オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
魔界戦記ディスガイア4公式サイトへ
読者の評価
86
投稿数:15
レビューを投稿する
海外での評価
82
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/03/29 18:10

連載

二つの人気シリーズ最新作はどちらも納得の出来映え。「魔界戦記ディスガイア4」と「真・三國無双6」に注目する今週の「読者レビューPickUp!!」

読者レビューランキング 2011.03.28集計版
 週刊連載「読者レビューPickUp!!」は,読者レビューの最前線から,今いちばんHOTなタイトルを紹介していく読者参加型企画です。最新の読者レビューランキングと共に,これは! という読者レビューを毎週取り上げていきます。さて,今週は「魔界戦記ディスガイア4」と「真・三國無双6」をピックアップしています。読んでいるあなたも,これを機会に読者レビューに挑戦してみよう!
※このランキングは,読者レビューの投稿を元に,本連載が独自の集計を行ったものです。(集計対象:投稿数5件以上,発売から1年以内のタイトル,もしくは正式サービス中のオンラインゲーム)

変動 機種 ゲーム名 ポイント
1 1 - ゼノブレイド 95.529
2 2 - 英雄伝説 零の軌跡 95.400
3 3 - StarCraft II: Wings of Liberty 94.889
4 4 - マビノギ 94.731
5 6 GOD EATER BURST 93.284
6 7 VANQUISH(ヴァンキッシュ) 92.929
7 8 Mass Effect 2 92.133
8 9 Halo: Reach 91.433
9 10 Alliance of Valiant Arms 90.985
10 11 テイルズ オブ グレイセス エフ 90.800
11 12 EVE Online 89.978
12 13 タクティクスオウガ 運命の輪 89.831
13 14 アサシン クリード ブラザーフッド 89.600
14 15 OPERATION7 89.429
15 16 World of Warcraft 89.159
16 18 初音ミク -Project DIVA- 2nd 88.927
17 19 Alan Wake 88.500
18 20 モンスターハンターポータブル 3rd 88.352
19 21 ストーカー 〜コール オブ プリピャチ〜 日本語版 88.100
20 23 Master of Epic: The ResonanceAge Universe 87.763
21 22 メタルマックス3 87.567
22 24 METAL GEAR SOLID PEACE WALKER 87.109
23 25 ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 〜光と影の英雄〜 87.050
23 25 ギルド ウォーズ 87.050
24 26 Red Dead Redemption 87.000
25 29 リーグ・オブ・レジェンド 86.414

 2011年3月28日集計分の「読者レビューPickUp!!」をお届けします。先週,集計の対象となる条件である“5本のレビュー”が揃い,チャートインしてきた作品は3本ありました。

 83ポイントで37位の好位置にランクインしてきたのが,シミュレーションRPG「魔界戦記ディスガイア4」。日本一ソフトウェアから2月24日にリリースされたこの作品を,今週ひとつめのピックアップとして取り上げます。
 ほかの2本ですが,64ポイント・145位にベクターが3月1日にサービスを開始したMMORPG「DEMONS CODE」が,54ポイント・182位にアクワイアが開発し,スパイクが3月3日にリリースしたアクションアドベンチャー「侍道4」が,苦戦ながらも姿を現しています。

 一方で今週は,これまで上位にランクインし続けたPS3用アクションゲーム「ゴッド・オブ・ウォーIII」が,発売から1年が経過したことにより,チャートから姿を消しています。最終スコアは94ポイントの5位。極めて高い評価を最初から最後まで維持して1年を迎えたのは見事ですね。これにともない,6位以下が総じて上昇していますのでご注意ください。
 また今週はコーエーテクモゲームスの「北斗無双」も,発売後1年経過でランキングから外れています。こちらの最終成績は70ポイント・110位でした。

 今週のピックアップでは,先に紹介した「魔界戦記ディスガイア4」に加え,先週ランクインしてきたコーエーテクモゲームス“真・三國無双”シリーズ最新作「真・三國無双6」を見ていきます。


今週のピックアップ


魔界戦記ディスガイア4 83
発売元:日本一ソフトウェア 発売日:2011/02/24
開発元: 価格:通常版:7140円(税込),限定版:9975円(税込)
 「魔界戦記ディスガイア4」は,日本一ソフトウェアが2011年2月24日に発売した,PlayStation 3用のシミュレーションRPGです。

 寄せられたレビューを見ていくと,本シリーズのプレイ経験がある人は,本作に満足し,高い評価を出していますが,シリーズ初プレイの人は,辛めの評価を下していることに気付きます。

