オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング

「ファンタシースターオンライン2」特設サイト

オフィシャルコンテンツ
  • 公式ブログ
  • 公式Twitter
  • PSO2 mixiページ
  • 応援メッセージ募集中
  • 「ファンタシースターオンライン2」の世界に旅立つ人のためのプレイガイドをお届け。7月の第1回アップデートで実装される新フィールド/エネミーにも注目
  • 自由度の高いキャラエディット機能を豊富な作例とともに紹介
  • PS Vita版はPC版と同じサーバーでプレイ可能。発売は2013年内に
  • スペック
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

このゲームの読者の評価
68
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • プレイヤー視点やバランス感覚を大きく欠いた「面白さ」のないゲーム、のような何か 5
    • 投稿者:K(男性/30代)
    • 投稿日:2014/03/02
    良い点
    ※キャラクターメイキングの充実度合い
    体格、顔の輪郭、表情、概観の年齢的要素などを構成する表現力は突出しており、近年のオンラインゲームの中でも魅力的な充実度合いを誇ります。また、アクセサリーや衣装類も多岐に渡り、女性型のアバターであれば極めて多様なキャラクターメイキングを可能としている点は素晴らしいです。   

    ※グラフィックやエフェクト
    水の映りこみや、キャラクターを多く表示すれば処理落ちが発生しやすくなるものの、中堅クラスのグラフィック機能で問題なくゲームを楽しめるところは美点です。

    ※キャラクターのアクションやモーションの多様さ
    非常に多くの技(ゲーム内ではフォトンアーツ)や魔法(同じくゲーム内ではテクニック)が用意されており、グラフィックの表示の仕方、動きの多様性も多岐にわたる為、技術習得のモチベーションへとつながる可能性があります。適切なダメージバランスにさえなっていればと強く悔やまれる点とも言えますが。

    ※アバター要素の追加アップデートは早い周期でボリュームも大きい
    アバター要素の更新はきわめて早く、衣装やアクセサリー、武器装飾(ゲーム内では武器迷彩)の要素追加は早いときでは2週に1度来ることもあるため、キャラクターメイキングを楽しむ層には魅力的と言っていいでしょう。
    悪い点
    ※魅力的と言っていい要素を、打ち消す要素が多い
    キャラクターメイキングが魅力的であることは前述しましたが、課金要素は実際少なくまた課金要素を追加したとしても利便性が増すほどのものとは言えず、着せ替えや髪型を変える程度のメイキング更新に終始する事も多い為、残念です。課金し、髪の色や目、鼻、口を修正し、メイキングルーム(ゲーム内ではエステ)内で満足行く仕上がりであっても、いざクエストに出発したり、マイルームに移動したときには、光源等の影響でメイキングしなおしたい事がままありますが、各マップや光源などの、特定条件化における見え方などの調整はルーム内では出来ない為、納得いかない場合や、やり直したい場合であっても60分経過後はチケットを再購入しなければならず、課金したとしても思う存分にキャラクターメイキングに没頭できない点は良くないです。

    ※レア品のドロップ確率が不明でプレイヤーの疑心暗鬼を産んでいる
    レアアイテムのドロップ率は明示されていないにもかかわらず、「レアドロップアイテムブースト150%」といったアイテムがリアルマネーで販売されていたり、また、運営側の明らかな落ち度である場合のお詫びとしても「トライブースト100%」といったアイテムが頻繁に配布されています。これは場合によっては景品などに関わる法律に違反している可能性すらあるため、メールを送るなどし、応対を望みましたが、なんら返答がなかったことを記しておきたく思います。

    ※アイテム強化の要素が「成果の台無し感」を味わう作りになっている
    本ゲームでは武器の強化を行わないことには十分にゲームに参加できない側面があります。強化実行前と強化実行後における変化が「強化実行前の成果を全て打ち消す」ことが少なくありません。どのユーザーにとっても、アイテム強化そのものが精神的苦痛を感じざるを得ない仕様になっています。ゲーム内の実例を出すと「○○+6」まで強化した武器が「○○+1」などに下がるなどは日常茶飯事であり、「最初から強化しなければよかった」と思うようなこのシステムのせいでゲームに対するモチベーション低下を招いています。また、改造値が上がるのは必ず+1しか上がらないのに対して、マイナス値は-1から-2.-3.-4と多岐にわたり、プレイヤーの受け取るストレスだけが強く設計されています。そうすると、ユーザーはそのストレスを避ける為に、強化7、強化6などで止めてしまうこともままあり、ゲーム内のコンテンツに十分参加できないようになりますし、ユーザー同士の軋轢すら産む要因となりえます。

    ※アクション性の高さが、意味を成していない
    多くのモーションやエフェクトがありながら、一部の技やテクニックだけが使われ、またユーザー同士でもそれを強要し合う現環境のせいで、せっかくの多様性がなんらメリットとなり得ていません。ダメージ設計や使い勝手は極めてバランス悪く、特定の技だけ使いやすく、それ以外のものはまるで使い物にならないということが多々あります。ダメージ、再使用までのタイミング、使用頻度、などを考慮したバランスにすべきでしょう。これらの減点部分が多様なアクションの土台を完全に殺してしまっています。

    ※職スキルツリーのまるでバランス調整されていないつくり
    上記の内容と重複しますが、やはりバランスがものすごく悪いですね。職ごとに有用なスキルとそうでないスキルが明らかに偏っており、テストプレイすらしていないのではないかと疑われるレベルです。そのバランスの悪さがゲーム内での職差別なども生み出しており、ユーザーが個別の職を楽しむ余地が薄い、と言うことです。

    ※コンテンツを遊ばせる気があるのか、ないのか?
    1.ストーリー
    メインストーリーを紐解く為にはマターボードというものを随時解決していかなければならないのですが、これがプレイヤーに十分なアナウンスがされているとは思えない点があり、解決することによってゲームプレイが有利になっていくわけでもないので、「なぜこれをやらないといけないのか?」という疑問を抱かせるものにすらなっています。しかも解決するといった体のものですらなく、アクションエリア内にランダムに配置される、イベントエリアを探して長時間徘徊しなければならないという理解のしづらい仕様となっている為、遍くユーザーの参加できるコンテンツとは言いがたいです。

    2.アドバンスクエストなどのコンテンツ
    今回新しく実装されたスーパーハードランクの新規アドバンスクエスト参加の条件は「新規カプセルD,E,Fのいづれかを10個用意する」事となっています。ゲーム内でこれらカプセルは配布されることがないためすぐにクエスト開始は出来ません。下位アイテムを100個交換することにより10個分のカプセルとするか、もしくは一つゲーム内通貨7万メセタにて交換することで参加可能ではあります。しかしながら、クエスト内での入手量は10個を超えないことも多く、そのたびに下位カプセルを用意するかメセタを用意する必要に迫られます。7万というゲーム内通貨も、一番稼ぎのいいクエストを一日1セット実施することで得られる分が50万前後であるため非常に制約性の高いものとなっています。

    ゲーム内で稼げる金額:約50万メセタ/1〜2時間
    アドバンスクエストに必要なカプセル数10個:7万*10=70万

    このように書くと分かりやすいでしょうか。しかも延々とこの50万前後を稼げるわけではなく一日1サイクルでしか実施できないのですから、事実上このクエストの参加は一般的なプレイヤーで一日1回以下と考えてもよいでしょう。ゲーム内コンテンツを遊ばせたいのか、遊ばせたくないのか理解できません。著しくプレイヤー視点を欠いたものではないでしょうか。

    ※課金しても不便さやユーザビリティを改善するものになっていない
    課金するとプレミアムとなり約30日、プレミアム同士の低レアリティアイテム及びインゲームマネー交換機能、バザー機能、クエスト受注枠の拡張、アイテム倉庫の拡張枠使用可能となります。しかし、それだけです。上記に述べてきた不便さや強化システムの拡張はもちろんエステ機能が追加されるわけではありません。これでは何のためのプレミアムなのかわからないレベルにしか利点がないと断言します。
    総評
    本ゲームは、アバター要素、アクション要素の土台などには魅力的要素が散見されます。序盤から終盤にかけての難易度もそこまで高くないといってよく、これらを「無料で遊べる」のは嘘でもなく、よいゲームであると、見かけはそのように「みえます」。

    しかしながら、ゲームを「ゲーム足らしめる」楽しい要素への昇華がまるで出来ておらず、御粗末なシステムデザインが全てを台無しにしています。課金要素にしてもゲーム内を便利にするための拡張はほとんどなされず課金することの意義も薄くしか感じられません。それだけににとどまらず、人気クエストは繰り返し参加する為の手段が非常に限定されるため、プレイヤー本位のあり方とは到底思えません。

    上質といえるキャラクタークリエイトについても、プレイヤーが関与できる要素や利便性の向上があるわけでなく単発要素的拡充のみに終始している為、手放しに褒めることはできません。

    去年SEGAが起こしてしまった、ユーザーのHDDを破壊した事件以降も、誠実な姿勢でゲーム開発に携わっていたのだろうかと疑われるようなゲームの更新内容から、長らくテスターからプレイし続けてきた私も心が離れました。

    運営の方針、ユーザーに対する悪意的な仕様が抜本的に改善される、良い点が十分に拡充される必要があり、現状ではお世辞にもオススメできるようなものではありません。課金要素にしても十分な拡張が為されなければ「課金すれば良いゲーム」とすら言い難いものです。無料でプレイする範疇で我慢する、というプレイであれば選択肢になり得るかもしれませんがお勧めはしません。不誠実な運営方針も相まって今後の改善の期待が極めて薄い為、低得点での評価とさせていただきました。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 1 1
  • 操作されたレア堀りゲー 20
    良い点
    キャラクタークリエイトの細やかさ
    BGM
    衣装アイテムが豊富
    レべリングが緩和され遊び易くなった
    MMOに比べギスギス感はそこまで感じない
    悪い点
    アイテムのドロップ率の酷さ
    及びその偏り方
    問題が起きると必ずユーザーのせいにする運営
    倉庫要領の少なさ(追加倉庫は5個全て借りて月2500円)

    まだまだ書き切れないほどにあります。
    総評
    グラフィック関連はそれなりのPCであれば問題なく綺麗に遊べます、BGMも場の雰囲気に合っていてとても良いと思います。
    しかしそれ以外要はゲームの土台、基礎、以外の部分が最悪です。

    先ずは運営 アップデートでHDDのデータを消し飛ばす、これは最早伝説ですね。

    アイテム(アギニスの肉、アギニスの胸肉等の明らかに水増し目的のアイテム)の増えすぎで倉庫の要領が足りなくなった、運営は追加課金倉庫を実装しました。
    月額500円で500個預けることが出来ます。
    私としては課金もしていますがプレイヤーにこれが無いとそもそもゲームにならない!と言わせる程に締め付けて課金を促す姿に反吐が出ます(今月最初に課金辞めました)

    武器の強化 武器防具は☆の数が多いほどレアリティが高いとされています。
    しかしレアリティが高いほど武器の強化もマゾくなる、これは一般的かと思いますが高いレアリティの物を最大まで強化すると大体20m(二千万)程掛かります。仮に途中でお金が尽きて中途半端な強化で終わってしまった場合はその武器は現状ただのゴミに成り下がります。
    最大強化の☆9武器と中途半端強化☆10装備では☆9武器の方が強いのです、レアって何だろう・・・と思わざるを得ないですね。

    (緊急クエスト) ある日にちのある時間帯(制限時間は30分)でしか出てこない敵だけに現時点での最高レア度の武器が仕込まれていて気軽にアイテムを掘る事自体が出来ない。挑戦回数はキャラの数によります、一人しか作っていないなら一回、二人なら二回という風に。

    雑魚が落とすものはレアという名のゴミアイテムが9割なので緊急クエスト以外にクエストをしている人が本当に少ない大体一ブロックに5〜6人程度、それ以外の人は何をしているのか?緊急クエストを待ちながらビジフォン(よくあるオークション装置)に群がっている。

    ドロップ率及びその偏り 肝心のアイテムのドロップ率はどうなのか・・・激レアアイテムは一週間の間全サーバーでドロップしないこともよくあります、ワンランク下のものでもおよそ50個あたりしかドロップしていないのが実情です。
    あまりにも出なさ過ぎて人がどんどん減っていっています全盛期の半分以下なのは間違いないかと思います。

    そして最近ゲームでも耳にするようになった当たりIDという言葉があります、所謂ブロガー等の人目を惹きやすい人に率先して激レアを配っているのでは?という疑惑

    何百週も何千週もしている普通の人には激レアは出ない、しかしブロガー等の不特定多数が目にするであろう人達には全サーバー一週間で1〜5本しか出ないような物が2本も3本もドロップしている事から当たりIDなるものがあるのではないだろうか?と言われています

    ちなみに私も私のリアフレも2500時間程やっていますが激レア、そのワンランク下のレア等はお目に掛かった事もないですね。



    今から始める人は以下のことにご注意ください。

    無課金ではストレスが半端じゃない
    人がいない
    レアは出ないものと考えておく
    強化で破産しても泣かない

    等々覚悟してから始めて下さい。きっと最初は楽しいです、最初はですけどね

    点数の方はやはりネットゲームにおいて評価の大部分は運営の手腕により変わると思いますので

    グラフィック 10/10
    BGM      10/10
    運営       0/80

    といったところでこの点数になります。
    運営には何も期待しません
    ユーザーを楽しませるより課金させること優先
    遊びの幅を運営が潰して狭めた事
    遊ばせてやっている発言

    私はSEGAという会社がやった事を忘れません。
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 2 1
  • 基本無料のオンラインゲームでは至高。 80
    • 投稿者:R-Q/0(男性/20代)
    • 投稿日:2014/03/02
    良い点
    基本無料の範囲内で大半のコンテンツを堪能できてしまう料金体系。
    他のオンラインRPGに比べて格段に飽き難くしている、アクション性の高い戦闘。
    レベル上げに役立つ、豊富なNPC提供クエスト。
    悪い点
    ソロプレイヤーに対する嫌がらせと言っても過言でない仕様。
    (ソロの場合、ボスに敗北するとクエスト失敗。その場復活は\150取られます。二人以上いれば片方が復活アイテム使ったり、最悪片方だけ拠点へ戻るということも可能。)
    ゲームの性質上止むを得ない面はあるが、ごくたまに致命的な影響を及ぼす場合がある通信遅延。
    お世辞にも良い出来とはいい難いストーリーモードのシナリオ。
    初心者プレイヤーを罠にハメる役にしか立っていない、スキルツリーの分岐。
    調整が不十分なクラス間の強さのバランス。

