オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム」プレイレポート。独特のシステムを主人公・クロエのスキルへと置き換えた「バックトーク」に注目
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/05/07 11:00

プレイレポート

「ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム」プレイレポート。独特のシステムを主人公・クロエのスキルへと置き換えた「バックトーク」に注目

 スクウェア・エニックスは2016年に発売されたアドベンチャーゲーム「ライフ イズ ストレンジ」のスピンオフ作品「ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム」PC / PS4 / Xbox One)を2018年6月7日に発売する。価格は3800円(+税)。

ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

 前作の前日譚を描く「ビフォア ザ ストーム」は,主人公に前作の登場人物であるクロエを据え,新たなゲームシステムを搭載している。本作の日本語版の序盤をプレイする機会に恵まれたので,プレイレポートをお届けしよう。
 なお,ストーリーに関するネタバレはなるべく避けているが,ゲームを紹介するうえで必要な最低限の情報,また前作のストーリーの一部に触れている。

ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

 「ビフォア ザ ストーム」というタイトルのとおり,物語は前作の“あの大嵐”が訪れる3年前が舞台。父親と死に別れ,親友のマックスとも離ればなれになってしまったクロエを中心にアルカディア・ベイの生活が描かれる。
 学校はサボり気味,酒にタバコにドラッグにと,かなり荒れているクロエだが,性格は外向的で頭の回転も早く,気の合う仲間とはうまくやっている様子。オタク気質で芸術家肌のマックスとは正反対で,ある意味,主人公としては非常に正統派のタイプといったところか。「ビフォア ザ ストーム」をプレイすれば,クロエに対する印象が変わるはずだ。

髪を青く染める前のクロエ。前作は男勝りで勝ち気な部分が前面で出てていたが,「ビフォア ザ ストーム」ではかなり可愛い部分も見られる
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

かつての親友・マックスとはSNSでやりとりしているが,クロエに対する返信が少ない。どうやら,かなり忙しいようだ
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

 3年前と言えば,まだクロエがブラックウェル・アカデミーに通っていた頃であり,登場人物の多くは前作で見慣れたメンツが揃っている。クロエの視点で彼らと接触することで,また新しい面が見られるだろう。

前作の登場人物との関わりにも注目だ
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

 なかでも非常に強い存在感を放っているのが,あのレイチェル・アンバーである。ある意味,前作の中心人物でもあった彼女がクロエとどのように出会い,どんな時間を過ごしたのか。2人の関係がじっくりと,ゆっくりと描かれている。クロエがなぜあれほどレイチェルに対してこだわっていたのかも,「ビフォア ザ ストーム」をプレイすることで自ずと明らかになるはずだ。

ふとしたきっかけで出会ったレイチェルとクロエ。共に複雑な事情を抱えている
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

 スクリーンショットを見れば分かるとおり,ゲーム画面の構成やグラフィックスの質感といったところはそれほど変わらない。クロエの肩越しとなる三人称視点で進行し,登場人物と会話をしたり,オブジェクトを調べたりすることでゲームが進行していく。オーソドックスなアドベンチャーゲームとなっている。

ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

 ただし,主人公のクロエにはマックスのような“時間を巻き戻す力”がない。その代わり,天性の議論のセンスを持っている。相手の言葉尻を捉えて,反論するというトークスキルだ。そして,これをゲームシステムとして構築したのが,新要素「バックトーク」である。
 重要な会話シーンが訪れると,画面に砂時計の形をしたタイマーと左右に伸びたゲージ,会話の選択肢が現れる。ゲージは左側がクロエ,右側が相手のものだ。中央のタイマーがなくなる前に正しい選択肢(相手を言い負かす発言)を選ぶと,クロエ側のゲージの丸印が1つ塗り潰され,反対に選択を間違ったり,タイマーが0になったりすると相手側の丸印が塗り潰されていく。

