オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア公式サイトへ
読者の評価
90
投稿数:30
レビューを投稿する
海外での評価
93
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2007/09/22 18:40

ニュース

[TGS 2007#57]アクティビジョン,「コール オブ デューティー 4」をこの冬日本市場に投入

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
 9月21日,ゲームパブリッシャ大手のアクティビジョンは,プレス向けに「アクティビジョン カンファレンス 2007」を,「東京ゲームショウ2007」会場である幕張メッセに隣接するホテルニューオータニで開催した。

 アメリカに本拠を置くActivisionは,2006年上期の北米市場のソフトウェア売り上げで,巨人Electronic Artsを抜いて一位に躍り出た。EAが首位の座を明けわたすのは,この10年間で初めてのことであり,Activisionはその勢いそのままにアクティビジョン・ジャパンを法人化し,これまでほかのメーカーに委託していた販売を自社で行うことになったというわけである。つまり,このカンファレンスは新生アクティビジョンのお披露目とともに,今年後半に市場に投入される同社期待の4タイトルの紹介を兼ねたイベントなのだ。

アクティビジョン代表取締役社長の立山喜朗氏
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
 冒頭の挨拶に立ったアクティビジョン代表取締役社長の立山喜朗氏によると,2007年上半期の好調を支えたのは,着実な売り上げを見せるコール オブ デューティーシリーズに加え,「Guitar Hero II」「Spider-Man 3: The Game」「Shrek the Third」「Transformers: The Game」といったタイトルで,それぞれにわかには信じがたいような販売実績をあげているとのこと(例えば,大ヒットしたGuitar Hero IIは550万本)。北米コンシューマ市場の大きさに唖然とするような話だが,そのうちの2本をそれぞれ「スパイダーマン 3」「トランスフォーマー」として。また,北米でもこの秋発売予定の「ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック」と期待の新作である,「コール オブ デューティー 4 モダン・ウォーフェア」という以上4タイトルををこの秋から冬にかけて日本で発売するのである。同社の稼ぎ頭を片っ端からローカライズするわけで,アクティビジョンの本気度がよく分かる話だが,いかにアメリカでヒットを飛ばしたタイトルだといって,そのまま日本での成功が約束されているわけではないことは同社もよく理解しているであろう。ともあれ,今後の展開が楽しみではある。

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

 もっとも,“PCゲーム情報サイト”である4Gamerにとって,2007年上期のコンシューマ機用タイトルにおけるActivisionの目ざましい躍進は,やや野次馬的に「すごいなあ」という感じ。いわゆるカジュアルな内容のゲームが多いし。とはいえ,今年後半からは状況が違ってくる。なにしろ同社では我々PCゲーマーにとって見逃せない二つのタイトルが出番を待っており,それが「Enemy Territory: Quake Wars」(以下,ETQW)と「Call of Duty 4: Modern Warfare」(以下,CoD4)である,なんてことは今さら言わなくてももうとっくにご存じですよね。すいません。
 残念ながら,今回のカンファレンスでETQWの話題は出なかったものの,CoD4を制作するカリフォルニアのデベロッパ,Infinity WardのStudio Headを務めるGrant Collier氏が来日し,デモを行ったのである。さらにカンファレンス終了後には,同氏に対するメディア各社の個別インタビューも実施されたが,とはいえ一社当たりわずか10分とかなり短く,しかも筆者が悪いクセを出してつまらない世間話なんかしたちゃったりなんかしたもので,ますます持ち時間を減らしてしまったというオチまでつき,残念ながら独立したインタビュー記事としてお届けするのは難しい雰囲気。機会があればまたインタビューなどを申し込みたいところだが,というわけで,カンファレンスでのデモプレイ,質疑応答,そしてミニインタビューなどで聞いたCoD4情報をここに軽くまとめてみよう。
 いずれにせよ,PC版については未確定部分が多いものの,たとえコンシューマ機用だとしても,Call of Duty 4: Modern Warfareがコール オブ デューティー 4として日本国内で発売されるのがまず大きなニュースであることに間違いはない。

それぞれのタイトルにスペシャルゲストが登場。スパイダーマン 3では水泳の北島康介選手(左),ギターヒーロー 3にはROLLY(中央)とマーティー・フリードマンさん(右)
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

 さて,これまた今さらながら,CoD4はこれまで第二次世界大戦をテーマとしてきたシリーズとは打って変わって,「現代戦」をその主軸に据えたFPSだ。Collier氏によると,そもそも現代戦というテーマは彼らが2015を抜け,Infinity Wardを立ち上げたときから考えていたアイデアだった。ただし,そのときパブリッシャになったActivisionには「Soldier of Fortune」という現代戦モノのFPSがあり,Infinity Wardの主要メンバーが2015で「メダル オブ オナー アライド アサルト」を制作した経験があったため,初代「Call of Duty」は第二次世界大戦を描く作品になったのだ。

