オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ブラウザ三国志公式サイトへ
読者の評価
54
投稿数:16
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/06/25 00:00

インタビュー

「ブラウザ三国志」が2013年7月から「天覇争乱」アップデートを順次実施。その概要と意図,そして今後の運営開発方針についてプロデューサーに聞いた

 マーベラスAQLは2013年5月,同社のブラウザゲーム「ブラウザ三国志」(以下,ブラ三)のサービスが5年目に突入することを記念したオフラインイベント,「公開君主会議」を開催した(関連記事)。
 このイベントでは,2013年7月から12月にかけ,4回にわたって実施されるアップデート「天覇争乱」が発表され,最大16ワールドの統合と,ゲーム内に三つの新要素が加わるとアナウンスされた。


 今回4Gamerでは,ブラ三のプロデューサーを務めるマーベラスAQLの五味一郎氏に,一連のアップデートの概要と,今後の運営方針などを聞いてみた。

ブラウザ三国志 ブラウザ三国志

「ブラウザ三国志」公式サイト



大型アップデートを実現するために

運営開発体制を見直し


4Gamer:
 本日はよろしくお願いします。
 五味さんにこうしてお話をうかがうのは初めてですから,読者に向けて自己紹介をお願いします。

五味一郎氏(以下,五味氏):
 私は,2012年に「ブラウザ三国志」のプロデューサーに就任しました。以降,1年近く,主に運営開発の指揮をしています。

4Gamer:
 ブラ三というと,日本におけるブラウザゲームの草分け的存在であり,今なお代表的なタイトルです。そうしたタイトルのプロデューサーとして,この1年間どんな取り組みをしてきましたか?

五味氏:
 まずは開発体制の見直しを図りました。体制を整え環境を整備する作業です。これはプロデューサーになるにあたり,最初に手を付けようと決めていたことです。
 ブラ三は,もう4年前にサービスが始まったタイトルですから,現在求められるサービスに対応しようとしても,システム的に難しい部分があります。そういった部分を改善していきたいと思いました。もちろん,今後も引き続き,時間をかけて改修していきます。
 ここ最近,私が最も力を入れたいと思っているのは,プレイヤーの皆さんの声をくみ上げやすく,かつ私達運営チームの声を届けやすくするような環境作りなんです。

4Gamer:
 なるほど。これまでは双方の声が届きにくい環境にあったという認識なんですね。ちなみに現在,ブラ三のプレイヤーは,主に何を求めているんでしょうか?

五味氏:
 例えば最大16ワールドの統合については,私がプロデューサーになる前から長らくご要望が寄せられていました。

4Gamer:
 しかし,これまではそれに対応できる体制になかった,と。

五味氏:
 はい。このワールド統合の件を含め,先日発表したような大規模なアップデートを実現できる体制が,ここに来てようやく整ったわけです。

4Gamer:
 アップデートは,いつ頃から構想していたんですか?

五味氏:
 アイデアは私がプロデューサーになる前から存在していました。 繰り返しになりますが,ブラ三は,もう長くサービスが続いており,ある意味で落ち着いたタイトルですから,細かい改修を重ねているだけでは,なかなかインパクトを持たせられません。
 そこで新規のプレイヤーさんや,休眠プレイヤーの皆さんにアピールし,もう一度ゲームを盛り上げるべく,そういったアップデートのアイデアの数々を数か月にわたって連続して行うことを考えました。


強力な効果を持つ「装具」が登場

新たな戦略/戦術が生まれる


4Gamer:
 それでは,2013年のアップデート「天覇争乱」について,今お話できる範囲で構いませんので,内容を教えてください。「天の章」「覇の章」「争の章」「乱の章」に分かれているんですよね。

ブラウザ三国志

ブラウザ三国志
ブラウザ三国志
五味氏:
 はい。天の章は,2013年12月実装予定で,新たに「装具」が登場します。これは武将カードに,強力な効果を1回の使い切りで付与するというものです。うまく使えば,不利な形勢を逆転することも可能でしょう。

4Gamer:
 装具の種類はどのくらいありますか?

