オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
パッケージ
GeForce Driver公式サイトへ
  • NVIDIA
  • 発表日:2003/10/23
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
NVIDIA,「GeForce Experience」の拡張を発表。YouTubeやTwitchで1080p/60fpsのゲーム実況配信が可能に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/10/15 22:00

ニュース

NVIDIA,「GeForce Experience」の拡張を発表。YouTubeやTwitchで1080p/60fpsのゲーム実況配信が可能に

GeForce Driver
 2015年10月15日22:00,NVIDIAは,GeForceユーザー向け無料アプリケーション「GeForce Experience」(以下,GFE)に実装予定の新機能を公開した。これらの新機能はいずれも,今晩以降にリリースされる,GFEの公開βテスト「GeForce Experience Early Access Beta」(以下,Early Access Beta)に導入される予定とのことで,いずれも劇的な変化をもたらすものというわけではないが,GFEの使い勝手を向上させたり,ユーザーに利便性をもたらしたりするものとなっている。
 そこで本稿では,GeForce用ソフトウェアのシニアプロダクトマネージャーを務めるSean Pelletier氏による新機能の説明を簡単にレポートしよう。


TwitchやYouTube Liveで1080p/60fpsのゲーム実況が可能に


 NVIDIAから発表された内容は大きく3つある。
 GeForceユーザーならご存知のように,NVIDIAは2015年9月に発表した「GeForce GTX 950」に合わせて,GFEに多数の新機能を追加することを予告しており,現在は公開βテストが行われている(関連記事)。今回説明された新機能はこれに続くものだ。

 まず,GFEのゲーム実況配信機能が強化され,9月の説明でも予告されていたとおり,Googleのゲーマー向け映像配信サービス「YouTube Gaming」でのゲーム実況配信に対応する。さらに,YouTube Gamingと「Twitch」における,1080p/60fpsでのゲーム実況配信も可能になるそうだ。
 具体的には,これまで最大3.5Mbpsのビットレートにとどまっていた配信映像のビットレートを最大9Mbpsに拡大することで,解像度720pおよび1080pで最大60fpsの映像配信を可能としたとのこと。これによって,従来よりも滑らかな映像での実況配信が可能になるだろう。

YouTube Gaming(スライドではYouTube Liveと表記)における,1080p/60fpsでのゲーム実況配信が可能になる
GeForce Driver

Twitchでも1080p/60fpsでのゲーム実況配信が可能に
GeForce Driver

 配信先サービスの選択肢が増えたことも歓迎できる。可能なら,ニコニコ生放送での配信にも対応してくれると,日本のゲーマーとしては喜ばしい限りなのだが。


Game Stream機能が4K映像の配信に対応

ただし,対応機器は日本未発売の「SHIELD」のみ


 もう1つの新機能は,GeForce搭載PC上で動いているゲームを,LAN内にある「SHIELD」デバイスでプレイできる「Game Stream」機能で,4K解像度/60fpsの映像と5.1chサラウンドサウンドを配信できるようになるというものだ。現在のGame Stream機能では,1080p/60fpsが上限だったので,とくに映像面では大幅な強化といえよう。

 ただ,4K解像度/60fpsのGame Streamで受け側になれるSHIELDデバイスは,米国で販売されているAndroid TVデバイスの「SHIELD」に限られる。また,PC側もGeForce GTX 980 Ti以上のGPUとCore i7クラスのCPU,有線によるLAN接続が必要になるという。
 PCや有線LANはともかく,SHIELDが販売されていない日本では,そもそも現状では試しようがないので,「SHIELDを日本でも販売してください」としかいいようがないのは残念なところか。

GameStreamが4K解像度/60fpsに対応。ただ,対象となるデバイスは,日本で未発売のSHIELDのみ
GeForce Driver


GFEユーザーに最新ドライバソフトを先行して提供

ゲームの無料ダウンロードコードプレゼントも


 3つめは,GFEで利用できるようになる新サービスだ。
 特定ゲームへの最適化を謳った「Game Ready Driver」の利用を促進するために,GFEのユーザーに対してGame Ready Driverを先行して提供するのだという。具体的に,どのようにして先行提供するのかまでは説明されなかったが,Webサイトでのドライバ提供よりも先に,GFEで最新のGame Ready Driverを提供するようになるのかもしれない。

 また,GFEでドライバをダウンロードするときに,ユーザーのメールアドレスを登録できるようになり,登録したユーザーには,ドライバやGFEに関する最新情報が提供されるほか,メールを通じたユーザーサポートが受けられるようになるというサービスも開始される。
 それだけでなく,登録したユーザーには,ゲームタイトルを無料でダウンロードできるゲームコードが抽選で当たるという特典も用意されるそうだ。

 これまでも,NVIDIAのWebサイトでドライバソフトをダウンロードするときに,メールアドレスを登録してニュースレターを受け取るサービスはあったが,GFE上で可能になるサービスは,これとは別物であるとのこと。今までニュースレターに登録していなかった人も,ゲームが無料でもらえるチャンスがあると聞けば,「登録してみようかな」と思うのではないだろうか。

GeForce Driver
 さて,GFEユーザー向けのサービスを強化する狙いについてPelletier氏は,「NVIDIAは,GFEやGame Ready Driverの提供を非常に重視しており,これらを通じて,ゲーム体験をより素晴らしいものにしていきたいと考えているからだ」と説明していた。そのために,ユーザーとのコミュニケーションを深める必要があり,その手段として,こうしたサービスを行うのだと,Pelletier氏は説明していた。

 とくに,Game Ready Driverにおいて重視しているのが,新作ゲームのリリースに合わせて,そのゲームに最適化したドライバソフトを迅速に提供することだという。ゲームがリリースされた初日から,最適なゲーム体験を可能にするという意味を込めて,NVIDIAではこの取り組みを「Day 1 Experience」と呼んでいるそうだ。

Game Ready Driver提供の取り組みは,すでに2年間続けられており,多くのゲームに最適化されたドライバソフトが提供されてきた
GeForce Driver

2015年に提供された,あるいは今後提供されるGame Ready Driverのロードマップ。11月には「Star Wars Battlefront」のGame Ready Driverが提供される予定だ
GeForce Driver

 なお,当然ながらNVIDIAのWebサイトでのドライバソフト提供は,従来どおり継続される。しかし,GFEユーザーであれば,Game Ready Driverが先行して提供されるとなると,GFEを利用してドライバソフトを入手するという方法が,当たり前のものとなっていくのかもしれない。そのGFEユーザーに対するサービスを強化することによって,PCゲーマーの囲い込みを強化しようという狙いもありそうだ。
 GeForceユーザーは,これらの機能が搭載された新しいGFEに期待しよう。

GFE Early Access Betaのダウンロードページ

GeForce.com 公式Webサイト(英語)


  • 関連タイトル:

    GeForce Driver

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
64
CROSSOUT (PC)
2017年04月〜2017年10月