オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/11/21 00:00

プレイレポート

「マビノギ英雄伝」クローズドβテストのプレイレポートを掲載。豪快なアクションによる爽快感はかなりのもの

マビノギ英雄伝
 ネクソンの新作オンラインアクション「マビノギ英雄伝」のオープンβテストが,2011年11月23日に開始される。それに先だって,11月3日〜10日にかけてクローズドβテストが実施されており,今回これに参加する機会を得られたので,その内容や本作がどのようなゲームになっているのかを,あらためてお伝えしよう。

 正式サービス開始時にはリシタ,フィオナ,イヴィの3種類のプレイヤーキャラクターが登場する予定だが,クローズドβテストで使用できたのはこのうちリシタ,フィオナのみ。いずれも近接攻撃タイプのキャラクターではあるものの,リシタは両手の剣によるスピーディな攻撃が,フィオナは盾を駆使したガードアクションが可能と,それぞれ個性を生かした戦い方ができる。今回,筆者はリシタを選択してゲームを開始してみた。

マビノギ英雄伝 マビノギ英雄伝

 ゲームのプロローグ部分の流れは,以前掲載したファーストインプレッションのとおり,プレイヤーキャラを選択するといきなりドラマチックなイベントシーンから幕を開け,息もつかせぬ展開で戦いへと突入する。
 ただ,いきなり戦いが始まるといっても,このプロローグ部分ではプレイヤーキャラの生命力が減らない(そもそも生命力ゲージ自体が存在しない)上,操作のチュートリアルが画面に表示されるので,アクション性の高いゲームに不慣れな人でも安心して基本的な操作を覚えられるようになっている。

マビノギ英雄伝 マビノギ英雄伝
マビノギ英雄伝 マビノギ英雄伝

マビノギ英雄伝
 操作について細かく触れておくと,まずはゲームスタート時に「マウスモード」か「キーボードモード」のいずれかの操作方法を選択することとなる。マウスモードはキーボードの[W/A/S/D]キーで移動,マウスで視点移動や攻撃を行うスタイル,キーボードモードはキーボードのカーソルキーで移動し,左手側のキーで攻撃するスタイルとなっている。PC用の3DアクションやFPSなどを遊び慣れているなら,前者を選択するのがオススメだ。ちなみに,キーの割り当てはオプションから変更することもできる。
 さらに,本作はゲームパッドにも対応しているので,そもそもキーボードでの操作自体がしっくりこない人の場合は,ゲームパッドを使うとより操作しやすくなるだろう。
 なお,筆者はマウスモードでプレイしたため,以下はマウスモードのキー設定に準じて表記している。

 基本のアクションは,マウスの左クリックで基本攻撃,右クリックでスマッシュ攻撃,[Space]で回避,[E]で掴み,[R]でキック,[Shift]を押しながら移動でダッシュ,[F]でサブウェポンの投擲,といった具合だ。
 操作感覚は家庭用ゲーム機の3Dアクションゲームにかなり近い印象で,近接攻撃タイプのキャラであれば,基本攻撃でコンボを繋いで仕上げにスマッシュを放つ,という連続攻撃が主体となる。何回基本攻撃を行ったかで,その後に放つスマッシュのモーションが変化するため,あまり深く考えずにズバズバ敵を切り刻んでいくだけで,かなりの爽快感が味わえるのもポイントだ。

マビノギ英雄伝

マビノギ英雄伝
 掴みやキックのように武器を使わないアクションは,「剣のアクションに比べて地味なのでは?」と思いきや,実はこちらも負けず劣らずの派手さ。例えば,[E]キーで敵を掴んだ後,もう一度[E]キーを押せば掴んだ敵をぶん投げられるし,掴んだまま右クリックを押せば派手なモーションとともに容赦なく敵の身体をへし折って(!)くれる。キックにしても,主に倒れている敵に追い打ちをかけるため使うことになるため,そのモーションはキックと言うより“踏みつけ”に近い。

 また,本作ではステージ内に落ちているさまざまなオブジェクトを拾って,振り回したり投げつけたりもできる。そこらに転がっている敵の死体や木箱などはもちろんのこと,敵の落とした武器や,攻撃で崩れた瓦礫などでも,拾い上げて利用可能。しかも,こうしたオブジェクトを投げつける攻撃が意外と有効だったりするのだ。むしろ,武器での攻撃より強力なシーンすらあるぐらいで,ついつい手に取れるものを片っ端から投げてみたくなることだろう。

マビノギ英雄伝


プレイスタイルによって初心者から上級者まで楽しめるステージ構成


 プロローグを終えると,ここで初めてキャラクターメイキングを行うこととなる。キャラクターごとに性別や体格は固定で,設定項目もそれほど多くないので,最近の3Dオンラインゲームとしては若干もの足りない部分はあるが,それでも髪や顔の設定によって雰囲気はけっこう変えられる。キャラメイクの詳細は「こちら」の記事に詳しいので,確認してもらえれば幸いだ。