五味氏:
 うーん,まだ企画段階のものも含めると200以上です。今は,最初にどの装具を実装するか,あるいは効果が強すぎないかどうかといったところを開発チーム内で検討している段階です。

4Gamer:
 武将カードによって,使える装具は決まっているのでしょうか?

五味氏:
 はい。まだ確定ではありませんが,まず武将カードによって装具を付けられるスロットの数が異なります。さらに装具は,剣/弓/鎧/馬など全10種類のカテゴリに分かれており,武将カードによっては特定のカテゴリが使えないケースも生じます。
 そのため,ベースとなる武将カード自体や所持スキルが強くても,装具をうまく使いこなせないと,思うように勝てないといったことが起こり得ます。

4Gamer:
 装具をどのタイミングで使うかも含め,考えるべき事柄が増えることになるんですね。

五味氏:
 そういうことです。さらには,スキルと装具の組み合わせによって,これまでにない尖った性能を武将カードに持たせることもできるようになるでしょう。

4Gamer:
 なるほど。ところで,既存のカードにも新たに装具スロットが開くわけですよね。そうなるとバランス調整がたいへんなことになりそうです。

五味氏:
 基本的には,より遊びやすくなる方向を目指しますが,これまで調整を重ねてきたバランスに新たな要素が加わるわけですから,極めて慎重に調整しなければなりません。
 そこで多くのプレイヤーの皆さんの協力を仰ぐべく,装具の実装前にはテストワールドを開設しようと考えています。装具のバランス調整は,新たなゲームのキモとなりますから,そのフィードバックによっては,装具の本実装時期が遅れることはあるかもしれません。


新勢力と新兵種の投入,そしてワールド統合で

ゲーム内のマンネリ化を打破


ブラウザ三国志
ブラウザ三国志
4Gamer:
 覇の章についても教えてください。

五味氏:
 2013年9月に,第5の勢力「覇」が登場します。例えば,これまでの4勢力の武将カードは,初期スキルを持っていましたが,場合によってはそれが足かせとなることもありました。
 一方,覇の武将カードは,初期スキルをまったく持っていなかったり,あるいは初めから3種類のスキルを所持していたりといったように,単純に強いのではなく,変り種のものにしようと考えています。

4Gamer:
 先日の発表によると,新スキルもあるとのことですが。

五味氏:
 はい。ただ申し訳ないのですが,今のタイミングでは公開できないので,後日の発表を待ってください。一つ言えるのは,これまでのスキルを台無しにするような性能にはしません。

ブラウザ三国志
4Gamer:
 争の章は,どんな内容でしょう?

五味氏:
 2013年10月に,三つの新兵種を実装します。
 「盾兵」は攻撃力をほとんど持たない代わりに,従来の槍/弓/騎馬に対して高い防御力を誇ります。作成スピードも速めに設定されているので,圧倒的に攻め入られているときなどに大きな効果を発揮します。「大盾兵」は,その上位バージョンですね。

4Gamer:
 そうした防御特化の兵種が登場すると,現状以上に防衛側が有利になるのでは? という意見も出てきそうです。

五味氏:
 もちろんそういった疑問は出てくると思います。そこで,盾兵/大盾兵のカウンターとなる「大剣兵」を同時に実装するんです。盾兵はもともと剣兵の攻撃に弱いので,その上位バージョンである大剣兵をうまく使えば,防御を崩せます。

4Gamer:
 つまり,従来の3すくみに,新たなすくみ要素が加わると。

五味氏:
 はい。従来の3すくみは,ある意味でバランスが完成していましたから,安定している半面,新しい遊びが生まれにくいんです。そこで新兵種を追加することにより,偵察など,ほかの要素が重要になることを目指します。

