オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Project Nimbus公式サイトへ
  • GameTomo
  • 発売日:2014/11/05
  • 価格:1480円(税込)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
京都・みやこめっせで「A 5th of BitSummit」が開幕。会場レポートと注目タイトルを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/05/20 20:20

イベント

京都・みやこめっせで「A 5th of BitSummit」が開幕。会場レポートと注目タイトルを紹介

 京都・みやこめっせにて,2017年5月20〜21日の日程で開催されているインディーズゲームイベント「A 5th of BitSummit」。会場自体は前回の「BitSummit 4th」と同じだが,フロアが2階から1階に移ったことで約1.5倍の広さとなり,今回も国内外から100を超えるタイトルが出展されている。

 本稿では会場の模様を写真と共にお伝えしつつ,筆者の個人的な注目タイトルも合わせて紹介してみたい。

開会セレモニーの様子。京都府のPRキャラでおなじみの「まゆまろ」も駆け付けた

入口右手に展開している任天堂ブース。Nintendo Switchで発売予定のインディーズタイトル11作品がプレイアブル出展されている。出展タイトルの詳細は,公式サイトの「こちら」のページで確認してほしい

入口左手には,PlayStationブースが出展。こちらでは,PS4およびPS Vitaで発売されるインディーズタイトル21作品を試遊できる。出展タイトルの詳細は,PlayStation.Blogの「こちら」のページをチェック!

フロアを変更し,広くなった会場内の様子。フードコーナーや休憩エリアなどもあり,1日たっぷりインディーズゲームを満喫できる

ステージイベントに登壇した,プラチナゲームズの稲葉敦志氏。複数の候補が常にしのぎを削っているゲームメーカーの開発者と違い,自分の力でディレクターの椅子を作り出せるのがインディーシーンの魅力であると切り出した稲葉氏。一方,プロデューサーの役目はディレクターの個性を見極めつつ,二人三脚で良いゲームを作り上げることであり,今後はそうした人材の育成に力を入れていきたいと語った

ゲームフリークからは,「GIGA WRECKER」のディレクターを務めた尾上将之氏(左),プランナーの伊藤博人氏(中央),グラフィックデザイナーの小川一美氏(右)が登壇。GIGA WRECKERの紹介や,開発時のちょっとしたエピソードなどを披露した。4Gamerでは,この三氏にインタビューを行っているので,より詳しく知りたい人はそちらをチェックしてほしい

インティ・クリエイツの會津卓也氏(上段)。当初はニンテンドー3DS向けに開発中で,50%の完成度にあった「ブラスターマスター ゼロ」Switch/3DS)を,わずか2か月でNintendo Switchに移植できた背景には,共通のゲームエンジンを使用しているPC版「蒼き雷霆 ガンヴォルト」の存在があったというエピソードを紹介。また,Nintendo Switch向けの新作として,「マイティガンヴォルト バースト」と「蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック」の2タイトルを発表した(関連記事)。この2タイトルは,インティ・クリエイツブースで試遊が可能だ(下段)

「A 5th of BitSummit」公式サイト



旋光の輪舞2



 2017年9月7日の発売が発表されたばかりの「旋光の輪舞2」PC/PS4)が,さっそくプレイアブル出展。ユーザーがプレイできる初めての機会ということで,来場者が次々と足を止めていた。


「旋光の輪舞2」公式サイト



「シルバー事件25区」PCコンバート版



 「シルバー事件」の続編として,携帯アプリで登場した「シルバー事件25区」のリメイクが決定。そのPCコンバート版がプレイアブル出展されている。また会場では,PS4版「シルバー事件」HDリマスターの国内発売が決定したことも合わせて発表された。

「シルバー事件」公式サイト



Eden Obscura



 キュー・ゲームスの新作「Eden Obscura」。PixelJunkシリーズ初のスマホゲームで,スマホのカメラで取り込んだ画像をリアルタイムでゲーム画面の背景として透過させるという,クリエイティブ・プロデューサーBaiyon氏独自のセンスを活かした作品。万華鏡のような変化を見せる美しいゲーム画面は一見の価値あり。


キュー・ゲームス公式サイト



あめのふるほし



 「ひとりぼっち惑星」iOS/Android)で注目を集めたところにょり氏の新作となるのが,この「あめのふるほし」。雨の日にだけ動けるメカを使って惑星の上を移動しつつ,壊れたメカから“遺言”を拾っていく。ほかのプレイヤーと遺言のやり取りができるとのことで,今回も独特のしんみりとした世界観を味わえる作品になりそうだ。

ところにょり公式ブログ



グノーシア(GNOSIA)



 「メゾン・ド・魔王」で知られるプチデポットの最新作「グノーシア(GNOSIA)」。漂流する宇宙船内に紛れ込んだ未知の敵“グノーシア”を暴き出すという,人狼ベースのアドベンチャーゲーム。1回15分ほどのプレイで終わり,周回することで主人公のパラメータが上がって,より的確な指摘ができるようになるといった,RPG的な要素も用意されているとのこと。

「グノーシア(GNOSIA)」公式サイト



Earth Atlantis



 Pixel Perfexが開発中の横スクロールSTG「Earth Atlantis」。古いスケッチ画を思わせるセピア調のアートスタイルが大きな特徴で,陸地の大部分が水没した世界を潜水艦で冒険しつつ,巨大モンスターを退治していく。


Pixel Perfex公式サイト



Sundered



 「Jotun」の開発元として知られる,カナダのThunder Lotus Gamesが開発中の横スクロールアクション「Sundered」PC/PS4)の日本語版がプレイアブルで出展。手描きアートを前面に押し出した美麗なグラフィックスと,激しいアクションが楽しめる。


「Sundered」公式サイト



Iconoclasts



 ハイクオリティな2Dアクション「Noitu Love 2: Devolution」の作者として知られる,Joakim Sandberg氏の最新作。ソロ開発者である氏が7年を費やして開発中の力作で,細部までこだわった圧巻のドットワークは本作でも健在。会場では日本語版がプレイアブルで展示されており,今から完成が待ち遠しい。


「Iconoclasts」公式サイト



Stifled



 シンガポールのGattai Gamesが開発中の,VR対応ステルスアドベンチャー。漆黒の世界を,音の反響で周囲の状況を知る「エコーロケーション」を利用して探りながら進んでいくという内容だが,音を出すとクリーチャーの注意を引いてしまう。真っ暗闇の中を手探りで進んでいく感覚がとにかく怖い!


「Stifled」公式サイト



ピーポーパニック!



 床の上に投影したゲーム画面に,釣り竿型コントローラに吊るしたUFOをかざして,地上にいる人間達を捕まえるというパーティーゲーム。ビルや乗り物などを吸い込む(?)ことで,より多くの人間をいっぺんに捕獲できる。誰でもすぐに遊べる分かりやすい内容で,多くの来場者で賑わっていた。これは楽しい!


「ピーポーパニック!」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Project Nimbus

  • 関連タイトル:

    旋光の輪舞2

  • 関連タイトル:

    旋光の輪舞2

  • 関連タイトル:

    シルバー事件

  • 関連タイトル:

    シルバー2425

  • 関連タイトル:

    ひとりぼっち惑星

  • 関連タイトル:

    ひとりぼっち惑星

  • 関連タイトル:

    Sundered

  • 関連タイトル:

    Sundered

  • 関連タイトル:

    ブラスターマスター ゼロ

  • 関連タイトル:

    ブラスターマスター ゼロ

  • 関連タイトル:

    蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

  • 関連タイトル:

    マイティガンヴォルト バースト

  • 関連タイトル:

    マイティガンヴォルト バースト

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月27日〜05月28日