    そしてなによりも致命的である、壊滅的なまでにお粗末なエンドコンテンツ。
    総評
    1月中旬頃に、クラフトシステムという新機能が実装されたおかげで、ライトユーザーには非常にプレイしやすくなりました。以前は、レベルが上がってより上位の装備を入手した場合、それを強化しなければならないのですが、これが凄まじくゲーム内通貨(メセタという名称です。以降、単にメセタと言います)を浪費するので、その資金調達だけでも大変だったのですが、このシステムにより以前使ってた装備をかなり上のレベルまで流用できるようになったためです。
    それでもそれなりのゲーム内通貨は必要なので、攻略Wiki等でタイムアタッククエストだけはクリア手順を把握しておいた方がいいでしょう。まとまったメセタを稼ぐほぼ唯一の手段ですが、そこそこ手順が複雑で、非常にわかりづらいところもあります。
    もし、仮にこれで性能に不満を感じたなら(クラフトシステムで強化された装備品の仕様について、どこかで情報を仕入れない限り、その可能性は低いと思いますが)、ユーザーが出品しているレア装備を購入し、がんばって強化するのも良いでしょう。

    クエストをこなし、レベルを上げてスキル習得し、メセタを稼ぎ、装備も強化または買い換えてどんどん強くしながら、ストーリーモードを進めていく。
    きわめてオーソドックスな出来のRPGを体験できるのではないでしょうか。
    (ただし、スキルツリー上のスキル習得は、罠だらけであり実質的な選択肢はほぼ無いので、やはり攻略Wiki等を参考にされたほうが良いかと思われます。)

    これらは、基本無料の範囲で可能ですし、それで十分です。
    それより上のエンドコンテンツは、やる価値が無いと言っても過言ではないからです。

    ユーザー出品のショップに出ていない、あるいはとてつもなく高いが魅力的なレア武器を持っているユーザーを見てうらやましいと思うかもしれませんが、それが可能なのは凄まじい幸運に恵まれて偶然入手できたごく一部だけであり、貴方が一千時間単位の時間と労力を費やしても取得できる保障は全く無い(むしろ、取得できない可能性の方が遥かに高い)のです。見なかったことにしましょう。メセタで買えるならコツコツやれば、と思うかもしれませんが、さらなる上位武器の解放で価値が暴落するので(今までそういうパターンであり、今後も続くでしょう)、苦労が水の泡となります。おすすめしません。

    このゲームエンドコンテツは、およそ以下の程度です。
    ・超低確率のレアアイテムを取得するために、ひたすら同じステージを繰り返す
    ・ランダムなタイミングで一日多くても3回、大抵は1〜2回しか実施されない緊急クエストでの、超低確率レアアイテムを取得できるチャンスがある宝くじ
    ・一日一回発行されるパスが無いと参加できない、3種類ある特殊クエスト(エクストリームクエストと言います)をこなして、そこで入手した素材とレア装備を交換してもらう(なお、半年程度の期間では足りません)

    これでも楽しめる、自分に当たらなくても全く気にならない、膨大な時間と引き換えに夢を買ったのだと割り切れる、そういう自信があるのなら話は別ですが、あえてやる価値があるほどのものとは思えません。エクストリームクエストは、同じ背景(試験場)の同じステージをひたすら繰り返すだけです。なお、労力に割にもらえる装備品の性能はいまひとつ。

    それならばと言うことで、(詳細な説明は割愛しますが)装備品への特殊能力追加のための素材集めはどうだ、と言うと、優秀な特殊能力を持った装備を落とすボスは固定なので、結局同じところをひたすらまわることになります。道中の雑魚ドロップ品は基本的に無視です。
    ちなみに、装備の強化も特殊能力追加も、運試しです。大抵は強化値をマイナスされたり、せっかく付けた能力を吹き飛ばされて、やり直しとなります。成功するまで根気と大量のメセタが必要です。がんばってください。

    こうした運ゲー一辺倒を打開してくれると期待された、冒頭に紹介したクラフトシステムですが、結局エンドコンテンツをプレイしている層なら今当たり前に持っていて、なおかつ安価に手に入るレアと比べると著しく性能の低いものしかできず、一部の酔狂なプレイヤー以外からは見向きもされていません。

    長くなってしまいましたが、まとめてみるとこんなところです。
    ・現実的に拾えるアイテムは、そのほとんどがゴミ当然で、固定のボスのドロップくらいしかめぼしいものがない。クラスバランスやスキルツリーの残念な出来もあわせて、ハクスラゲーとしてはあまりにもお粗末です。
    ・そして、異なる方向性の楽しみが期待された生産システムであるクラフトはこの有様。
    ・残されたのは、ただただ超低確率のくじ引きだけ。

    逆にこれらを無かったものとしてみると、基本無料でここまで楽しめるオンラインアクションRPGは他に無いと思われます。ボリュームも結構あります。こういったスタンスでさらっとやる分には十分にオススメ出来るのではないか、ということで、80点(かなりオススメ!)とさせていただきました。


    ただし、くれぐれも深入りだけはなさらぬよう。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 4 4
  • 良くもあり、悪くもあり 55
    • 投稿者:AL-Vier(男性/30代)
    • 投稿日:2014/03/01
    良い点
    ・キャラクリ:国産として考えれば細かすぎず少なすぎずでいいと思います。
    ・無課金でも一応、遊べる
    ・マイルームにいろいろ置ける(要プレミアムコース)
    ・音楽:ステージの状況で変調するが基本的には良曲

    悪い点
    ・倉庫足りないよ
      無課金で200 プレミアムコースで+300
      正式になってそれなりにたってますがやっぱり足りないと思います。
      正直なところ倉庫は無課金で今の倍くらいには増やせるようにして欲しい

    ・武器パレットの保存がない
      これは自分がテクニック系を使うので余計に感じるのですが
      クラスを変えるたびに登録をやり直す必要があります。
      武器パレット6つ全部使うのでそれを毎回やらねばならんのです。
      武器が変わっていくゲームだからなんだと思いますが
      自由に登録内容を保存できるようになると便利です。

    ・クラスの性能差がひどい
      調整不足じゃないの?と思う事はあります。
      ガンナーとブレイバーさえいればいいんじゃないかな?的な状態ですし
      いろんなクラスが足りない部分を補ってやれるのが理想なんですけどね

    ・緊急の為にチャンネル移動ゲーになる
      同じような所をぐるぐるするゲームなので緊急クエ自体は別にいいのです
      問題は1チャンネルの収容数が少なすぎて 移動クリック祭になること
      収容数を制限しているのにラグが出るとか鯖が脆弱すぎます。
      殆ど使われていないチャンネルがわりとあるのでそれを統合して
      収容数を上げるなりラグ解消なりをすればいいのですがね
    総評
    OBの頃から正式開始3〜4ヶ月くらい課金してその後、お休みしていて
    最近、また1からキャラを作り始めました。
    現在一番高いのがLv57

    出戻って最初に思ったのがずいぶんと楽になってますねという所
    Lvが上がりにくいとかは別にもっときついやつもあるのでまだ楽な方でしょ
    と思います 経験値が稼ぎやすいのがゲーム内にあるわけですから

    ただ、無課金でやるには倉庫事情・鯖弱すぎ問題でLvが上がっていくと
    辛くなっていくように思います。

    例のHDD消去問題はその頃はやっていないので被害を受けませんでしたが
    事前にテストとかやってないんだろうなーとは元PGの立場からすると
    感じました。それが出た時の運営の対応のひどさは相当だなとも思います。

    ベース自体はいいと思うんですよ・・・でも運営が全部台無しにしてる

    各項目の評価理由
    グラフィック:現状の最高品質ではないため4(でも十分だと思う)
    サウンド:ステージ状態で変調する仕様が好きになれんので4
    快適さ/運営:ラグとか運営の対応から1
    熱中度/ストーリー:最近はほぼ緊急ゲーになりつつあるため3
    ボリューム:今後もアップデートが期待できるので4(内容は判断しない)
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 3 4
  • 良くも悪くも今時のMMO 55
    • 投稿者:teratera(男性/30代)
    • 投稿日:2014/02/26
    良い点
    ・キャラクタークリエイトが楽しい、美しい
    ・難易度が低くサクサク進む
    ・無課金〜軽課金でも問題無く遊べる
    ・爽快感のあるバトルシステムが満載
    ・インターフェースや操作の作り込みは流石大手。しっかりしている。
    悪い点
    ・職、ステータス面でのカスタム性が非常に陳腐
    ・レベルが上がっても同じステージのノーマル→ハード→ベリーハードと使い回すばかり
    総評
    綺麗なグラフィック、分かりやすいステージ、操作性の良いバトルシステム。
    ステージを回る内に巨大な敵に出くわしたり経験値爆上げのフィーバータイムが発生したりとパチスロのような演出も相まってプレイ中の爽快感は他では味わえない良さがある。

    が、反面RPGとしてのやり込み要素は少なく
    ・○○の職なら△△の武器持って◇◇のサブ職つけとけば鉄板
    ・メイン職がテクター?あ、フレ呼んでるので抜けますね

    的に使える職・構成・武器防具が限られてしまっている。
    ステージも使い回しが多く大型アップデートが来ると以前までの装備が過去の物になってしまうという最近のMMORPGそのものの出来。
    軽く遊んで満足し、しばらく休止して久しぶりにプレイ を何度も繰り返すゲーム。
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 2 2
  • おすすめしません 30
    • 投稿者:gunz(男性/30代)
    • 投稿日:2014/02/23
    良い点
    難しい操作を要求されない。だれでもできる。
    キャラクリエイトの自由度が高い。
    悪い点
    経験地以外のすべてが運任せ。
    レアが出ないとほんとつらい。他人より運がいい自信があるならおすすめ。
    でも運が悪いとほんとつらい。ドロップの出る出ないは自分ではどうしようもない。
    運に恵まれていないと何をやっても、他人ばかり恵まれて自分には何も得るものがない、
    とても悲しい気持ちになるゲームです。
    当りIDと言われているような運の良い人も何千人に一人位で有るらしく、
    宝くじ1等に相当するような確率のアイテムを何十個も手に入れる人もいます。
    しかしその他の大多数はそれをただ悔しい思いで見ているだけ。
    運のものだから頑張ってどうするとかもできない。
    レアを掘るゲームなのに一部恵まれた人にしかレアを手に入れることができないゲームです。
    自分で運がいいと思える人ならおすすめ。それ以外の人はやっても何も得るものが無いです。
    総評
    運だけのゲームでした。そして私は運がなかった。
    運が良ければ楽しめたでしょう。運が無いから楽しめなかった。
    それに尽きると思います。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 4 2 1
  • 良ゲームだが将来性に問題有り 80
    良い点
    ○愛着のあるキャラが作れる。ルックス・体格等の身体的特徴に衣装・アクセサリーを合わせると選択肢が無限に有り、「この世界に自分だけ」というキャラを作る事が出来る。無課金者でも課金衣装が一部を除きゲーム内通貨で安価に手に入るのも良い。

    ○マイルームの充実。とにかく自由度が高くどんな部屋にするか考えるのが楽しい。単に洋風・和風といった区分けではなく、ゴシック風・ファンシー風・中華風・おかしの家風etcといったように部屋の根本からいじれる上に家具の種類も把握が困難な程多岐に渡っている。無課金でも(狭い)部屋はもらえ、家具を安く入手できるのも良い。

    ○ロビーアクションの充実。「笑う」「礼をする」といった基本的な物から「水をかける」「水をかけられる」「今、どんな気持ち?」等、よくここまで作ったな、という程の種類が有る。特にダンス系は充実しており、野良ダンスセッションに飛び入りしたのがきっかけでフレ登録やチーム加入に至る等、コミュニケーション面でも優秀。

    ○PvPが無い、ドロップ品は個人別、BOT被害が皆無等、人間関係によるストレスが少ない。

    ○質の高い音楽。曲による盛り上げ方が上手い。マイルームで再生できる曲の種類も多く、質も良い。
    悪い点
    ●高レア装備の入手頻度。このゲームは「コツコツと地道に回数を重ねる事により、いずれは高レア装備でも入手できる」ゲームではなく、「完全に運任せ。長期間通っても出ない人は出ない」ゲームである。まあ、「○○装備じゃないとクリアできない」といったコンテンツが存在せず、レア度による装備の優劣はそれ程ないのだから「高レアのドロップはしぼってもいいよね」というスタンスなのだろう。それはそれでよいのだ・・・公明正大であれば!
    とにかくこのゲーム、高レア装備のドロップを絞り過ぎている為、黒い噂に事欠かない。
    ・入手欲を煽る為に運営よりのブロガーに優先的に高レア装備を出して宣伝してもらおう。
    ・たくさん課金をしている人は辞めないだろうから課金を止めてる人に高レア装備を出してゲームを継続してもらおう。
    ・運営スタッフのキャラは宝クジで当たるような確率の激レアを複数持っている。
    ・当たりIDの人は今後もレアを入手、外れIDの人はどんなにがんばっても無駄。
    いずれも事の真偽は定かではないが、火の無い所に煙りは立たぬ、運営側は「すばらしく運が無いなキミは」で済まさず、不名誉な噂の払拭と偏りの無い公平なドロップシステムの構築に尽力してもらいたい。

    ●スクラッチの内容。1回200円というのは良心的と言えるが、男性用と女性用、生身用衣装とキャストパーツ等が一緒くたになっているので、装備出来ないものが多々有る。またレア度が☆の数で示されているが全く意味が無い。☆の数では明らかにレア度が上のものが出まくり、レア度の低いものが10,000円引いても出ない。明らかに作為的に比率を弄っているのだからレア度の表示もそれに合わせてほしい。

    ●キャラの顔の見せ方。キャラクターの見栄えというのは、アバターに力を入れているこのゲームではことさらに重要な部分である。変にリアルさを追求して目の下に隈をいれたり、影を付けたりはしなくてもよい。顔の陰影の付き方と眼尻の修正だけで劇的に見栄えが良くなるのに残念なことだ。
    総評
    個人的には非常に優良なゲーム。特にアバター面での充実度は目を見張るものがあり、他に代わりになるゲームは無いと思う。現状、人口は多く、定例の人気クエの直前にはロビーが人でいっぱいになる。

    しかし、将来性となると話は別で、300万ID達成、ウェブマネーアワード受賞等、ここまで華々しく成長を遂げてきたツケがそろそろ噴出してきている。
    「衣装が毎月増え続けているのに倉庫が足りない」「アクセサリーが毎月増え続けているのに身に付けられるのは3点のみ」「家具が毎月増え続けているのに部屋に置けるポイントには上限が有り、置けない家具が溜まっていく」「部屋の充実に比例して、サーバーの限界かロードが長くなり、なかなか部屋にたどりつかない」「スーパーハードの次はどうするんですか?」「女の子向けふんどしとか・・・さすがにネタ切れ過ぎだろう」等々・・・。自分はプレミアム料金を払い、課金倉庫も複数借りているが、さすがにこれ以上は倉庫を借りる事はしたくない。したがって欲しいアイテムが有ってもスクラッチを絞らざるを得ないし、セガとしては売上が下がる。良い事は何も無い。こういう人は今後、ますます増加すると思われる。

    セガというメーカーは「軽い」というイメージがある。
    「とにかくやってみようぜ」という、良く言うとチャレンジ精神に溢れた、悪く言うと適当な印象がある。
    初代PSOは日本のオンゲーの先駆けとなった。
    PSO2のファン感謝祭は見込みの甘さから物販は即売り切れ、交流スペースはステージと物販に挟まれて圧迫されとても交流できる環境では無く、極め付けは来場者全プレが途中で無くなり、会場でのアナウンスも謝罪も一切無かった(もうセガのイベントには行きません)。

