オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/03/22 00:00

イベント

「これでダメならソーシャルゲームは諦める」とレベルファイブ 日野晃博氏が語った。「グリー×レベルファイブ共同発表会」レポート

二ノ国 大冒険モンスターズ
 2012年3月21日,グリーとレベルファイブは,東京都内で「グリー×レベルファイブ共同発表会」を開催。両社が提携し,共同でモバイル端末向けにソーシャルゲームのサービスを提供していくことをアナウンスした。速報としてお届けしているとおり,GREE向けタイトルとして,「二ノ国 大冒険モンスターズ」「イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!(仮)」「ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)」の3タイトルの準備が進められていることが明らかになっている。

 共同発表会に登壇したグリー 代表取締役社長 田中良和氏は,コンシューマゲーム機において,レベルファイブがメディアミックス展開で確立してきた実績を高く評価し,今後の世界展開にふさわしい,素晴らしいコンテンツであると語る。そこに,これまでグリーが培ってきたノウハウを投入することで,新たな面白いゲームを作っていきたいという。

 レベルファイブ 代表取締役社長/CEO 日野晃博氏は,「今回のグリーとの提携は,非常に大きな意義があるものだ」と言う。さらに,プレイヤーが楽しんでいるという実態があるならば,モバイル端末向けのソーシャルゲームもまたゲームであり,コンシューマゲームと分け隔てる必要はないとの自論を示した。
 今回の提携にあたって,日野氏は,田中氏のゲームに対する理解の深さを実感したそうで,グリーのノウハウを借り,ゲーム業界の変化に対応しつつ,大きな存在感を示したいと述べている。

グリー 代表取締役社長 田中良和氏
レベルファイブ 代表取締役社長/CEO 日野晃博氏

 冒頭で述べたとおり,日野氏は,グリーとレベルファイブによるコラボレーションとして3つのタイトルを準備していることをアナウンス。レベルファイブがモバイル向けタイトルを手がける際に,これまではデベロッパ任せになってしまうケースが多かったが,GREEで提供していくタイトルでは強力なIPを投入し,自社のDNAが色濃く出た内容にしていくと意気込みを語っている。

レベルファイブ 執行役員 本村 健氏
 その第一弾となる二ノ国 大冒険モンスターズのプレゼンテーションは,レベルファイブ 執行役員 本村 健氏によって行われた。このタイトルは,レベルファイブがリリースした「二ノ国 漆黒の魔導士」および「二ノ国 白き聖灰の女王」をベースにしたソーシャルゲームだ。プレイヤー自身が主人公となるカードバトルRPGで,イマージェン(命ある生き物の心から生まれた幻獣)のカードを収集するクエストや,ほかのプレイヤーと協力して強力なボスを倒すレイドバトルが用意されているとのことだ。

二ノ国 大冒険モンスターズ

二ノ国 大冒険モンスターズ
二ノ国 大冒険モンスターズ 二ノ国 大冒険モンスターズ

二ノ国 大冒険モンスターズ
 収集したカードの裏には,二ノ国の住人が封じ込められており,バトルでは,彼らの持つ能力を使うことも可能だ。住人の種類によってさまざまな効果が得られ,なかには大きな効果を持つ賢者といったレアなカードもあるという。そのほか,カードを組み合わせることでバトル中に必殺技を繰り出せたり,ボスの弱点を予想したりといった細かい要素が随所に盛り込まれているとのこと。
 なお,二ノ国 大冒険モンスターズのサービス開始は2012年4月に予定されているが,すでに会員登録ができるようになっている(関連記事)

二ノ国 大冒険モンスターズ

 イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!(仮)とダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)については,「イナズマイレブン」シリーズと「ダンボール戦記」シリーズそれぞれの流れを汲むものという説明がされている。両者とも低年齢層に支持されてきたタイトルであり,ソーシャルゲームとしてリリースするにあたって誰でも気軽にプレイできるようにするという。また,低年齢層だけでなく,大人にも訴求できるような高級感をアクセントにしたいと語っている。

 イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!(仮)は,プレイヤーがサッカーチームのオーナーとなって選手のカードを収集し,自分のサッカーチームを育成していくゲームだ。開始直後は無名の選手しかいないが,ほかのプレイヤーやNPCと対戦していくうちに,イナズマイレブンシリーズでおなじみの人気キャラクターが登場するようになるという。ソーシャルゲームに合った世界観で,大人がプレイしても楽しめる新しいイナズマイレブンになるとのことだ。

二ノ国 大冒険モンスターズ

 一方で,ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)は,どういったゲームになるかまだ確定していないそうだ。「今後,内容が変わる可能性がある」と前置きしたうえで,大人がプレイしてもおかしくないような高級感のあるビジュアルであることや,パーツを集めて自分だけの機体を作り対戦するような内容を目指しているとされている。

二ノ国 大冒険モンスターズ

グリー 執行役員 マーケティング事業本部長 小竹讃久氏
 そのほか発表会では,グリー 執行役員 マーケティング事業本部長 小竹讃久氏が登壇し,GREE Platformの会員数が全世界で約1.9億人であるとともに,そのうち約15%が日本の会員であることも発表されている。グリーでは,「GREE Platform」「OpenFeint Platform」とを用いて,双方のノウハウを活用した新たなグローバルプラットフォーム展開を進めており,14か国語でのサービスおよび,日本/欧州/アジア諸国のデベロッパが開発したタイトルを順次提供していくという。

二ノ国 大冒険モンスターズ 二ノ国 大冒険モンスターズ
二ノ国 大冒険モンスターズ 二ノ国 大冒険モンスターズ

 小竹氏はグローバルプラットフォーム事業を続けていくうえで,コンテンツこそが重要と述べる。そのなかで,レベルファイブのコンテンツは,年代や性別を超えて幅広い層にアピールできるものだという。
 今回の提携により,日本を含めた世界中のゲームプレイヤーにクオリティの高いコンテンツを届けられることがグリーにとって非常に喜ばしいと小竹氏は語る。
 さらに氏は,レベルファイブが得意とするグッズや映像への展開を,単なるメディアミックスに留まらない“トータルプロデュース力”と表現し,これからの世界展開において大きな力になるだろうと期待を述べた。

二ノ国 大冒険モンスターズ 二ノ国 大冒険モンスターズ
二ノ国 大冒険モンスターズ 二ノ国 大冒険モンスターズ

 最後に日野氏は,今回発表した3タイトルを従来シリーズと同じく自身の“直轄タイトル”としてディレクションしていると述べ,そのうえで,「グリーさんの協力を得ても成功できないようなら,僕らはモバイルのソーシャルゲームに向いていないとして諦める」と発言。あらためてレベルファイブが本気でグリーとの提携に取り組むことを宣言し,共同発表会を締めくくった。

  • 関連タイトル:

    二ノ国 大冒険モンスターズ

  • 関連タイトル:

    二ノ国 大冒険モンスターズ

  • 関連タイトル:

    二ノ国 大冒険モンスターズ

  • 関連タイトル:

    ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)

  • 関連タイトル:

    ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)

  • 関連タイトル:

    イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!(仮)

  • 関連タイトル:

    イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!

  • 関連タイトル:

    イナズマイレブン・アツメヨーゼ!!(仮)

  • 関連タイトル:

    ダンボール戦機 ハイグレードカスタム(仮)

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月26日〜03月27日