マビノギ英雄伝 マビノギ英雄伝

マビノギ英雄伝
 さて,キャラクターメイキングを完了したところで,いよいよゲーム本編のスタートだ。基本的な流れとしては,村にいるNPCとの会話を通してイベントが進行し,NPCから依頼された“ストーリー”(いわゆるクエスト)に沿って“戦闘”(ダンジョン)を攻略。するとまた新たなストーリーがアンロックされ,物語が進んでいく……という感じだ。
 ストーリーには,物語の本筋に関わるメインストーリーのほか,サブストーリーも多数用意されており,特定のアイテムをNPCに届けたり,特定の装備を揃えたりと,クリア条件はそれぞれ異なる。クリアすると,報酬として経験値や装備品,さらに新たなスキルなどを獲得できる。

 各戦闘へは,村の中にある「船着き場」から出発する。まずは船着き場に設置された「出港準備」という掲示板の前へと出向き,パーティーを新規作成して挑戦したい戦闘を選択するか,あるいはメンバーを募集中のパーティーに合流すればOK。その後は待合室代わりになる船の上へと移動し,ほかのパーティーメンバーが参加してくるのを待ったり,売店で消耗品を補充したりして準備を整える。

船着き場にあるキャンプファイヤーの前で一定時間座っていると,HP自動回復などのBuffがかかる。高難度の戦闘に挑戦する前に利用すると良いだろう
マビノギ英雄伝 マビノギ英雄伝

クローズドβテストでは,トークンが臨時支給されるなどの措置も取られていたが,オープンβテスト以降での調整は気になるところ
マビノギ英雄伝
 ちなみに,本作のメインストーリーはエピソード単位で区切られており,クローズドβテストではエピソード1〜3がプレイ可能だったのだが,エピソード2からは出港時に「トークン」というものが必要となる。これは毎週特定の日に支給されるコインで,1回の出港で2枚消費するのだが,1日に何度も戦闘を行っていると,1回あたりに必要なトークンの枚数が増え,消耗が激しくなっていってしまう。
 筆者がクローズドβテストで体験した限り,1日平均2〜3時間程度のプレイであれば,特にトークンの枚数が不足することはなかったが,コアプレイヤー間では賛否が分かれそうだ。

 戦闘自体は基本的に一本道で,各エリアごとに出現する敵を全滅させて先へと進み,最後に登場するボスを倒せばクリアという形式だ。序盤のストーリーでは道中の敵がそれほど強力ではないので,いわゆる“ガチャプレイ”でもあまり苦労せずにサクサク倒していけるだろう。ボスも攻撃力は非常に高いが,攻撃前には「DANGER!」の表示が出るため,攻撃モーションをしっかり見ながら戦えば問題なくクリアしていけるはずだ。

マビノギ英雄伝
序盤のボスは「DANGER!」の表示で回避すべき攻撃を察知できる
マビノギ英雄伝
戦闘中は敵だけでなく,さまざまなトラップにも気を付けなければならない。うまく利用すれば,敵を巻き込んで倒してしまうことも可能だ

マビノギ英雄伝
 もちろん,ストーリーを進めるにつれて,だんだんと歯応えのあるエリアやモンスターも登場してくる。おそらく,たいていのプレイヤーにとって最初の難関となるのは「決戦」の戦闘だろう。
 ここのボス「ノールチーフテン」は巨大なハンマーを手にしており,ハンマーひと振りで石柱を砕いてしまうほどの攻撃力で襲いかかってくる。しかも,このハンマーの直撃を受けると,大ダメージを受けるばかりか,一定時間攻撃力が低下してしまうDebuffまで付与されてしまい,非常に厄介。とくにソロプレイで挑戦する場合は,逃げ回りながらスキを突いて攻撃するほかないため,長期戦になる覚悟をもって挑んでほしい。

マビノギ英雄伝 マビノギ英雄伝

マビノギ英雄伝
 ボスが強すぎて歯が立たないという場合は,槍や鎖などのサブウエポンを用いた戦法が非常に効果的だ。これらは投擲して使う武器で,槍の場合は直撃するとスタン効果が発生し,一定時間ボスを足止めできるので,そのスキに攻撃を行える。ただしサブウエポンは使い捨てで,持ち込める個数にも制限があるため,適当に投げまくっているとすぐに足りなくなってしまうだろう。
 もし手持ちのサブウエポンが尽きてしまった場合は,先にも述べたとおり,足元に転がっている物を投げつけるという攻撃が有効だ。ボスの攻撃で崩れた柱の破片などをうまくぶつけてやれば,槍が刺さったときと同様,スタン効果が発生するのである。