    もしセガが「PSO2はもう十分稼いだし、アイテムも出しつくしたし、新しいアイデアも無いねー」と判断した場合は早めのサービス終了も考えられる。今のPSO2はスクラッチのネタ切れの早さから「太く短く」といった運営方針の気がしてならない。もしかして、セガとしてはPSUのように長くても5年周期位で次のオンゲーに換えていこうという戦略なのだろうか。
    自分的には現状、気に行っているだけに「ネタが切れたからもうお仕舞い、次回作にご期待下さい」等と「軽く」決断しないでほしいなあ。
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 2 3 4
  • PSO2を遊んで賞味1年以上 60
    良い点
    1.無料で遊べる。
    2.ゲーム内容がライト層向けにできている。
    3.レベル上げは経験値の数値が大きいけど、アイテムやクエストで十分稼げる。
    4.魅力的なNPCが多い。
    5.課金していなくてもメセタ(ゲーム内通貨)を稼ぐ手段がある。
    6.課金していなくても引けるスクラッチがある。
    7.緩めのアクションゲームなので難しくない。
    8.有料スクラッチの衣装の値崩れが激しく、安く買える。
    悪い点
    1.全プレイヤー間のアイテムのドロップ率が公平ではなく、ブロガーや運営寄りの人はすぐに宝くじ一等並の確率のアイテムを入手する。
    2.キャラクタークラスの性能がアップデートで乱高下する。
    3.転売が当たり前のように行われている。
    4.ゲームサーバーが脆く、プレイの妨げになるラグがあるのに、キャラクターが生き返るためのアイテムは1個150円もする。
    5.大してテストプレイもせずに武器強化コンテンツを追加して、そのコンテンツで作った武器はダメージの触れ幅が大きすぎて役にたたない。
    6.問題が発覚するとすぐにトライブーストというアイテムを配ってプレイヤーをなだめる。
    7.キャンペーンの賞品を配るのが遅い、課金アイテムをつかっても、その景品が2ヵ月後なんていうことがザラにある。
    8.SFを題材にしてるのにそれを生かしきれていない、そして武器の大半がかっこ悪い。
    総評
    良い点を総括すると敷居が低くてとっつきやすいのですが、各MMOで言うところのギルドに相当するチームが初心者やプレイヤーのコミュニティとしては大して役に立ってないです。
    野良が完全に死んでいて、誰かと知り合う可能性は能動的に動いていかないとありません。
    それでも生きていけてしまうくらいライトなゲームです。

    悪い点はとにかく、運営のやることに透明性がありません。
    プレイヤーに対しての広報的な配慮が一切なく、一方的にロクでもない告知を突然してきます。
    アイテムに関して、全てのプレイヤーのドロップ率は公平でないのがとにかく痛い。
    過去作も同じように公平じゃないシステムを導入しているので信用もない。
    ソーシャルゲームのようにドロップ率にさまざまな細工が疑われている。
    それとサーバーラグで理不尽に死ぬので広い心が必要です。
    SFを題材にしてるのですが、SFぽさは感じられません。

    点数は60点になりますが、個人的には45点くらいのゲームです。
    手を出して重課金をしてもリターンは少ないので、あくまで軽課金後の無課金がオススメ
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 2 1 2 3
  • 構成要素には光るものがあるが、ゲームとしてまとめられていない 5
    • 投稿者:R.L(男性/30代)
    • 投稿日:2014/01/25
    良い点
    ・アバター要素の充実
    非常に自由度が高いキャラクターメイクができます。
    顔の輪郭や目・鼻・口など、顔を弄るだけではなく
    身長、腕の長さ、脚の長さ、バストサイズや腹回りなど体格まで調整でき
    それでいて、どのような服を着てもモーションが破綻しないのは驚きです。
    更に、次々に新たな服、髪型、アクセサリー等が追加されるため
    アバター要素としては他に類を見ない充実ぶりです。

    ・ハウジング等のお遊び要素の充実
    有料コンテンツではありますが、プレイヤーは自身の部屋を持ち
    家具を並べてくつろぐことができます。
    様々なテーマに応じて雰囲気を演出できたり
    ちょっとしたギミックのあるお遊びアイテムを置けたりと
    異常なまでの力の入れようです。

    ・グラフィック
    使用している技術は古く、見栄え的にはそれほどすごいと言うわけではありません。
    しかし非常に軽く、設定を落とせば内蔵GPUでもそれなりに遊べるという点を考えると
    なかなか優れていると思います。

    ・サウンド
    初代PSOにもあったシステムですが
    状況に応じてシームレスに曲調が変わるという独特のシステムを採用しています。
    初代よりも更にブラッシュアップされ、シーンを盛り上げています。

    ・運営→開発のレスポンス
    開発元と運営が一緒である強みが発揮されています。
    クライアントレベルの不具合修正にせよ
    ユーザからの要望の反映にせよ、他のオンラインゲームに対して見ると
    比較的早く反映されていると感じます。
    不具合そのものも多いのですが、他ゲーでもどっこいですし
    少なくとも、運営と開発が分かれている韓国製の輸入ゲームよりは
    待たされている感が少ないです。

    ・開発の早さ
    次々新要素を投入してきます。
    完成度はともかくとして、この早さ自体は評価できます。
    悪い点
    ○ゲーム性を構成する各要素の整合性が取れていない

    いくつか例を挙げて説明します。

    例1.トレハンがメインの楽しみであるにも関わらず、モチベーションにブレーキをかける要素が多数存在する

    開発者曰く、本作のメインはトレハンだとの事です。
    それならばレアアイテムが欲しいと感じさせるよう工夫すべきなのですが、
    本作ではそれが致命的に欠けています。

    確かに、このゲームには多数のレアアイテムが存在します。
    しかし、それらはシステム上でレアアイテムだとされているだけのこと。
    プレイヤーは「レアアイテムだから」欲しいのではなく
    実用性が高いから欲しいのではないでしょうか。
    しかしながら、このゲームにおける高レアリティ品の優位性はほぼ攻撃力のみです。
    武器の性能に強く依存するようなゲームデザインならばそれでもよいのですが
    本作は武器性能以外にもダメージ式に関わる要素が多数あり
    「入手が超困難な最高のレア武器」と「割と簡単に手に入るそれなりのレア武器」の実ダメージの差はそれほどありません。
    加えて、それなりの武器でも敵が弱すぎるぐらいのゲームバランスなので、
    最高のレアを求め続ける必然性が感じにくくなっています。

    アイテム強化の要素も足を引っ張ります。
    本作はアイテム強化のウェイトが非常に大きく、
    莫大なコストをかけてでも限界まで強化するのがセオリーになっています。
    「限界一歩手前まで強化した最高のレア武器」と「限界まで強化したそれなりのレア武器」では後者の方が強いのです。
    そのため、既に限界まで強化したそれなりのレアを持っている人が運よく最高のレア武器を手に入れたとしても
    莫大なコストをかけて強化しなければ使い物にならず
    「面倒くさいし今の武器でも十分だ」という心理に陥ります。
    強化システムがあること自体は否定しませんし、ゲーム内マネーのインフレを防ぐために必要だったというのもあるでしょう。
    しかし、「必要」と「楽しい」は違います。
    「必要」なインフレ対策のためにトレハンの「楽しさ」を犠牲にするのは本末転倒です。

    入手難度と性能のバランスにも問題があります。
    本作は適当に考えたとしか思えないドロップテーブルになっており、
    入手難度と性能が逆転している事すら多々あります。
    珍しいだけで実用性が低いものを苦労して手に入れたいと思うでしょうか?

    出現率と実装ペースの調整も失敗しています。
    オンラインゲームですし、既存の装備がいずれ陳腐化するのはやむをえない事です。
    しかし、最高のレアアイテムが数ヶ月単位を要するほど入手困難なのにも関わらず、
    3ヶ月ぐらいのスパンで新装備が登場し、新たに実装された「入手容易でそれなりの性能」の武器は、それまでの「最高の武器」に匹敵します。
    数ヶ月後には同じぐらいの性能の武器が簡単に入手できるのに、数ヶ月かけて努力したいと思うでしょうか?

    このように、トレハンを楽しんでくれと言いながら、
    一方でやる気を殺ぐような要素が多数存在しているのはゲームの構成としておかしいです。


    例2.アクション性の高さを売りにしているが、開発がアクション性そのものを理解していない(?)

    開発者曰く、本作はアクション性を重視しているそうです。
    しかし、アクション性というもの自体を理解していないのでは?と思うフシがあります。

    本作には、PA(フォトンアーツ)というものが存在します。
    これは、ポイントを消費して繰り出す必殺技で
    武器系統ごとに数種類ずつ用意されています。
    状況に応じて武器を切り替えたり、PAを使い分けたりしていくのが
    このゲームのアクションの肝になるはずだった…と思うのですが
    (それ以外にも回避や防御といった行動は勿論ありますが)
    そうなっていません。

    サービス開始当初はPAの種類は少なかったのですが
    その後は次々と新しいPAが登場し、現時点では各武器系統ごとに9種類まで増えました。
    開発はPAのバリエーションを増やせばアクション性が増すと考えているようです。
    果たしてそうでしょうか?

    PAはごく一部を除いていずれもダメージソースとして機能します。
    役割が同じものが何種類も用意されたところで、用途が被ります。
    PAにはクールタイムの概念も無いため、
    用途が同じならDPSが最も高いものだけを使えば事足りるわけです。
    範囲火力と単体火力のように、使い分けできる部分も無くはないのですが
    9種類ものダメージソースを使い分けさせるのはさすがに無理があります。

    先に述べた「ごく一部」はどうか?と言えば、これも微妙です。
    敵を気絶させたり、空中に打ち上げたりする技もあるのですが
    それを活用できるシチュエーションが不足しています。
    「気絶させないと倒すのが大変な敵」や「打ち上げなければ倒すのが大変な敵」がいたなら良かったのですが、そういった特性の敵はこれといっておらず
    わざわざ気絶や打ち上げを狙う暇があるなら火力技で殴る方が効率良く倒せるため
    使う意味があまりありません。

    同じ技を繰り返すだけで攻略できるゲームは、アクション性が高いと言えるでしょうか?

    更に、全ての武器系統に沢山の技が追加された結果
    どの武器系統でもあらゆる状況に対応できてしまうようになりました。
    PAの種類を増やした事が、逆に武器の使い分けという要素を殺す弊害をもたらしたのです。
    ゲーム全体のバランスを考えず安易に使い分けできないほどPAを増やし、結果アクション性の低下を招く…
    アクション性とは何かを理解していれば、このような失敗は避けられたはずです。


    例3.ゲーム性にそぐわないシステムが存在する

    本作には様々なシステムが用意されています。
    しかし、「このゲームには合わないのでは?」と感じるものがいくつもあります。
    中でも特に私が違和感を感じたものは以下の二つです。

    ・ランダム生成のマップ
    本作ではマップのランダム生成を採用しています。
    開発曰く、これにより「無限の冒険が楽しめる」そうです。
    しかし、このゲームに合ったシステムだとは思えません。

    ランダムマップを採用したゲームで有名どころといえば
    ローグ系のゲーム(日本で有名なのは不思議のダンジョンシリーズ等)でしょうか。
    これらのゲームは迷えばそれだけで食料が不足し、余計に戦えば限りある回復アイテムを失い、
    罠に嵌れば途端にピンチ、運悪く強敵が湧けば死ぬかもしれない…という具合に
    先が読めないことがゲーム性に直結しているからこそ意味があるのです。
    しかし本作は、マップの形が変わってもそれに合わせて攻略を考えるような要素はなく
    ゲーム性との関連性は薄いと言わざるを得ません。
    せいぜい、経験値稼ぎやトレハンの効率が良い「当たりマップ」を引けるかどうかです。
    しかも、マップを簡単に破棄して作り直せるため
    あえて外れマップでプレイする意味は無く、
    当たりを引くまで受注→破棄を繰り返す手間が増えるだけ無駄です。
    であれば、そもそもランダムになどせずとも
    意図的に工夫を凝らして面白い固定マップを用意してくれれば良かったのです。
    ランダムだから飽きないだとか、固定だからすぐ飽きるということはありません。
    むしろ本当に良く出来た固定マップの方が、何度やっても楽しめる事だってあります。

    ・スキル
    本作には他ゲーでもよく見るスキルツリーシステムを採用しています。
    しかし、このゲームにはスキルを任意で取得していくシステムそのものが合っていないと思います。

    スキルシステムは多くのゲームにおいて採用されていますが
    その価値は、選んだスキルによって取れる行動が変えられるという点にあると思います。
    取るスキルによって行動の幅が広がるからこそ、どのスキルを取るべきかを考えるのが楽しいわけです。

    しかし、本作において行動の幅を広げる主な要素は前述のPAです。
    一部、行動の幅を広げる類のスキルも用意されていますが
    幅を広げるというよりも行動制限をアンロックするという意味合いが強く
    取捨選択の余地はあまりありません。全て取るのがセオリーです。
    そして、それ以外のスキルで取る価値があるものはほぼパッシブ火力上昇系のものしかなく
    必然的に、同じクラスであればどのプレイヤーも似通ったスキル構成になります。
    火力上昇スキルにも何種類かありますが、用途は同じのため
    プレイスタイルが変わるということはありません。

    何らかのシステムを採用するのであればそれなりに意味を持たせるべきですが、
    ゲーム性にそぐわないシステムに意味を持たせるのはそもそも無理があるので、最初から矛盾しています。
    スキルシステムを採用したのは、そうする必然性があったからではなく
    ただなんとなく他のゲームの真似をしただけなのでは?と思います。

    ゲームに不慣れなうちに誤って死にスキルを取ってしまうと
    スキルの振りなおし(有料)をしなければならなくなりますし
    死にスキルを取ってしまった人まで想定してゲームバランスを調整しなければならないとなれば、バランス調整も難しくなるため
    デメリットだけが目立つものになっています。
    スキルシステムはやめて、単純に「レベルアップと共に行動制限がアンロックされる」とした方が良かったのではないでしょうか。




    ○世界観・設定・シナリオが滅茶苦茶
    ここまでゲーム性について述べてきましたが
    それとは別の切り口で非常に出来の悪い点がこれです。
    ゲームを盛り上げるべき世界観・設定・シナリオの出来が最悪で
    フォローの余地が全くありません。

    ・世界観
    雑です。何も考えていないとしか思えません。
    架空の世界の物語なわけですから、プレイヤーが置かれた状況については
    特に丁寧に説明すべきだと思うのですが、本作で語られる背景は
    「プレイヤーはアークスである」
    「アークスはダーカーと戦う組織である」
    の2点だけです。
    アークスがこの世界においてどういった位置づけ(軍隊?傭兵?国家?自治体?)なのか
    何のためにダーカーと戦っているのかすら謎です。
    シナリオ上の演出としての謎ではなく
    「今自分が何をやっているかわからない」というのは単なる世界観の欠如です。

