※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.3
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
異色のコラボで新たな可能性が広がる
「とある魔術の電脳戦機」
亙 重郎氏インタビュー
注目作の新情報が明らかになったステージイベント
ドラゴンボール ファイターズ
project one-room(仮)
DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation
新作「アイドルマスター ステラステージ」の実機プレイが初公開
「IM@S GAME SHOW 2017」レポート
スマホ向けの新作が続々登場
ポポロクロイス物語
〜ナルシアの涙と妖精の笛
ソード・アート・オンライン
インテグラル・ファクター
VRの進化形?
VRに匂いをもたらす
「VAQSO VR」
VR HMD+サイクルトレーナーの
「Zwift VR」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
サッカーの練習も指1本? 「とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1100回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/04/11 10:00

連載

サッカーの練習も指1本? 「とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1100回


スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,サッカーの鳥かご練習(最近ではロンドと呼ばれたりする)を題材としたスマートフォン向けアプリ「とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!」iOS / Android)を紹介しよう。

料金形態は基本プレイ無料のアプリ内課金制。アプリ内課金で広告表示をオフにしたり,追加モードを遊べたりする
とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!

「とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!」ダウンロードページ

「とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!」ダウンロードページ


 タイトルからゲームの内容が大体イメージできると思うが,本作は鳥かご練習(ロンド)を続けるというシンプルな作品。プレイヤーは,ボールを持つ選手にタップやスワイプ操作を行うことで「ドリブル」や「パス」の指示を与えられる。ちなみに選手の背後からパス先の場所まですばやくスワイプすると,ボールを浮かせるロブパスが出せる。

 1ステージにつき4ブロックが用意され,各ブロックは3ラウンド制だ。各ラウンドでパスを10回もしくはスルーパスを1回成功させることでブロックを突破できる。

タイトル画面左下のアイコンでチームを選択できるが,異なるのはユニフォームの見た目のみだ
とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!

ステージ選択画面で操作方法を確認できる。ここでフィールドの視点をデフォルトの横から縦に変更することも可能
とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!

序盤のステージはチュートリアルとなっており,プレイの指南を受けられる。なお一時停止すると,BGMのオン/オフや,指マークの表示に関する設定も変更できる
とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!

 パスを回すたびに味方選手の頭に表示される数字がカウントアップし,10に到達すれば「パス10回成功」と判定されてクリアとなる。スルーパスを通した場合でもクリアとなるが,敵チーム選手が複数いるフィールドで成功を狙うのはかなり難しい。

序盤のステージでは敵チームの選手が1人という場合もあるが,このときはスルーパスを決めてもクリアとはならない
とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!

味方チームの選手,敵チームの選手それぞれの数や,フィールドの大きさはラウンドによって異なる。常に最善のパスを意識しよう
とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!

ステージ2まではフィールドに仕切りがあり,ボールが飛び出たり,ドリブルで選手がその先に出たりといったことはできない。ボールは仕切りに衝突すると跳ね返ってくるので,序盤のうちはパスをミスっても問題ない
とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!

ステージ3で仕切りがなくなる。ボールが外に出てしまうと失敗だ。さらにステージ4では,ドリブルによるフィールドアウトも失敗となる
とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!

 先のステージに進んでいくと「ラン トゥ スペース」や「パワーキック」といった要素が加わる。これらはタイトル画面でオン/オフすることもできる。

 ラン トゥ スペースは,ボールを持たない選手をスワイプ操作で移動できるというもので,もう1つのパワーキックは,味方選手のキックスピードがアップするという効果がある。オン/オフのどちらに設定するかはプレイヤー次第だが,個人的には両方ともオンのほうが楽しめる印象だ。

ラン トゥ スペースを活用するとスルーパスを狙って成功させやすい。後半のステージではこのテクニックが使えるかどうかで攻略難度が大きく変わる
とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう! とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!

 パス回しを続けるだけのシンプルなゲームだが,味方選手の位置取りや敵選手の誘導が重要となっており,プレイしてみると意外と奥深いゲームだ。フィールドの見た目があまり変わらないので,その点は残念なところだが,プレイ動画をSNSにアップできるので,ついプレイに身が入ってしまうこと請け合い。

 なお,アプリ内課金で追加される「ハイスピードモード」は,ステージクリアごとに味方選手の動きが速くなっていくというモードだ。興味がある人はこちらにも挑戦してみてほしい。

著者紹介:飛鳥
 おもにゲーム系で活動するフリーライター。基本的に気になったゲームは大体なんでもやる雑食系。好きなゲームジャンルは音楽シミュレーションゲームとアクションゲーム。アニメ,ゲーム,声優好きで美少女とイケメンがいれば生きていけると思っている。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!

  • 関連タイトル:

    とりかご - パス回しの限界に挑戦しよう!

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月23日〜09月24日