オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
世界樹の迷宮IV 伝承の巨神公式サイトへ
  • アトラス
  • 発売日:2012/07/05
  • 価格:6279円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
79
投稿数:6
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

世界樹の迷宮IV 伝承の巨神

世界樹の迷宮IV  伝承の巨神
公式サイト http://sq4.atlusnet.jp/
発売元 アトラス
開発元
発売日 2012/07/05
価格 6279円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
79
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 凄く面白い。次回作も期待! 80
    • 投稿者:みみ(女性/20代)
    • 投稿日:2012/12/17
    良い点
    ・小迷宮がたくさんあり寄り道が豊富。
    ・初心者向けにカジュアルモードがある。
    ・職種がたくさんある。
    ・自分で地図を描くのは楽しさ。
    ・モンスターの素材を売ることで武具を作成。(整理しなくてよい)
    悪い点
    ・強い敵が多く配置されている。
    ・死ぬとタイトル画面(カジュアルだと免除)
    ・めんどくさいダンジョン。
    総評
    初めての世界樹の迷宮です。

    戦闘は昔のドラクエみたいで敵だけ見えている状態です。
    戦闘もスムーズでオート戦闘も便利です。

    BGMは悲しい曲や活発な曲ありますがどれも心に響く美しい曲です。
    4つ目の大地のBGMカッコいいですね。

    武具の作成は武具屋に売ることで作成できます。
    モンハンみたいに素材をBOXで整理する必要がないので便利ですね。
    素材を入手したら全部売る!これでOKです。

    死ぬとタイトル画面
    これは昔のRPGだと基本なのですが、今やるとイライラしますね。
    カジュアルだと戦闘物足りないですし、うーんって感じです。

    初世界樹でしたが楽しめました。
    時間があったら123もやってみようと思います。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 3 3 5
  • 全作経験済み 80
    • 投稿者:Hercules(男性/30代)
    • 投稿日:2012/07/26
    良い点
    ・安定したシリーズ
    代わり映えしないとも言えますが
    好きで古典的なこのシリーズやってるので良い点でw
    悪い点
    ・難易度の低下
    売りの1つである難易度がかなり抑えられている
    NORMALモードしかやってませんが、Casualモードに間違えたかと感じるぐらいでした
    総評
    兎にも角にも難易度
    プレイヤー側が強すぎて、敵が物足りない
    不意打ちも少なく、階層も減少し、ギミックも優しいので探索自体も苦労しません
    その上金欠になることもなくレベルも上がりやすいので
    今までの世界樹をプレイしてると簡単と感じるかと思います

    縛りプレイなどをして自分で難易度を上げることは出来ますが、
    個人的に死因を楽しく共感するのが醍醐味だと思ってるので、
    もう少し難易度のラインを上げて欲しかったです

    とは言っても開拓していく楽しさは変わらないので
    そこが楽しみな人は十分楽しめます

    一度廃れたジャンルなので、
    続編があればどういう調整で新鮮さを出すか楽しみです
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 5 3
  • 変わらない面白さ 85
    • 投稿者:SS(男性/30代)
    • 投稿日:2012/07/18
    良い点
    ・シリーズを通してぶれない面白さ
    悪い点
    ・カジュアルモードはいらない
    ・後半からクラスが増えるのはどうもなじめない
    総評
    シリーズをやったことがあり面白いと思えていた人は安心してプレイして良いです。
    未プレイの人はこの作品からやっても全く問題ありませんので試して見てはいかがでしょうか?
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 3 3 5
  • 作業的になりがち 65
    • 投稿者:wasawasabi(男性/30代)
    • 投稿日:2012/07/19
    良い点
    ・マップのギミックやFOE(視認できる強モンスター)との追いかけっこはよく考えられていておもしろい

    ・自分でマップを描く楽しさ
    →始めた当初こそ面倒ですが上記ギミックが増えてきてからは描くことが確実にゲームを進めるために必要な作業となり楽しくなる。もちろん描かなくてもOK

    ・職業選択・パーティ編成の自由
    →自分なりの戦術を組み立てられる。ダンジョンによってはLVが低いキャラ同士でも偏った編成の方がサクサク進める場合もあったりする。

    悪い点
    ・うっかりミスで全滅するタイトなゲームバランス
    →これはある意味良い点でもあるのですが、やはり実際全滅すると疲労感があります・・・全滅の場合セーブポイントからやり直し(カジュアルにすれば街に戻されるだけで済む)

    ・作曲は良いが音源がいまいち
    →これもある意味良い点ですが、せっかくの曲が3DS音源(内蔵スピーカーのせい?)で台なし

    ・ストーリー性が少ない
    →自由にパーティを作れる分、一般的なRPGの主人公やその仲間の背景的な描写は皆無で、たくさんいる冒険者の1団、という位置づけで話が進む。

    ・レベルが上がりにくい
    →これが一番悪い点としては大きい。せっかくいろいろな編成を思いついても、実戦レベルまでそのキャラを育てようと思うと結構時間が掛かる。ストーリー性の少なさと相まって非常に作業的なゲームになる