    ・設定
    とにかく雑です。何も考えていないとしか思えません。
    本作の世界には「フォトン」と呼ばれるものがあり
    これをあらゆる面で活用しているようなのですが
    どういったものなのかが全く不明です。
    アイテムの説明文には「フォトンの○○が××でうんぬん」という具合に頻出するのですが
    フォトンという言葉の使われ方にまるで一貫性が無く
    そういう物質なのか、そこから発生するエネルギーなのかすらあいまいです。
    「設定を最初に決めておき、それに基づいて説明文を考えている」のではなく
    「設定を決めずに説明文を考えているため、書くたびに新たな設定が増えている」ように見えます。
    世界観の中核をなすものの設定をきっちり決めておかないというのは愚の骨頂です。

    ・シナリオ
    意味不明です。何も考えていないとしか思えません。
    本作のライターは「とにかく意味深な台詞を言わせればかっこいい!」と思っているらしく
    NPCがむやみやたらと意味深な言い回しを多様します。
    しかし、大して重要でない雑談まで意味深な言い回しをするため
    物語上本当に重要なキーワードがどれなのかさっぱりわかりません。
    伏線を張っているように見せかけて特に何でもなかったり
    張ってもいない伏線を回収したり(何を言ってるかわからないと思いますが、本当です)と
    展開が常に行き当たりばったりで、プロットを決めずに「格好良い台詞」だけをつぎはぎして作ったかのような印象です。
    わざと分かりにくくしたいのかと思うほど酷く、読むほどにストレスが溜まります。
    誤字、脱字、慣用句の使い方を間違えるといったレベルのミスも多く
    国語が苦手な中学生にでも書かせたのか?という品質です。
    しかも、人物設定をシナリオライターが過去に個人で発表した同人作品から流用しているらしく、
    商用作品に対して発表済みの別作品をそのまま流用するというセガの品性に呆れ果てます。
    というかこれ、企業倫理的にまずいのではないでしょうか?
    総評
    本作は、個々の要素についてだけ見れば光るものはあります。
    軽い割にはそこそこ見られるグラフィック、バリエーション豊かなサウンド
    多彩なモーションを展開するフォトンアーツや、種類が豊富なレアアイテムなど
    その部分「だけ」を見れば豪華な作りです。
    ゲームを始めて間もない頃は、この豪華さに目がくらみ
    素晴らしいゲームだと思うかもしれません。

    しかし、「悪い点」に書いた通り、それぞれの要素が噛み合っておらず
    ゲームとしてまとまりがないのが問題です。
    この問題は複合的なものであるためか、軽く遊んでいるうちは気付くことができませんでした。
    しかし、やりこむほどに浮き彫りになり、
    やがて「本作はもしかしてゲームとして成立していないのでは?」とまで思うようになりました。

    個々の要素がよく出来ているにも関わらず、ゲーム性の本質的な貧弱さについては
    過去1000本以上(誇張ではありません)のゲームをプレイしてきた私の知る限り
    およそ最悪の部類に入ります。

    これは、個々の要素の出来が悪いよりもはるかに深刻です。
    なぜなら、各要素を調整し、時には切り捨て、ゲームとしてまとめ上げるということは
    開発のトップがポリシーを持って行うべき仕事であり
    それが出来ていないということは、
    トップにゲームクリエイターとしてのセンスが欠けているか、
    もしくは、そもそものポリシーが
    「見栄えを良くして客を呼び、ゲーム性の低さに気付くまでに金を出させる」という
    商業面にのみポイントを置いたものであることが予見されるからです。

    もしそうだとすれば、トップが替わらない限り改善が見込めないということになりますが、
    かつて本作が「HDD内の(ゲームとは関係ない)データを勝手に削除してしまう」という大失態を犯した際も、トップが入れ替わることはありませんでした。
    本人達の言によると、自分達がやめてしまえばPSO2の存続自体が不可能になりそうだったとの事です。
    つまり、今のセガには代わりになれる人材がおらず
    今後もトップが替わる事は無いのでしょう。
    従って、残念ながらこの先PSO2に抜本的な改善が行われる可能性は低いと判断し
    極めて低い点をつけさせて頂きました。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 2 1 1
  • 良い点も悪い点もズバ抜けてて・・・ 35
    • 投稿者:juke(女性/20代)
    • 投稿日:2014/01/31
    良い点
    ※キャラクタークリエイトはPC版なので綺麗だと思いました。
    ※音楽は緊急&ボス戦、どちらも好きです!特に防衛の音楽はかっこいい!
    ※武器やテク職以外のモーションがかっこいい!
    ※無課金でもベリーハードまでならフレンドと快適に遊べる。
    ※運営から配布されるアイテムは何だかんだで嬉しいw
    ※廃人向けコンテンツと、ライト層向けコンテンツで区分けされていると思う。
    (エクストリーム→廃人向け アドバンス→ライト向けなど)
    ※フレンドとの連絡やコミュニケーションが非常に取りやすい。

    悪い点
    ※レアドロップ率が低いと思います。☆10、☆11さえ出る防衛でも最近はレアドロップが少なくなって来たような・・
    ※クラスバランスが凄く悪い。ガンナー&ブレイバー以外は邪魔なレベルです。
    ※テク職(魔法使い)のモーションが男女で一緒なのはイタイw
    ※男性コスチュームが少ない&ダサイ・・
    ※無課金でのスーパーハード参加は装備が弱いせいでかなり難しいと思う。特に防衛。
    ※金策が主にタイムアタッククエスト消化になってしまう。

    総評
    やり始めの頃は表向きしか知らないので凄く楽しいです。
    キャラは綺麗だし、音楽は盛り上がれるし、モーションも派手だったり、
    メンテごとに運営からの配布アイテムがあったりするので、そういうのも楽しみになったりすると思う。
    ただしそれは序盤〜中盤レベルまでの話で、高い難易度に行きだすとこのゲームの色んなアラが見えてきます。クラスバランスの悪さ、レアの出難さ、最低プレミア課金しないと周りの人とは差が開きすぎる現実・・・。
    12人マルチプレイを謳っていますが、戦法など何もありません。
    ひたすら火力の高い武器や技で殴って敵を蒸発させるだけ。防衛でも同じ。
    それが出来ない装備&クラスは煙たがられます。

    新規を呼び込める良い所はたくさんあるのに、
    悪い所が後からどんどん目立ってきて人が減っていく・・そんな内容だと思いました。




    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 2 1 2
  • かなり残念 35
    良い点
    キャラクタークリエイトが細かくできる

    アイデア
    悪い点
    アップデートでハードディスク内のデータを消された時の確認作業の遅さ(自分の場合はネットワークドライバがやられてた)

    初期の頃は一般クエストのマルチエリアで経験値稼ぎながら皆でワイワイやってたが運営に潰されたおかげで旨みも楽しさもなくなり閑古鳥が鳴いてる状態。

    現在まともに楽しめる要素は緊急クエストだけだが同期がとれてなかったりサーバーが貧弱すぎてラグが酷い。

    プレミアムセットの恩恵が少ない(現在は若干マシになったが)

    アクションを売りにしてるが短調すぎる。

    棒立ちしてる人にも経験値やレアアイテムが手に入る。
    総評
    運営がユーザー目線に近い状態でゲームを作ってくれていたら今でも賑わいは残ってたであろうに残念だ。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 1 2
  • 今までプレイしたMMORPGの中では一番の出来 75
    • 投稿者:samaero(男性/20代)
    • 投稿日:2014/01/06
    良い点
    ●キャラクタークリエイト
    数あるMMORPGの中では最高の質。
    身長、筋肉量、輪郭、顔パーツ等、細部まで弄れる。
    女性ならバストサイズまで自由自在。
    コスチューム、髪型、アクセサリもバリエーション豊富。

    ●BGM
    状況に併せて曲調が変わる。
    どのBGMも質が高く、飽きない。

    ●個別ドロップ
    他のMMORPGによくあるドロップアイテム争奪の心配は無い。
    気にせずに拾える。

    ●シンボルチャット機能
    イラストをゲーム内で作って、それをチャットで発言できる。
    これを使えばフレンド、チーム内での会話が弾む。

    ●ロビーアクション
    いわゆるボディランゲージ。
    この種類も非常に豊富で、喜怒哀楽の表現が簡単。
    悪い点
    ●男性コスチュームのバリエーションの少なさ
    女性コスチュームの種類が圧倒的に多いのに対し、
    男性コスチュームはかなり少なく、冷遇されている様に感じる
    (さらに個人的に「これだ!」と思える男性コスも少ない)

    ●シナリオ
    上面や雰囲気を楽しむ分には問題ない(個人的には)。
    自キャラとNPCが絡む場面は見ていて何気に楽しい。
    だが、深く潜り込もうとすると、決定的な矛盾点が多数見つかる。
    内容もやや薄め。感情移入もし辛い。

    ●レアドロップ率
    かなり低い。
    ブーストアイテムを使えばある程度緩和されるが、★11以上の激レア品はそれでも相当出にくい。
    ヘビーユーザーはあまり努力が報われない気がする。
    血眼にならず、気ままに狩って「出たらラッキー」程度に留めておいた方が気が楽かも。
    あまり執着し過ぎると飽きが早くなる。

    ●オリジナルコンボ性薄め
    飛びぬけて高い威力の必殺技(PA)があり、ほとんどの人がそれを多用するため、いまいち面白みに欠ける。
    職バランスもどちらかと言うと良くない。



    他の点は、別の方のレビュー参照。
    総評
    良い点も悪い点も多いゲームですが、自分が今までプレイしたMMORPGの中では一番面白いです。

    個人的には

    ●男性コスチュームのバリエーション
    ●職バランス
    ●ライトユーザーだけでなく、ヘビーユーザーにもある程度の救済

    以上の3点をなんとかして欲しいかな、と思っています。
    他の点は別の方々がレビューに書いてくださってるので割愛。


    全体的にライトユーザー向け?
    これから始める方は、

    雰囲気が良く、規模の大きいorイン率が高いチームに加入すること

    を強く推奨。
    加入しているか否かで、楽しさや効率がグッと変わります。
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 2 4
  • 断言します、今確実に日本一面白いゲームです! 100
    • 投稿者:カクマル(男性/30代)
    • 投稿日:2013/12/22
    良い点
    ●高グラフィック&キャラクタークリエイト

    グラフィックスに関しては、リアル過ぎず汚過ぎずと言った良き時代(PS2やXBOX)の時代のレベルを思わせるクオリティー。
    若干まだ身体に角ばった部分やテクスチャーが雑に見える部分も残っているものの、我慢できないレベルではない。
    むしろあまりハイクオリティーになると、スペックが無駄に高くなるばかりか、リアル過ぎて気持ち悪くなると思う。

    また、キャラクタークリエイトの自由度は計り知れない程にハイレベル。
    言うほど自由度が高くないだの、個性が出せないなどと言う意見もあるようだが、ハッキリ言ってそれは詰めが甘い。
    ブレンドモーフィングの扱いや、事細かいカスタム要素を上手く扱いきれていない、出来ないと簡単に諦めてしまう人の言い訳にしか聞こえない。

    半日〜数日の時間をかけて試行錯誤しながらキャラクターを真剣に作ろうとすれば、文字通り究極のカスタマイズが可能です、そこまでする価値が有る程ゲーム自体が面白いと先に断言しておきます。
    データのセーブやロードも可能で、キャラクタークリエイト体験版で作ったキャラの作中のアクシション映像も確認できる。

    慌てずじっくりと時間をかければ、他には無いドストライクなキャラが必ず作れる。
    って言うか、コレだ!と思えるキャラが作れるまで本編を始めるべきではない。

    ●ミュージック
    BGMのセンスが素晴らしく良いと思う。
    例えて言うのなら分かる人には分かるでしょうが・・・。
    バーチャファイター2やFF7のような臨場感あふれる迫力のある音楽が殆ど。
    PSEの発生に伴って曲調がシームレスに切り替わるという仕掛けも施されており、ノリの良さを更に実感できる。

    ●マルチプレイ
    見ず知らずの12人のプレイヤーが協力してクエストをこなす事が出来る素晴らしいシステム。
    アクション系ネットゲームの中では確実に最上級。
    アイテムドロップは個人個人で、取り合いにもならないし恨みっこ無しの平等制。
    ダークファルス戦やダークビブラス戦などはまさにお祭りのようなもの。
    互いに助け合い協力し合うと言った、本来オンラインゲームにあるべき楽しみ方が、当たり前に体感出来る。
    ソロプレイが主体の方でも、このシステムのお陰でフレンドを作れる機会が極めて多い。

    ●アクション性
    アクション系ネットゲームの中では確実に最上級。
    コンシューマーのアクションゲームと同等のレベルで自由に動き回れる。
    クセの無いジャンプ攻撃やジャストガード、緊急回避、フォトンアーツの組み合わせ。
    自分の戦い方を探すのも面白く、大量の適を纏めて薙ぎ払った時の爽快感は三国無双並み。
    腕がモノを言うようにもなりますが、難易度も難し過ぎず簡単過ぎずと言った絶妙なバランスなのが素晴らしい。

    ●ランダムマップ
    このシステムのお陰でとにかく飽きが来ない。
    MAPは毎回必ず違う形に組み替えられており、極端に広ければその逆もあり、ボスが出安かったりそうじゃなかったり、色々なシチュエーションが発生する。

    ●コスチューム、コラボ
    コスチュームの数もネットゲームとしては明らかに最多、それぞれ事細かな造りになっている上にコラボによる他のゲームやアニメのコスチュームも存在する。
    今後FF14とのコラボも密かに噂されている。

    ●レベリング
    もの凄く簡単にレベルを上げられる、納品系のクライアントオーダーをメセタ(ゲーム内通貨)で購入して収めるだけでも経験値がどんどん入ってくる。
    フリーのクエストでマルチプレイに混ざって遊べば討伐系のクライアントオーダーも容易く完了できる。
    他のネットゲームに比べればどうと言う事は無く、無理をせずともそれなりの努力で普通に他の皆に追い着ける。

    ●アップデート
    HDDデータ削除の事件があってからは若干の期間が開くようになったが、それでも尚速すぎるペースでアップデートが進んでいっている。
    次から次へと新要素が取り入れられ、その一位一つは単純な思い付きではなく、計算されたコンテンツが詰まっているのだと言う事が毎回実感できる。

    ●運営のやる気と情熱
    運営も自己満足や見切り発進といった感じではなく、明らかにユーザーを盛り上げ、楽しませる為につぼを突いた新要素を追求し取り込み続けている感じがする。
    運営だけが盛り上がるのでもダメ、ユーザーだけが盛り上がるのでもダメ、皆が一緒に盛り上がらなければ意味が無い。
    自分にとって本来ネットゲームとはそう言うものなのだと思っていたが、それを本当の意味で実現させてくれたのがまさにこのPSO2というゲームだったのである。

    定期的に放送されているニコ生PSO2情報局を見ればそれが分かる。
    まるで新要素を発表する度にユーザーに驚いてもらう事を生き甲斐にしているかのような、やる気と情熱と思い遣りを見て取ることが出来る。

