オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/06/07 10:48

ニュース

[E3 2011]SCE,NGPを「PlayStation Vita」として正式発表。Wi-Fiモデルで2万4980円から!

 Sony Computer Entertainmentは,E3 2011に合わせて開催したプレスカンファレンスにおいて,開発コードネーム「NGP」(Next Generation Portable)と呼ばれていたPSPの後継機を「PlayStation Vita」(プレイステーション ヴィータ)として発表した。

PlayStation Vita

 Vitaは「Life」(生活,人生)という意味。新しいポータブルデバイスが,ユーザーの生活や人生を拡張していくことを期待し,命名したとのことだ。

PS Vita本体
 PlayStation Vitaは,3GネットワークとWi-Fiに両対応のモデルと,Wi-Fiのみに対応したモデルが登場する見込みで,市場投入は2011年のホリデーシーズン。価格は3G&Wi-Fi両対応モデルが2万9980円(税込),Wi-Fiのみに対応したモデルが2万4980円(税込)になる。北米での独占的な3GパートナーはAT&T(※AT&Tは「つながらない」という評判の多いキャリアであるため,会場からはざわざわという声が上がる)で,世界各地のパートナーについては,後日発表になるという。

ゲームタイトルは「PlayStation Vitaカード」で提供される
PS Vita本体

PS Vita本体
 会場では,「Uncharted」を用いたデモなどが行われたが,ポイントは,スクリーン全体をバーチャルボタンとして利用できること。ただし,一つの入力系しか使えないのではなく,アナログスティックとマルチタッチディスプレイを使い分けながらゲームを進行していけるのが大きな特徴だ。
 現在,80を超えるタイトルが開発中とのことである。

プレスカンファレンスの会場で行われたUnchartedのデモ
PS Vita本体 PS Vita本体


●PlayStation Vitaの主なスペック
  • 型番:PCH-1000 series
  • 発売日:2011年末
  • 価格:2万9980円(税込)/299ドル/299ユーロ(3G&Wi-Fiモデル),2万4980円(税込)/249ドル/249ユーロ
  • サイズ:約182(W)×83.5(D)×18.6(H)mm(※予定,突起部除く。PSP-3000は同169.4(W)×71.4(D)×18.6(H)mm)
  • 重量:未公開(※PSP-3000は約189g)
  • CPU:ARM「Cortex-A9」(クアッドコア構成)
  • GPU:Imagination Technologies「SGX543MP4+」
  • メインメモリ容量:未公開
  • ディスプレイ:5インチ,16:9ワイド有機EL,静電容量マルチタッチパッド(※PSP-3000は4.3インチ,16:9ワイドスクリーンTFT液晶)
  • ディスプレイ解像度:960×544ドット(※PSP-3000は480×272ドット)
  • ディスプレイ色数:約1677万色(※PSP-3000は1677万色)
  • 操作系:方向キー,左アナログスティック,右アナログスティック,背面静電容量マルチタッチパッド
  • ボタン:アクションボタン([△/○/×/□]ボタン),[L][R]ボタン,[START][SELECT][PS]ボタン,電源ボタン,音量プラスボタン,音量マイナスボタン
  • スピーカー:2chステレオ
  • カメラ:前面×1,背面×1
  • センサー:6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度),3軸電子コンパス,GPS(※3G&Wi-Fiモデルのみ。Wi-Fiロケーションサービス対応)
  • 無線通信機能:3G(※3G&WiFi両対応モデルのみ),IEEE 802.11g/n準拠(インフラストラクチャ,アドホック両対応),Bluetooth 2.1+EDR準拠(A2DP/AVRCP/HSP対応)
  • 入出力インタフェース:PlayStation Vitaカードスロット,メモリカードスロット,SIMカードスロット(※3G&WiFiモデルのみ),マルチユース端子(USBデータ通信,本体電源入力,ステレオ音声出力&モノラル音声入力,シリアル入出力兼用),ヘッドフォン&マイク端子(※ステレオミニ),アクセサリ端子
  • 電源:リチウムイオンバッテリーパック(※本体内蔵)
  • アクセスコントロール:未公開
  • 同梱品:未公開
  • 対応サウンドコーデック:MP3,MP4(MPEG-4 AAC),WAVE(リニアPCM)
  • 対応ビデオコーデック:MPEG-4 Simple Profile(AAC),H.264/MPEG-4 AVC Hi/Main/Baseline Profile(AAC)
  • 対応画像フォーマット:JPEG(Exif 2.2.1),TIFF,BMP,GIF,PNG


●PlayStation Vita広報写真集

PS Vita本体 PS Vita本体
PS Vita本体 PS Vita本体
PS Vita本体
PS Vita本体 PS Vita本体
PS Vita本体 PS Vita本体
PS Vita本体 PS Vita本体


