オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/08/31 18:31

ニュース

「CEDEC AWARDS 2011」の受賞者発表。「特別賞」にはゲームフリークの田尻 智氏とポケモンの石原恒和氏。「著述賞」には中嶋謙互氏がそれぞれ受賞

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称,CESA)は本日(2011年8月31日),過去に発売されたコンピュータエンタテインメントに関わる技術とその開発者を表彰する「CEDEC AWARDS 2011」の授賞者を発表した。コンピュータエンターテインメント開発全般に貢献した人を表彰する「特別賞」には,ゲームフリークの代表取締役である田尻 智氏と,ポケモンの代表取締役社長である石原恒和氏が,またゲーム関連書籍で優れた業績を残した人に贈る「著述賞」には,中嶋謙互氏が選ばれた。

 授賞式は,2011年9月6日〜8日,パシフィコ横浜で開催される「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス 2011」(略称,CEDEC 2011)のイベントとして,会期2日めとなる9月7日に行われる。
 各受賞者の受賞理由,およびCEDEC AWARDS 2011については,公式サイトおよび以下のリリース文を参照してほしい。

「CEDEC AWARDS 2011」公式サイト


日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス
CEDEC 2011


優れたコンピュータエンターテインメント制作技術の開発者を
称える『CEDEC AWARDS 2011』
特別賞に田尻 智氏・石原恒和氏、著述賞に中嶋謙互氏が決定
開幕まで一週間。本日、受講申込締切。

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:和田洋一、所在地:東京都港区西新橋)では、本年、9月6日(火)から8日(木)までの3日間、「パシフィコ横浜」(神奈川県横浜市)において、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス『コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス 2011』(略称:CEDEC 2011 CEDEC=セデック:Computer Entertainment Developers Conference)を開催します。

 このほど、CEDEC運営委員会では、CEDECイベントとして開催する過去に発売されたコンピュータエンターテインメントに関わる技術およびその開発者を表彰する『CEDEC AWARDS 2011』(http://cedec.cesa.or.jp/2011/event/awards/index.html)のうち、コンピュータエンターテインメント開発全般に貢献した方を表彰する「特別賞」に株式会社ゲームフリーク代表取締役・田尻智氏ならびに株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏を、ゲーム関連書籍の著者に贈る「著述賞」に中嶋謙互氏を決定しました。授賞式は、CEDEC 2011会期2日目の9月7日(水)にCEDEC会場のパシフィコ横浜にて実施します。


■特別賞

田尻 智 氏(株式会社ゲームフリーク 代表取締役)
石原 恒和 氏(株式会社ポケモン 代表取締役社長)

授賞理由:遊びの本質を見失わず、かつ、たゆまぬ進化を続ける本格的なゲームデザイン

日本を代表するコンピューターゲームのひとつ「ポケットモンスター」シリーズは、ゲームボーイ用に1996年に発売されて以来、たゆまぬ進化を続けています。そのゲームデザインは、昆虫採集など昔からある子供たちの遊びをゲームの中で表現したものであり、ゲームデザイナー田尻氏の実体験に基づくものです。「ポケットモンスター」シリーズは、田尻氏のゲームデザインを基に進化し続け、現在も多くのユーザーに愛されています。ファンタシーから再生産されたファンタシー全盛の現代において、このようなゲームデザインに対する骨太のアプローチは範とすべきものです。

また、田尻氏の創作物である「ポケットモンスター」シリーズを、真正面からプロデュースし続ける石原氏の姿勢、業績もまた見習うところが多くあります。「ポケットモンスター」シリーズが、日本のみならず世界中の子供たちを魅了し続けているのは、その優れたゲーム性と併せ、プロデュースにおけるゲームに対する実直な姿勢があればこそでしょう。

派手な変化ばかりが目立ちがちな風潮の中、長年に渡り、様々なメディアを通して多くの子供たちに楽しみを提供し続ける業績を評します。


■著述賞


中嶋 謙互 氏

授賞理由:オンラインゲーム開発技術を取り扱った、本格的な技術書の著述

中嶋謙互氏による 624 ページの大著「オンラインゲームを支える技術 −壮大なプレイ空間の舞台裏−」(技術評論社刊)は、著者が長年にわたりオンラインゲームの技術開発を続けてこられた実体験に基づく本格的な技術書です。

その内容は、インターネットの基礎から始まり、ソケットプログラミング、非同期動作のためのプログラミングテクニック、オンラインゲーム特有の技術的問題まで幅広く、かつ深くカバーしています。

ゲーム開発に携わった日本人の著者により、このような、世界に通用するレベルの技術書が生み出されたことを高く評価します。


 CEDEC AWARDSは、2008年に初めて開催し、本年で4回目となります。本賞は、ゲームソフト等のタイトルそのものでなく、コンピュータエンターテインメント開発の進歩へ顕著な功績のあった技術にフォーカスし、技術面から開発者の功績を称え表彰することで、開発者全体の士気高揚を図ると同時に、開発技術の普及・啓蒙とコンピュータエンターテインメント産業全体の発展を目指しています。

 今回発表する「特別賞」「著述賞」のほか、去る7月19日には、「プログラミング・開発環境」「ビジュアル・アーツ」「サウンド」「ネットワーク」「ゲームデザイン」の5部門に各5つ合計25の個人とグループの優秀賞を発表しました。この25の個人とグループの中から CEDEC 2011受講申込者の皆様と、CEDEC運営委員会の投票により、栄えある各部門の最優秀賞授賞者各1名が決定され、9月7日(水)に発表・授賞式が行われます。

 CEDEC 2011は、9月6日(火)の開幕まで一週間となり、本日8月31日(水)が受講申込の締切りとなりました。受講登録は、3日間有効ですべてのセッション、イベントに参加できる[レギュラーパス]、会期中1日のみすべてのセッション、イベントに参加できる[デイリーパス]、会期中一日のみ一部のセッションとイベントに参加できる[エキスポパス]の3種類。詳しくは、公式WebサイトURL http://cedec.cesa.or.jp/2011/application/index.htmlにてご説明と、受講申込を受け付けております。
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月23日〜11月24日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
2017年05月〜2017年11月