オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
攻殻機動隊S.A.C. ONLINE公式サイトへ
読者の評価
50
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

攻殻機動隊S.A.C. ONLINE

攻殻機動隊S.A.C. ONLINE
公式サイト http://sac.nexon.co.jp/
発売元 ネクソン
開発元 Neople
発売日 2016/11/30
価格 基本プレイ無料
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
50
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 攻殻ファンすらやる意義が無いゲーム 5
    • 投稿者:rossomen109(男性/20代)
    • 投稿日:2017/07/30
    良い点
    ●無料FPSには珍しいスポーツ系の挙動
    操作性はそれなりに良く、全体的にキビキビと動いてくれる

    ●一部のマップを除けばマップバランスは良い
    「一部」が悪いだけなのでそれに目を瞑れば及第点
    しかしそれを入れて評価するとなると、プラスマイナス0といった出来

    ●課金が戦力に一切結びつかない
    開発がP2Wにしないと断言しただけはあり、今のところ課金によって生じる絶対的な性能差といったものは一切存在しない
    武器も無課金で永久品を購入できるので、いったいどこで儲けを出すつもりなのか心配になるレベル

    一応、課金をすればキャラクターのチップセットを最初から全部使えるようになるので、そういった意味ではスタート時は課金者が少々有利となっている
    しかしそのチップセットもゲームプレイによって順次アンロックされていく為、無課金でもすぐ課金者に追いつける

    ●武器アタッチメントを弄るのが楽しい
    ある程度のテンプレ的なものはあれど、お気に入りの武器をカスタマイズするのはとても楽しい
    種別によってはメリットとデメリットがある為に能力の取捨選択が要求され、非常に細かな武器の挙動変化を楽しむことも出来る

    ●武器の試射が無制限に出来る
    未購入の武器に、未購入のアタッチメントを装着して自由に試射ができる
    買ってみてからのお楽しみというわけではなく、事前に武器の挙動を調べることが出来、更にはカスタマイズ後の挙動まで知れるというのは非常に良心的

    ●スキルによってチートのような能力を使う事が出来る
    所謂加速やWHといった能力を公式に使う事ができる
    これらのスキルによってゲーム全体が攻撃的なバランスになっており、「有利ポジションでのガン待ち」という定石を簡単に崩すことが可能
    スキルによってFPSが上手でないプレイヤーにも活躍の場が与えられているのは評価すべき点
    ただし、後述するようにキャラバランスが非常に悪いので手放しで評価点とすることは出来ない
    悪い点
    ●スキルバランスが大味
    前述のボーマを抜きにしてスキルバランスを考えても、かなり大味な調整がされている
    スキルのぶつけ合いと表現できる局面も多く、純粋な撃ち合いよりもお祭りゲーに近い状況が多め
    これは間口の広さとも受け取れるが、逆を言えば練度の高いプレイヤーにとってはチート使いたい放題という状況に他ならない為、弱いプレイヤーにチャンスこそあれど強いプレイヤーにとっては無双状態というバランスを生んでしまっている

    ●キャラバランスが崩壊しており、ゲームが成立しない
    2ndDiveというアップデート以前も「素子」というキャラクターが頭一つ抜けていたのだが、こちらについては割愛する

    現在は「ボーマ」というキャラクターによって撃ち合いそのものが成立しない状態になっている
    このキャラクターは最大HPを増やした上でHPを自動回復するスキルを持っているのだが、その上昇幅と回復速度が凄まじい為に「使えば一方的に撃ち勝てる」という状態になっている
    一応HSを数回出せばボーマを倒すことは可能なのだが、ボーマ側とてHSを狙ってくるのは当然であり「ボーマを倒すのに必要なHS回数>その他キャラを倒すのに必要なHS回数」となっている為に互いの技術レベルが高ければ高い程ボーマ側が有利になってしまう
    このスキルを使われたら一度退いて交戦を避ける必要があるが、そうすることで敵側に有利ポジションや爆破ポイントといった重要拠点を明け渡してしまう事に繋がるのは言うまでもない

    またこのスキルは「スキルシンク」というシステムで味方にスキル効果を配ることが出来る
    これによって足が速いキャラが高い耐久力を手に入れてしまい、逃げようにも逃げ切れなくなる
    当然ながら撃ち合いを挑めば必要HS回数で差がある為に一方的に撃ち負ける事になり、どうやっても対処不能

    奪われたポイントを取り返そうにも、スキルはTier1とTier2という物で使用制限が独立している為に、Tier2でスキルシンクをして戦力を増強したボーマがポイント奪取後にTier1を使用して迎撃態勢を整えるといった芸当も可能となっている
    Tier1ではHPの最大値こそ上がらないが回復速度は早めである為、やはり撃ち合いでは無類の強さを誇っている
    単純に効果中は滅多に死ななくなる為、他のキャラがスキルを使用してやり過ごそうとしても根本的な解決に至らない場合も多い