#### 以下,リリースより ####

革新的な遊びを実現する
次世代携帯型エンタテインメントシステム
名称を「PlayStation Vita」に決定
希望小売価格
Wi-Fiモデル: 24,980円(税込)/249USドル/249ユーロ
3G/Wi-Fiモデル: 29,980円(税込)/299USドル/299ユーロ
〜新しいゲーム体験とネットワークの活用によるコミュニケーションの拡がりにより、これまでにないインタラクティブなエンタテインメントを実現〜


株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、究極のポータブルエンタテインメント体験を提供する次世代携帯型エンタテインメントシステム(コードネーム:NGP)のプラットフォーム名称を「PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ)」(PS Vita)(PCH-1000シリーズ)に決定いたしました。

PS Vitaは、Wi-Fiモデルと、モバイルネットワーク通信機能に対応した3G/Wi-Fiモデルを用意し、希望小売価格はWi-Fiモデル24,980円(税込)/249USドル/249ユーロ、3G/Wi-Fi対応モデル29,980円(税込)/299USドル/299ユーロにて、2011年末から順次発売いたします。
プラットフォーム名称に採用したラテン語の「Vita」は、「Life」という意味です。エンタテインメントと現実の境界を越え、日々の生活そのものを遊びに変えていきたいという気持ちをこめて、高品質なゲームと現実の体験とが連動するような革新的な遊びを可能にする次世代携帯型エンタテインメントシステムに相応しい名称として決定しました。

PS Vitaは、本体前面のマルチタッチに対応した5インチの美麗な有機ELディスプレイと、本体背面のマルチタッチパッドとを組み合わせて使用することで、ゲームプレイに「触る・つかむ・なぞる・押し出す・引っ張る」といった立体的な感覚を取り込むことができ、PS Vita上で展開されるゲームの世界を直接触る新しい体験が可能になります。また、2つのアナログスティックを本体前面の左右に搭載し、究極のポータブルエンタテインメントシステムに相応しいゲームの操作性を実現しました。SCEは、当社から発売を予定している『GRAVITY DAZE』、『リトルデビアンツ』、『アンチャ―テッド』、『みんなのGOLF NEXT』、『リアリティファイター』、『ハスラーキング』、『モッドネーション』、『ワイプアウト』、『スターストライク』など数々のタイトル※1をはじめ、世界中のソフトウェアメーカー各社様のご協力をいただきながら、PS Vitaならではの魅力を十分に引き出したタイトルの充実を強力に推進し、新たなエンタテインメントの世界を積極的に拡げてまいります。

また、PSPで採用したWi-Fi方式に加えて、PS Vitaは新たに3Gネットワークへのアクセスにも対応、さまざまなアプリケーションとの連動により、ユーザーの皆様は、日常生活の中で他のユーザーの皆様との新たな「出会い」、「つながり」、「発見」、「共有」、「遊び」といった無限の可能性をお楽しみいただけます。ネットワーク機能を活用したアプリケーションとして、SCEは2011年1月27日に、ユーザー本人の現在の位置情報をもとに、周辺にいる他のユーザーが今どのようなゲームを楽しんでいるのか、あるいは、ユーザー本人の足跡をPS Vita上でたどり、同じ場所にいた他のユーザーがどのようなゲームを遊んでいたのかといった情報を入手することができる「near(ニア)」をPS Vitaに標準搭載することを発表しました。
「near」の機能の一つである「ギフト」に対応したゲームでは、位置情報をもとに、ゲームのキャラクターコスチュームや武器、宝物などのアイテムを他のユーザーと共有してお楽しみいただくこともできます。

加えて、新たに開発したアプリケーション「Party(パーティ)」を搭載いたします。ネットワークを通じて複数のユーザー同士でボイスチャットやテキストチャットをお楽しみいただける「Party」は、ゲームの協力/対戦プレイの最中のみならず、別々のゲームを遊びながらでも、あるいはインターネットブラウザーなど他の機能を操作している時でもお使いいただくことができる、携帯型エンタテインメントシステム用としては画期的なアプリケーションです。新しいグループコミュニケーションツールとなる「Party」と、ユーザーの皆様のゲーム情報を時間と距離を超え共有する「near」によって、ネットワーク機能を利用したユーザー同士のインタラクティブコミュニケーションの世界が拡がります。

さらに、本体前面のマルチタッチスクリーンおよび背面のマルチタッチパッドなど、PS Vitaならではの革新的で新しいユーザーインターフェースを全てのユーザーの皆様に使いこなしていただくために、基本操作や機能を学習できるチュートリアルアプリケーション「Welcome Park」を搭載いたします。「WelcomePark」をお使いいただくことで、PS Vitaならではの立体的な感覚を味わえる操作方法を、遊びながら手軽に身に付けていただくことができます。