 本作を“良い”としている人は,まず“グラフィックス”関連を褒めています。本作のキャラクターグラフィックスは,以前のシリーズ作品よりも解像度の高いものになっており,さらにそれが表情豊かに動きます。強力な技を使用したときに表示されるエフェクトも作り込まれており,前作と比較して“大幅に向上している”と感じられる進化を遂げているとのこと。もともとキャラクターがとてもよく“立っている”シリーズですので,描画品質が向上したことは大きいようです。さらにオプションで旧来のドット絵にも切り替えることも可能で,以前の雰囲気が好きな人に向けての配慮もバッチリであるとのこと。

 グラフィックスと並んで高く評価されているのが“ストーリー”。「面白おかしく,よく練られてる」「キャラクターの掛け合いも楽しい」といった評価が集まっています。「相変わらずネタ満載」と,従来作を知る人からは,過去作品で感じられた面白さが変わらずに残っていることを嬉しく思っている人もいるようです。

 ディスガイアシリーズといえば“ヤリコミ”プレイが面白いことで知られていますが,もちろん,本作ではこの部分でもぬかりはない様子。とれる選択肢は非常に多く,どのように育てようかと,“楽しく悩む”ことができるようです。プレイが長時間に及ぶゲームの場合,システム周りの快適さが重要なポイントとなりますが,この点については,細かいところまで配慮が行き届いており,「本当によくやってくれたと関心せざるを得ない」と評する声すら届いています。

 自分の育てたキャラクターや,自作のマップを公開できる“ネットワーク要素”が充実しているのも本作の特徴です。レビュー内には,これがあるために競争心が生まれて,キャラクター育成のモチベーションがアップすると,高く評価している意見が見られます。

 このように本作は,シリーズの旧作品のプレイ経験がある人からは,極めて高い評価を受けています。レビュー内には「今までの作品に足りなかった部分を補って余りある傑作」「久しぶりにレビュー書きたくなった良い作品」「このゲームを購入して本当に良かった」「間違いなくTOPレベルの面白さ」といった最上級の賛辞がいくつも見られるほどです。

 他方で,そんな以前からのファンが本作の“悪い点”として挙げるのは,“覚えなければいけないことが多い”“ヤリコミが好きでない人には楽しめない”“良くも悪くも作業ゲー”といったポイント。ストーリーについては,「ディスガイアはこういうものだと分かっていれば楽しいのが,そうでないと破綻しているところが気になるかもしれない」といった見方が示されています。グラフィックスは,過去作が好きな人の目には“進化した”ものに見えますが,未体験の人は「せっかく次世代機なのだから,ドット絵でなく,もっと迫力のあるグラフィックスを見せてほしい」と思うこともあるようです。

 どうやら本作はシリーズの魅力を初めから理解している人にとっては,とても魅力的な作品ですが,嗜好が合わない人にとっては,難のある作品に見える様子です。“好きな人であればとことんのめりこめる”タイプのゲームですね。集計時点ではGameScore 83ポイント,ランク37位という位置に収まりました。

 ちなみに本作では,発売から1か月を待たずして,早くもゲーム内容を拡張するアップデートが行われています。今後はそういう部分も加味した上でのレビューも増えてくるかもしれません。興味深く待ちたいところです。
パッケージ

→Amazonで購入


魔界戦記ディスガイア4 魔界戦記ディスガイア4 魔界戦記ディスガイア4


  • 前作からゲームグラフィックの大幅な向上。初代ディスガイアの時にあったような面白可笑しく、それであってよく練られてるストーリー。相変わらず場面にとても合うサウンド。やりこみ重視のゲームなのでやりこみ度は尋常じゃないです。今までの作品に足りなかった部分を補って余りある傑作でやって損なんか微塵も感じられないゲームでした。(zyakushooo/男性/10代)
  • グラフィック。言うまでもなくかなり進化してます。ボリューム,やれることが大量にありますそれぞれが分かれているので,あれもやりたいこれもやりたいという衝動に駆られ大変ですが・・。特に突出した不満が全くない、3の時のようなマンネリも薄い。久しぶりにレビュー書きたくなった良い作品だった。(ロンド/男性/20代)
  • キャラクターたちのグラフィックが進化(従来のドット絵に切り替えることも可能)。ストーリーが良い話。王道ではありますが、ちゃんと練られてると思います。プレイしていて純粋にストーリーも楽しめました。(ちびロボ/男性/20代)
  • まず全体的に、シリーズではかなり優秀な部類なのが魅力。やりこみ要素はシリーズファンでも納得できるほどの多さ。(そーた/男性/20代)
  • システム面に関しては本当によくやってくれたと関心せざるを得ない。レベリングなどといった作業や戦闘に関しても細かい所まで配慮が行き届いていたと感じる。総合評価で言えば、今作のディスガイア4は間違いなくTOPレベルの面白さです。(こふきいも/男性/20代)
  • 界賊団やマップをエディットして、それをアップロードすることによって、自キャラを自慢することができるので、育成がとても励みになります。他人より強いキャラを作ろうと熱くなりますよ!冗談抜きで1万時間でも遊べます!(暁誠治/男性/10代)

