オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
GeForce GTX 600
  • NVIDIA
  • 発表日:2012/03/22
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/06/14 14:19

ニュース

リファレンスより約60mm短い177.8mm長のZOTAC製GTX 670搭載カードが発売に。コアクロック954MHzのOC仕様

 アスクは,「GeForce GTX 670」搭載で長さ177.8mmと,リリファレンスデザインより60mm短いZOTAC International製「ZOTAC GeForce GTX 670 TWINCOOLER」を2012年6月20日に発売すると発表した。80mm角ファンを2基備えた独自クーラーを採用したモデルで,コアクロック954MHz,メモリクロック6208MHzのクロックアップ仕様となっている。想定売価は4万3000円前後だ。

GeForce GTX 600

ZOTAC GeForce GTX 670 TWINCOOLER製品情報ページ


####以下,リリースより####
ショート基板&ツインファンクーラー採用のGeForce GTX 670製品
ZOTAC社製「ZOTAC GeForce GTX 670 TWINCOOLER」を発表

GeForce GTX 600
 株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、NVIDIA社製GPU“GeForce GTX 670”を搭載するZOTAC社製グラフィックスボード「ZOTAC GeForce GTX 670 TWINCOOLER」を、6月20日に発売いたします。
 「ZOTAC GeForce GTX 670 TWINCOOLER」は、その名のとおり、2連の80mm径ファンを採用したオリジナルGPUクーラーを搭載するモデルで、リファレンスデザインに比べ、より優れた静音性で高い冷却性能を実現。さらにリファレンスデザインより約60mm短い177.8mmのショート基板設計で、Keplerアーキテクチャの優れた電力効率、高パフォーマンスを、より小型のPCでも実現できる製品です。
本製品はオーバークロック仕様のモデルでもあり、コア・ベースクロックが954MHz、ブーストクロックが1,033MHz、メモリクロックが6,208MHzとなっております。

◆製品情報

◆製品の特長
1,344CUDAコアを搭載するGeForce GTX 670
 1,344ユニットのCUDAコアを搭載するKeplerアーキテクチャのGeForce GTX 670を搭載するグラフィックスボードです。自動オーバークロック機能の「GPU Boost」により、GPUのポテンシャルを常に発揮し続ける設計で、前世代のGeForce GTX 570からパフォーマンス、電力効率ともに大幅に進化。
 さらに本製品は、コア・ベースクロックが954MHz、ブーストクロックが1,033MHz、メモリクロックが6,208MHzのオーバークロック仕様モデルとなっています。
 ディスプレイ出力はDVI×2、HDMI、DisplayPortを装備。4画面出力をサポートし、本製品1枚でマルチディスプレイ3D表示技術「3D Vision Surround」もサポートします。

177.8mmのショート基板設計!
 ボード長は約177.8mmと、約240mmのリファレンスデザインより約60mm短いショート基板設計となっています。高いパフォーマンス、優れた電力効率でありながら、小型のPCなどへの組み込みも容易に行うことができます。

GeForce GTX 600

ツインファン搭載のオリジナルGPUクーラーを採用
 80mm径のPWMファンを2個搭載し、ヒートパイプによる効率的な熱伝導を行うヒートシンクを用いた、ショートサイズのオリジナルGPUクーラーを採用。リファレンスデザインに対し、ピーク時騒音で4dBAの静音性向上と、GPU温度で11℃の抑制を実現しています。

GeForce GTX 600

◆製品仕様
画像クリックで拡大します
GeForce GTX 600
  • 関連タイトル:

    GeForce GTX 600

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月19日〜04月20日