    ボーマを使われた際には同じボーマを使う事で何とかなるが、突き詰めると常にミラーマッチに近い構成を余儀なくされるので一部キャラ(具体的にはボーマ・素子)以外を選択する意味がなくなってしまう
    元々は攻殻機動隊というブランドに惹かれた社会人が多かった為に民度はそこそこで、ある程度自重が出来ているユーザーが多いのが救いだった
    しかし当然ながら「勝てればそれでいい」といったプレイヤーも存在し、そういったプレイヤーがボーマを使ってワンサイドゲームを展開する事がしばしばある
    少なくともボーマは開発側が用意した立派な「仕様」である為に、ボーマを使うユーザーを咎める手段は無く回避不能
    こういった心無いプレイヤーによって人口は減少し続け、今ではかなり過疎ってしまっている

    ●現状ではワンサイドゲームが発生しやすい
    前述のボーマによるゲーム崩壊とは別に、過疎化によるユーザーの二極化が発生している
    中間層に位置するプレイヤーの多くが、キャラバランスの悪さやボーマを使うプレイヤーの為にほぼ引退してしまっている
    この為、初級者の中に少数の上級者が混じるという場面が多発しており、上級者がいるチームが一方的なゲームメイクを行ってゲームが終わることが非常に多い
    ここにボーマを使うユーザーが混じる事もある為、場合によってはより悲惨なゲームが展開される事もある

    ●PTマッチングが機能していない
    これは技術的な問題ではなく、現在の過疎化に伴って出て来た問題
    PTを組んだプレイヤーはPTを組んでいるプレイヤーと優先的にマッチングされるように配慮がされているのだが、プレイヤーが減った今では埋め合わせのためにソロプレイヤーとPTが鉢合わせする機会が多くなっている
    このゲームは6vs6のルールでPTの上限人数は5人である為、ソロとPTではPTが圧倒的に有利になっている
    プレイヤー減少に伴ってそのPTとソロプレイヤーがかち合うのだから、ソロプレイヤーは不利な状況を強要されがち

    PTを組んでいるプレイヤーは仕様通りに遊んでいるだけなので、こちらを責めるのはお門違いである
    しかしソロプレイヤーとてやはり仕様通りに遊んでいるだけなので、こちらを責めるのもお門違いである
    責任は杜撰なバランス調整を行った開発にあるというのはもちろんだが、そのバランスを利用して過疎を進行させた一部のプレイヤーにも少なからず責任はあると言える

    ●ユーザーインターフェースが使い辛い
    メイン画面におけるUIがやや使い辛い
    武器の購入がキャラクター画面からしか出来ないのに、ショップという項目がデカデカと表示されている等のチグハグな部分が散見される
    総評
    ゲームそのもののコンセプトは悪くなく、しっかりと調整がされていれば長く遊べるFPSに成り得た作品
    その攻撃的なバランスとスピーディなゲーム展開は、他の無料FPSには見られない大きな特徴である

    全ては開発の調整能力不足による結果ではあるが、そこに周囲を省みないプレイヤーが合わさる事で過疎が進行した典型的な失敗例であると言える
    こういった前例はいくらでもあるので、そういった作品に学ぶことが出来なかった例と言う事も出来る
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 1 1 1 2
  • 悪くはないけど… 80
    • 投稿者:MEWMEW(男性/10代)
    • 投稿日:2017/05/15
    良い点
    UIや戦闘中の画面などの作り込みは高くて、攻殻機動隊をイメージできるサイバーパンクな仕上がりになってました。
    あまり腕が良くなくてもスキルを使えば一発逆転やジャイアントキリングも可能なところは非常に素晴らしいシステムだと感じました。
    武器は全てゲーム内マネーで購入でき、きちんとプレイすればちゃんと全ての武器をアンロック出来、課金で手に入れた武器があからさまに強い、なんてこともありません
    悪い点
    カスタムマッチサーバーで、しかも部屋にパスワードを設定していてもアチーブメントやKDの記録がついてしまうため、いくらでもKDやアチーブメントの談合、自演が可能なところ
    攻殻機動隊というタイトルもののゲームではあるが、実際のところゲーム内容にストーリー性が皆無といっていいほどない
    そもそも人が少ない

    総評
    何かが足りない感じです。
    個人的には、ストーリーだと思います
    攻殻機動隊というビッグタイトルを引っさげたゲームですがその割にはゲームにストーリー性がなく、根本的なところは既出のFPSゲームと同じような内容です
    UIやマップの高い作り込みもこの内容では逆に薄っぺらささえ感じてしまいます
    サービス開始当初から人数も大きく増えることはなく、自分もなんとなく、辞めてしまいました
    しかしながら、純粋にFPSゲームとしてみればスキル特性やマップの完成度など競技性が非常に高く感じますし、或いは競技性が高いためにあえてストーリーを作りこまなかったのかもしれません
    また、本当に足りないのはストーリーなのかといわれればはっきりとそう言えない部分もあり、非常に歯切れの悪いレビューになってしまいました
    けしてつまらないゲームではないけれどもなにかたりない、NEXONらしいゲームだと思います

