オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Dragon's Dogma公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2012/05/24
  • 価格:通常版:7990円 / イーカプコン限定版:1万1990円(いずれも税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
87
投稿数:59
レビューを投稿する
海外での評価
78
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/03/30 20:04

イベント

「Dragon's Dogma」では,油瓶を投げつけ炎の弓でサイクロプスを炎上させることも可能。RPG要素もたっぷり紹介された,メディア向けプレゼンをレポート

 2012年5月24日発売予定のPlayStation 3/Xbox 360用ソフト「Dragon's Dogma」(ドラゴンズドグマ)のメディア向けプレゼンテーションが,本日(2012年3月30日)カプコン東京支店にて実施された。

 オープンワールドアクションである本作では,ドラゴンに心臓を奪われ“覚者”となった主人公による,ドラゴンを倒す冒険の旅が描かれる。
 本作はハイ・ファンタジーの世界を冒険できるのが特徴で,キメラ,グリフィン,ハイドラ(ヒュドラ),サイクロプス,ゴブリン,ハーピー,リザードマンといった登場モンスター達は,ギリシア神話などを原典としたイメージが,そのまま再現されている。

「Dragon’s Dogma」公式サイト


 今回は,本作のプロデューサーであるカプコンの小林裕幸氏が,本作の気になる要素を実機デモでプレゼンしてくれた。今まで明らかにされなかったシステム面なども判明したので,本稿ではその模様をレポートしよう。
 なお4Gamerでは,“ゲームアーカイブス700本突破記念企画”において,小林氏にインタビューを実施しており,その中で「Dragon's Dogma」についても,いろいろと語ってもらっている。本作に興味を持っている人は,ぜひ合わせてチェックしてほしい。

「Dragon's Dogma」プロデューサーの小林裕幸氏
実機デモを担当した,プランナーの鈴木良太氏

 プレゼンの前に上映されたのは,B'zによる本作の主題歌「Into Free -Dangan-」をBGMにゲームシーンが収録されている本作のトレイラーだ。「Into Free -Dangan-」の歌詞は全編英語で,実際にゲーム内のオープニングなどでも流れるようになっている。
 小林氏によれば,アーティストにB'zを起用したのは,より多くの人に本作のことを知ってもらいたい,という狙いも込められているそうだ。


装備の重ね着ができるなど,こだわりのシステムが判明


Dragon’s Dogma
Dragon’s Dogma
 拠点となる街では,装備品の購入,転職,スキルの習得といったことが行える。
 本作の世界には時間の流れが存在し,ゲーム内のキャラクター達も,時間の流れに沿って“生活”をしている。ちなみに,ゲーム内の1日は,実時間で1時間弱相当になるそうだ。
 街中にいるNPCと会話したり,プレゼントをあげたりすることで好感度が上下し,好感度が上がると,新しいクエストが出現することがある。街中には掲示板もあり,クエストはここで受注することになる。なおクエストは,同時に複数受注できるようになっている。
 小林氏によれば,ゲーム内でメインクエスト/サブクエストといった区別はあえて表示させておらず,ストーリーの進行に影響するようなクエストは,「なんとなく分かる」ような形にしているとのこと。

Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma

 本作には,ファイター/ストライダー/メイジという基本職,ウォリアー/レンジャー/ソーサラーという上級職,ミスティックナイト/アサシン/マジックアーチャーという混成上級職,計9つの職業が用意されている。主人公は9つの職業すべて,メインポーンは混成上級職を除く6種類の職業で転職が可能だ。転職は,街の“組合宿”で行い,転職時には“ジョブポイント”を消費する。
 また,街の組合宿では,メインポーンのAI傾向や言葉遣いなどをカスタマイズできる。組合宿でポーンと対話することで,戦闘時の行動などを設定できる。

Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma

主人公(とメインポーン)は,キャラクターメイキングで自分好みに名前,性別,体型,髪型,髪色,瞳の色などをカスタマイズできる。また,ゲームが始まってからも,髪型や髪色,瞳の色などは,理髪店でゲーム内通貨を支払えば,変更が可能だ
Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma

Dragon’s Dogma
 武器や防具にはレベルの概念が存在し,素材とお金を払って強化ができる。今回のプレゼンでは,少なくとも強化が3段階あることが確認できた。なお,強化に必要な素材は,フィールドやモンスターから入手が可能とのこと。
 防具は,頭/胴/腕/脚/アクセサリーの5部位に分かれており,胴や脚では,アウターとインナーが存在することが確認できた。たとえば,鎖帷子の上にプレートメイルを着用するというように,重ね着も可能。ただし,装備品の総重量が重くなると,スタミナゲージの消耗が激しくなるといったデメリットもあるので,注意が必要だ。
 また,購入済みの装備の交換は,基本的に組合宿で行うことになるが,予備武器を冒険に持っていけば,装備の変更もできる模様。ただ,予備の武器を持つことでも総重量が重くなるため,スタミナゲージの消耗が激しくなるとのこと。

Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma
Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma
Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma

Dragon’s Dogma
 本作には,職業ごとにさまざまなスキルが用意されており,街でスキルを習得することができる。こちらも転職と同様,習得時には,ジョブポイントを消費することになる。
 習得したスキルは,○/△/□ボタンに割り当てることで,戦闘時に使用が可能。メインとサブの切り替えもできるため,合計6個のスキルを戦闘時に割り当てられる。

 なお,今回デモで使われたスキルの中には,ポーンを空中高くに放り投げるというものがあった。たとえば,ハーピーのような空を飛ぶモンスターにこのスキルを使えば,ジャンプしたポーンが空中でモンスターを捕まえて地上に落とす,といった使い方もできるようだ。

Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma

小林氏によれば,フィールド同様,街中で武器を振り回すこともできるが,街の住民に攻撃が当たると,衛兵に捕まってしまうそうである。ちなみに,「つかむ」アクションでNPCを肩に担ぎ,別の場所に連れて行くといったこともできる
Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma



人に“貸した”ポーンが他プレイヤーとの冒険の“知識”や装備を持ち帰ることも


 本作では,主人公が“ポーン”と呼ばれる仲間達と,最大4人のパーティを組んで冒険する。このうち,主人公と“メインポーン”は基本的に固定。残り2人の“サポートポーン”は,街のあちこちにいるポーンをスカウトしたり,“リム”と呼ばれる石で好みのポーンを召喚したりして,仲間に迎えることになるのだ。

 なお,自分のメインポーンを,PlayStation NetworkやXbox LIVEなどにログインした状態で“共有”すれば,オンラインに接続した他プレイヤーが,それを自分のサポートポーンとして雇えるようになる。これは同期ではなく,“共有”をしたタイミングのデータのコピーを,それぞれのプレイヤーが借りる,という形だ。

 人に貸してもポーンのレベルは上がらないが,他プレイヤーと冒険した地域や戦ったモンスターの知識は蓄積される。
 雇ったプレイヤーが,再びオンラインに接続するとデータが更新され,その後,自分がオンラインに接続すれば,マイゲームのメインポーンに,他プレイヤーと冒険したデータが反映される,という感じだ。
 たとえば,自分が初めて戦うモンスターであっても,メインポーンが他プレイヤーと一緒に戦った経験を持っていれば,そのモンスターの弱点を教えてくれることもある,というわけだ。

 なお,ポーンの貸し借りを通じて,友達に装備をプレゼントすることもできるという。
 小林氏によれば,他プレイヤーから借りたポーンの装備を変更することも可能で,変更した状態で“返却”すると,貸し出したプレイヤーのもとには,そのときポーンが着ていた装備が手に入る,ということらしい。
 ちなみに,身ぐるみ剥いでの“返却”もできるようだが,その状態で“返却”されても,自分のゲームから装備がなくなるようなことはない。もともとの装備品は,装備を脱がせた時点でオーナーの手元に戻るそうなので,安心してほしい。

 そのほか小林氏からは,ポーンのスカウトについての話も出た。氏曰く,主人公のレベルと同程度のポーンであれば,気軽にスカウトできるが,レベルが高いポーンをスカウトするには,コストがかかるそうだ。
 小林氏は,オンラインに接続すれば,ほかのプレイヤーのメインポーンを,サポートポーンとして雇用できるが,データを更新してあまりにレベルに差がついた場合,そのポーンを借りられなくなる可能性があるとも話していた。詳細までは語られなかったが,主人公より高レベルのキャラを借りるには,何かしらの制限がつく,といったところだろうか。
 ちなみに,PlayStation NetworkやXbox LIVEでフレンド登録しているユーザー間の場合,ポーンの雇用にコストはかからないとのことだ。

今回のデモ機で表示されていた画面では,スカウト候補となるポーンのステータスに,レベルが40,コストが「0 R」であると表示されていたので,単純にレベルに応じたコストがかかるわけではなさそうだ。主人公のレベルが40だったので,サポートポーンのレベルが,プレイヤーレベルと同じかそれより低い場合はこのコストが0になり,プレイヤーレベルより高い場合はコストがかかる――という推測もできる。実際にゲームをプレイできるようになったら,ぜひ確認したいところだ
Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma

アクション要素はテンポの良さと戦略性の高さが好印象


 今回のプレゼンでは,とある丘陵地帯のような場所で,ゴブリンの集団およびサイクロプスと戦うという,フィールドでの戦闘デモも行われた。
 まず,ゴブリンとの戦闘では,主人公が火薬の詰まったタルを投げて爆発させたり,ゴブリンを抱え上げて崖から投げ飛ばしたりと,「つかむ」アクションでできるさまざまなことがさり気なく行われていた。
 パーティの仲間も,遠くから魔法で攻撃するポーンがいれば,集団の中に突っ込んでいくポーンがいたり,ふと見るとゴブリンを羽交い絞めにしているポーンがいたりと,皆が生き生きと戦っている印象だ。

Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma
Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma

Dragon’s Dogma
Dragon’s Dogma
 続くサイクロプス戦では,バリスタを撃って遠くからダメージを与えたあと,崖から滑り降りて接近戦に突入,という感じの流れだったのだが,ゴブリン戦からそのままスムーズに移行していた。
 主人公達は「つかむ」アクションで,人間の数倍もの身の丈があるサイクロプスの体をよじ登り,頭などに攻撃する。実際(?)であれば当たり前のような動作を,ゲームで違和感なく再現しているというのは,かなり新鮮に感じられた。
 また,今回は主人公が持っている“油瓶”をサイクロプスに当て,そのあと炎の矢を射って,サイクロプスを炎上させるという実演も行われた。アイテムのバリエーションがどれだけあるのかは不明だが,戦闘一つをとっても,さまざまなアプローチが行えそうである。

 なおサポートポーンは,主人公と一緒に戦ってくれるのだが,力尽きることもある。ただ,主人公が近寄って触れる(○ボタンを押す)だけで,何度でも復活できるという安心仕様になっているのだ。
 つまり,戦うのはポーン達に任せ,主人公は指示だけ出して,彼らが力尽きたときだけ手助けする,というような,高みの見物的な戦い方もできるというわけだ。
 ちなみに,本作にはスクリーンショットの撮影機能が用意されており,ゲーム中いつでも記念撮影が可能だ。撮影したスクリーンショットは,PS3/Xbox 360本体に保存される。

Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma
Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma

 そのほか,Webサービスで,自分のメインポーンの画像などをアップし,世界中にアピールができる「Pawn Community」が用意されることも明らかにされた。
 これは撮影したスクリーンショットとともに,レベル/ジョブ/スキルといったデータを入力して投稿するというもの。投稿されたデータは,さまざまな条件で絞って検索することも可能だ。また,自身のFacebookページやTwitterでも共有できる(※Xbox 360版はFacebookのみ)。

Dragon’s Dogma Dragon’s Dogma

 今回のプレゼンで紹介された内容は,以上ですべてだ。最後に,小林氏への質疑応答が行われたので,その内容をざっとまとめておこう。

 まず,本作のフィールドの広さについての質問が出た。具体的な数字での回答ではなかったが,端から端まで横断するのに,実時間で4時間ほどかかるとのこと。アクションゲームということもあり,キャラクターの移動スピードはけっこう速かったので,かなり広いフィールドであると思われる。移動をショートカットできる乗り物のようなものは基本的にないが,指定したポイント(※複数指定可能)に一瞬で移動できるアイテムは用意されているそうだ。
 また,ゲームクリアまでどれくらいかかるかという質問に対しては,「クリアに最短で50時間程度」かかるとの答えが返ってきたので,ボリュームは相当期待できそうである。

 今回は,残念ながら実際にプレイすることはできなかったが,RPG要素がふんだんに用意され,アクション要素も,カプコンらしいテンポの良いものに仕上がっているという印象を受けた。戦士系と魔法使い系の職業では戦い方もがらりと変わるため,やり込みがいもありそうだ。
 配信日は未定だが,本作の体験版の配信が決定している。体験版で作成したキャラクターは,製品版に引き継ぐことができる。本作に興味を持った人は,配信されたらぜひプレイして,「Dragon's Dogma」の世界をその目で確認してほしい。

「Dragon’s Dogma」公式サイト


※(4月2日18:00頃)メーカーからの依頼に伴い,一部文章を修正しました。

  • 関連タイトル:

    Dragon's Dogma

  • 関連タイトル:

    Dragon’s Dogma

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月23日〜06月24日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
75
鉄拳7 (PS4)
69
2016年12月〜2017年06月