SCEは、2011年末のPS Vitaの発売に向けて、今後もPS Vitaの魅力を訴求していくとともに、携帯ゲーム機市場のさらなる拡大を強力に推進してまいります。

※1 掲載しているタイトルの一部は仮称です。また、販売するタイトルは国・地域によって異なる場合があります。

参入ゲームソフトウェアメーカー
2011/06/07 現在
(社名五十音・アルファベット順/敬称略)

<日本>
アークシステムワークス株式会社
株式会社アートディンク
アイディアファクトリー株式会社
アイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社
株式会社アクアプラス
株式会社アクワイア
株式会社アスガルド
株式会社アスキー・メディアワークス
株式会社アスペクト
株式会社アリカ
株式会社アルヴィオン
株式会社アルファ・ユニット
イグニッション・エンターテイメント・リミテッド
株式会社イマジカデジタルスケープ
株式会社インデックス (アトラス)
株式会社ヴューズ
株式会社AQインタラクティブ
株式会社SNKプレイモア
株式会社エディア
株式会社エンターブレイン
株式会社オークス
加賀クリエイト株式会社
株式会社ガスト
株式会社角川ゲームス
株式会社角川書店
株式会社カプコン
株式会社ガンバリオン
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
キューエンタテインメント株式会社
株式会社グラスホッパー・マニファクチュア
株式会社クラフト&マイスター
ゲームロフト株式会社
元気株式会社
株式会社コーエーテクモゲームス
コードマスターズ株式会社
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
株式会社サイバーコネクトツー
株式会社サイバーフロント
株式会社サファリゲームズ
サン電子株式会社
システムソフト・アルファー株式会社
株式会社システムプリズマ
ジョルダン株式会社
株式会社シルバースタージャパン
株式会社スクウェア・エニックス
株式会社スターフィッシュ・エスディ
株式会社スパイク
株式会社セガ
株式会社ソニックパワード
株式会社タカラトミー
株式会社チュンソフト
株式会社ディースリー・パブリッシャー
株式会社テイジイエル企画
株式会社ディンプス
株式会社デジタルワークスエンターテインメント
株式会社トーセ
株式会社トライエース
株式会社ドラス
株式会社ナウプロダクション
株式会社日本一ソフトウェア
日本ファルコム株式会社
株式会社パオン
株式会社ハムスター
株式会社バンダイナムコゲームス
ヒューネックス株式会社
株式会社プロトタイプ
株式会社ブロッコリー
株式会社フロム・ソフトウェア
ポリゴンマジック株式会社
株式会社マーベラスエンターテイメント
株式会社毎日コミュニケーションズ
株式会社MAGES.(5pb.)
株式会社メディア・ファイブ
株式会社ユークス
ユービーアイソフト株式会社
株式会社レベルファイブ

計 76 社

<北米>
Activision, Inc.
Capybara Games
“CCP”
Demiurge Studios
Electronic Arts
Epic Games Inc.
Far Sight Studios
Frima
High Voltage Software
Kung Fu Factory
Paramount Digital Entertainment
PopCap Games
Powerhead Games
Rockster Games
THQ
Trendy Entertainment
Ubisoft
Warner Bros. Interactive Entertainment
2K Games
2K Sports

計 20 社

<欧州>
Alawar
Allegorithmic, makers of Substance
Beatnik Games
Beatshpers
Blitz Games Studios
Broadsword Publishing Limited
Catalyst Outsourcing
“CCP”
Climax Studios Ltd
Codemasters
Codeplay
Electronic Arts
Enigma Software Productions, SL
Eurocom Entertainment Software
Eutechnyx Ltd
Exient
Firelight Tech
Fresh3D
FUN labs
Gameloft SA
Gameshastra
Home Entertainment Suppliers PTY Ltd
Honeyslug
Icon Games
Impromptu Software Ltd
Just Add Water Ltd
Kuju Doublesix
Lexis Numerique
Mobile Interactive Group Ltd
Namco Bandai
NaturalMotion
Playerthree Ltd
Rebellion
Rockstar Games
Rubicon Mobile
Sanuk Games
SEGA
Sidhe Interactive
Spinvector
Stainless Games Ltd
StormBASIC Games
Sumo Digital Ltd
Tag Games
Take2
The Game Atelier
THQ
Tonika Games
Trine Entertainment Ltd
Trinigy
Tru Blu Games
Ubisoft Entertainment SA
Umbra
VeeMee
ZAPPAR
Zen Studios Ltd
2K
505 Games

計 57 社

速報記事:SCEプレスカンファレンス速報:NGPの正式名称は,“PlayStation VITA”! VITAでセーブした続きをPS3で遊ぶというデモも実演

Twitter実況用アカウント「4GamerLive」

SCE「PlayStation's E3 Press Conference Live」特設ページ

  • 関連タイトル:

    PS Vita本体

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
82
81
Banished (PC)
2014年01月〜2014年07月