  • 初心者には慣れるまで少し時間がかかる。やりこみが好きじゃない人には30〜60時間程度しか遊べないかもしれない。(そーた/男性/20代)
  • これはいつものことですが、やりこみ嫌いな人には向かない。(zyakushooo/男性/10代)
  • ある程度話を進めるとキャラとアイテムの育成しかやる事がない。(Gallve/男性/30代)
  • 良くも悪くもあるのがシナリオ。やはり所々破綻している。真剣に考えると唸ってしまいそうである。ディスガイアはこういうものだと分かっていればおかしく楽しいのだが。(こふきいも/男性/20代)
  • グラフィックが進化したと言われていますが、これをPS3で出す意味が分かりませんでした。(ぺろりんちょ/男性/30代)


真・三國無双6 78
発売元:コーエーテクモゲームス 発売日:2011/03/10
開発元:コーエー(現コーエーテクモゲームス) 価格:7560円(税込)
 「真・三國無双6」は,コーエーテクモゲームスが2011年3月10日にリリースした“三國無双”シリーズの最新作です。

 投稿されたレビューに目を通すと,まず本作をプレイすることから得られる“爽快感”に言及しているレビューが多いことに気がつきます。多くの人は,本作から得られる爽快感を良いものとして肯定的に捉えています。シリーズの前作である「真・三國無双5」と比較した上で評価しているプレイヤーも少なくなく,「前作よりも良くなった」という声が優勢です。このことを「真・三國無双4の爽快感が戻ってきた」と表しているレビューも見られます。どうやら,シリーズの多くのファンにとって前作「真・三國無双5」は満足のいく内容ではなかったようで,それに比べると本作は,“格段に進化している”と感じられる完成度となっているようです。

 本シリーズは大勢の敵を倒しまくる爽快感が特徴の作品ですが,多くのレビュアーは,さらにそれ以上の気持ちよさを本作から感じとっている印象です。どうやら,本作の爽快感向上の秘密は,こちらの開発者インタビューでも触れられているような,“二つの武器を切り替えられる戦闘システム”“シームレスでシネマティックな表現”など,本作で実現している新たな追加要素にあるようです。

 まず“武器と戦闘のシステム”。シリーズ前作までは,武将ごとに使用武器が大体決まっていました。しかし今作では,武器が2種類装備できるようになり,さらに武器の切り替え時に特殊な攻撃(ヴァリアブル攻撃)が発動するなど,多くの種類の武器を使いたくなるようなデザインになっています。そのため,色々な武器を使う面白さが自然に実感できる内容になっていて,レビューでもそのことに対する好評価が集まっています。武器の種類も豊富で,飽きずにやり込んでいけるところもポイントであるとのこと。

 そして“シームレスでシネマティックな表現”ですが,本作ではキャラクター達が演技するイベントシーンとゲームプレイが,ローディングなしでスムーズに繋がるようになっています。寄せられたレビューによれば,このことがゲームに与える影響は非常に大きくて,“ゲームへの没入感を大いに高めてくれる”ものであるとのこと。その効果もあってか,“ストーリーモードが良い”という意見も多く集まっています。物語展開や演出がしっかりと練り込まれており,ボリュームも十分で満足度が高いとのことです。

 こういった好評価を受けつつも,一方では悪い点も指摘されています。まず“クロニクルモードのローディングが長い”ところが挙がっています。頻繁に発生するうえに一回一回が長く,“もどかしくてイライラする”レベルであるようです。
 また“オンラインモード”に対する苦言も見られます。表示されているキャラクターの位置と,実際の位置にズレが生じる“同期ズレ”が時折発生するとのこと。さらに“弓兵が強すぎるのではないか”という意見も,複数のレビュアーから挙げられています。

 現在,本作のスコアは78ポイント,ランクは62位です。今のところ50点未満のスコアを付けているレビューはなく,基礎部分はしっかりと作られているという印象。多くのレビュアーが「無双シリーズならではの爽快感が,前作以上に楽しめる」と口を揃えて評価しており,中には「歴代無双作品の中でも最高の仕上がり」と評する人もいます。いくつか悪い点も挙げられていますが,ゲームの面白さに致命的な影響を及ぼす,クリティカルなものではない様子。「実はこれまでに無双シリーズを試したことがない」という人や,「最近無双シリーズをプレイしていない」という人は,シリーズならではの“一騎当千”の面白さがしっかりと詰まっているという本作を,試してみてはいかがでしょうか。
パッケージ