4Gamer:
 装具と新兵種,そして覇の武将カードを組み合わせると,本当にこれまでにない尖った戦略/戦術が生まれそうですね。

五味氏:
 ええ,今のブラ三は勝利の王道パターンが固定化されており,なかなか新しい戦略/戦術が生まれません。一連のアップデートでは,その状況を打破し,プレイヤー各自がもう一度どんな戦略/戦術を取るべきか悩む機会を提供しようと考えています。

4Gamer:
 新規プレイヤーであっても,古参プレイヤーといい勝負ができるチャンスが生まれるかもしれませんね。

五味氏:
 ええ,そうなるとゲーム内も活性化すると思うんです。
 ブラ三はもう全部分かってしまったという休眠プレイヤーの皆さんも,この機会にぜひもう一度プレイしていただきたいですね。

ブラウザ三国志 ブラウザ三国志
ブラウザ三国志 ブラウザ三国志

ブラウザ三国志
ブラウザ三国志
4Gamer:
 それでは,乱の章について教えてください。

五味氏:
 まず初めに2013年7月に,mixiゲームで16ワールドの統合を実施します。主な狙いは,ワールド内の活性化にあります。やはり,長く同じプレイヤー同士で競っているだけでは,新鮮味が薄れ,活気もなくなってしまいますから,

4Gamer:
 以前,最大8ワールドでの統合は行われたそうですが,それよりも大規模になるんですね。これは,システム的に実現可能になったということでしょうか?

五味氏:
 はい。関わるプレイヤーデータが膨大になってしまうので,これまでは実現できない規模だったんです。また,2012年11月にはカードの所持上限を増やした経緯があるのですが,これもシステム上の課題が解決できたので実現可能となりました。

4Gamer:
 先ほどのお話では,ワールド統合を待ち望んでいたプレイヤーが非常に多いとか。

五味氏:
 ええ。とくにmixiのワールド1〜8のプレイヤーさんが熱望されていましたね。「いつも同じメンツで刺激がない」と。

4Gamer:
 なるほど……。
 ちなみに,なぜ各アップデートが天,覇,争,乱の順で行われないのでしょう?

五味氏:
 それは開発上の都合です。より慎重に調整しなければならないアップデートほど,多くの時間を掛けられるようあとに回しています。
 今回で言えば,天の章は装具の性能やスロット数の調整が最も難しいので,ほかより多くの時間を掛けたいということなんです。


新運営開発体制では

プレイヤーとのコミュニケーションを図っていく


4Gamer:
 それでは,今後のブラ三の運営方針を教えてください。

五味氏:
 もっとたくさんのご意見を汲み上げるために,プレイヤーさんと運営チームとのコミュニケーションの場を増やそうと考えています。ご存じのとおりブラ三は,さまざまなプラットフォームで展開しています。ですが,プラットフォームごとに情報の伝達手段が異なっているんですよね。
 例えばユーザーサポートの窓口に到達するまでに,かなり手間のかかるところもあります。そうした差異を解消し,よりプレイヤーさんの声が運営チームに届きやすく,私達からのメッセージも届きやすいような状況を作っていきます。
 私個人としては,プレイヤーさんと直接ディベートしたいくらいに思っているんですよ。

4Gamer:
 直接というと,先日のようなオフラインイベントの実施や,動画の生配信などでしょうか?

五味氏:
 ええ,そういうこともやりたいですね。
 それに,ゲーム内で有名プレイヤーとして名を馳せているプレイヤーさんに,スポットライトを当てるようなことをやりたいんですよ。たとえば各ワールドで天下統一を果たした方に,運営チームから何かお祝いをするとか。実は4周年記念イベントを「公開君主会議」と命名したのも,“中心になるのはあくまでプレイヤーさんである”という意味を込めていたんです。

4Gamer:
 先日のイベントで印象に残っていることはありますか?