バックトークの画面。中央のタイマーは徐々に減っていく
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

 クロエ側の丸印がすべて塗り潰された状態で,正しい選択肢を選べばクロエの勝利となり,逆の場合は相手の勝利。その結果によって,その後の展開が左右される。
 バックトークに成功すると「相手を論破した」という展開になり,気分的にはかなり爽快。ウィットに富んだ切り返しで相手を圧倒する彼女の姿は,凛々しく映るだろう。

相手側のゲージが短い場合は,選択のミスがほとんど許されない
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

 もちろん,前作を知っている人には説明するまでもないことだが,バックトークの成功は必ずしも「物語の展開における正解」を意味しない。バックトークの結果がどのように展開を左右するのか,それはゲームを進めてみないと分からない。
 単純な選択肢も含め,その後の物語に大きく影響を与えるという点は前作と同様だ。選択肢に対して,正解/不正解の概念がなく,ゲームオーバーも存在しない。「ビフォア ザ ストーム」を初めてプレイするときには,「自分がこれだ」と思ったものを選んでみよう。なお,プレイヤーが重要な選択肢において,何を選んだかはエピソードのクリア後に確認できるようになっている。

巻き戻しができないので,通常の選択肢でもちょっと考えてしまう
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

学校の友人とテーブルトークRPGも遊べる。マイキー(左)と共に,ゲームマスターのステフ(右)が操るモンスターに挑むクロエ
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

クロエの特技はグラフィティ(ラクガキ)。前作の写真撮影と同じく,ちょっとした収集要素になっている
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

 日本語ローカライズの面にも触れておくと,前作同様,主人公のセリフと心の声によって物語が進行するが,もちろん日本語吹き替えに対応している。クロエのバックトークは激しい会話のやりとりとなるが,スラングもうまく日本語化されている。また,マシンガンのように繰り出されるクロエのトークも違和感なく聞き取れた。
 なお,英語の音声/字幕に切り替えることも可能で,リプレイ時に音声を変えて楽しむのもいいだろう。ちなみに英語以外の音声が収録されるのは,日本版だけだそうだ。


 ローカライズの仕様として気になったのは,字幕が段落によって区切られているのではなく,単語の途中であっても改行される点だ。これは前作と同様,字幕のフォントサイズが3段階からフレキシブルに設定可能になっているための仕様とのこと。

心の声のフォントも前作から少し変わった。クロエのキャラクターに合わせたものだ
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

 冒頭に触れたとおり,「ビフォア ザ ストーム」は前作の前日譚であり,前作をプレイしておいたほうが楽しめることは間違いない。現在,PlayStation Storeでは前作と「ビフォア ザ ストーム」がセットになった「Life is Strange コンプリートエピソード」が予約を受け付けている(商品ページ)。こちらの商品は前作が予約完了時点からプレイ可能で,「ビフォア ザ ストーム」も発売日の1週間前からプレイできるというもの。まだ前作をプレイしていないなら断然おすすめしたい。

前作はSFやファンタジーのテイストが強かったが,「ビフォア ザ ストーム」は現実的な展開となる。ただ,一部スピチリチュアルなシーンも
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

 欧米では「ビフォア ザ ストーム」のエピソード全3本が個別に配信されているが,日本語版は全3本にボーナスエピソード「FAREWELL」を加えたパッケージとして発売される。今回,筆者がプレイしたエピソード1はエピローグまでは3時間ほどだったので,全体のボリュームはなかなかのものだろう。

ボーナスエピソード「FAREWELL」。前作の主人公・マックスとなって,クロエとの楽しかった幼少期を体験できる(関連記事
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム


 前作「ライフ イズ ストレンジ」の物語に魅了されたのであれば,それとは一味違う“未来を選択する面白さ”を体験できる「ビフォア ザ ストーム」もプレイすることで,より深く若者達の人生に触れてほしいと思う。

アルカディア・ベイの山々が燃えている。これは何かの前兆か……
ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

「ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

  • 関連タイトル:

    ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

  • 関連タイトル:

    ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月23日〜05月24日