→Amazonで購入


魔界戦記ディスガイア4 魔界戦記ディスガイア4 魔界戦記ディスガイア4


  • このゲーム一番の醍醐味であり、絶対に外せない特徴の1つで大量の敵兵をなぎ倒す気持ちよさは、歴代無双作品の中でも最高の仕上がりになっている。性別によってごく一部の武器に制限があるが、基本的にほぼ全ての武器を装備する事が可能で、好きなキャラクターで好きな武器を使うことができるようになった。(あんぐら/男性/20代)
  • 前作「5」を上回るような爽快感やエフェクト。全てに措いてシームレスなので快適にプレイが可能。扱える武将も多く、やりこみ要素も幅広い。全体を通して三国無双シリーズのみならず無双シリーズで一番楽しいと思えた作品です。ヴァリアブル攻撃や、無双乱舞、EX攻撃等どれをとっても凄く激しい戦いの中でも爽快感や達成感があります。(alice/女性/20代)
  • 武器の切り替えで戦術性がアップ。本作では、武器を2つ持つことが可能となります。キャラごとの武器に対しての適正もあるのですが、武器を2つ持てることで攻撃範囲の広い武器で雑魚を一掃後、火力武器で武将を倒すとった戦術も可能となります。(お味噌カニ味噌/男性/20代)
  • シームレスによるスムーズなゲーム運び。この部分は大変驚きました。凄く良いできです。今後のゲーム業界に1つの技術を提供した感じすらあります。(うにいくら/男性/30代)
  • シームレス化によるストーリーのドラマティック度の向上。雑兵の数やストーリー性、グラフィックは大幅に向上しています。前作で不評だった点を改善し、さらに晋という新たな勢力を追加したまさにシリーズの集大成の出来と言えます。(ジャニッシュ/男性/20代)
  • ストーリーモードのボリュームは圧倒的で「じっくりストーリーを進める」感じである。ストーリーに凝った作り方は「新しい無双スタイル」を感じさせる。それでいて、従来の・・いや、それ以上の「大暴れ」感は爽快の一言に尽きる。前作が「ガッカリ」だっただけに今作はまさに「ひさしぶりのヒット」という感じがする。(tylant/男性/20代)

  • 皆さん言ってますようにクロニクルモードのロードはほんとにひどいです。毎回戻らなければいけないようなシステムですからね。ロードがどうしても必要なら、数回に一度戻ればいいようなシステムにするべきでしたね。(SS/男性/30代)
  • クロニクルモードでの頻繁なロード。(acid/女性/20代)
  • コンシューマ用の三國無双シリーズとしては初のオンライン対応なので、そこにかなり期待していたのだけども、同期がちゃんととれていないために協力して遊ぶと言うよりは、それぞれが好きなように暴れているといったイメージの方が強い。(あんぐら/男性/20代)
  • 弓兵というユニットの性質上当たり前なのですが、こちらは近づくとジリジリとプレイヤーから距離を取り、チクチクと遠方から撃って来ます。MAPによっては何人も固まって配置されている場所もあり、また結構なダメージにもなるのであまり相手にはしたくなかったです。(シャトー/男性/20代)
  • ロード時間が長い、インストール機能がないので若干気になる。(つけもの/男性/20代)



 「読者レビューPickUp!!」では,毎週取り上げたタイトルごとに抽選で一名,1000円分のWebMoneyもしくはAmazonショッピングカードをプレゼント。今回の当選者は……,


こちらの2名です。おめでとうございます!
 当選者の方はお手数ですが「こちら」を参照し,「アカウント管理画面」から発送先住所と氏名の入力をお願いします。


今週の募集タイトル


 本連載では,最近レビュー募集が開始された中から,「これは気になる!」というタイトルにてプレゼント企画を行います。今週のピックアップは以下の6作。それぞれ締め切りまでにレビューを投稿していただいた人の中から抽選で,これまた1000円分のWebMoneyもしくはAmazonショッピングカードをプレゼント! 皆さん奮ってご応募ください。

■プレゼント付読者レビュー募集タイトル

(3月29日追加分,締め切り:4月11日 0:00まで)


(3月22日追加分,締め切り:4月4日 0:00まで)

「ファイトナイト チャンピオン(英語版)」(PS3 / X360

■今週のプレゼント付読者レビュー当選者


※お手数ですが「こちら」を参照し,「アカウント管理画面」から発送先住所と氏名の入力をお願いします。
※これまでのプレゼントは,2月15日当選分まで発送済みです。お問い合わせは「こちら」



 それでは,また来週,お会いしましょう。

 

  • 関連タイトル:

    魔界戦記ディスガイア4

  • 関連タイトル:

    真・三國無双6

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月22日〜08月23日
タイトル評価ランキング
92
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月