オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Dragon's Prophet公式サイトへ
読者の評価
67
投稿数:24
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/01/31 00:00

ニュース

期待の大型MMORPG「Dragon's Prophet」のイメージイラスト&スクリーンショットをまとめて掲載

 2012年1月18日,アエリアが日本における独占配信権契約を発表した「Dragon's Prophet」のスクリーンショットとイメージイラストをまとめて掲載しておこう。台湾での公開も夏頃の予定と,サービスが開始されるまでにはまだまだ時間がかかりそうな本作だが,現状分かっている情報をまとめつつ,記事では掲載しきれなかった画像素材を掲載しておきたい。

Dragon's Prophet画像集


 まず,スクリーンショットだが,全体にノーマルマッピングが使用されたことでディテール感もあり,かなり今風なグラフィックスになっていることと,靄を多用した空気感のある画面が特徴といえるだろう。靄がソフトパーティクルで処理されているので,不自然なエッジができにくいのは,すでに公開されているムービーを見て感じている人もいるだろう。

Dragon's Prophet Dragon's Prophet
Dragon's Prophet

 グラフィックスは,ゲーム内の天候や時間なども反映されたものとなり,木漏れ日などからのレイシャフトも自動生成されている。また,スクリーンショットだと分かりにくいのだが,雲も1枚絵ではなく,立体感のあるものとなっている。

Dragon's Prophet Dragon's Prophet

 イメージイラストをざっと見て分かるのは空中に浮かぶ島などが多いこと。マップは3次元方向に展開されるものとなる模様。飛空挺のようなものも確認できるが,飛龍を使った移動は必須のものとなりそうだ。

Dragon's Prophet

 Runewakerの人から紹介してもらったときには,キャラクターの移動時には6匹までドラゴンを携行できる模様だった。6匹分のスロットを埋めていると,新規で捕獲できなかったりするので,常用は5匹ということになるのかもしれない。

 このゲームの特徴は,

  • ドラゴン
  • コミュニティ
  • 領地

の3点にまとめられるという。まず,8系統のドラゴンについてまとめ直しておこう。

タンク型 装甲が厚く,積載量が多い
バランス型 各方面でバランスが取れている
スピード型 走行速度が速い。騎乗用か
飛行型 空を飛べる
滑空型 飛行型を使えない一部ダンジョンなどで活躍?
水中型 水中を移動できる
昆虫型 さまざまな種類と能力があるらしい
真龍型 純血の龍に近い。能力は高いがそうそう手に入るものではない

 これらの分類は大枠のものであり,それぞれで多くの種類のドラゴンが存在する。ドラゴンに依存するという「才能」(スキル)も,種類ごとに変わってくる可能性がある。となると,ドラゴンを含めたキャラクタービルドの幅は恐ろしく広いものとなりそうだ。

Dragon's Prophet
 この手のゲームだと,主にゲームバランス上の問題でボスモンスターはペットにできないことが多いのだが,ボスも捕獲できるのかと尋ねると「もちろんです」と答えが返ってきたのが印象的だった。
 ペットにすると小さくなるといったこともなく,そのままのサイズで召喚できるという。さすがに使用できる場面は限定されているが,大規模戦闘時は怪獣大戦争になりそうで今から非常に楽しみである。

Dragon's Prophet Dragon's Prophet Dragon's Prophet

 次の特徴の一つとして挙げられるコミュニティ機能を見ると,まさに革新的なサーバー構成になっていることが分かる。共用サーバーで遊べる内容もかなり多くなりそうなので,サーバーの壁を超えた遊び方ができる。交易所のデータも共有されるので,サーバーごとに物価が違うといったこともなくなる。

Dragon's Prophet
 最後の特徴となる領地だが,フィールド内にプレイヤーが思い思いの家を建てられるというだけでも夢は広がってくる。部屋を割り当てられて,中身を飾るといったルーム機能を持つゲームは多いのだが,実際のゲーム内風景の中に自分の家を持つという体験ができるのだ。仲間と共同で街並みを作っていくこともできる。なんというか,アパートと一戸建ての違いはやはり大きいと言わざるをえない。

 そのほか,オートターゲッティング式の戦闘システムなど,旧作から刷新されている部分は多いのだが,それ以上に目新しい試みが多く搭載されていることが分かるだろう。

 最後に公式ムービーとして,TAIPEI GAME SHOWでのトレイラーがYouTubeで公開されているので,それも参照しておこう。静止画ではなかなか伝えられないドラゴンのぷるぷる具合も感じていただけるだろう。



 Runewakerは,洋ゲーテイストのMMORPGを作って欧米で評価されている稀有な会社である。同社の第1弾であるMysticStoneは,洋ゲーMMORPGの骨格にアジア系MMORPGの利便性を取り入れたような独特の作品となっていた。第2弾となるDragon's Prophetも,公式サイトは英語版で作られるなど,欧米を意識した展開が行われている。欧米とアジアの両方でリリースが予定されているが,現状でアナウンスされているのは台湾以外では日本サービスのみのようだ。アエリアによれば,2012年内のサービスを目指すとのことなので,夏くらいにはもっと詳細な情報も出てくるのではないかと思われる。今後の情報公開に期待しよう。

Dragon's Prophet
Dragon's Prophet Dragon's Prophet
Dragon's Prophet
  • 関連タイトル:

    Dragon's Prophet

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2014/04/15)
Today is The Day
Music
発売日:2013-07-31
価格:935円(Amazon)
amazonで買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月15日〜04月16日