ボスにトドメを刺すと,その瞬間のシーンがさまざまなアングルで次々と表示される。この演出がなかなかカッコいい
マビノギ英雄伝 マビノギ英雄伝

 それでもまだボスを倒すのが辛いようであれば,パーティを組んで挑戦するのがオススメだ。アクションゲームが苦手であっても,上級者にボスの相手をしてもらいつつ,自分はボスの取り巻きのモンスターを倒したり,遠くからボスに槍で攻撃するなどの手段でサポートすれば,充分に活躍できるだろう。何より,パーティプレイなら戦闘不能になってしまったとしても,味方に蘇生してもらえるのが非常にありがたい。
 筆者もクローズドβテストで何度かパーティプレイを経験したが,ソロプレイに比べてかなり攻略しやすく,これといったデメリットもないため,機会があればどんどんパーティに参加した方が良さそうである。

敵を倒した際に「イーブルコア」というアイテムボックスが出現することがあるが,パーティプレイの場合はプレイヤー全員がイーブルコアからアイテムを取得できる
マビノギ英雄伝 マビノギ英雄伝

ソロプレイ時に敵に倒されてしまっても,レベル15以下ならばその場で無制限に復活できる。安心して(?)玉砕してみよう
マビノギ英雄伝

 もし逆に,もっと難しい条件でプレイしてみたいという場合は,「騎士の誓い」と「達成率」を気に掛けてみるといいかもしれない。騎士の誓いは,各戦闘の開始前に「特定のモンスターを槍で倒す」「特定のアイテムを2つ獲得する」「2人以下でクリア」といった縛りプレイのような条件を設定できるというもので,これを満たすとその戦闘の達成率が上昇する。そして,達成率が一定値に達すると,次の戦闘がアンロックされて新たな敵に挑戦できるのである。

 すべての騎士の誓いを達成しなくても,次の戦闘に進むための達成率は集められるが,中には「5分以内にクリア」といった,なかなか難しい条件も用意されているので,やりこみ派のゲーマーはすべての達成を目指してみるのもいいだろう。この条件を狙ってプレイする場合は,攻略時間が5分を超えた時点で攻略失敗となってしまうため,緊張感のあるプレイが楽しめるはずだ。

マビノギ英雄伝


称号やスキルでキャラクターを強化


 最後に,キャラクターの育成に大きく関わる「称号」とスキルを紹介しておきたい。
 まず「称号」は,マビノギにおける「タイトル」のような要素で,「特定の戦闘をクリア」「特定の攻撃方法で敵モンスターを10回以上倒す」など,さまざまな方法で獲得できる。
 重要なポイントとなるのは,称号を獲得するたび永続的に生命力や攻撃力などのステータスが上昇するということ。マビノギのタイトルは,選択したタイトルに応じた効果が発生するというものだったが,マビノギ英雄伝では獲得すれば獲得するだけキャラクターのステータスも向上していくというわけである。積極的に集めていけば,より戦闘の進行も楽になっていくだろう。

マビノギ英雄伝 マビノギ英雄伝

 一方,スキルは戦闘を通して得られる「AP」を使って習得していくことになる。スキルの種類は,各キャラクター専用のものが数多く存在し,その種類もステータスを上昇させるパッシブスキルや,攻撃スキル,回避スキルなど多岐にわたる。
 ちなみに攻撃スキルや回避スキルは,MMORPGなどでよくみられるショートカットキーに登録して発動させるタイプではなく,基本の攻撃アクションや回避アクションから派生して発動するタイプのものが多い。例えばリシタの攻撃スキル「サウザンドニードル」の場合は,通常攻撃を4回以上放った後にスマッシュを使うと発動する,といった具合で,より多彩なアクションが使えるようになっていくのはなかなか気持ちがいい。

マビノギ英雄伝 マビノギ英雄伝


豪快なアクションやバトルの爽快感は文句なし

まずはオープンβテストでプレイしてみよう


 全体的な感想を述べると,非常によく出来たオンラインアクション,といったところだろうか。本作のビジュアルは「マビノギ」とは大きく異なるリアル志向のもので,それ故に筆者は,ゲームシステムやアクションがもっとシビアなものであると想像していた。ところが実際に触ってみると,そのイメージとは裏腹に“何でもあり”なゲームになっていて,良い意味で豪快というか,2Dベルトアクションゲームを3Dフィールドで遊んでいるような感覚なのである。

 とくに,アクションゲームの要となるプレイヤーキャラクターの操作性はしっかりと作り込まれており,手触りが良いのは特筆に値する。バトルの爽快感についても文句なしで,アクション性の高さや攻撃手段の豊富さも好印象だ。
 プレイフィールがかなり家庭用ゲーム機のアクションゲームに似ている部分もあるため,普段あまりオンラインゲームを遊んだことがないという人でも楽しめるタイトルではなかろうか。

 なお,先述のとおり11月23日に誰でも参加可能なオープンβテストが開始される。クローズドβテストで触れなかったという人は,ぜひプレイしてみてほしい。

マビノギ英雄伝

「マビノギ英雄伝」公式サイト

  • 関連タイトル:

    マビノギ英雄伝

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日