オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ロード・オブ・ダンジョン公式サイトへ
  • ケイブ
  • 発売日:2017/11/28
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
67
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

ロード・オブ・ダンジョン

ロード・オブ・ダンジョン
公式サイト https://lod.cave.co.jp/
発売元 ケイブ
開発元
発売日 2017/11/28
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
67
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • スマホゲーみたいなスマホゲー 50
    • 投稿者:thinging(男性/20代)
    • 投稿日:2017/12/12
    良い点
    ダンジョンと街を育成するというコセンプト
    悪い点
    よくある横戦闘画面
    よくある街育成要素
    よくあるキャラクター強化
    よくあるプレイヤー対戦
    ほぼ機能しないプレイヤー間取引
    膨大な管理項目
    ダンジョン育成の徒労感
    総評
    オープンから二週間ほどガッツリやってみました

    プレイヤーランキング戦のスタートラインは「使える」最高ランクレアを4-5体揃えてから
    戦える構成にするには4-5体を更に同じものを4-5体ずつ揃えて合成強化してから、というスマホゲーの面目躍如みたいな感じですが
    それはまぁスマホゲーなので当然ではあります。5-10万ぐらいでなんとかなると思いますので割と良心的かもしれません

    探索という仕組みでキャラクター十数体を動かす必要があるのですが一括管理をするにはアイテムが必要で
    使わないと一体一体タップして結果を観察する必要があります
    そのアイテムはある程度自動補充されますが使用分にはとても足りませんので十数体のタップ作業に耐えるか課金通貨を投入する必要があります
    まぁスマホゲーなので時間を売る(買う)というのは当然なのですが

    街の育成要素もよくある店舗を候補地においてお金入れてレベルが上がっていくという
    語る必要もない感じなのでそれはまぁいいですそういうもんなのでしょう

    ヤバいのはメインコンテンツ(?)であるダンジョン育成でして
    キャラクターを育成するには大体3種類のダンジョン由来レアアイテムが必要なのですが
    そのうち一つのアイテムを入手する為にはダンジョン進化というレアアイテム1-5種類x10〜30個を投入する行為が必要で
    そのレアアイテム1-5種類を入手する為には1-5のダンジョンを別に用意する必要があります
    その1-5のダンジョンもそれぞれダンジョン進化が必要で1-5のレアアイテム数十個を別に用意する必要があります

    更にダンジョン進化させただけでは大抵のダンジョンは使い物にならないのでダンジョン拡張という行為をする必要がありまして
    このダンジョン拡張には1段階で1-3程度のレアアイテムが10〜30個必要でそれが5-10段階あります
    それらを用意する為に5-10程度のダンジョンを進化・拡張する必要があります

    ここまでやって一種類を入手する手段ができました、あと二種類頑張りましょう!という感じでして
    ちなみにダンジョンの所持可能数は10個ちょっとです。
    この素材を必要とする最前線キャラクターは戦闘で3-5、探索で1-2、配置(ダンジョンでアイテム取ってくる人)で1-2
    デッキ構成を考えたりゲームが進んだりすれば更に更に必要になります
    つまり大半は潰して再構成をする必要があります。拡張や進化に使ったアイテムは戻ってきません

    いえここまではまだやべぇと思いつつもいいかもしれません、じっくりやるのもまたスマホゲーの面白みですから

    ですがこのゲームには「よろず屋」というシステムがあり探索に出たキャラクターがたまに連れて帰ってくるのですが
    入手が極めて困難なダンジョン由来レアアイテムを簡単に10個ずつ売ってくれます。ゲーム内通貨か課金通貨かはランダムですが売ってくれのです
    1のアイテムの為ダンジョンを立ててダンジョンを進化されせる為5のアイテムを用意するため5のダンジョンを立てダンジョンを進化させるためのアイテムを・・・
    それらの手間が一瞬で解決されます

    ダンジョンを作る意味はどこいったんだろう?

    二週間で最高レアのキャラクターを五体不滅(最高ランク一個下)まで育成しましたが
    不滅ランクアップで要求されるダンジョンアイテムを自力入手できたのは十数種類中三種類で数も満たせたのは一つだけでした
    あとは全部よろず屋からの入手でいかに回転良くよろず屋を引いてゲーム内通貨で売られている事を祈りつつ課金通貨だったら文句を言いながら買うという
    なんのゲームなんだという?マークが出てきたところでレビューを書かせていただきました

    現金が必要というのも手間が必要というのも時間がかかるというのもそういうもんだと納得はしますが
    流石にコンセプトいらないです、とまで行ってしまうと苦笑いです

    最初の一週間は楽しかったので80点、よろず屋回転してた時間は10点ぐらいなので間を取って45点
    ゲーム会社(領主)がプレイヤー(冒険者)を呼び込んでお金を稼ぐお話だった、と考えると
    なるほど洒落が効いてるなぁと感心したので+5点
    50点でよろしくお願いします
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 2 3 3
  • 高い作り込みに好感が持てる 85
    • 投稿者:コスモ(男性/40代)
    • 投稿日:2017/12/01
    良い点
    最初こそ、アドベンチャーゲームの導入部のような説明役と主人公の三文芝居が続くが、基本的にまったりとしたマイペース型ダンジョンシミュレーションゲームである。
    戦闘と探索と配置それぞれ専用のキャラがおり、それぞれパーティを作り、エリアを探索させたりダンジョンに配置してアイテムを掘らせたり野良モンスターを捕獲しに戦いに行かせたりする。様々な行動で得た素材や資金、モンスターを用いて町とダンジョンを構築していく。町作り系、内政系のゲームが好きな人で他のプレイヤーから攻められる要素が嫌いな人にはかなりマッチすると思われる。

