オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
3DS本体
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
米国連邦裁判所がニンテンドー3DSの卸値の1.82%をロイヤリティとして支払うよう任天堂に命じる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/01/07 19:10

ニュース

米国連邦裁判所がニンテンドー3DSの卸値の1.82%をロイヤリティとして支払うよう任天堂に命じる

 米国の連邦地方裁判所が任天堂に対し,今後ニンテンドー3DSの卸値金額のうち,1.82%をロイヤリティとしてTomita Technologies International(以下,Tomita Technologies)に支払うよう命じていたことが明らかになった。

 これは2013年にTomita Technologiesが起こし,その訴えが認められた裸眼立体視技術の特許侵害裁判に関連するもの。当初Tomita Technologiesはニンテンドー3DS本体1台当たり4.45ドルの支払いを求めていたが,裁判所はニンテンドー3DSに値下げがあった場合にロイヤリティの価値が現時点より高まってしまうことなどを理由にして,ロイヤリティを卸値金額の1.82%とした。

 なお,この特許侵害裁判では,2013年8月に,任天堂がTomita Technologiesへ1510万ドルの損害賠償金を支払うよう命じられている。
  • 関連タイトル:

    3DS本体

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月23日〜11月24日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月