オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ブラック★ロックシューター THE GAME公式サイトへ
  • イメージエポック
  • 発売日:2011/08/25
  • 価格:通常版:6279円(税込) 限定版:1万479円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
50
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/03/23 13:16

イベント

イメージエポックの御影氏がCHAN×COさんと組んでNGPか3DSで新作を出すと約束!? 「ぷちっと★ロックシューター」リリース記念生放送のレポートと放映後のショートインタビューを掲載

写真左から司会のメガネ氏,イメージエポック代表取締役の御影良衛氏,今井麻美さん。御影氏は生放送中,開発スタッフが仕事中にPCの小さなウインドウでコソコソとゲームを遊んでいる姿を見て,本作を作ることにしたと,開発のきっかけとなったエピソードを紹介
ブラック★ロックシューター THE GAME
 2011年3月9日,ニコニコ生放送の番組「『ぷちっと★ロックシューター』リリース記念SP」が放映された。
 これは,同じく3月9日にリリースされた,ニコニコ動画・ニコニコ生放送を視聴しながらプレイできるというニコニコアプリ「ぷちっと★ロックシューター」を特集した番組で,開発元であるイメージエポック代表取締役である御影良衛氏,声優の今井麻美さんらが出演した。
 掲載までに間が空いてしまったが,ここでは,延べ3万2000人以上が視聴し,5万1000以上のコメントが寄せられるなど大盛況となった番組の模様と,御影氏が電撃発表(?)を行った,放映終了後の合同インタビューをお伝えしていこう。

ニコニコ生放送「『ぷちっと★ロックシューター』リリース記念SP」番組URL


 「ぷちっと★ロックシューター」は,イラストレーターのhukeさんが描いた1枚のイラストに始まり,フィギュアやアニメ,そしてゲームと多方面に展開されている「ブラック★ロックシューター」プロジェクトの一環として誕生したブラウザゲーム。
 開発を手がけたのは,2010年11月に「新作発表会 兼 JRPG宣言決起会」を開催し,パブリッシャ事業への参入を表明した,イメージエポック。同社が開発中の「ブラック★ロックシューター THE GAME」(PSP)とはまた違った世界観の作品となっている。

 番組に出演したのは,御影氏およびゲーム内で“とあるキャラ”のボイスを担当している今井さんで,司会はニコニコ動画運営スタッフのメガネ氏が行った。また,本作のキャラクターデザインを担当したイラストレーターのCHAN×COさんも,スタジオでイラストを描きながら動画にコメントを投稿する,という形で参加していた。

 放送では,実際に「ぷちっと★ロックシューター」をプレイしながら具体的なゲーム内容を紹介する予定だったのだが,生放送なのに「ぷちっと★ロックシューター」にログインできないというトラブルが発生。
 実は放送開始前から「ぷちっと★ロックシューター」のサービスが緊急メンテナンスに入っており,スタジオからは開発テスト用のサーバーへ接続する予定だったのだが,なんとこちらのサーバーも緊急停止してしまったとのこと。
 急遽予定を変更し,CHAN×COさんの描いた生イラスト色紙を紹介しながらのフリートークがスタート。
 まったく先の見えないハラハラとした場面が続く中,CHAN×COさんの「つながれー!」というメッセージ入りのイラストを紹介したタイミングで,その想いが通じたのか,テスト用のサーバーが復旧。今井さんがログインに成功したときは,出演者が揃って大歓声を上げていた。

ブラック★ロックシューター THE GAME ブラック★ロックシューター THE GAME
ブラック★ロックシューター THE GAME

ブラック★ロックシューター THE GAME
 そのあとは,実際に今井さんがゲームの序盤をプレイしつつ,御影氏がゲームの内容を紹介。
 「ぷちっとRPG」と銘打たれた本作の目的は,プレイヤーがバウンティハンターとなり,“ぷちっと星人”を捕まえて監禁(?)すること。
 CHAN×COさんによる可愛らしいデザインが印象的だが,その見た目とはギャップのあるゲーム内容,また“戦っていると自分のキャラクターの服が壊れて,脱げてしまう”という大胆な仕掛けなどは,さすが「クリミナルガールズ」(PSP)を手がけたイメージエポックと言うべきか。

今井さんがボイスを担当しているキャラクターはまだ明かされていない。ちなみに,公式サイトに掲載されている,セクシーな外見の「グレートぷちっと星人」は,「CV:???」となっているが,果たして……?
ブラック★ロックシューター THE GAME

 放送の最後には,全問正解者の中から,抽選でCHAN×COさんの直筆イラスト色紙が当たるという,視聴者参加型の勝ち抜きクイズ大会が行われた。こちらは,出題中に御影氏が巧みなブラフで視聴者を惑わせたため大混戦になったが,白熱した戦いを見せていた。

ブラック★ロックシューター THE GAME

こちらは,CHAN×COさんが描いた今井さんの似顔絵イラスト。短時間で描いたとは思えない力作ぶりに,今井さん本人も感嘆の声を上げていた
ブラック★ロックシューター THE GAME ブラック★ロックシューター THE GAME

 生放送中の思わぬトラブルに見舞われた今回の放送。しかし,その原因はニコニコアプリへのアクセス集中が主な原因ということで,「ぷちっと★ロックシューター」に対する注目度の高さが証明されたともいえるだろう。

