オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/01/10 10:00

ニュース

CRI・ミドルウェア,サウンドミドルウェア&ツールの「ADX2」でフリー版「ADX2 LE」を2月より公開。プロのサウンド環境をインディーズで使用可能に

 CRI・ミドルウェアは,同社が販売しているサウンドミドルウェア「ADX2」の無償版「ADX2 LE」を2013年2月に公開する。

 ADX2は,国内では広くゲーム開発に用いられているサウンドミドルウェアの定番だ。独自コーデックを使用することで,低負荷で高品質なサウンド処理を実現している。一般的な音声コーデックとは違い,ゲームの各種演出で便利な制御機能が盛り込まれているのがポイントだ。また,ミドルウェアとともに提供されるサウンド処理用のツールも高い評価を受けている。

ADX2 LEのツール部
ミドルウェア/開発ツール

 プロ向けのADX2と2月に提供される無償版のADX2 LEとの違いは,ゲーム機ごとの特定フォーマットでの出力には対応していないことなどで,基本的にはゲーム用に用意された機能はすべて,無償版でも利用できるようになっているという。また,インディーズゲームで利用の増えてきているゲームエンジン「Unity」から扱いやすい形式でサウンドファイルを出力する機能などが追加されている。
 ライセンスはかなり緩めで,UDKなどと同様に,このミドルウェアを利用したゲームの商用も一定範囲までは無償で大丈夫とのことなので,iPhoneやAndroidアプリ,同人ソフトなどインディーズゲームでの活用も可能だ。

 ミドルウェア部分を除いたツール部分だけ取り上げても,フリーで使えるサウンド系ツールは稀少であり,ゲームに限らずサウンド系のツールを求めていた人にも朗報かもしれない。これまで現場で培われたゲーム用ツールのノウハウが詰め込まれた製品だけに,インディーズゲームの制作者にはぜひ試してみてほしいところだ。

ADX2公式サイト


4Gamer「ADX2」関連記事


ゲーム開発のサウンド演出ノウハウが詰まったツールを、すべての開発者に!
CRI、インディーズ向けに無償版サウンド開発ツール「CRI ADX2 LE」を展開

ミドルウェア/開発ツール
 株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 古川憲司、以下CRI)は、ゲーム開発におけるオーディオシステムのデファクトスタンダードとして国内外で広く使われている「CRI ADX. 2」(以下「ADX2」)について、プロ向けツールはそのままに、インディーズゲーム開発者向けの無償版「CRI ADX2 LE(エルイー)」(以下「ADX2 LE」)を展開致します。「ADX2 LE」は、まずは国内を対象に、2013 年2 月から提供を開始致します。

 近年、App Store やGoogle Play といったダウンロード販売プラットフォームの増加や、プラットフォーマーによる小規模開発者向け開発キットの展開によって、個人や学生、ベンチャー企業等によるインディーズゲーム開発が増加しています。これにより、ゲーム産業はより活発化していくことが期待されています。CRIは、これまで法人を対象にゲーム開発を支援して参りましたが、これらインディーズゲーム開発者の方々の開発環境を応援するべく、誰にでも触っていただける「ADX2 LE」の提供を決定致しました。
 「ADX2」は、15 年以上にわたりゲーム開発者の皆様にご愛顧いただき、全世界で2,500 以上のゲームタイトルで採用されている純国産のオーディオシステムです(2013 年1 月現在)。高機能かつ操作性の高いサウンドオーサリングツールを備えており、ゲーム開発で要求される多様なサウンド演出を手軽に実現することで、開発現場から高い評価をいただいています。

 「ADX2 LE」では、プロ向けの「ADX2」と完全に同じ機能のオーサリングツールをご提供します。ツールには最先端のゲームサウンド制作現場でのニーズやノウハウが数多く反映されており、繋ぎ目のない繰り返し再生や臨場感を高める複数サウンドの効果的な重ね合わせ、またゲームの状況に合わせて変化するインタラクティブなサウンドなど、ゲームに合ったサウンドの作りやすさを実感いただけます。ゲームエンジン「Unity 3D」(以下Unity)向けのフォーマットでデータを出力する機能が付いており、「ADX2 LE」で制作したサウンドをiOS、Android、PC 向けのゲーム・アプリに組み込むことが可能です。
 また、「ADX2 LE」はUnity 向けのゲーム専用フォーマットの他に、どんな環境でも再生が可能なWAV フォーマットでも出力することができるため、ゲーム開発はしないという方でも、作成したサウンドを自身の作品として保存する、素材として他の映像と合わせる、などにもご活用いただけます。
 法人のゲーム開発者の方は「ADX2」導入の手軽な試用版としてもご活用いただけます。

・Global Game Jam 参加者向け「ADX2 LE」ワークショップのお知らせ
 1/25(金)〜27(日)に開催されるGlobal Game Jam に、「ADX2 LE GGJ 版」を先行提供致します。ついては参加者の方を対象に、「ADX2 LE」のワークショップを開催します。基本操作からゲームへの組み込み方まで体験いただけますので、この機会に奮ってご参加ください。

ワークショップ詳細はこちら: http://www.cri-mw.co.jp/adx2le_workshop/
Twitter アカウント:@ringo_cri(「ADX2 LE」リリースのお知らせがいち早く受け取れます)
Facebook:http://www.facebook.com/CRI.Middleware

 CRI・ミドルウェアは、ゲーム開発をサポートする多彩なツール&ミドルウェア製品群『CRIWARE』のインディーズゲーム向け展開で、ゲーム開発の魅力を広く伝えるとともに、新たなゲーム開発者の方々を支援しゲーム業界の発展に貢献して参ります。

CRI・ミドルウェア公式サイト

  • 関連タイトル:

    ミドルウェア/開発ツール

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月17日〜12月18日