オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
レイトン教授ロワイヤル公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/06/21 18:54

イベント

「レイトン教授ロワイヤル」始まる? ディー・エヌ・エー,レベルファイブ両社の世界戦略とは

左:ディー・エヌ・エー代表取締役兼CEO南場智子氏,右:レベルファイブ代表取締役/CEO日野晃博氏
 すでにお伝えしているとおり,Mobageを運営するディー・エヌ・エーとレベルファイブは,ソーシャルゲーム開発における業務提携を発表した。その第1弾として,Mobageにて「レイトン教授ロワイヤル」を2011年秋頃にリリースする予定となっている。

 発表会では,最初にディー・エヌ・エー代表取締役兼CEO南場智子氏から今回の提携の大まかなスキームが紹介され,今後レベルファイブが持つタイトルを両社共同でソーシャルゲーム化し,X-device,X-border戦略で展開していくという。具体的には,ケータイ版に続いてのスマートフォン版の開発,そして日本以外のMobage Global,Mobage Chinaなどでの世界展開である。

レイトン教授ロワイヤル レイトン教授ロワイヤル

レイトン教授ロワイヤル
 提携に際して,レベルファイブ代表取締役/CEO日野晃博氏は,レベルファイブとディー・エヌ・エーを「よく似た会社」と表現。近年,コンシューマゲーム界で急速にビッグネームとなり,世界一のブランドを目指すレベルファイルブと,このところソーシャルゲームで一躍注目を浴び,グローバルでNo.1を目指すというディー・エヌ・エーは,社風的にも似たところがあったようだ。それでいて,それぞれが持つスキルセットは大きく違い,お互いに補完できる存在であるとしている。
 日野氏は,近年のソーシャルゲームのインパクトについて語り,同社にはソーシャルゲームを作るスキルに欠けているとし,業界No.1のディー・エヌ・エーと協業という流れになったようだ。

ディー・エヌ・エー取締役兼COO守安 功氏
 また,6月26日から現在の南場氏から代表取締役を引き継ぐ予定となっているディー・エヌ・エー取締役兼COO守安 功氏は,急成長を続けてきた同社の「課題」として,多様性を挙げ,現在主力のフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)では,どうしてもゲームが似たり寄ったりになってしまうとしていた。それがフィーチャーフォンの低機能性に起因するのかはともかくとして,レベルファイブが持つグローバルで通用する各種ゲームIPと企画力には多大な期待を寄せており,今後プラットフォームとしてグローバルNo.1を目指すとともに,自社提供タイトルでもグローバルでNo.1を目指すと語っていた。

 提携の第1弾では,「お互いのNo.1タイトルを出す」(日野氏)という妥協のない戦術で「レイトン教授ロワイヤル」というものに決まったという。これは,怪盗ロワイヤルのグラフィックスがレイトン教授になっただけではなく,これまでのソーシャルゲームには見られない新しいタイプのゲームが模索されたものとなっている。

レイトン教授ロワイヤル レイトン教授ロワイヤル

レベルファイブプロデューサー小倉 健氏
 ゲーム内容については,レベルファイブプロデューサー小倉 健氏から簡単な紹介が行われたのみだが,分かっている範囲で紹介してみよう。
 ゲームコンセプトは,「レイトン教授の世界に入り込む」ことだ。プレイヤーはゲーム開始時にキャラクターと,
  刑事
  犯人
  市民
といった役割を割り振られることになる。これは毎回違ったものが割り振られるという。そして,
  刑事:犯人を捜す
  犯人:操作を撹乱する
  市民:犯人逮捕に協力する
といった目的を持ってゲームを進めていく。市民と犯人は,犯人本人以外には判別は不可能で,それぞれ他人に「容疑をかける」といった操作で刑事に協力したり,捜査の撹乱をしたりすることになる。
 これが具体的にどういった流れになるのか,課金アイテムなどはどこで使うのか,ソーシャル性はどう活かされるのかなどといった部分はまだ見えてこないのだが,これまでにない感じのソーシャルゲームゲームになりそうなことはお分かりだろう。
 なお,レベルファイブでは,今後レイトン教授以外のタイトルでもソーシャルゲーム化を進めていくという。具体的なタイトル名は明かされなかったが,すでに検討中のようだ。また,既存タイトルではなく,ソーシャルゲーム向けにレベルファイブが企画した新作ゲームなどといったものにも意欲を見せていた。

レイトン教授ロワイヤル レイトン教授ロワイヤル

 ディー・エヌ・エーでは,2011年度の日本国内におけるケータイソーシャルゲーム市場は2000億円規模と推定されているという。グローバルで見ると,携帯電話用のソーシャルゲーム市場はかなり小さいようだが,今後はスマートフォンなどでどんどん拡大していくと予想しており,表現力の上がるスマートフォン向けソーシャルゲームが主戦場となるとみなしているようだ。それに勝ち抜くためのコンテンツ力の充実が求められるのは当然で,既存IPの囲い込みは,かなり分かりやすい展開であろう。ゲーム業界各社とも近年のソーシャルゲームの動きには注目をしているところが多く,今後レベルファイブに続く提携企業なども出てくるかもしれない。今後の両社の動きのみならず,業界の動向に注目したいところだ。

  • 関連タイトル:

    レイトン教授ロワイヤル

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月24日〜04月25日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年10月〜2017年04月