ブラック★ロックシューター THE GAME

 大盛況となった生放送の終了後,御影氏とCHAN×COさんを囲んで,メディア合同のインタビューが行われたので,本稿の締めとして掲載する。
 「ぷちっと★ロックシューター」における今後のアップデートの予定や,御影氏とCHAN×COさんの間で新作を作る約束が交わされるなど,かなり濃い情報が詰まっているので,ぜひ最後まで読み進めてほしい。

――お疲れさまでした。生放送中にサーバートラブルがあるなど,本当に大変な番組になりましたね

御影氏:
 いやあ,心底疲れました……。
 バグを発見したので緊急メンテナンスを行ったところ,バグ自体はすぐに修正できたのですが,サーバーへのアクセスが予想の数倍となってしまい,プレイできない状況が続いております。申し訳ございません。
 メンテナンスの開始前にプレイしていただいていた方には,お詫びのアイテムをプレゼントさせていただこうと思っております。

該当の緊急メンテナンス前に登録を行ったプレイヤーへのプレゼントとなる,目の炎アクセサリ「BRSの目黄」。なおアクセサリは,宇宙船内の「ものもの」アイコンで確認できる
ブラック★ロックシューター THE GAME ブラック★ロックシューター THE GAME ブラック★ロックシューター THE GAME

――「ぷちっと★ロックシューター」は,今後どのように展開されていくんでしょうか?

御影氏:
 「ぷちっと★ロックシューター」は,3月16日から25日の間に実装する「フレンド機能」を中心に,大型の拡張を行おうと思っております。以降,4月には宇宙船内部の「マイルーム」のカスタムなど,ほかのカスタム要素をさらに拡張していく予定です。
 3月,4月は,毎週から隔週くらいのペースで機能拡張をさせていただいて,ユーザーさんが飽きないような施策をしていきたいと考えています。

――PSPの「ブラック★ロックシューター THE GAME」についてですが,現在の開発状況はどのような感じですか?

御影氏:
 現在は「夏発売」としていますが,4月には発売日を告知したいと考えています。
 開発の進捗としては,バトル,イベント,クエストなど,骨子の部分はほぼできていますね。

――「ブラック★ロックシューター THE GAME」と「ぷちっと★ロックシューター」とで連動している要素はありますか?

御影氏:
 「ブラック★ロックシューター THE GAME」に登場するキャラクターのアバターなどは,「ぷちっと★ロックシューター」にもアップデートで追加していく予定です。ただ,ゲーム部分や世界観などの直接の連動などは基本的に行っていません。
 というのも,それぞれの開発チームが違うので,世界観も完全に遮断し,自分達の思う「ブラック★ロックシューター」として,ニコニコ動画における「作ってみた」みたいに“作家の色を出す”形でやらせていただいているからなんです。

――CHAN×COさんは,どのような形で「ぷちっと★ロックシューター」に関わっているんですか?

CHAN×COさん:
 キャラクターのイラストだけではなく,背景やフォントなど,パーツをほとんどすべて担当しました。

御影氏:
 「ぷちっと★ロックシューター」の画面のレイアウト構成は,全部CHAN×COさんがやっているので,もう「アートディレクター」と言ってもいいですよね。

――CHAN×COさんは,期間としてはいつ頃から参加したのでしょうか?

御影氏:
 もう最初からですよね。去年の夏ごろに,「ぷちっと★ロックシューター」というブラウザゲームを作るんで,やってくれませんか? という話をしてから,ずっと最後まで付きっきりで。

CHAN×COさん:
 ずっと本作に専念していたわけではないですが,とにかく作業量が多かったですね(笑)。

――本日の生放送中にはライブで色紙にイラストを描いていましたが,これまでの開発と今回の生放送,どちらが大変でしたか?

CHAN×COさん:
 いやもう,焦りの度合いでは今日のほうが大変でしたね(笑)。描く手にもブーストがかかりました。

御影氏:
 CHAN×COさんの今後の活動は?

CHAN×COさん:
 今のところ,とくには……。

御影氏:
 じゃあ,僕と一緒に何か作りましょうよ。NGPか3DSがいいです。モデリングとかもやりますか?

CHAN×COさん:
 いいですね,やりますか? ちょっと面白そうです。

御影氏:
 オリジナルのゲームを作りましょう。これ約束ですよ,絶対出しましょうよ!

CHAN×COさん:
 マジですか! こういう場でそんな話を……(笑)。

御影氏:
 いやでも,「ブラック★ロックシューター THE GAME」の開発が決まったのも,こんな調子でhukeさんと喋りながらでしたよ。
 2人で夜中にマクドナルドのコーヒーを飲みながら,「『ブラック★ロックシューター』をゲームにしよっかー」って(笑)。それで,翌月には開発ラインを動かしたという。

――新作がどうなるのか,今後の展開に期待しています。本日はありがとうございました。

ニコニコ生放送「『ぷちっと★ロックシューター』リリース記念SP」番組URL


  • 関連タイトル:

    ブラック★ロックシューター THE GAME

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月22日〜10月23日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
56
アズールレーン (iPhone)
2017年04月〜2017年10月