オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE公式サイトへ
読者の評価
85
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/12/15 19:12

レビュー

やや地味だが,豊富なカスタマイズ要素やトンデモ兵器の存在が面白い海戦アクション

WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE


WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE
 コーエーは11月12日,「WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE」を発売した。本作は2006年にコーエーから発売されたPlayStation 2用ソフト「ウォーシップガンナー2 〜鋼鉄の咆哮〜」のPSP版で,“ウィルキア王国”という架空の国家が存在する世界を舞台とした海戦アクションゲームだ。

<あらすじ>
アジア極東小国家ウィルキア王国で,ヴァイセンベルガー将軍率いる国防軍が軍事クーデターを引き起こした。近衛艦隊の一艦長として就任したばかりのシュルツ少佐は,国王派として同盟国日本へ脱出する。
ヴァイセンベルガーはウィルキア帝国を興し,世界へ侵略戦争を宣言。シュルツ少佐は,仲間と共にウィルキア奪還と世界平和を目指して戦うことになる。
彼らは,友情,裏切り,別れなど,幾多の苦難を乗り越えながら,行く手を阻む超兵器との激戦に挑んでいく。果たして,彼らは超兵器の謎を解明し,さらに帝国の野望をうち砕くことはできるのか?


 自ら戦艦や潜水艦を操作して敵艦を撃破していく爽快感と,1300種以上ものパーツを組み合わせ,オリジナルの艦船を設計できるやり込み要素の高さが魅力。また,PS2版にはないマルチプレイモードや新パーツが追加されているのも大きな特徴となっている。
 本稿では実際にプレイした感想を交えつつ,ゲームの内容を紹介していこう。



プラモデル感覚で艦船を組み上げろ!

やり込み要素満点の設計・開発パート


WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE
 ミッションクリア型のアクションゲームである本作は,大きく分けてストーリーパート/設計・開発パート/ミッションパートの三つで構成されている。ストーリーパートでは,キャラクターの会話やイベントCGによって物語が進行し,それから艦船の“ドック”画面へと移行。開発や設計,兵装の変更などを行ってから,ミッションへと出撃するのである。
 
 それでは早速,本作の要ともいえる設計・開発パートから説明して行こう。まず設計(装備換装)画面では,表示されている船の全体図にパーツを配置していくだけで,簡単にオリジナルの艦船を作り出すことができる。パーツの種類は機関や艦橋,砲台,機銃,さらには煙突とかなり多岐にわたっているのだが,それらをプラモデル感覚で組み立てられるのが,男の子としてはやけに楽しい。
 やれることが多いので一見複雑に見えるが,実際に触ってみれば大半の人が,すぐにその仕組みを理解できるはず。ちなみにパーツさえあれば“自動設計”で瞬時に完成させることも可能なので,設計が苦手な人でも安心だ。

WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE

 次に,研究開発画面について。ここではミッションクリア時やマルチプレイ時に獲得できる資金を使って,さまざまなパーツを開発することができる。パーツの開発には数日間の開発期間を要するが,一度完成してしまえばその後は無制限に作成可能だ。なお,パーツのなかにはほかのパーツの開発,ストーリーの進行,勲章の入手,レアパーツの入手など,特定の条件を満たさなければアンロックされない特別なものも存在しているので,コンプリートにはかなりのやり込みが必要となるだろう。

 パーツも資金も乏しいストーリー序盤では,設計・開発の楽しさをあまり実感できないかもしれないが,ゲームを進めていくことで扱えるパーツはどんどん増える。パーツが充実し,ミッションによって艦船の装備を変えられるようになってからが,本作の本番といえるだろう。


簡単操作で戦略性の高いミッションパート

多彩な兵装を使い分け,敵艦を撃沈せよ!


WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE
 ミッションではプレイヤー自らが駆逐艦や大型戦艦,潜水艦などを操作し,敵艦を撃破していくことになる。操作方法自体はそれほど複雑ではないので,アクションゲームが得意でなくても問題なく楽しめるはず。序盤のミッションならば,ただ漠然と敵艦を沈めていくだけでもクリアできるが,当然ストーリーが進行するほどに難度も上昇。「どの方向の敵から倒すか」「友軍艦の護衛を優先するべきではないか」など,ステージの地形や敵艦の配置を見て戦略を練る必要が生じる。本作のミッションには戦術級シミュレーションに近い,詰め将棋的な面白さがあるといえるだろう。
 また,本作では“大砲”“魚雷”“爆雷”“機銃”“ミサイル”など,非常に多彩な兵装を使用可能で,それぞれに長所と短所がある。たとえば,大砲は長射程で威力も高く,戦艦全般に対して効果を発揮するが,潜水艦へは攻撃できない。その一方で,爆雷は潜水艦に絶大な効果を発揮するが,戦艦には通用しないのである。いざ戦闘に突入してから兵装の不備に気付く,なんて事態になったら目も当てられないので,事前にブリーフィングで“推奨兵装”はしっかりと確認しておこう。
 ちなみに,ストーリーが進行すると“超巨大ドリル戦艦”や“反物質砲”など,思わず吹きだしてしまうようなトンデモ兵器が続々登場してくるのも本作の面白いところ。リアルとファンタジーが混在する架空戦記物ならではの魅力だ。とくに超巨大ドリル戦艦は,男の子としてはやけに気になる。

WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE

 最後に,マルチプレイ要素についても説明しておこう。これはPS2版にはなかった要素で,最大4人での対戦・協力プレイが楽しめる。
 対戦プレイではCPU艦およびそのほかのプレイヤー艦を撃破してポイントを獲得し,制限時間終了時のポイントで順位が決定する。ただ撃ち合うだけでなく,稀に出現するボーナスアイテムを取ることでもポイントは加算されるので,臨機応変な立ち回りが重要となるだろう。
 そして協力プレイでは,“ミッション”“インフェルノ”“サバイバル”“ボスラッシュ”モードからステージを選択して遊べる。連携して敵に挑めるだけでなく,友軍同士で回復アイテムのやり取りも可能なので,一人ではクリアできないミッションや難易度も楽々こなせるはずだ。

WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE

やり込めばやり込むほど面白くなるゲーム

戦艦が好きなら絶対にプレイしておくべし


WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE
 海戦や架空戦記物が好きならば,ウォーシップガンナー2 ポータブルは文句なしにオススメ。とにかく艦船の設計・開発システムが秀逸で,マニア魂を強く刺激する良作だ。簡単操作かつ戦略性の高い戦闘には飽きがこず,気が付けば長時間遊んでいたということもしばしばだった。
 ゲームのテーマからして,ちょっとハードルが高い作品に見えてしまうかもしれないが,やり込めばやり込むほどに楽しみが広がっていくタイプのゲームなので,友達とマルチプレイなどを楽しみつつ,末永く楽しみたい1本だ。

WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE
  • 関連タイトル:

    WARSHIP GUNNER 2 PORTABLE

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月30日〜03月31日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年10月〜2017年03月