五味氏:
 私自身は,ずっとバックヤードで作業をしていたので,なかなか会場の様子を確認できなかったんですが,とくにゲーム内で使えるシリアルコードの配布は盛り上がっていたようですね。これはずっとやりたいと思っていた企画なので,今後も機会があれば続けたいです。ただ,カードの誤植はすみませんでした!

4Gamer:
 そんなことが!
 とはいえ,やっぱりその場でしか手に入らないものがあると,プレイヤーとしては嬉しいですし,足を運んだ甲斐もありますから。

五味氏:
 本当に喜んでいただけたようで,こちらも嬉しく思いました。
 あっ,そう言えば,4周年記念イベントの生放送に関して,皆さんに一つ釈明をさせてください。

4Gamer:
 構いませんけど,何があったんですか?

五味氏:
 「合成の確率をいじっているのでは?」というお客さまのコメントが流れたときに,私が苦笑いをしてしまったんですよ。
 それがさまざまな憶測を呼んでいるんですが,あれは,私自身が1プレイヤーとしてここ一番の合成を失敗したときのことを思い出していたからなんです。

4Gamer:
 「オレもそう思うことあるなあ」みたいな。

五味氏:
 ええ。実際のところ,そうした確率の変更はかなりの手間が掛かるので,そうそう簡単にできるものではないですし,運営開発上のメリットもまったくありません。
 それに私自身がブラ三のプレイヤーですから,確率をいじるようなことをしていたら,誰よりも最初に怒りますね。この場を借りて,「ブラ三はきちんと表記した確率を守っています」と断言いたします。

4Gamer:
 そのほか,何かプレイヤーに伝えたいことはありますか?

五味氏:
 これもプレイヤーさんからご要望をいただいている件なんですが,複数アカウント利用者への対策を強化します。具体的には,複数アカウントを利用したときに生じるメリットを,大幅に減らすような仕様変更を行う予定です。やはりルールに則って真面目に遊んでいる方が,不利益を被るのは良くないですからね。
 あとは検討段階ですが,無敵状態を作り出す通称「配下バリア」対策も考えています。

4Gamer:
 ちなみにスマートフォンやタブレットへの正式対応は考えていますか?

五味氏:
 ええ,専用UIの搭載をはじめ,スマートフォン/タブレットへの最適化を検討しています。私もスマートフォンでプレイしているんですが,非常に不便ですからね。

4Gamer:
 分かりました。楽しみにしています。
 それでは最後に,今後のブラ三に期待する人に向けてメッセージをお願いします。

五味氏:
 先日のイベントでは弊社新作の「ブラウザ キングダムライジング」を発表しましたが,ブラ三のサービスを終了するつもりはまったくありません。ゲームシステムにもまだまだポテンシャルが秘められており,私自身,実現したいアイデアを数多く抱えています。
 その一環として,2013年の一連のアップデートの企画開発を進めてきました。現在プレイしてくださっている方々はもちろん,休眠プレイヤーの方や,新規に始められる方も,ぜひ今後の展開に期待してください。

4Gamer:
 ありがとうございました。


 インタビューの冒頭でも触れているとおり,ブラ三は,2009年という日本でブラウザゲームやソーシャルゲームというジャンルが台頭し始めた頃から,トップに君臨し続けているタイトルである。
 しかし,ここ1年はアクティブプレイヤー以外に訴えかけるような大きな話題がなく,良くも悪くも落ち着いていた感があったわけだが,その裏では,プロデューサーの五味氏が運営開発チームの組織改変と,これから始まる一連のアップデートの準備を進めていたのである。
 今後は,ゲーム自体と,ゲームを取り巻く状況をより良い方向に持っていくため,プレイヤーと今まで以上にコミュニケーションを図りたいという五味氏。これから発表されるアップデート「天覇争乱」各章の詳細情報ともども,氏の活躍に期待したい。

「ブラウザ三国志」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ブラウザ三国志

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月20日〜10月21日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
56
アズールレーン (iPhone)
2017年04月〜2017年10月