CoD4のデモを行ったInfinity WardのGrant Collier氏
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
 CoDが想像以上の成功を収めたため,続く「Call of Duty 2」もパブリッシャの意向で同じ路線を踏襲したが,その次のCoDが現代の戦いに移行したのは,なかば自然発生的な出来事だったという。
 ゲーム作りには,プログラミングなど,開発の初期段階は忙しいが早めに終わってしまう部門がある。彼らには自分の受け持ちが終わっても仕事を続けたいという慣性のようなものが働いており,CoD2の制作に忙しいプロデューサー達はおそらくあまり深く考えることなく現代戦というプロジェクトを与えたのだ。そのため,CoD2が終わる頃には,すでにかなりのコードが書かれており,CoD4はそれを元にして制作されたとCollier氏は語るのだ。Infinity WardがCoD4を制作するという正式のアナウンスは2007年4月のことだが(関連記事),その実,2005年のCoD2発売より以前からスタートする,2年以上もかけたプロジェクトだったのである。
 おそらくこれは,ヒット作のデベロッパとしては驚くほど少人数のInfinity Wardならではのことだろう。ちなみに,管理部門や製品テスターなどを除いて,同社の開発スタッフは総勢67名。たったこれだけの人数で,PC版だけでなく,Xbox 360版とPLAYSTATION 3版を制作するのは「前代未聞の話だね」とCollier氏。「ただし,うちのスタッフは全員,信じられない仕事をする連中なんだ」と胸をはるのも,こうした経緯があるからだろう。

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

デモが終わってほっと一息のCollier氏
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
 デモプレイで使用されたのは,これもおそらく初公開のPLAYSTATION 3版。プロモーションムービーなどでおなじみのシーン,つまりイギリス軍特殊部隊SASのアタックチームがテロリストの乗る貨物船を急襲するもので,指揮をとるのはシリーズのファンにおなじみのプライス軍曹だ。まあその,名前も顔も同じだけど,まさか同一人物ってことはないだろうと思う。どうなんだろ?
 残念ながらゲーム画面の撮影は禁じられていたが,ヘリコプターからの懸垂降下,船内に突入しての銃撃戦など,相変わらずゲーム展開はスピーディだ。とくに世界最高のカウンターテロ組織であるSAS隊員の動きがキビキビして出色。敵を倒しつつ前進し,テロリスト達が運んでいるものまでたどり着く。作戦成功かと思った次の瞬間,謎の飛行機が現れて貨物船にミサイル攻撃。船は爆発。傾く船内を駆け抜け,沈没するまでにヘリで脱出しなければならないという「何が起きるか分からない」映画的な演出も健在である。
 続くデモプレイの舞台はソ連。チェルノブイリ原発事故後のプリピャチ市は,依然として放射能濃度の高い危険な場所である。時はなんと15年前。しかもこのミッションのプレイヤーキャラクターはソ連の狂信的愛国主義者を“排除”するために彼の地に送り込まれたプライス軍曹なのだ。このように,主人公,時代,ロケーションが目まぐるしくスイッチするのもCoD4のシングルプレイの特徴といえるだろう。

トランスフォーマーが最高に爽快だと語る“ゲーマー”の山本モナさん
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
 迷彩服を着込んだ二人の隊員がソ連軍の哨所に接近し,サイレンサー付きの狙撃ライフルで敵歩兵を狙う。息を止めて発射。失敗。撃たれた敵兵が声を出し,哨所から飛び出してくる3匹のジャーマンシェパード。たちまち噛み殺されるプライス軍曹。ありゃ?
 「これは,攻撃に失敗するとこうなるという見本だ」と苦笑するCollier氏に会場の聴衆から笑いが起きる。このように,デモはムービーでも「不死身モード」でもなく,実際のゲームをプレイして行われた。音声とテキストは英語のままで,ローカライズがどの程度進んでいるのかは不明。さて,気を取り直して狙撃再開。息を止めて発射。失敗。3匹のジャーマンシェパードに噛み殺されるプライス軍曹。
 「さっきのを見逃した人がいるといけないからね」とCollier氏。ややうけの会場。三度目の正直とばかりに狙撃を再会し,息を止めて銃を撃つ。失敗。哀れ,ジャーマンシェパードに噛み殺されるプライス軍曹。首を振るCollier氏……。うーん。デモを担当するInfinity Wardの社員がアメリカに帰ってクビにならないかちょっと心配になる会場である。
 こういうとき,アメリカなら「頭を狙え,へたくそ!」とか「オレにやらせろ!」という野次が飛び交うんだろうなあ,などというのは筆者の余計な感慨である。

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

 豊富なカスタマイズが可能なマルチプレイと多彩なミッションが登場するシングルプレイ。まるで戦争映画のような演出と迫力のグラフィックス。新生アクティビジョンが一押しするCoD4はまず間違いなくこの冬最大の目玉タイトルになるはずだ。気になるPC版については新情報が入り次第お伝えしていくつもりなので,お楽しみに。それにしても,トランスフォーマーもちょっと面白そうだったなあ。
 というわけで,アクティビジョンが日本での発売を予定しているタイトルの画像を下に掲載した。いずれも基本的にコンシューマ機向けだが,欧米ではPC版「Transformers: The Game」のデモがすでに公開されている。

トランスフォーマー


コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

ギターヒーロー 3


コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

スパイダーマン 3


コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月28日〜04月29日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
69
2016年10月〜2017年04月