オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
GUNGRAVE VR
  • 発売日:2017年内
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[TGS 2017]「GUNGRAVE VR」開発者セッションをレポート。迫力のガンアクションを楽しめる開発途中版をプレイしてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/09/23 00:00

イベント

[TGS 2017]「GUNGRAVE VR」開発者セッションをレポート。迫力のガンアクションを楽しめる開発途中版をプレイしてみた

 東京ゲームショウ2017の2日めである2017年9月22日,ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは,幕張メッセ近くの会場で,PlayStation VR(以下,PS VR)対応のアクションシューティング「GUNGRAVE VR」の開発者による報道関係者向けセッションを実施した。

GUNGRAVE VR

 このセッションは,韓国のゲームパブリッシャであるBLUSIDEのキム氏が,本作の開発に至る経緯を,開発を担当する韓国のゲームデベロッパであるIGGYMOBのケイ氏が,ゲーム概要を説明するという流れで行われた。本稿では,その概要をレポートしたい。

BLUSIDEのキム氏
IGGYMOBのケイ氏

 本作はもともと,IGGYMOBがレッド・エンタテインメントからライセンスを得て開発していたスマートフォン向けのゲームだったという。
 そのパブリッシングを持ちかけられたBLUESIDEが,「ガングレイヴなら,VRコンテンツとして構築したほうがいい」とアドバイスしたところ,ほんの半年でIGGYMOBは,PS VR用のプロトタイプを作り上げてきたそうだ。しかも,プロトタイプの時点でVR酔いに関する対策が整っていたそうで,驚いたBLUESIDEは,「すぐにパブリッシング契約の締結を決めた」と,キム氏は述べている。
 なお,この開発期間の短さと高い品質を実現できたのは,ソニー・インタラクティブエンタテインメントによる手厚い技術サポートの賜物であったとのこと。

 「巨大な二丁拳銃と,多彩な武装を仕込んだ棺桶で撃ちまくって戦う」というゲームのコンセプトこそ,PlayStation 2用の旧作と同様の本作だが,システムのさまざまな部分が変更されている。その最たるものが,主人公ビヨンド・ザ・グレイヴの操る二丁拳銃「ケルベロス」のオーバーヒートだろう。
 ケルベロスは,弾を連射しすぎてオーバーヒート状態になると発砲できなくなるので,ジャグリングのような「クールダウンアクション」で,適宜冷却していく必要がある。これは,プレイのメリハリを演出するために盛り込んだ要素とのことだ。

GUNGRAVE VR

 ゲームの操作に用いるのは,DUALSHOCK 4とPS VRのヘッドトラッキング機能だ。ガングレイヴのVRコンテンツなら,両手にPlayStation Moveなどを持った二丁拳銃プレイも面白そうだが,腕への負担が大きいこともあり,試行錯誤の結果としてシンプルなDUALSHOCK 4に落ち着いたという。

 GUNGRAVE VRのゲームプレイは,三人称視点のステージと一人称視点のステージという2パターンが存在する。とくに三人称視点のステージは,単に「TPSとして作っていたものをVRに対応させた」というようなものではなく,VRならではの三人称視点モードになっているとのことだ。

GUNGRAVE VR

 新作のプロジェクトには,旧作のスタッフも可能な限り参加しており,たとえば,キャラクターデザインなどを担当した内藤泰弘氏は,イラストのアドバイザー,音楽を担当した今堀恒雄氏は,メインテーマの作曲に携わっているという。
 オリジナルキャストにもこだわり,主人公のグレイヴ役には関 智一さん,ヒロインの浅葱ミカ役にはアニメ版CVを担当した佐久間紅美さんが起用されている。
 そのほかのキャラクターにも,オリジナルキャストを配役したいとのことだが,異国の声優業界は把握しづらいのか難航している様子で,冗談半分ながら出演者からのアプローチを望んでいた。

 プレイヤーキャラクターは,グレイヴのほか,DLCとして新しいキャラクターを追加する予定という。今のところ予定されているのは,九頭文治と浅葱ミカ。時系列的に,文治は死亡しているはずだが,それが本作に登場するということはストーリーにも関係する何らかの秘密があるらしい。

 発売時期は2017年内の予定で,オリジナルが日本発の作品であるため,まず日本で発売するということだ。

GUNGRAVE VR

操作説明の書かれた紙。デモリッション攻撃は2種類に分けられた
GUNGRAVE VR
 セッションの最後には,短時間だがGUNGRAVE VRを試遊できた。開発途中なので,洗練されていない部分は多々見られるが,グラフィックスは綺麗だし,迫力あるガンアクションを楽しめる。ただ,ガングレイヴ“らしさ”であるフィールド上のオブジェクトの破壊には,物足りなさを感じる面がある。また,ヒロインである浅葱ミカのモデルデータは,「もっと可愛くしてくれ!」と開発陣に伝えておいた。

 劇中のグレイヴの眠り(13年)よりも長い,15年という時を経て蘇ったGUNGRAVE VR。手軽かつ爽快な銃撃戦をVRならではの表現で味わえるときを,楽しみに待ちたい。

GUNGRAVE VR GUNGRAVE VR

GUNGRAVE VR GUNGRAVE VR

IGGYMOB 日本語公式Webサイト


4Gamer「東京ゲームショウ2017」記事一覧

  • 関連タイトル:

    GUNGRAVE VR

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月22日〜10月23日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
56
アズールレーン (iPhone)
2017年04月〜2017年10月