    ケイブがスマホに移植したアーケードSTGシリーズにもあったが、課金の代わりに広告動画を見る事で獲得できるアイテムがある。回数制限があるが毎日リセットされるのでチリツモにはなる。
    なお、モンスターを捕獲しようとして失敗した際、広告動画を見ると捕獲成功にしてくれるシステムもある。海外製ゲームアプリにはよくある仕様だが、直接課金する以外の手段を用意しているのは好感が持てる。

    声優やキャラデザ等で釣ってガチャを引かせるような仕組みはない。キャラデザは統一だしカットインしてくるメインキャラ達以外ほぼ喋らない。古き良きゲームっぽさがある。

    よくあるパターンだと町やダンジョンをある程度構築、稼働しだしたら放置、また次触った時に回収した資金や素材でまた増築して、の繰り返しが連想されるが、このゲームは触ろうと思えばいつでもいくらでも触れてしまう。そこが「24時間ダンジョンシミュレーションゲーム」と銘打っている部分だと思われるが、このゲームには行動に対する消費物(体力だとかチケットだとか)がほぼないので、探索に行かせたキャラが戻ってくるまでの時間経過を待ってさえいれば戻り次第すぐまた次の探索に出せる。普通ならその1回の探索が数時間、半日、もしくは1日とかかってしまうのだが、このゲームは数分で戻ってくる。探索以外の手入れをしてたらすぐ帰ってきてしまう。なので本当に24時間張り付いていられるならずっとプレイ出来てしまう。これはメリットなのかデメリットなのか各人の判断によると思うが、少なくとも「24時間ダンジョンシミュレーション」という謳いに偽りはない。

    基本的には自分が構築したダンジョンの種類によってどんなアイテムが出てくるのかは固定で決まっているのだが、「噂」というシステムがあり今ここでこういうモノが取れやすいらしいという確率変動的な要素のおかげで普段入手が難しいものでも噂次第では入手しやすくなる。またモンスターにも「HOT!」という要素があり、今冒険者達にこのモンスターが人気だ、という目印が対象モンスターに表示される。これをチェックして配置すればそのダンジョンの売上が上がるという仕組みだ。そういう流動的な相場を動かす要素がありつつ、手持ちのダンジョンだけでは採取出来ないアイテムをオークションやよろず屋(ランダムで登場する)や課金ショップ等でカバーする、というのが大まかな入手方法になる。そのバランス感がしっかりしていて、作り込まれた、テストを重ねた感じがある。
    悪い点
    ◆イン時間が長ければ長いほど優位に立てる、という仕様

    探索を行う素材や資金・モンスター等を得られるメリットがあるが、上記でも述べたとおり探索を出すのに必要なリソースがないので、貼り付けるユーザはいくらでも貼り付ける。なので他ゲームの合間にやろうかな、というライト層は少々キツいかもしれない。ただしこのゲームは全体的に、他ユーザとと競争させる要素が少ないのでそこまで問題ではないとも思う。
    このいくらでもインし続けようと思えば出来てしまう仕様は、やめ時が難しいのでそれがデメリットになる人もいるかもしれない。

    ◆ギルドシステムの存在意義

    レイドボス戦以外のギルド専用コンテンツが今のところない。
    自分の持ちキャラの一人をギルメンやフレンド(このゲームにはフレンドという機能がないが)に貸し出せるシステムもなく、ギルメンだけがアクセス出来る共有のダンジョンやショップもない。ギルドに属することで得られるボーナス的なものもない。
    一応チャットが設置されているが、コミュニケーションを取る必要があるコンテンツが今のところないのであまり使われているように思えない。まだ始まったばかりのゲームなのでこれから色々と企画が用意されているのだろうと期待したい。

    ◆キャラの魅力不足
    良い点の方にも書いたが、今時にありがちなかわいくて露出度が高いキャラが何人も出てきたり、有名声優や絵師を起用したりという事が全くないので、そういうゲームを求めている人には物足りないと思われる。キャラもレア度が変わってもちょっと書き足したり色を変えたぐらいのグラフィックが多く、少し質素過ぎる感がある。ただし全体的なデザインや世界観の統一感はある。

    ◆一部に韓国語の表記が混ざっている。

    ◆「ロード・オブ・ダンジョン」というタイトルが地味すぎる
    総評
    全体的によく出来ているゲームシステムで、ついついプレイ時間が長くなってしまう良作だと思う。
    上記に触れた通りインターフェイスや誘導がうまく機能しておりストレスを感じにくい。
    課金周りのしつこさもない。今のところ課金を要さねばどうにもならないコンテンツは強い課金キャラでPTを固めないといけない「ランキング戦」のみ。これを除けば対人コンテンツがないのでマイペースを貫くことも難しくはない。ランキング戦もリーグ的な段階ツリーになっているので極端に強い相手がいきなり出てくる事も無い。マイペースでのんびり遊ぶ事が十分可能でありつつ、がっつり張り付いてガチに攻めたプレイをしたいという向きにも合う。
    良作だと思うのだが、タイトルも地味でキャラデザや声優を多数多用する仕組みもないのでこれからの集客がなかなか大変だと感じるが、息の長いゲームになるポテンシャルは十分にあると思う。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 4 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月15日〜12月16日