあるんですよ。とくに表情は「Project DIVA- f」のほうが豊かです。なので,そのへんは「DIVA Arcade」が「f」に追随していかなければならない部分だと思います。あとミクって,曲のバリエーションがすごく多いんですよ。まだ「DIVA Arcade」に入っていないジャンルもたくさんあるので,今後はそのへんもぜひフォローしていきたいですね。

――本日はありがとうございました。
 
初音ミク -Project DIVA- f

【『初音ミク -Project DIVA- f』店頭体験会 概要】

■6月23日(土) 09:30〜19:00
 ヨドバシカメラマルチメディアAkiba 第2エントランス(東京都千代田区花岡町 1-1)
■6月30日(土) 13:00〜18:00
 ソフマップなんば店 ザウルス1ソフト館(大阪府大阪市浪速区日本橋 3-6-18)
■7月7日(土) 13:00〜17:00
 ジョーシン ディスクピア日本橋店(大阪府大阪市浪速区日本橋 5-9-5)
■7月7日(土) 13:00〜18:00
 ゲーマーズ名古屋店(愛知県名古屋市中区大須 3-30-40 万松寺ビル1F)
■7月12日(木) 11:00〜17:00
 ソフマップアミューズメント館(東京都千代田区外神田 1-10-8 平岡ビル)
■7月14日(土) 11:00〜17:00
 ヨドバシカメラマルチメディア札幌(北海道札幌市北区北6条西 5-1-22)
■7月15日(日) 12:00〜17:00
 ヨドバシカメラマルチメディア博多(福岡県福岡市博多区博多駅中央街 6-12)
■7月21日(土) 11:00〜17:00
 シータショップ仙台店(宮城県仙台市青葉区一番町 4-5-7 三星ビル)
■7月21日(土) 11:00〜17:00
 ソフマップ大宮店(埼玉県さいたま市大宮区桜木町 2-1-1)
■7月21日(土) 11:00〜17:00
 COMG!吉田店(新潟県燕市吉田樋ノ口 3396)
■7月26日(木) 17:00〜21:00
 GAMESマーヤ葛西店(東京都江戸川区中葛西3-18-17)
■7月29日(日) 13:00〜16:00
 マジカルガーデン清水大坪店(静岡県静岡市清水区大坪 2-6-18)
■8月4日(土)  13:00〜17:00
 100満ボルト金沢本店(石川県野々市市野代 2−11)

「初音ミク -Project DIVA- f」公式サイト

  • 関連タイトル:

    初音ミク -Project DIVA- f

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月28日〜06月29日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
75
鉄拳7 (PS4)
69
2016年12月〜2017年06月