    あからさまな課金有利や異常な程低い民度、といったオンラインゲームにありがちなこともないので、なにはともかく一度プレーしてみるのをおすすめします


    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 3 3
  • 今年が限界かな 30
    • 投稿者:サンタ(男性/30代)
    • 投稿日:2017/03/25
    良い点
    ・他のFPSに無いスキル
    ・無課金でも長くプレイすることで全ての武器を使用可能
    悪い点
    ・チーターは多数いるが運営は放置
    ・武器の性能差が致命的
    ・他のゲームと同じ遊び尽くされたルール
    総評
    今年で終わりそうなゲームです。
    人口が少なくゲームにならないことや同じプレイヤーとしか戦えません。
    チーターが野放しなので、新規も増えずサービス終了も時間の問題です。
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 1 2 1
  • 懐古厨向けゲームかと思っていたら 70
    • 投稿者:RONRON(男性/20代)
    • 投稿日:2017/03/09
    良い点
    ・グラフィックや演出が原作の世界観にあっている
    ・キャラクタースキルでプレイヤースキルをカバー出来る
    悪い点
    ・強いスキルを使えば良いという風潮
    ・ゴチャゴチャしてストレスがたまる
    総評
    攻殻機動隊を知っているおっさん向けのゲームかと思っていたがプレイすると、最近の流行りを取り入れたゲームシステムになっていて中々面白いと思う。原作好きならキャラクターの作り込みや演出などにテンションがあがるのではないだろうか。同時期に公開されたFPSとは違い、キャラクターごとにスキルがあるため、FPSが下手でもスキルを使って敵を倒したり出来るところはオーバーウォッチのようでとっつきやすい。

    スキルがあることで強いスキルを使っておけば良いという感じなる。オーバーウォッチのようにスキルを頻繁に調整してもいいと思う。またキレイな演出が見れる半面全体的にゴチャゴチャした感じで、私はあんまり好みではなかった。近距離の混戦のようなシチュエーションが好きであれば問題ないと思う。
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 3 3
  • 丁寧には作ってある。だが、ゲームモードに魅力がない。 65
    • 投稿者:タケシ(男性/20代)
    • 投稿日:2017/01/12
    良い点
    〇低く見積もっても、他社の基本無料FPS並みにMAP構成や武器バランスが良い。
    開けた道が多すぎてスナ有利や、特定の武器が強すぎて試合にならないなど、バランスが偏っていると感じる部分は少ない。
    なので初期から持っている武器を少し改造+安い値段で購入できるアンロック武器を使うだけで割と戦える。

    〇スキル
    このゲーム最大の特徴としては、各キャラクターのスキルを使って戦いを有利にできるところにある。
    例えば、草薙素子は半透明になれたり、サイトーは、敵の位置を特定できるなど便利な機能がある。また特殊能力系は、他のチームメイトと共有することもできるので、"仲間と一緒に半透明状態になって突撃!"なんてこともできる。
    とは言え、スキルは頻繁に使用することができないので、その点のバランスもいい感じにまとまっている。
    悪い点
    〇ルールが他社のFPSで散々遊んだモードしかない。

    このゲーム最大の問題点がここです。

    このゲームのモードは、チームデスマッチ・爆破(このゲームではデモリッションと呼んでいる)・コンクエストの3種類。基本無料FPSを少しプレイした人なら察しが付くだろう。
    そして実際やってみると、やっぱりいつものアレなんです。
    「このゲームがFPS初めてなんです。」という人なら新鮮だろうけど、過去に遊んだことのあるプレイヤーなら飽きちゃう。
    せっかく攻殻機動隊S.A.Cを題材にした作品なのだから、例えば要人警護や電脳ハックできるモードがあるといいけど…。難しいかな。

    〇ゲームを始めて最初のころは、アンロックできるキャラが少ない
    最初のキャラ選択をしくじると階級が低い序盤は苦労する。例えばイシカワのような設置系のキャラは、マップ構成を理解していないと能力を十分に生かせないので最初に選ぶと辛い。(決してイシカワが弱いと言っているわけではない)
    僕が思うに、序盤は草薙素子やサイトーのような特殊能力系が安定しているとは思うが、そういう導線がなかったのは不親切かなと思う。

    〇チュートリアルが不親切
    基本的な操作はチュートリアルであるのだが、爆破やコンクエストのルール説明や爆弾設置方法・解除方法などがない。
    なので、せっかく敵を全滅したのにも関わらず爆弾を解除しない(解除の仕方がわからないのだろう)プレイヤーに遭遇したことが何度かある。
    端的に言えば、"FPS未経験者なんて知らないよ"という作りになっている。こういう原作アニメのあるゲームは様々な人が注目している。だからこそ!最初の部分は丁寧に説明したほうがいいのに、もったいないと思う。
    総評
    決して悪い出来のゲームではないです。バランスもまずまずです。だけどそれだけでは駄目なんです。他社と違う独自性がゲームモードにないと、このゲームは生き残れないと思います。


    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 3 2 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月22日〜11月23日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月