    中でも司会の会一太郎さんは、見事にユーザと運営の中堅役となっており、彼の遠慮も容赦もないドツボを突いたトークによって、ある種の光明を生み出している事は明白である。
    悪い点
    ●改善はされてきているものの不具合はそれなりに多い
    ネットゲームでは当然な話だが、ゲーム内の通信問題(ラグ)が厳しい。
    ダークファルスなど人気の緊急クエストが発生するともの凄く重くなる上に全画面プレイ中でALT+TABを押して画面を下ろし、他の作業をすると結構な確立で落ちる。
    コスチュームのテクスチャーの荒さや、武器防具の接触部分が気になったりなど、問題点は多々ある。

    ●コスチュームのオリジナルカラーチェンジ
    ただ色を変えるというだけの事なのに費用がかかりすぎる。
    また、エステ内では武器屋防具の試着姿が見られない為、武器防具にコスチュームの色を合わせると言う事が出来そうでできない。
    失敗すればチケットは消費され、またもう一枚チケットが必要になってしまう。

    ●日本人が無口過ぎる
    シップ2に行けば判るのだが、外人の方も大勢プレイしており20ブロックに飛ぶと白チャットが行き交っている。

    しかし、日本人は内気と言うか陰気な所があるせいか白チャットは使わない、あまりにも会話が無い物静かなロビーになってしまう所が残念である。
    時にニコ生でキーワードなどで上がった「かまたろう」や「俺が木村だ!」のようなネタで一瞬盛り上がる事はあるが、本当に一瞬だけである。

    これまでのギスギスした他のネットゲームの風習が影響しているせい、またはスカイププレイが常識化しているからとも思えるが、もう少し喋ってもいんじゃね?とは思います。
    白チャうぜーとか言ってる人も居るが、心底意味がわからない。

    ただ、無駄にシンボルアートを連発する人種に対してはまったくの同感ではあるが・・・・。
    総評
    日本の遅れ切っていたネットゲーム業界を一気に急上昇させた歴史に残る名作である事は間違い無い。

    この10年、ネットゲームは韓国産が常識といった事態になるまで国産ゲーム業界は陥れられており、注目の的であったFF14の大失敗で国産に対する期待と信用が失われた為、韓国産のネットゲームが依然として上位を占めていた。

    しかし、その韓国産のネットゲームも次第に衰えを見せ始め、ネットゲームそのものが終焉を迎えてしまうのではないのかと噂されていた。
    所が、このタイトルの出現はそんなネガティブな事態をことごとく一変させてしまった。

    基本プレイ無料というのは当時タブーと言われていたが、それは韓国産があからさまにアイテム課金を重視して課金アイテムが無ければマトモに遊ぶことも出来ないような似たり寄ったりのゲームばかりが横行していたことが原因である。

    だがこのPSO2は何の課金の必要も無くマトモにゲームがプレイできる。
    課金アイテムを強要されるような事も無ければ、それなりに努力する事で有料のスクラッチアイテムをゲーム内通貨で補う事も容易い。
    ゲーム内で容易く生活が成り立ってしまうので、当然RMTもマトモに成立しないのであろう、業者もほぼおらずRMTer(金持ち)だけが優位に立つような有りがちな事態も発生しない。

    言うなれば事の全ては己の運と努力に託されているのだが・・・、だがそれがいい。
    って言うか、そうでなくちゃダメだろと自分は思う。
    これを否定する事に意味など無い。

    そして自分は皆さんに心の底からお勧めします。
    このゲームは本当の意味でゲームなんです、これこそが皆で楽しめる本当のゲーム!

    自分は毎日マッタリPSO2楽しみながら、髪ゲーってのはこういうゲームの事を言うんだろうな・・・と実感してます。








    ・・・・あ。
    ゴメ、神ゲーだった(´・ω・`)
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • いよいよ、終焉か 10
    良い点
    ・キャラクター作成
    キャラメイクは楽しく、色々思案するのが楽しい

    ・Vitaでも遊べる
    PCが無いユーザーの為にもVitaで手軽にプレイできる。

    ・スマホとかでも色々できる日が来るかも?
    今後のアップデートで追加されるらしい
    悪い点
    ・極端な職バランス
    もう、何といいますか特定の職だけいればいい状態です。
    ゲーム内でもメインクラス/サブクラスがハッキリ決まりすぎて、他職の出番は?
    というくらいのバランス崩壊してます

    ・経済破綻
    たとえるなら今から新規で始める人はジンバブエの経済と同等くらいの差が

    ・ソロは次第にできなくなる
    最初から中盤にかけてはいいんですよ。VHランク以降になってくると、ソロには限界が見えてきます。

    ・初心者に全然優しくない
    確かに昔と比べてレベリングやクエストの緩和はされています。
    ですが、一緒にパーティーを組んでワイワイしようとしても、だいたいの人がサブクラスとかサブキャラ育成中で、装備とかに差が付きすぎていて、ついていくだけの作業になる事が多い。それで何もわからずついてった結果寄生だの、役立たずだのレッテルを張られる事に

    ・ユーザーのマナーが最悪
    Vitaでできる手軽さや、基本無料はいいんだけど、それのせいで低年齢層が多く、ゲーム内のモラルが破綻している。このゲームの過去作をやってる人は分かるかもですが、ロビーで知らない人と交流目的でチャットしてると、PT組めとかクエストいって話して来い等のヤジが飛ぶなんてのは日常茶飯事です。

    ・追加された新緊急が酷過ぎる
    今まで至高のレアとされていた☆11ランクのバラまきをしたり
    途中経過でランキングが出るので、そこでギスギスしたり
    レア目的の為に、ライズ装備(性能はイマイチ)できて、何もしなかったり

    特定の緊急では故意にクエストを失敗させる人やチームもあるくらいです。
    総評
    手軽に楽しめるっていう点だけは評価できるけど
    今から新規でプレイするのはちょっと厳しい部分もあるかもしれません。
    悪い点でも明記しましたが、経済破綻+マナーが最悪です。
    出会い目的だけのためのチームとか、捨てキャラを作る人とか、外部SNSとかから色々織り交ぜて物色してる輩も多いので、男女共に気を付けてくださいね。

    続けるには、本当に大きなチームかイン率が高くてチャットとかで和気藹々と楽しめるチームにでも所属しないと、ソロの限界をすぐに感じて何もかもが作業+ストレスになります。

    ゲーム面は不満ですが、衣装とか着せてチャットをするためのツールと割り切れるのでしたら、それはそれで楽しめるかもしれません。

    職バランスもなく、戦略・戦術も皆無 
    火力だけあれば、何とでもなるというのもいかがなものかと。

    それからエンドコンテンツが少なすぎるのと、低レベルから参加できるコンテンツも少なすぎます。

    総評としては、一部の課金して引くに引けなくなった人達のためのコミュニティーゲームであって、これから新規で始める人は色々覚悟した上でゲームをプレイしてください。

    新規で始めて、チャットで声かけても、無視されるは当然だったり、上位レベルの人から色々ケチつけられても耐性あるなら我慢してみて、大きな人のいるチームに所属して生存してみてください。

    ある一定のところに到達したら、バランスが死んでるとか、悪い部分が目立つような仕様です。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 1 1
  • おすすめできません 20
    • 投稿者:llooee(男性/20代)
    • 投稿日:2013/12/06
    良い点
    ・グラはなかなかに綺麗
    ・武器や服、パーツにかっこいいものがそこそこある
    ・ロボ・ロボ子という他のゲームにはない種族
    悪い点
    ・運営の対応、態度
    先のHDD破壊に始まり、数々の不具合を放置。バランス調整もおざなり

    ・男尊女卑ゲー。男キャラを使おうものなら運営に迫害、差別される
    スクラッチは極端に萌え豚向け女キャラに偏っている。もはやSFを題材にしたRPGではなく事実上のギャルゲーとなっている。なお、キャラクリが豊富というレビューはあくまでも「エロコスのロリキャラを作る上では」という意味なので注意。

    ・底が浅いのにシビアな強化、特殊能力付け
    非常に確率が低い。システム上は最大8スロットまで拡張できるのに廃人でも5スロットが精一杯。必然的に付けられる能力が限られるので能力付けの自由度が低い。

    ・戦闘
    どの武器もほとんどが強力な一つの技をブッパするだけ。技同士の調整不足。
    謎の多段ヒットやラグで即死することが多い。

    ・初心者向けとは言い難いバランス
    初心者向けロビーに初心者が皆無。経験値テーブルの調整不足、先述の強化関連など原因はたくさんある。

    ・コンテンツ不足
    やることがないのでみんなロビーでの放置が多く、通常クエストに行っている人数のほうが少ない。まともにクエストに行ってもお金も経験値もレアも全く出ないからである。

    ・転売屋だらけ
    上記の理由からクエストに行ってもちっとも利益がないので転売屋が多い。
    しかも運営も対策する気ゼロ。
    総評
    問題点はざっと思いついたものだけ書きましたが多すぎて書ききれないです。
    明らかに日に日に人が減って初心者も入ってこないので運営も必死につなぎ止めようと予告キャンペーンやカムバックキャンペーンをやっています。
    クソゲーの烙印を押されたPSUの末期がこんな感じだったと聞きましたが、その末期をたった一年ちょっとで達成した運営には感服します。

    お勧めできる人
    自キャラ愛のギャルゲーオタクでゲームが駄目だったとしても時間と金を無駄できる人。

    できない人
    それ以外の全員。
    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 1 1
  • プレイ時間8000時間。討伐数300万までプレイしたビジット、サイコ持ちの感想。 0
    • 投稿者:dd6(男性/20代)
    • 投稿日:2013/12/03
    良い点
    ■疲労度システムが無いこと
    MOによくある疲労度が無いため時間帯に左右されること無くプレイできます。

    ■マクロやBOTの排除
    特にゲームマネーを売るRMT業者が激減し、マイショップ上のインフレも解消されプレイ環境が改善されています。

    ■横殴りという概念がプラスに置き換えられている
    通常であればアイテムドロップ権争いやEXPの増減といった仕様が従来のネトゲではありがちですが、このゲームではドロップアイテムは個別ドロップ。横殴りによりEXPの増減といったことはありません。

    ■エネミーに攻撃できなくても撃破報酬(EXPなど)にペナルティがない
    遠距離攻撃を持たないクラスでも問題なく撃破報酬を得る事が出来ます

    ■命中率と回避率の概念が無い
    ネットゲームでは当たり前なこの概念がありません。この点には関してはストレスフリーで出来ます。

    ■キャラクタークリエイトで設定できる項目は多い
    悪い点
    ■エネミーに攻撃できなくても撃報酬にペナルティがない
    良い点でも上げましたがこれが逆に悪い点も生み出しています。
    裏を返せば攻撃せずに周りについて行くだけでEXPもアイテムもペナルティなしで獲得できる事になります。
    いわゆる寄生行為が誰でも簡単にできます。

    ■キャラクタークリエイトの個々の設定は、ほとんどは大きさを変えることができるだけ
    謳い文句にある「究極」というのであれば微妙です。
    設定を弄れるとは言えるとはいえ、各部位の大きさがほぼ弄れるだけで個性的なキャラクリはし辛くバランスが取りづらいです。
    鼻や顎は尖った形状になりやすく、至って普通の顔を作る方が難しいです。いわゆる奇形、モンスターは非常に作りやすいです。
    女性キャラであれば、かわいい感じのキャラクリはし辛く、おばさんや男女と呼ばれるキャラクリは非常にやりやすい。
    男性キャラであれば、イケメン(腐向け)なキャラクリはし辛く、ダンディーなキャラクターは作りやすいです。

    顔タイプも極端で幼顔は0〜2歳ぐらい、若年が20代後半ぐらい、壮年で60代ぐらいです。
    特に幼顔の顔の動きはやっつけと言わざるを得ないほど酷く、笑顔モーションを使うともはやホラー物。
    鼻周辺に不自然な影が発生しているのが主な原因ですが、若干これが解消されているデューマンでもやはりホラー物です。

    服の色、髪の色、目の色のカラーパレットには若干差異があり、髪の色ではデフォルトで明るさが暗めに設定されているため、服の色で作った色は再現することができません。

    ■MMO並みの必要EXPの多さとレアドロップ率の低さ
    Lv45〜50のレべリングが非常につらいです。主に人が少ないのが理由です。
    緊急クエストを利用しないと中々レべリングが進みません。
    サブクラスに10%の経験値が入るようになりましたが、所詮は10%なのでLV20からはあまり当てになりません。

    ■レアリティ11と12がほぼゴミ化
    所有するプレイヤーが増えることによる腐陳化を防止するためだとは思いますが、
    属性値強化の性質と、後々に追加された★10の方が強力なことを考慮すると産廃化している物が多いです。
    現状の★11と12の特徴は「所有者が少ない」しかないと考えてしまって差し支えありません。
    潜在能力が強力じゃないから★10未満の産廃と評される★11と12の方が多いです。

    ■スキルツリーとは呼べないツリーに圧倒的に足りないスキルポイント
    現状ではクラスレベルのカンストと、スキルポイント(以下SP)が獲得できるクライアントオーダーで計75SPになります。
    スキルツリーにスキルが追加されても、スキルLvを最大するのに10SP必要だったり、無理矢理SPを消費させるツリーなため特化ツリー以外はNGになります。
    あれもこれも対応できるスキル降りを行うと、何もかもが中途半端になってしまうのが主な原因です。

    どのクラスでも全てのスキルをマスターするためには、このレビューを投稿した時点でも200を超えるSPが必要になります。
    最も少ないブレイバーで209SP。最も多いテクターではなんと297SPとほぼ300です。

    ■習得率の低いスキルや使用率の低いPA・テクニックなど、何故「低い」のか全く分析していない。
    フォースではいわゆる氷ルートばかりに新スキルが追加されていますが、なぜこのルートが不人気かつフォトンフレアの習得率が低いのかどうかを運営は何も分析していません。
    答えは簡単で火ルートにはチャージ時のテクニック威力が上がるスキルと、炎属性テクニックの詠唱速度上昇スキル。
    雷ルートには雷属性テクニックの燃費を良くするスキルと、ジャストアタック時にテクニックの威力を上げるスキルがあるからです。
    PAとテクニックに関してはPP消費量や、PP消費量に対してダメージが低かったり使いづらいなどがあります。
    強化方法が威力を上げるだけなので何も解決にもなっていません。
    レベルががあれば射程の増加、範囲の増加。テクニックであればチャージ時間の減少があればいいのですが、これらの調整はほぼありません。威力を上げるだけの調整は運営にとっては楽でしょうが、プレイヤーにとっては何も解決にもなりません。
    使いづらいのをなんとかしてほしいのに使いづらいままなのですから。

    ■特定のレベルからPA・テクニックの威力が急上昇する
    特定のレベルから一気に威力が跳ね上がる=特定のレベル未満では何も変わらないということです。
    そのレベルで習得しなければ意味がありませんし、Lv11以上のディスクは取引できないため自力で入手する必要があります。
    直ぐに入手できなければ周りはどんどん入手しているのに、自分だけ中々入手できないというイライラが付きまといます。

