オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/08/15 15:40

ニュース

Mad Catz,メカメカしいデザインが格好良すぎる新作キーボード「S.T.R.I.K.E. 7」を発表。お値段は299.99ドル

 Mad Catzは北米時間の2012年8月14日,「Cyborg」ブランドのゲーマー向けキーボード「Mad Catz S.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboard for PC」(以下,S.T.R.I.K.E. 7)を299.99ドルで発売した。

 Cyborgブランドといえば,カスタマイズ製やメカメカしいデザインが特徴の製品シリーズだが,今回のS.T.R.I.K.E. 7は良い意味で「いくらなんでもやりすぎ!」と思わざるを得ない“逸品”だ。何はともあれ,以下のプロモーションムービーを確認してみてほしい。


 S.T.R.I.K.E. 7の最大の特徴は,本体が「V.E.N.O.M. TFT-LCD Touchscreen」「Main Keyboard」「Function Strip」「NumPad」「3-Part Active Palm Rest and Two Wrist Rests」という5種類のモジュールに分割されており,これらを好きな位置に動かして(もしくは取り外して)使用できるということだ。


V.E.N.O.M. TFT-LCD Touchscreen
Mad Catz,Saitek,Cyborg,TRITTON
 1つずつ確認していくと,まずV.E.N.O.M. TFT-LCD Touchscreenは,タッチスクリーンモジュールである。マクロやバックライトといった,S.T.R.I.K.E. 7に用意されている機能の設定に加え,アプリケーションやブラウザの起動,ボリュームの変更,ボイスチャットの設定などをタッチ操作で行えるのが特徴だ。スクリーン右脇に搭載されているボタンは,キープロファイルの変更で使用するもののように見える。

 次にMain Keyboardは,その名のとおりのメインキーボードモジュールである。製品写真が小さいので細かなことは分からないが,筆者が数えた限り,搭載キー数は75キー。キースイッチにはメカニカルキーが採用されているとのことだ。
 なお[W/A/S/D]キーには,赤いラバー加工の施された交換用キートップが用意されている。

Main Keyboard
Mad Catz,Saitek,Cyborg,TRITTON Mad Catz,Saitek,Cyborg,TRITTON

Function Strip
Mad Catz,Saitek,Cyborg,TRITTON
 Function Stripは,おそらくキーボード左側に取り付ける4つの追加ボタンモジュールのことだと思われる。製品情報ページを見るに,ここにはマクロを割り当てて利用することが想定されているようだが,ボタンには上から順に「Back Space」「Enter」「Shift」のマークと「Ctrl」の文字が書かれているので,デフォルトではこれらのキーが割り当てられているのではないだろうか。

 カスタマイズ可能なキーは,テンキー部分とカーソルキー周りを1つにしたモジュール,NumPadにも用意されている。[Delete][End][PageDown]キーのある列とカーソルキーの間に,カスタマイズ用のキーが5個追加されている形だ。詳細は不明ながら,これらやFunction Strip部など,全部で24か所のボタンやキーに機能やマクロを設定できるという。
 ちなみに,NumPadはMain Keyboardと接続せず,V.E.N.O.M. TFT-LCD TouchscreenやFunction Stripを装着して単独で使うことも可能な模様。プレイするゲームや設定によっては,左手用キーパッドのような使い方もできそうである。

Mad Catz,Saitek,Cyborg,TRITTON
NumPad。カーソルキーには,[W/A/S/D]キー同様の交換用キートップが用意されている
Mad Catz,Saitek,Cyborg,TRITTON
ボイスチャット「TeamSpeak」とのコラボにより,タッチスクリーンやを利用してTeamSpeakを操作できるという

 最後に3-Part Active Palm Rest and Two Wrist Restsは,3ブロックからなるパームレスト,リストレストモジュールのことだ。内訳は,位置や傾きを調整できるパームレスト1個,そして位置調整可能な2個のリストレストとなっている。

 さすがに299ドルという価格は値が張るものの,ここまで突き抜けているとかなり面白い製品ではある。今のところ,日本法人であるマッドキャッツから国内販売のアナウンスはないが,そのデザインや機能は,一度触ってみたいと思わされる魅力があるのではなかろうか。続報を待ちたい。

「Mad Catz S.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboard for PC」製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    Mad Catz,TRITTON

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月26日〜09月27日