オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/11/16 16:14

ニュース

Microsoftが「Games for Windows Marketplace」のサービスを北米でスタート。果たして巨人「Steam」を脅かす存在になるか

 10月22日に掲載した記事でもお伝えした,Microsoftのデジタル配信サービス「Games for Windows Marketplace」が,北米時間の11月15日,正式サービスを開始した。
 ダウンロードコンテンツ(DLC)や無料ゲームを含めて,現在130タイトル以上のゲームソフトがラインナップされているが,日本からアクセスすると“Coming Soon”の文字が表示されてしまい,残念ながらまだゲームの購入はできない。

Games for Windows Marketplace

「Games for Windows Marketplace」公式サイト


 ともあれ,Games for Windows Marketplaceの正式サービス開始を記念したセールスも合わせて行われている。毎日特売商品が変わる「デイリースペシャル」では,「Grand Theft Auto IV」が,定価19.99ドルのところ,40%引きの11.99ドルで販売されており,また,「ウィークリースペシャル」では定価9.99ドルの「Osmos」が,75%引きの2.49ドルで販売されている。

 筆者の連載,「奥谷海人のAccess Accepted」の第281回「デジタル販売システム『Steam』に強力なライバル出現」でも書いたように,「Steam」や「Impulse」などと異なり,クライアントソフトをダウンロードすることなく手軽にゲームが買える点がGames for Windows Marketplaceのウリだ。とはいえ,ラインナップを見る限り,これといったキラータイトルは見あたらず,ほかのサービスで行っている特価セールと比べて魅力的な値引きが行われているわけでもない。
 「とりあえずスタート」という雰囲気は確かにあるものの,現在デジタル配信サービス市場の7割以上を押さえているといわれる巨人,Steamを脅かす存在になるかどうかは,Microsoftの今後の取り組みと本気度にかかっている。
  • 関連タイトル:

    Games for Windows Marketplace

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日