    ■全体的に悪すぎるテンポ
    エリア全体に撃破対象が分散するEトライアルや、ボスの部位が壁や地面に埋まって部位破壊が出来ないのは当たり前です。
    2012年9月のアップデートでプレイヤーが上昇できる高度に制限が入り、一定以上の高いになると操作不能になります。
    しかし、この仕様を導入しているにも関わらず、操作不能になる高度より高い位置まで飛ぶエネミーも追加されており、仕様の把握が全くできていないようです。

    クライアントオーダー受注時にはNPCの会話が毎回割り込み、ボタンの連打が常々必須。
    破棄をするときにも破棄したという演出が毎回入るだげてなく、カーソルの位置も記憶されず1番目に戻ります。

    ■いくらなんでも劣悪すぎるUI
    マイショップの検索もAND検索やOR検索も対応できていない上に、完全一致でないと検索すらできません。
    有る程度は/抜きに対応や検索候補機能がありますが、検索候補が表示されている間はそれ以外全てが操作不能になります。
    後方一致や部分一致はデータベースに多大な負荷が掛かるのは分かりますが、前方一致の検索ぐらいは実装してほしいです。

    検索だけでなく、価格入力も非常に面倒です。テンキーからの入力が全く考慮されていません。
    出品時に1000がデフォルトで入力されていますが1000未満になると強制的に1000が入力されるため、入力の仕様上必ず頭に1000が付いた価格しか設定できません。
    フォーム形式の物を準備するだけであっさり解決する話なのですが・・・。いい加減にマウス + キーボードのプレイヤーの事も考えてください。

    ■圧倒的な倉庫の枠不足
    アップデートを重ねるたびにアイテムの種類がどんどん増えているのも関わらず、倉庫の拡張や新しい倉庫の追加などはされていません。
    基本倉庫200枠でやっていくのは難しく、倉庫を借りるための課金が必須レベルになってます。
    また、買い切りの拡張倉庫は一切なく全てレンタル制です。そろそろ買い切りの倉庫や、メセタで拡張できる倉庫も欲しいところです。

    ■メセタだけでなく無駄に時間が掛かる特殊能力追加
    無駄に時間が掛かる要因は、エクストラスロットと能力追加に失敗した時の仕様が大きく関わっています。
    失敗するとスロットが減少し、同じスロットに戻す場合はエクストラスロットを利用して元に戻す必要があります。
    しかも、エクストラスロットは全て追加に成功しないとスロットが増えない上に、追加する能力の継承率が低下するため中々増やす事ができません。また、スロットは1つずつしか増やせません。
    4スロットに拡張するだけでも1か所平均1時間ほど。5スロットにもなると1か所3時間以上なんて当たり前です。
    2スロットに拡張するための素材。3スロットにするための素材。4スロットにするための素材・・・、それに応じた素材を準備しなければならないため、倉庫・ビジフォンとアイテムラボの何十回、何百回にも渡る往復は当たり前で特殊能力追加を真面目にやるのがバカバカしいです。

    ■ブラックリストがマルチパーティーでは有効にならない
    何らかのトラブルによりそのプレイヤーと関わりたくないからブラックリストに登録しているにも関わらず、マルチパーティーでは自動的にそのプレイヤーとマッチングします。
    不具合レベルとしか言いようがありませんが、正式サービス移行以前からもずっとこの仕様なのでこれで正常のようです。

    ■アップデートの方法
    コンテンツの消化速度を抑えるために小出しの方式で行われていますが、
    そのコンテンツが薄すぎてある意味のアップデートなしという事が多々あります。
    一番のアップデートが「操作性の改善」や「○○の仕様変更」と言われる事もあり、普段のアップデートに中身が無い(薄い)事も良く分かると思います。

    ■ストーリーや設定などが意味不明
    まとな文章を探した方が速いぐらい酷いです。プロのシナリオライターが書いた物とは思えません。
    ストーリーや設定には不可解なものが多く、この独特な構想を「ウノリッシュ」「宇野語」と揶揄されています。

    この不可解な点に関してまとめられているwikiを見ましたが、私自身が思っていた不可解な点が全て解説されていました。
    同時に、シナリオライターが過去に"ネット上で公開したシナリオの設定をPSO2にそのまま流用"していることも発覚しています。

    ■度重なる不具合の連発。そして起こったHDD削除事件。
    正式サービス後から1年経ちましたが、何も変わっていません。
    「不具合が発生したらとりあえず謝罪してお詫びのアイテムを配布しておけばいいだろう。」
    ぐらいの姿勢です。
    この姿勢を続けた結果、2013年9月4日のアップデートでPSO2以外のデータまで削除してしまう致命的な不具合を起こしています。
    これだけの大事件を起こしたにも関わらずアップデートに度にの追加、再発、告知ミスが相次いでいます。

    HDD削除事件が起こる以前にも公式ブログで「いつの間にかバグが直っていた」と書かれる始末で、
    正直この事件が起こるのは必然だったと言えます。

    ■不具合対応や臨時メンテナンス実質などによる補填が非常に不足している
    臨時メンテナンスを実施したら「補填はトライブーストを配っておけばいいだろう」程度にしか行われていません。
    金銭の絡む部分ですからしっかり補填を行ってほしいです。
    そもそも、拡張倉庫の補填は正式サービスから今まで1回も行われていません。
    他にもエクストリームパスも同様に補填の対象として配布するか、強制的に受け取るようにするべきです。

    ■システムが緩すぎて嫌がらせや寄生行為を行うプレイヤーが多発
    ・ダークファルスエルダー戦で、HPが減るまでキャンプシップで待機
    ブーストアイテムはロビーとキャンプシップではログインしっぱなしでも時間が減りません。
    普通に本体まで撃破すると1枚あたり3〜6体しか持ちませんが、キャンプシップで待機すねと1つ当たり15体ほど持たせることができます。
    また、待機しているプレイヤーに指摘すると「プレイスタイルを押し付けるな」「仕様の範囲内だから問題ない」と反論。
    中には「ハラスメントで通報します」という脅迫を行うプレイヤーもいます。

    ・マルチパーティーに参加したままキャンプシップでそのまま放置
    クエスト中だけでなく、クエストクリア後でもキャンプシップで放置するとマルチパーティーに参加した状態になります。
    マルチパーティー内では12/12なのに6人しか居ないのは当たり前です。

    ・2PCやPC + Vitaなどでサブキャラ達を追尾させてレべリング
    エクストリームパスはおごる事が出来るため、これを目的としたプレイヤーが行っています。
    サブキャラクターを管理しながらになるため、追尾元のキャラクターも攻撃に参加できず事実上の寄生になってしまっています。

    ・ボス周回(ボス直)を行うプレイヤーと混ざらないように鍵部屋を使っているのに、この鍵部屋でボス周回を行うプレイヤー
    「マップが固定されているからボス部屋まで行くのが楽になる」というのが理由です。

    これらは、ほんのちょっとした仕様変更を行うだけで簡単に改善されます。
    ・クエストが開始したらブーストチケットの消費
    ・キャンプシップで10分放置するとロビーに強制帰還
    ・マルチパーティーエリアにもブラックリストが有効になるようにする
    たったこれだけです。
    総評
    結論から言うと「ぼくたちがかんがえたさいきょうのげーむ」で悪い意味で点数が付けられません。
    プレイヤーを楽しまる努力がまるで感じられず、むしろ嫌々PSO2を作っているかのように感じ取れます。

    ■仕様変更の原因は全てプレイヤーの責任。私達は何も悪く無い
    まず、仕様変更の理由が「運営としては○○はゲームバランスに関わるので修正します。」ではなく「プレイヤーが○○しているからゲームバランス崩壊に繋がるので変えますね。」とプレイヤーを完全に悪者扱いしてします。
    こんな事を言えばからユーザーから信用を全く得られないのは明白で、実際に信用なんてベリーハード実装時には既に皆無でした。
    過去のシリーズからのトラブルを含め、運営体質が改善されていないのも信用が得られない要因になっていると思います。

    ■悪い点から見える出口バースト(結晶バースト)が流行った原因
    ここまで流行った原因は渋すぎるレアドロップ率と、悪い点でも上げた45-50のレべリングです。
    同時接続数が多いゲームのでレアドロップ率が高すぎるのもまた問題なりますが、現在のプレイヤー層の多くは手軽なシステムを求める傾向があるため、渋すぎるレアドロップ率はニーズに合っていません。
    45-50のレべリングも当時のレベルキャップの都合もありますが、ここがキツすぎて萎えてしまうプレイヤーが多く、結晶バーストを利用してこのレべル帯を突破したプレイヤーもいます。
    そもそも、緊急クエストが発生しないとまともにレべリングが出来ないほど、通常のクエストでは過疎化していたのも流行るきっかけになりました。

    ■低レベル帯プレイヤーの装備が追いつかないのはレアドロップ率の低さではない
    開発陣(木村D)は装備が追いつかないのはドロップ率が低いからと完全に履き違えており、アイテム強化の敷居が高いのが装備が追いつかないのです。
    ・アイテム強化の★7武器からの「強化+7以上で強化に失敗すると強化値を必ず1以上下げる」仕様の見直し
    ・プレイヤーでも分かりやすい解説が非常にし辛いほど複雑なシステムになってしまっている特殊能力追加の仕様の見直し
    これらが必要になってくると思います。

    ■最後に
    プレイヤーに関しては、SH帯になると他のプレイヤーを非常に高性能なNPCとしか見ていない自己中心的な人ばかりです。
    低年齢層が集まりやすいネクソンやハンゲーム運営のゲームをプレイしている方が、割り切れるだけ精神的にもマシです。

    また、HDD削除事件以降チェック体制の強化によりアップデートが遅れるとの告知がありましたが、
    遅らせたところで不具合の連発は変わらず、アップデートの密度が下がってさらにプレイヤーが離れていくのではと思います。
    PSOシリーズは大体6年ほどでサービスが終了する傾向がありますが、PSO2は10年続くどころか3年持つかすら怪しいです。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 1 1 1
  • 踏み込めば踏み込むほど粗が目立つゲーム 10
    • 投稿者:UDRL(男性/20代)
    • 投稿日:2013/11/12
    良い点
    ・じっくり作り込めるキャラクタークリエイト
    豊富な設定項目と多彩な種族で自分だけのキャラを作って楽しむことができる。
    このキャラは自分だけのキャラだ、と思える部分が大きい。

    ・聞き応えのあるBGM
    ただし、後述の理由により大きく減点。

    ・無課金でもスクラッチの景品に手が届く
    ゲーム内通貨のメセタを得る手段は無課金プレイヤーにも用意されており、努力すればユーザー間ショップで課金スクラッチアイテムを購入することができる。

    ・命中率と回避率の概念がない
    MISSや0判定がないのは快適。

    ・手軽なアクション性
    ハンター、ブレイバーはジャストガード(被弾直前に防御するとできる完全防御スキル)の判定が緩め。ファイターは攻防一体の攻撃手段を持つ。フォース、テクター、ガンナーは無敵時間の長い回避を手軽に出せる。基本ステップにも十分な無敵時間があり、これらのアクションに慣れれば手軽に強敵と戦う感覚を味わえる。

    ・緊急クエストに行けさえすれば12人協力マルチプレイの雰囲気を楽しめる
    悪い点
    ・底の浅いキャラクタークリエイト
    顎、頬、鼻や首など肝心な部分の幅が狭い。
    設定項目の多さにより難易度が高く、クリエイトできるのは無限のモンスター。
    服飾品のカラー変更にも制限が非常に多く、本当にやりたいことは大抵できない。

    ・エステ
    キャラクリはエステと呼ばれる場所で行われるが、この中でのキャラや色の見え方は実際に動かすフィールドとは違う。この現象のせいで実際のフィールドでのキャラクリを思い通りにすることは至難を極める。
    エステが課金制のため、後で微調整を加えるのもおいそれとはできない。
    髪色変更にまで課金が必要なため、実際にはキャラクリを楽しむには課金が必要。

    ・武器、装備品強化
    高難度ではレア武器を強化して使っていかないと辛いのだが、その難度が極めて高い。レア武器を手に入れても喜ぶ前に強化に悩まされてしまう。
    お気に入りの武器を長く使えるなどと宣伝していた潜在効果も、今となっては実質的に強化難度の引き上げにしかなっていない。
    PSO2内でメセタを回収するまともな機構がこの強化システムぐらいしかないため、ゲーム全体のメセタが増えると露骨に難度が上がる。
    失敗による装備消失がない点は、高ランクレアドロップ率自体の低さにより利点たりえない。

    ・新規に対して厳しい環境
    キャラクリはPSO2の良い点ではあるが、大きなウェイトを占める髪型や服飾品などは高級品。供給が途絶えたものは更に高騰しており、キャラクリを楽しもうとして今から始めるには非常に辛い。
    アクションを楽しむにも、高難度用の装備を用意するのが非常に難しい。

    ・BGM切替システム
    BGM自体は一級品だが切り替えのシステムがおかしい。唐突に旋律が消えたり現れたりする。良いメロディが流れたと思ったらぶつ切り、それまでの曲調を無視して単調な曲が流れ出したり、とにかく不安定で聞いていて疲れる。

    ・雰囲気だけの12人マルチプレイ
    各々が目の前の敵を叩くだけで、実際のところ協力する要素は薄い。
    戦闘不能になっても分かりづらいため、周りに何人居ようが乱戦の中でうっかり倒れると放置されたまま集団はどこかへ行ってしまう、なんてことがよく見かけられる。

    ・サブクラス
    メインとは別にサブのクラスを設定することで戦い方の幅が広がる。
    だが、高難易度ではサブクラスもしっかり育てないとまともに戦えなくなっていくので育成時間がどんどん伸びる上に、一クラスごとに必要な経験値が非常に多い。

    ・武器パレットの記憶システムがない
    頻繁にクラスを変更するゲーム設計であるが、装備パレットを記憶してくれないのでクラス変更の度にちまちまと武器やPAを装備し直さなければならない。

    ・フォトンアーツ(PA)
    大型の敵には効かない単体大ダメージ技がある。オリジナルコンボの利便性ゼロ。

    ・レアディスクの存在
    アクションそのものを掘る必要がある。

    ・スキル全般
    ジャストガード、リバーサル、PPリバイバルといった基本的動作までスキル扱い。
    いかに不必要なスキルを取らずに済むかを悩まされるスキルツリー。

    ・スキル使用モーション
    モーションが遅いのと、被弾すると失敗する仕様が相まって非常にテンポが悪い。
    ほぼ全てのアクティブスキルでモーションが共通なのだが、それが格好悪い。

