オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
タルタロス:リバース公式サイトへ
読者の評価
85
投稿数:107
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2006/08/22 21:09

ニュース

[韓国ゲーム事情#587]「TARTAROS Online」の詳細が公開に

Kimの韓国最新PCゲーム事情#587

Gravityの新作タイトル「TARTAROS Online」の詳細が公開に(2006/8/22)

Text by Kim Dong Wook特派員



 「Gravity Festival 2006」(関連記事)で,Gravityの新しいパブリッシングタイトルとして初公開された「TARTAROS Online」
 すでにプレイムービーは公開されているが,これだけではどんなゲームなのかを想像するのは,難しいのも事実。
 そんな中,本作の詳細が公開されたので,この記事でお伝えしよう。



■「待機村」の存在

 TARTAROS OnlineはMMORPGとは異なり,ルームを作成して狩りを楽しむという,インスタンスゾーン方式のオンラインRPG。類似するゲームでは,ルームを作成して狩りをし,ミッションを完了させるなどしてから,再度狩りに出るには新たにルームを作成し,パーティを組み直す必要があるものが多いが,本作では,ほかのプレイヤーとのコミュニケーションだけでなく,ミッションの遂行に必要な行動(インベントリの整理,NPCに会ってミッションを完了させるなど)が可能な「待機村」を用意している。
 この待機村は,いわゆる「ロビー」に相当し,ここでルームを作ってチャットや狩りができる。さらに,ミッションに関連するNPCと会話をしたり,ショップで買い物をしたり,プレイヤー同士でのトレードをしたりといったことも可能だ。
 つまり,一度組んだパーティを解体することなく,待機村だけでほとんどのことをこなすことができるというわけだ。



■「Battle Chaser」と多人数コントロールシステム

 「Battle Chaser」は,プレイヤーが保有しているキャラクターのうち,最大9人までを「エントリーシステム」で同時に登場させ,相手とPvP戦を行えるというもの。手持ちのキャラクターが,先にすべて倒れた側の負けとなる。
 このほか,Battle Chaserと同様,保有するキャラクターを複数登場させて遊べる「Team Battle」というものもある。Battle Chaserと大きく異なるのは,「多人数キャラクターコントロールシステム」が採用されている点。「Granado Espada」(邦題 グラナド・エスパダ)で言うところの,「MCC」(Multi Character Control)と同種のシステムだ。戦況に応じて,陣形やリーダーを変更できる。




 エントリーシステムは,対戦モード時にキャラクターの登場順を,プレイヤーが任意で指定できるもの。使用しているキャラクターが倒された場合,事前に設定しておいた順番で,次のキャラクターが登場する。
 プレイヤーが設定したキャラクターの登場順を,対戦相手が知ることはできない。対戦相手が知れるのは,最初に登場するキャラクターのみである。つまり,相手が最初に繰り出してくるキャラクターを手がかりに,相手キャラクターの登場順を予測し,自キャラクターの登場順を検討するといった,高い戦略性が要求されるわけだ。



 複数キャラクターコントロールシステムは,Team Battle時に3人のキャラクターを,陣形やリーダーなどを変更しながら操作できる仕組み。基本的には,プレイヤーが直接操作するのはリーダーキャラクターで,残りの2人はAIによって動く。つまり,陣形とリーダーキャラクターを,いかに素早く変更できるかが,勝利の鍵を握っている。



■シングルプレイも可能

 本作には,世界観に即したストーリーを楽しめる,シナリオミッションも存在する。シナリオミッションは,ストーリーそのものをじっくり楽しめるよう,シングルプレイが可能になっている。
 プレイヤーは,このシナリオミッションを通じ,仲間となるキャラクターを獲得できる。ちなみにオープンβテストでは,合計7人のキャラクターが公開される予定だ。
 また,シナリオミッションを進めることで,より難易度が高い村に入れるようになるなど,本編との連携も用意されている。もちろん,新たに入れるようになった村にも,さまざまなNPCと多彩なミッションが用意されている。ちなみにミッションは,条件によって「制限ミッション」「共同ミッション」などの分類がある。



 ミッションは,本作で最もRPG的な要素が色濃いモード。そのため,ミッションを遂行するためにプレイヤーキャラクターのレベルアップをする必要も生じてくる。とはいえ,そのために何度も同じフィールドで狩りを続けることになっては,プレイヤーも退屈してしまうだろう。
 そこで本作では,プレイヤーが狩り場に入るたび,毎回異なるマップとモンスター情報をロードする,「ランダムマップシステム」が採用されている。このシステムは,マップを構成する地形,テクスチャ,オブジェクトなどの情報,そしてモンスターやAIなどの要素を,ランダムに組み替えることで,バリエーション豊富なマップを生み出すものだ。
 また,具体的なことは不明だが,MOゲームの弱点であるコミュニティ性を強化すべく,コミュニティモードも搭載されており,プレイヤー同士のアイテムトレードなどを手軽に行えるという。



 本作の開発元,INTIV SOFTの社長兼総括プロデューサーのLee Joo Won氏は,「本作は,多彩なコンテンツを提供するオンラインゲームを志向し,パッケージゲームが持つストーリー性と,カジュアルオンラインゲームが持つ娯楽性,そしてRPGでキャラクターが成長したときに味わえる達成感を,同時に体験できる複合ジャンルとして企画した。壮大な世界観と,綿密なシナリオ,ミッションの連携性を重視し,今までにないようなオンラインゲームの楽しさを追求していきたい」と語っている。

  • 関連タイトル:

    タルタロス:リバース

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月