オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/09/19 20:47

イベント

[TGS 2013]植松伸夫氏が自らストーリー/楽曲を手がけた電子書籍「Blik-0 1946」のトークイベントが開催。氏のサイン会はメディアにも大人気!?

植松伸夫氏
 東京ゲームショウ2013の初日となる2013年9月19日,会場近くのホテルにて,電子書籍「Blik-0 1946」の発売を記念したメディア向けのトークイベントが開催された。本作は,「ファイナルファンタジー」シリーズをはじめとした,数々のゲームミュージックを手がける作曲家の植松伸夫氏が,自らストーリーを書き,さらに本作のための楽曲も制作したという,いわゆる電子絵本。イラストを手がけたのは,植松氏率いるドッグイヤー・レコーズの小川洋輝氏だ。

「Blik-0 1946」のジャケット
[TGS 2013]植松伸夫氏が自らストーリー/楽曲を手がけた電子書籍「Blik-0 1946」のトークイベントが開催。氏のサイン会はメディアにも大人気!?
 本作は,人間の心を持ったブリキのロボット「Blik-0(ブリコ)」が,人との交流を通じて怒りや悲しみ,そして愛を知っていくというストーリーを描いた作品だ。
 イベントには,植松氏と小川氏,本作の日本語版を販売するヒットメーカーの北條元彦氏が登場。植松氏によると,最初は自分で物語を書くつもりはなかったのだという。しかし,「Distant Worlds music from FINAL FANTASY」のワールドツアー中,飛行機による移動や夜にホテルで過ごしていたときに,退屈さを感じて少しずつ書き始めたのがきっかけだったと,制作の経緯について語った。

 また,小川氏は本作の制作に参加した経緯について,ある日突然,植松氏から「Blik-0 1946」のストーリーがメールで届き,「さて,Blik-0はどんな形でしょう? 絵で答えなさい」というクイズを出されたのだと,植松氏らしい茶目っ気のあるエピソードを披露して会場の笑いを誘っていた。
 最後に登場した北條氏は,植松氏も小川氏も優しい人柄で夢をたくさん持っており,本作を通じてそうした2人の魅力や,植松氏が大事にしている「心と心のつながり」を伝えたいと,作品への思いを語った。

小川洋輝氏
北條元彦氏

[TGS 2013]植松伸夫氏が自らストーリー/楽曲を手がけた電子書籍「Blik-0 1946」のトークイベントが開催。氏のサイン会はメディアにも大人気!?
 なお,詳細は秘密とのことだが,植松氏によるとすでに次の作品にも取りかかっており,2作品くらいならすぐにできそうとのこと。本作がシリーズ化される可能性は,かなり高いと見てもよさそうだ。

 トークのあとは,植松氏のサイン会が行われ,イベントの参加者が次々と持参したグッズにサインをもらっていた。みんなメディア側の人間のはずなのに,ファン心理丸出しで嬉々として列を成していたということには,触れないでおこう。もちろん,筆者もサインをもらってきた(てへぺろ)。さらに,読者プレゼント用にも植松,小川両氏のサイン入りトートバッグをもらってきたので,「Weekly 4Gamer」のプレゼントコーナーを楽しみにしていてほしい。

トーク終了後のサイン会では,メディア関係者が列を成して,植松氏のサインを求めていた。君たち仕事で来てるんじゃなかったけ?(筆者もか)
[TGS 2013]植松伸夫氏が自らストーリー/楽曲を手がけた電子書籍「Blik-0 1946」のトークイベントが開催。氏のサイン会はメディアにも大人気!? [TGS 2013]植松伸夫氏が自らストーリー/楽曲を手がけた電子書籍「Blik-0 1946」のトークイベントが開催。氏のサイン会はメディアにも大人気!?

 Blik-0 1946は現在,iBooksストアで英語版(iPad専用)が販売されているほか,Kindleストアで日本語版/英語版がそれぞれ販売中だ。ただし,Kindle版には楽曲が収録されていないのでご注意を。iPhone/iPadで読める日本語版「Blik-0 1946」は,音楽が再生できない不具合が発生しているとのことで現在は購入できないが,間もなく修正版の販売が再開される予定だ。

Blik-0 1946 ドッグイヤー・レコーズ

Blik-0 1946をAmazon.co.jpで購入する(Amazonアソシエイト)

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
64
CROSSOUT (PC)
2017年04月〜2017年10月