    ・エフェクト全般
    とにかく光らせておけばいいという体で、何度も見ることを考えておらず目に痛い。

    ・ランダム生成マップ
    ランダム性を楽しめるほどには練り込まれていない。煩雑さだけを増す。

    ・エネミー出現の仕様
    ・テンポの悪いエマージェンシートライアル群
    ・ドロップチャンス自体の制限やアイテムによる入場制限

    ・既存仕様と照らし合わせない付け焼き刃の新規要素の連続
    ゲームのそこかしこに矛盾が大量に存在する。

    ・大味な難易度
    強い敵=ひたすら連続攻撃と即死ダメージであり、
    トリッキーな敵=無敵時間や強力な耐性持ちである。
    高難度になるとプレイヤー側の火力でゴリ押すぐらいしか対処法がなくなる。

    ・当たり判定の見た目との齟齬
    当たり判定が全体的に雑。どう見ても前から来ている攻撃が後ろから当たって防御に失敗なんてことは当たり前。
    大型ボスの当たり判定が地形に埋まって攻撃できなくなるのは日常茶飯事。

    ・高度制限
    一定の高さにプレイヤーが到達すると行動を受け付けなくなるのだが、クラスによっては普通に戦うだけでその高さに到達してしまう敵が存在する。

    ・部位破壊要素
    部位破壊で戦闘が有利になり、ドロップアイテムが増える。
    聞こえはいいが、このゲームは部位破壊限定ドロップレアが存在する上に、最大12人で挑む超大型ボスにまで煩雑な手順が必要になる部位破壊要素が存在する。
    これのせいでプレイヤー間のトラブルの原因と敷居の高さが生まれている。

    ・タイムアタッククエスト
    一大コンテンツとして推されているクエストなのだが、楽しさは皆無。
    内容はお世辞にも練り込まれたものではない。
    メンバー1人の意志だけでパーティ全体を巻き込んで勝手に強制失敗させることが可能。Vitaではそもそも倒すべき敵が出てこなくなるなど、劣悪な仕様の集積物。
    しかし、ゲーム内通貨であるメセタを得るためには特に無課金プレイヤーは避けて通れない。

    ・トレード制限
    トレード不可のアイテムが不必要に多い。
    同チーム内ですらトレードできないチームオーダー品など。

    ・未熟なチームシステム
    チームメンバー一覧からパーティに誘うことすらできない。

    ・フレンドシステム周りの不便さ
    なぜかフレンドリストとブラックリストが同じ欄で表示される。

    ・劣悪なユーザーインターフェース
    操作しづらく見辛い。何かにつけて強制的にメニューが閉じられる。
    Vita版の方がアイテムの表示方式が多いなど、なぜかVita版の方が優れている所もある。

    ・倉庫の狭さ
    サービス開始当初では200(+300)でやりくりできたアイテム類も、今では輝石や魔石、カプセルなど必要以上に細分化されたアイテムで圧迫される。

    ・クライアントオーダー
    アイテム収集や敵の撃破などの依頼をこなすとNPCからメセタや経験値などの報酬が貰える。
    クエスト前にこれらを受けておくと貰える経験値が三倍近く変わったりするので、育成を意識するとクエスト前に三分ほどNPCの点在するロビーを走り回らなければならない。
    繰り返し受けることが前提のものが多いが、いちいち小話が入ったり、一つ受ける度に選択位置が初期化されるため快適さはない。

    ・マターボード
    シナリオを進めるにはマターボードと呼ばれるものを進める必要があるのだが…。
    基本的に、確実には拾えないドロップアイテムの取得とイベントの閲覧を繰り返すため、進めるには指定アイテムを拾う度にクエスト進行を中断しなければならない。
    マターボード専用レアドロップアイテムという不可解なものが存在するのだが、その存在があっても進めるのが面倒に感じるほどシナリオに魅力がない。

    ・NPC
    性格、台詞、背景、行動原理に至るまで支離滅裂なキャラクターだらけで、真に魅力のあるキャラクターが存在しない。同様に共感のできるキャラクターも存在しない。

    ・中身のないシナリオ
    スポットライトが当たるのはNPCのみ、プレイヤーキャラはイベントシーンで武器を構えすらしない。
    緊迫感、臨場感、現実味、真剣味、説得力、整合性、勢い、全てがない。
    本当の意味で意味の無い選択肢。どこかで見た台詞と展開(中身はない)。

    ・地に足のつかない世界観
    SFという舞台を活かそうとしていない。とある異世界の大陸のひとつを舞台にした剣と魔法のファンタジーと言われた方がまだしっくりくる。
    オンラインゲームとしてのメタな部分まで世界観に上手く取り込んでいる気になっている。

    ・オペレーター
    まともなキャラが一人も居ない上に通信内容の中身がない。
    時としてプレイヤーの操作を阻害する。

    ・装備品全般のデザイン
    全体的にデザインやカラーリングがズレている。服飾品も含む。
    たまに良い感じのものがあったと思えば過去作からのもの、何か余計なものがくっついていたり、非戦闘状態の収納時での見てくれを重視しすぎて、武器として見ると疑問符のつくものなどばかり。

    ・ゲーム内テキスト
    アイテムの説明文やNPCの台詞回しに不自然なものが頻繁に混じる。
    妙にメタ的なテキストがよくあり、ゲームへの没入感を大きく削ぐ。

    ・運営のスタンス
    バグをしばらく放っておいたら不具合報告がなくなったから勝手に直りました。

    ・ゲーム全体から感じる敬意のなさ
    プレイヤーを楽しませようという意気込みどころの話ではない。
    コラボ作品用に用意した敵の骨格を素人目でも分かる形で流用。
    コラボなんてしていないはずなのに、どこかで聞いたボイス、どこかで見た敵。
    過去作で親しまれていた本型の武器のページを破って投げさせるなどなど…。

    ・HDDデータ削除事件
    ゲームバランスをテストプレイするどころか、本当の意味で最低限のデバッグすら行っていなかったことが露見した。

    悪い部分は他にも数え切れないほど存在する。
    総評
    マルチプレイでフレンドとワイワイする分には面白い。
    フレンドが居なくとも緊急クエストに行ければ協力プレイの雰囲気は楽しめる。

    ゲームとして楽しめる要素はあるにはあるが、それ以上にプレイヤーを不快にさせる要因や障害が多い。
    たとえ課金したとしてもそれらのマイナス的要素を払拭することは敵わない。
    今から始めるには敷居が非常に高くなっているため覚悟が必要。
    アクションの基礎はできているので、育成や装備などの用意さえできればそこそこ爽快なアクションを楽しめるだろう。
    ただし、スキルやアイテム、不可解なトライアルや敵の存在などでテンポは悪い。
    レアアイテムを掘るにしても超ランクレアは自分の好きな時に掘ることはできず、レアの掘りやすい緊急クエストも自分のプレイしている時に来るとは限らない。

    ストーリーやゲーム世界もじっくり楽しみたい人には絶対にオススメできない。
    楽しんでプレイしたいなら、ゲーム内に現れる「言語に関わるもの全て」を極力無視することを推奨する。
    新規タイトルであったなら惜しい程度だが、ファンタシースターシリーズの作品として見るとゲーム内容はシリーズの歴史に残る駄作。
    総合評価は、良い部分20点 惜しい部分30点、悪い部分-10点 最悪な部分-30点。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 2 1 1 2
  • 無課金でも装備を新調して遊び続けれるライトユーザー向けの良ゲー 85
    良い点
    ・細部までこだわれるキャラクリが楽しい
    ・アプデごとに追加されるロビアクも楽しい
    ・無課金でもメセタが稼げて、課金者と同じコスや装備を入手できる
    ・プレミアムに入っておけば十分遊べるので、少ない課金で楽しめる
    ・他の定額課金ゲーとは違って課金しない期間があってもアカ消去等のデメリットがない
    ・他のアイテム課金ゲーとは違ってスクラッチのメリットが良くも悪くもあまりない
    ・エロい方向のサービス精神も満足できるレベル
    ・まったりやりたい人には最高のゲーム
    ・苦情に対する運営の対応が早くて良心的
    ・2キャラまで無料になった
    悪い点
    ・スクラッチするメリットが良くも悪くもあまりない
    ・スクラッチゴールドにいたっては存在意義がない
    総評
    レアドロップ率については高すぎてもあれだし今ぐらいでいいと思ってます。
    まったりプレイで適度に装備増強、着せ替え、ロビアクを楽しむって感じで
    気軽に遊びたい人には最高のゲームだと思います。
    アプデが多いので楽しみも多いです。

    本気でアクションを楽しみたいならモンハンには及ばず、
    本気でオンラインRPGを楽しみたいならFF14には及ばないと思いますが、
    オンラインRPGをお手軽に楽しみたい人には最高のゲームだと思います。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 5
  • 期待していただけに悪い点がたくさん気になるゲームです。 60
    • 投稿者:less(男性/30代)
    • 投稿日:2013/08/27
    良い点
    ・フレンドをつくりやすい
    ・チームメンバーを構成しやすい
    ・ロビーアクションが多くで自己表現が楽しい
    ・チャットやイラスト機能が意外に面白い
    ・レベリングが容易で新規ユーザも取っ付き易い
    悪い点
    ・実装以降全く解消されないラグ
     12人マルチエリアどころか4人プレイでも同期処理がよろしくないです。
     PC性能、通信環境以前にゲーム品質が一番の問題と推測しています

    ・メンテナンス不備の多さ
     アップデート後の不具合が多く緊急メンテナンスが多いです。
     どのゲームでも稀にあることですが、このゲームではあまりにも多いと感じます。
     責任を持って運営してほしいです。

    ・運営コストを軽減し利益のみ見込んだアップデート
     装備品は過去のシリーズを殆ど踏襲し、真新しいものが少ないです。
     コスチュームも過去シリーズのものが多いです。
     良く言えば復刻、悪く言えば手抜きです。

    ・ゲームバランス調整が不得意
     各クラスの要望を聞きすぎなせいか調整スパイラルに陥っています。
     必要な調整は行うべきですが、考えてテストしているのか疑問になる内容です。
     ユーザ要望を鵜呑みにせず、責任とポリシーを持って設計すべきです。
    総評
    実装から1年が経過し、いつかおもしろくなるだろうと願ってきましたが、
    悪い点が色濃くなるばかりです。このシリーズは好きだから強い期待を
    抱いて来ただけに悪い点ばかり書いてしまうものです。

    これまでの実装と今後のロードマップを見ても特に何かが進化/変化するような
    内容ではありません。1年を通じてまったり前年と類似したコンテンツを
    展開していくこととなるでしょう。これはほぼ間違いないと思っています。

    深いことは考えず、着飾った装備を仲の良いチームで楽しみながら
    プレイするのが吉となるゲームと考えます。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 2 2
  • 遠距離マンセー 40
    • 投稿者:スリッパ(男性/30代)
    • 投稿日:2013/08/22
    良い点
    かなり細かく弄れるキャラメイク

    豊富なアバター(コス)、アクセサリー類

    装備やレベルによる差が出にくい仕様なのでライト層でも楽しめる

    アニメ調なグラのため本来世界観から逸脱したコスでも違和感が少ない

    スペックの要求が低い、普通のノートでもプレイ可能
    悪い点
    すぐに産廃化するレア

    安定の遠距離マンセー具合

    プレイヤーのマナーは決して高くない

    ACスクラッチ拝金主義

    徹底やりこみ派には向かない設計

    ストーリーなど演出がヒドイ
    総評
    運営は頻繁に調整はしてるけど根本的な解決にはならない
    近接はボス戦専用それも一部の武器に限る状態、
    射撃はウィークバレットを当てる作業
    法撃はPSO2の主役、火力、範囲、射程トップクラス。誤差程度に低い防御

    PSO2に限らず他のゲームでも魔法系火力職の火力は抜きんでている事が多い
    現実に存在しないもの故の事なのかは不明だけどその分物理防御が著しく低いなど
    最低限のバランスが存在するがPSO2にはそういった短所が見当たらない。

    法撃職が即死するところでは近接も同じく即死する

    ボスで近接が輝くわけでもなくマルチエリアの寄生虫状態からは抜け出せるというレベル、
    現状というかサービス開始から現在まで仕様・効率だけを考えたら近接はいらない。
    射撃職にウィーク当てて貰って法撃がテクを当てていけばいいという仕様

    後半になればなるほどそういった状況は顕著に現れる、近接×部屋も珍しくない

    グラやストーリー演出に関してはVita版との連動がネックになっていると思う
    私はPC版でしかやっていないのですがグラ自体は綺麗な部類だと思う
    ややアニメ調のキャラ故なのかコスによる世界観の崩壊もないと思う
    これが写実的でリアルなグラだったらコスの展開も狭まるところだったと思う
    反面ロビーなどでキャラを棒立ちにしているときなどモーションが皆無だったり
    サービス1年程度の新しいPCオンラインゲームにしては作りこみが浅い面が目立つのは
    携帯ゲーム機であるVitaとの差を無くすためなのかな?と。

    その分PC版でもPCの要求スペックが低く数年前のPCでもノートでも余裕(グラ設定は落とすなりの調整は必要の場合も)だったりする。

    ストーリーの描写にしてもPCだけを見ればもっと作りこんでいやでも頭に入るように
    すればと思うところを非常に簡潔なものにしているのもVitaとの連動のためかな?
    それならばゲーム開始時点での設定をもっと細かく描いて公式にでも載せればいいとも思う
    現状は公式に僅か十数行書かれているだけ、要約すると4種族で船団組んで外宇宙いてきまー!
    というもの・・・。

    PC的には綺麗なムービーも見たいなと思うけどそれよりもゲームプレイでこれまで得た
    ストーリー的な情報をしっかり把握できるシステムを構築してほしいなと思う。

    PSシリーズとしての評価は低いらしい、私は過去作品を全く知らないので
    あくまで自宅のPCでプレイするアクションRPGとして見ていますが
    基本無料でちょっと狩りしたりというお手軽プレイが可能というのは良いと思う
    そこで気の合う仲間が出来れば課金してチーム(ギルド的な)に加入して
    やり込むのもいいと思う。

    でもやり込み要素はあまりないとゲームに感じる。
    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 2 2 2
  • 討伐数2500000体達成し・・・休止します。 60
    • 投稿者:ブランカ(男性/30代)
    • 投稿日:2013/08/20
    良い点
    新生FF14いくためPSO2を一区切りつけたのでレビューしてみます。

    長所と短所が背中あわせのゲームのような気がします。

    運要素が強く廃層が毎日10時間以上プレイしてもでないレアがライト層が一時間プレイしてレアがでたりします。

    ライト層でも十分遊べるゲームだと思います。廃プレイはむくわれないかも。

    課金に関しては毎月マイショップ利用権700ACかプレミアムパック1300ACどちらか課金すれば不自由なく遊べます。

    毎月2回アバターに着せる衣装や髪型が課金スクラッチとして配信されます。

    長所

    ・低スペックのPCでもでき無料ゲームの割にはかなりイイ操作性と爽快感。

    ・やたらと気合の入ったBGM!

    ・トップクラスのキャラクリでデザイン的にはアニメより?で幅広いキャラクリができる。
     キャラクリで一日遊べます。PSOのキャラクリ経験すると他のゲームでは満足できないぐ ら いです。

    ・アバターの衣装やロビーアクション(ダンスしたり)が充実しツボをついた衣装が多く
     エロ要素も多め?

