オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Nom Nom Galaxy公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
国内外から117の開発チームが集結! 「BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-」の会場レポートをお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/03/07 20:51

イベント

国内外から117の開発チームが集結! 「BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-」の会場レポートをお届け

 京都・みやこめっせにて,本日(2014年3月7日)から3月9日まで開催されているインディーズゲームイベント「BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-」。今年で2回目となるBitSummitには,国内外から117の開発チームが参加。3月8,9日にはパブリックデイ(一般公開日)が設けられるなど,規模を大幅に拡大している。本稿では,その初日であるメディアデイの様子を写真と共にお伝えしよう。

会場となる,みやこめっせ
Nom Nom Galaxy
会場内の様子
Nom Nom Galaxy Nom Nom Galaxy

開会の挨拶に立った,京都府副知事 山下晃正氏(左)と,トーセ 代表取締役社長 齋藤 茂氏(右)

 会場には数多くの個性的なゲームが出展されており,その一つ一つをじっくりチェックしていけば,丸一日たっぷり楽しめる。ここではその中から10本をピックアップして紹介するので,パブリックデイに会場に足を運ぶ予定の人はぜひ参考にしてほしい。

稲船敬二氏がエグゼクティブプロデューサー/アクション監修として参加している,インティ・クリエイツのニンテンドー3DSダウンロードソフト「蒼き雷霆 ガンヴォルト」(関連記事)。会場ではさっそくプレイアブルで展示されている

3月14日からSteamでアーリーアクセス版が配信される,キュー・ゲームスの「PixelJunk nom nom GALAXY」(関連記事)も,α版がプレイアブル出展

メガドライブの名作ロボットアクション「重装機兵レイノス」を,ドラキューがPlayStation 4向けにフルリメイク。2014年の発売が予定されており,こちらはPlayStationコーナーにも出展されている

Onion Gamesの「Million Onion Hotel」。ゲームジャンルはいわゆるアクションパズルに分類されるが,木村祥朗氏曰く,本作のテーマは“パズル&ポエム”とのこと。会場ではそんな本作を一足早く体験できる。ゲームはiOS向けアプリとして,2014年に配信予定だ

モンケンチームの「モンケン」は,鉄球で建物を破壊して中にいる人を救出するという,なかなかぶっ飛んだコンセプトの作品。飯田和敏氏によると,2014年春(つまりもうすぐ!)に,PC版が無料で公開される予定。また,スマートフォン版もリリースされるほか,ピグミースタジオが本作と石器時代をマッシュアップした家庭用ゲームの準備を進めているとのこと。デストローイ!

Macで人気を博したイタチョコシステムの名作(迷作?)「野犬ロデム」が,PlayStaion Mobile向けゲーム「野犬のロデム」となってピグミースタジオから再登場。捨て犬のロデムとなって生活するという一種のサバイバルゲームで,高い自由度がウリの一つ。イタチョコシステムのラショウ氏にとって,実に26年ぶりの家庭用ゲームなのだとか

Kickstarterで目標金額の20万ドルを達成した,NIGOROの「LA-MULANA 2」も,もちろんプレイアブル展示。お隣のピグミースタジオのコーナーでは,PS Vita版「LA-MULANA」の試遊もできる。どちらも楽しみだ

コアゲームスが2014年3月下旬に配信予定のiOS向けアプリ「街コロ」。モチーフになった同名のアナログゲームに,街づくりの要素を組み合わせた作品で,街を発展させることでゲームを有利に戦える

Mutations Studioの「WORLD WAR TITAN FRONT LINE(仮)」(iOS/Android)は,3か国に分かれたプレイヤー同士が自勢力の巨人を率いて対戦するというMOBA系リアルタイムストラテジー。独特の雰囲気がある巨人のデザインが魅力的で,2014年春に配信が予定されている

最後に紹介するFunktronic Labsの「NOVA-111」は,ローグライクのようなターンベースの戦闘に,落下するツララなどといったリアルタイムのギミックを組み合わせた作品だ。2014年に,PC/Mac/Linuxで発売予定。その個性的なゲーム性については,下に掲載したムービーを合わせてチェックしてほしい


 会場には,このほかにもまだまだたくさんのゲームが出展されており,その多くを実際に試遊できる。開発者に直に感想を伝えたり,質問をぶつけたりするまたとない機会でもあるので,近郊にお住いの人はぜひ会場に足を運んでみよう。
  • 関連タイトル:

    Nom Nom Galaxy

  • 関連タイトル:

    蒼き雷霆 ガンヴォルト

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年01月〜2017年07月