オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/10/21 10:00

連載

インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」



 なんと50年ぶりの新シリーズが始まった,インターナショナル・レスキューの活躍から目が離せない筆者がお届けする「インディーズゲームの小部屋」の第401回は,ですのや☆の「りばりば」を紹介する。本作は,ゲーム内世界に突如として発生した異変の原因を突き止めるため,2体のキャラクターを操作しながらステージをクリアしていくというアクションゲームだ。CGとミニチュアを駆使した映像にもワクワクしちゃう!

インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」

 今日も平和な,ですのや☆のゲームの世界。ゲームの中でデバッグやテストをしている自立プログラム,コードリズムはいつもどおりのんびりと過ごしていた。しかし,突然世界にノイズが走り,ゲームに異変が起こってしまったから,さあ大変。2人はその原因を突き止めるべく,ゲーム内部の領域にダイブするのでした……。

インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」
コード
インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」
リズム
インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」
今回の黒幕?

 というのが,本作のストーリー。「今日も平和な,ですのや☆のゲームの世界」というあたりにツッコミを入れたい人も多いだろうが,平和といったら平和なのだ。
 ゲームの目的は,コードとリズムの2人を操作して,バグを修復するためのデータが入ったディスク型のオブジェクトを集めること。ステージの途中にある小さなディスクを回収すると,バグでふさがれてしまった場所が通れるようになり,ステージの最後にある大きなディスクを取ればクリアとなる。

インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」 インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」

 本作の大きな特徴となっているのが,重力の向きが異なる2体のキャラクターを交互もしくは同時に操作しながらステージを踏破していくという部分。つまり,1人の重力は普通に画面の下方向に働いているが,もう1人は上方向に働いているため,こちらのキャラは足場を踏み外すと上下逆さまに天井の隙間から落っこちてしまうというわけだ。

インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」

 ステージは2人で力を合わせないと先に進めないようになっており,例えばコードの進行方向にバグフィールドがあって通れないときは,リズムに切り替えてそれを解除しなくてはならない。どちらのキャラクターも通常のジャンプに加え,コードは一定距離をまっすぐ進めるダッシュ,リズムは2段ジャンプが使えるので,操作キャラをうまく切り替えながら敵や障害物を突破していこう。

インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」

 また,2人を同時にシンクロさせて操作することも可能で,これを駆使しなければ突破できない場面もある。本作では基本的に,操作していないほうのキャラクターには当たり判定がないが,シンクロ操作中はどちらのキャラが敵や障害物に接触してもミスとなるので要注意。2人同時に動かすだけでも大変なのに,重力の向きが逆なので,たちまち頭がこんがらがってしまう。

インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」

 ステージには,2人の位置や重力の方向を入れ替えてしまうスイッチや,強制的にシンクロモードにしてしまうスイッチ,一度乗ると消えてしまう床や移動する足場といった多彩なギミックが,これまた絶妙にイヤな感じに配置されており,コードを操作してうまく障害物を乗り越えたと思ったら,リズムが地形に挟まれてミスになってしまったりと,一筋縄にはいかない。


インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」
 ステージ構成は非常によく練られており,序盤のうちはそれほど苦労せずにクリアできるものの,ゲームを進めると,これぞですのや☆といった感じの高難度ステージが続々と待ち構えていて,思わず頭をかきむしってしまうこと間違いなし。
 どちらのキャラクターを先に動かしてギミックを操作するのかといったパズル要素もあり,頭と指先どちらも駆使するゲームに仕上がっている。

 公式サイトではそんな本作の体験版が公開されているほか,製品パッケージ版は1512円,ダウンロード版は1080円(共に税込)で発売中。腕に覚えのある人は,ゆるふわと見せかけて実は鬼畜なですのや☆ワールドに,ぜひ挑戦してみよう。

■ですのや☆公式サイト
http://www.desunoya.sakura.ne.jp/

インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」
インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」
インディーズゲームの小部屋:Room#401「りばりば」
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月17日〜12月18日