    ・Lv差や装備で差がでにくいので時間がない人やMMOに疲れ果てた人がまったりやるのにむいて る。

    ・ゲーム内で最低限の金策(タイムアタックTA)が用意されてて毎日TAやってるだけで最低限 のお金がたまる。長時間やらなくても乗りおくれることはなくプレイ時間1〜2時間でOK。
     欲しい衣装があるならTAで金策して買うことも十分可能。

    ・高級レアと安いレア装備に差がないので廃人層とライト層の装備(数値的に)差がでにく  い。 

    ・メインでプレイしてるゲームが有りサブでPSO2やるには最高のゲーム

    ・苦情の多い調整に対して運営の対応が早く良心的。早すぎてびっくりする時もあります。


    悪い点
    プレイ時間に余裕のある方にはまったく向かないゲームです。

    『運』がすべて左右するからです。

    ライト層がプレイして長所の所が廃人層には短所になります。

    廃人層のむくわれる所はプレイ時間が長い分お金がライト層より少し多く持てるぐらいです。


    短所

    ・充実した衣装だがデザインの使いまわしやのっぺりした色合いの衣装が多い。人気のオンラ インゲームなのにコストを抑えるのに必死。公式生放送で『コストおさえる発言』が多い。
     ユーザーにとって『コストがかかる』なんか知ったことではないですよね?

    ・エンドコンテンツが薄くエンドコンテンツをやるのに一日一枚もらえるパスを支払ってプレ イできる。30回やるのに30日間の日数が必要

    ・Lvカンストしたら基本はレア堀ゲーです。運営はどんどんレアドロップを絞る調整ばかり。

    ・運要素が強くまったくでないレアアイテムがでてもすぐ産廃になる
     30〜50Mするレアと1〜5Mするレアの数値が10ほどしか差がない。デザインの違うだけ

    ・なぜか高級レアアイテムほど潜在能力がヘボくライト層にあわせてか誰でも手に入るレアの 潜在能力が強い場合が明らかに多い。

    ・告知なしで武器強化や武器につける特殊能力の成功率を下げたりします。
     
     
    総評
    長所と短所の最初に書いた通りの総合評価です。

    他の方が書いてる評価も大体あっていると思いますが

    ライト層と廃人層のバランスはうまくとれていると感じます。

    あとFF14オープンβが始まる前は19時〜夜中1時ぐらいまでは全鯖の表記が『混雑』でしたが

    βテスト終わった現在は全鯖『快適』と見事なまでに人が減り残念な限りです。

    引退はしないので今後はライト層的な遊びで楽しんでいこうと思ってます。課金はしませんがw
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 4 3 2
  • 一部の人以外はモチベーションの維持が難しい気がする 20
    • 投稿者:U029616(男性/30代)
    • 投稿日:2013/08/18
    良い点
    ・グラフィック
    NPCなどのモーションの不自然さとかは結構気になるレベルだけど、静止画的な意味ではきれいな部類じゃないかなと。

    ・BGM
    刻々と変化するBGMというのは面白いと感じる。
    悪い点
    ・とにかくバランス
    レベルキャップ間近帯の必要経験値やレアドロップ確率、レアエネミー遭遇率や強化・能力追加システム、現状でのエンドコンテンツ的なアドバンスやエクストリームのカプセル・パス制など、「やりごたえがある」と「マゾいだけ・面倒いだけ」を履き違えてるようにしか見えない。

    ・それなりの数の改善・修正要望などが公式ページから送られているだろうにも関わらず修正されずに放置されているままの不具合が残されたままゴリ押しされる期間限定イベント
    これによって誰がどんな得をするというのか…。

    ・運営の想定しない遊び方は認められない
    バグ・不具合を利用したわけでもなくただ単純に効率を少しでも上げるためにこうしましょう、というユーザー側の発見を許せないらしい運営の狭量さ。

    ・キャラクタークリエイション
    評価されてる方は多いようですが、髪型から瞳(色・パターン)から無料で変えれるのに、髪色を変更するのは有料って…。あとはアクセサリくらい、エステ外でも自由に変えれるようにならないものか…。

    ・ストーリー/マターボードシステム
    とにかく場当たり的。ゲームとしてはおそらくまだ「序盤」だからなんだろうけど、NPCの背景などが見えてこない。故にストーリーに対していまいちのめり込めない。また、ストーリーを進めるためにはマターボードを進めなければならず、収集系のマターに足踏みを踏まされることが多い。最近のアップデートにより、ストーリーの進行に関わる部分については緩和されたらしいが、それ以外は依然酷いまま。大型ボスを何十体と狩ってようやく出るものさえある。それが非常に有用なものならば特に文句も出ないのだが…。
    総評
    チームにも所属してないし、フレンドも登録してないので、「オンラインゲームとしての良さ」を感じることは特にありませんでした。
    強いて言えば、マルチエリアでの「ぐるぐる」はそういうソロプレイヤーな人でも参加できるので割と助かります。
    しかしそれに対して過去に制限を加え、更にまた制限を加える事を検討中という運営。
    「息の長いゲーム」を目指してるみたいですが、今後どうなっていくでしょうね。

    とりあえず、ゲームコンセプトとして掲げてある、
    「無限の冒険」
    「最高峰のアクション」
    「究極のキャラクタークリエイト」
    「境界を超えるRPG」
    では上3つは限りなく誇大広告に近いと感じました。

    そろそろ辞めどきかなぁ…
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 1 1
  • 何が楽しいのかを理解出来ていない。 50
    • 投稿者:Azrael(男性/20代)
    • 投稿日:2013/08/18
    良い点
    ・比較的手軽にプレイが可能。
    多くのオンラインゲームがPTプレイを必須に近いものにしてるのに比べ、一部のエンドコンテンツ、効率を気にしなければソロでもほとんどのクエストを十分にプレイが可能。

    ・キャラクタークリエイト、コスチュームなどの幅が広い
    当初より宣伝していた、究極のキャラクリエイト とはいかないと思いますが、なかなかこだわった編集が可能かと思います。
    現在はコスチュームもかなりの数になり、ゲームの内容としてはアバター遊びが多くの部分を占めていると思います。

    ・要求スペックが低い
    最大設定で常時120Hzを目指す! などで無ければ、ローエンドのグラフィックボードであっても、そこそこ遊ぶことが出来ます。

    ・3Dアクションとして必要最低限な機能は揃っている
    素材としては、必要な機能をほぼ実装していると思います。

    ・チャット機能が豊富
    基本的な機能から、セリフフキダシの装飾 特定のパーツを組み合わせて絵を作るシンボルアートなど、様々な機能が使用できます。
    悪い点
    ・アクションとして期待すると…
    良い点でも書きましたが、アクションとして基本的な機能は持っているものの、クラス毎のスキル、PA/テクニック(技)、エネミーの挙動などなど、非常にお粗末な出来です。
    アクションRPGとして見るにしても、明らかなにアクション寄りな作り、バランスでありながら、その作り込みが稚拙なため多くの不満が残ります。

    ・運営の姿勢は良いが、結果が出せていない。
    テスト時代から、ユーザーの声を聞くという姿勢を見せてはいるが、その声の反映に半年以上のラグがある。または、聞くには聞くが、その事実の確認を先延ばしして実行に移さない。
    メンテの延長、緊急メンテ、不具合が多い、など結果が出せていない。
    姿勢だけを良く見せようとしているのではないかと思ってしまう。

    ・レアが出ない
    レア掘りが最も優先されるべき目的であり、そう簡単に出るものではいけないとはわかっていますが、現状そのレアが必須装備となっている割には非常にドロップ率が悪い。
    結果として、ゲーム内マネー、メセタで他プレイヤーから購入するのが主流となっている。

    ・想定外の遊び方は潰してくる
    運営側が想定している遊び方から外れたものは、修正によって潰されます。
    例:まるぐる
    解説→12人でプレイ可能なマルチエリアでプレイヤー12人が団体行動し、エネミーの出現数を増やし、殲滅しながらそのエリアをぐるぐるを回る狩り行為。
    この際、ボスなどが出やすい優良マップは人気のため長時間残ることになるのですが、それが無限の冒険=毎回変わるマップ として不適切、想定外であるとして、マップ精製後から一定時間後にエネミーが沸かない仕様に変更。
    その結果、プレイヤーは散り散りになりオイシイ狩場が無くなると共に、手軽に遊べる(ソロでクエストを行っても、誰かしらいる)という状況が無くなり非常に不味い状況になりました。
    今でも、あの頃が一番手軽で楽しかったと思っています。

    ・エマージェンシートライアルの出来が極端
    主にEトラと略されるシステム。フィールド上でランダムに発生するイベントなのですが、その内容が非常にオイシイものがある一方、存在価値を疑うようなものも多数存在します。
    ハッキリ言ってそれらはゲームのテンポをぶち壊しにしてしまうものばかりで楽しさは微塵も存在しません。
    とりあえずゲームっぽいのを作ればいいだろうという粗末な考えが透けて見えるようです。

    ・無課金は流石に厳しくなってきたか
    TAという救済措置はあるものの、基本的に無課金はゲーム内マネーの稼ぎが悪く、装備がインフレしつつある状況について行けていません。
    最低でもプレミアム課金は必須と思っていいでしょう。

    ・ストーリーが面倒
    マターボードと呼ばれる、指定された特定の行動を行うことで進むことが出来るシステムでストーリーが進行します。
    そのために、特定のクエストにいって特定のNPCと会話したり、特定のエネミーから特定のアイテムをドロップするなどして進行するのですが、それが激しく面倒くさい
    更に言えばストーリーも稚拙なので先が全く気にならなく、進もうという気力そのものが出ない。
    総評
    全体的に、素体、素材としての出来は良く、作り方によっては非常に可能性を感じるものだけに、そこを手抜きした粗末な作り込みにガッカリさせられました。

    特にアクション面での不出来さは顕著で、難易度が上がるにつれ異常なまでの銃口補正、スーパーアーマー、瞬間移動などによりゴリ押しが目立ってきます。
    そこに攻略法などは準備されておらず、こちらも超火力によるゴリ押し程度しか対処が存在しません(それは特に高難度クエストにおける早急にエネミーを殲滅し、次のエリアへ進むという必要性、システム上の問題でもあります)
    そういった立ち回りも何もない単純な手法しか対処方法が準備されておらず、あれこれ考えて突破口を見出すといったアクションの醍醐味と言ってもいい楽しみが皆無でした。
    あまりにゴリ押し一辺倒なので、このまま進めば、現在のアドバンスクエストを更に上回る難易度が出た時、戦闘周りの修正は不可避でしょう。

    多くの人が声をあげている問題点を、運営側が放置しているという状況も酷評するべきでしょう。
    βテストから言われていたようなことをサービス開始から半年以上経過してから実装したり、
    実装当初より、使えない。上方修正必須と言われているものを、その後を見てから評価してもらいたい。などとドヤ顔で言った挙句、結局使い物にならず渋々修正したり
    などなど、運営側がゲーム内容を理解していないと思われることが多々あり
    どうにもゲームをプレイしたことの無い人間が作っているとしか思えない運営に見えてしまいます。

    その反面、チャットやアバター面は非常に充実していて、よりライトに楽しみたい層
    特にソーシャルゲームに飽きた人達を引き込むための下地は十分に整っていると思います。
    ですが、私としては、やはりもう少し肝心のゲーム内容をしっかりと作りこんでほしいと思います。
    特に、それっぽいものを作るだけで、それが楽しいものなのかどうなのかを一切考えていない姿勢は正してほしいです。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 1 1 3
  • 長く遊べると思う 60
    • 投稿者:おぜう(男性/10代)
    • 投稿日:2013/08/14
    良い点
    キャラクリ
    職のバランス
    悪い点
    マナーの悪い人をよく見かける
    アイテムの売値
    総評
    キャラクリは満足、コスもかなりあるので自分好みにすることができる
    不遇、弱いと言われていたガンナーも夏のアプデで火力修正が入りどの職でも楽しめるようになった
    マナーの悪い人は基本無料なので仕方がないと思う所もある
    レアドロップの確率がとても低いと言われているけどレアが沢山出てはレアでは無いと思う、それにそんな事を言っている人は努力もせず数回雑魚エネミー、ボスを倒しただけであきらめている人

    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 3 3
  • 同接が稼げればどうでもいいという考えで作られているゲーム 25
    • 投稿者:くりえる(男性/20代)
    • 投稿日:2013/08/14
    良い点
    美しいグラフィック
    キャラクター作成の自由度は高いほう
    新フィールド追加の頻度が高い
    悪い点
    運営や開発が「想定外の遊び方」と判断した遊び方は潰されるが
    「想定内の遊び方」がどういうものなのか発表しない
    ぶっちゃけると「こんな遊び方じゃ面白くない」と酒井と木村が判断したら修正対象

    フォースという職が強力で更に使用者のマナーが悪い
    ・他職と違い必中攻撃、無敵時間が長い回避行動、一瞬で発動できるHP回復魔法や状態以上回復魔法を持っておりあらゆる場面で使える
    ・使用者のマナーが悪く「フォース以外は弱いからいらない」等と平気で発言する
    しかしフォース以外が強化されると「強すぎ!バランスくずしてる!」とぶち切れ
    集団で要望を送り弱体化させる
    ・酒井が「フォースが強いくらいのバランスがちょうどいい」等とアホ抜かしてるので
    これから先もずっとこのまま

    ボス戦がつまらない
    ・白熱した戦いをしていても一撃必殺攻撃で即死
    ・一撃必殺が無いボスでもスタン(操作不可)攻撃を連続で行ってハメてくる
    スタン攻撃と一撃必殺攻撃を持つボスは勿論スタン攻撃からの一撃必殺コンボを使用
    ・このような攻撃を潜り抜け倒しても木村の設定した素晴らしいドロップ率のおかげでレアはおろかアイテムすら出ない

    バグの修正をする気が無い
    現在「ビーチウォーズ」という緊急クエストが期間限定で行われていますが
    このビーチウォーズ バグまみれです
    回避手段もありますがそれを行ってもバグで進行できなくなることもあります
    しかし運営さんはそれを把握しているのにお盆休みを取りました
    凄いね

    ストーリーが酷い
    シナリオライターが自分の作った同人ゲームから設定を流用
    それでも話はつまらない

    あと不具合ですが
    課金者の多くが迷惑を蒙った不具合への補填を
    公式の不具合報告で報告した人にのみ与えるという馬鹿な事をしだしたので
    期待しないほうがいいでしょう
    総評
    ユーザーは順調に増えていき同時接続数10万人超えを出したゲームではありますが
    これから先生き残るのは厳しいと思います
    始める人も多いですが辞める人も多い・・・
    秋には「想定外の遊び方」が原因で多くのユーザーがレベル上げやレア堀りをするさいに行っている行動が修正されるのでそこでどっと人が減るでしょうね

    あと公式ブログですが運営さんを褒め称える文章以外は承認されなくなりました
    どっかの糞ゲーみたいですね
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 1 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する