    ・価格が高い
    →もう一声!安くして欲しかった・・・
    総評
    世界樹シリーズは今作がはじめてのプレイで、まだまだ中盤とも言えない所までしかプレイしていないと思います。(ゴールが見える気配がしない・・・)
    子供の頃なら熱中して遊べたかもしれませんが、おっさんには時間の無さと相まって新たな展開が少ないこのゲームは疲労がたまります。
    長く遊べるのは間違いないのですが、そろそろ次に進みたいなーと思っても、焦れば全滅してしまう。結果作業的にレベル上げが必須となる。レベル上げは嫌いな方ではないのですが、レベル上げ中にも気を抜くと全滅ということで、非常に神経を使います。
    3DSの特性(フタを閉じればスリープ)を活かして、細かい時間に少しずつ遊ぶにはいいかなと思います。
    好みが分かれやすいゲームだと思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 2 2 5
  • 初心者から上級者まで考慮された作品 70
    • 投稿者:アニホホ(男性/20代)
    • 投稿日:2012/07/16
    良い点
    ・今までのDSの音源に比べて、BGMの出来がとても良くBGMを聞くだけでも楽しめます。

    ・難易度を変更できるので、世界樹の迷宮シリーズに慣れていないユーザーでも気軽にプレイ出来ます。

    ・気球を使い広大なフィールドを進めるのが探究心を擽られてとてもワクワクさせられます。

    ・迷宮自体を小分けにする事で、それぞれの迷宮に特徴があり印象に残りやすいです。

    ・バーストスキルの全力逃走によってFOE等の強敵から簡単に逃げられます。
    また、壁に背を向けていても普通に逃走出来る仕様になったのがありがたいです。

    ・サブクラスで習得できるスキルはメインで習得できる最大スキルLVの2分の1となっており、「サブ」という名に相応しく前作ほどバランスが崩壊してない?と思います。

    ・スキルの振り直しが出来る休養がマイナスLV2だけになった為、色々なスキルを気軽に試せます。

    ・バーストスキルで気軽に経験値を増やす事ができ、希少種及び料理、クエスト報酬なども含めて前作までに比べてレベルを上げやすいと思います。(前作の乱数調整によるレベル上げは抜きにして…。)

    ・QRコードやすれ違いと使った他のプレイヤーのギルドカードの交換が、相手の進捗状況や付けられている名前を見てニヤニヤ出来たりして楽しいです。
    悪い点
    ・最初から選べる職業が少ない気がします。
    ⇒初期から選べるのは7種類、ストーリーを進める事で最終的に3種類追加されますが、10種類全て選択出来るようになるのは5層到着段階であり、もう少し早い段階で全ての職業を試せても良いんじゃないかと思います。

    ・FOEの復活が全体的に早い気がします。
    ⇒気球での探索でも時間が経過しますし、迷宮探索前に食材を見つけて料理してからいざ突入〜となる時点で結構時間が…。
    ⇒ただ、FOEは基本的に避ける物だと思いますし、フィールド及び迷宮の仕様の為に1日で復活するFOEも仕方無い気がしますが…。
    ⇒私はFOEの復活の早さは悪い点に上げさせて貰いました。

    ・中断セーブあるのかよ…。
    ⇒実はこのゲーム、メニュー画面を開いてスタート又はセレクトと押すと中断セーブが出来ます。
    ⇒ソフト添付の折り畳みの説明書、及び電子説明書に書かれていないので、今回は中断セーブ無いのかなぁと思っていましたが…。
    ⇒正直、不親切極まりないですね。

    ・サウンドテストをもっと早くから聞ければ…。
    ⇒今までの世界樹の迷宮シリーズでは、エンディングに到達した時点で全てのサウンドが公開されますが、今回はエンディングに到達した時点で今まで聞いた事があるBGMのみ聞けます。
    ⇒せっかくBGMに拘っているのなら、そろそろエンディング前からでもサウンドテストが使えても良いんじゃないかなと思います。

    ・5層の迷宮もうちょいがんばれよ…。
    ⇒ネタバレになるので詳しくは書きませんが、エンディングまで迎えた人なら大多数の方が思われるでしょうね…。

    ・雑魚の種類が少ないと思われます。
    ⇒迷宮、及び小迷宮に小分けしたからかも知れませんが、メインの迷宮を進めていてもどうにも同じような敵の組み合わせが多いです。
    ⇒特に、私は1層攻略中にそれを強く感じられます。

    ・前作に比べるとボス及びFOEの種類が物足りない気がします。
    ⇒前作は大航海クエストや既存の迷宮に隠しボスやらが沸いたりで、クリア前でも色々な相手がいましたが、今回はそういった類が少なく、ネタバレになるので書きませんが一部の皆勤賞のボスも出てきません。
    ⇒FOEの使い回しも多く、名前だけ変わっているのが多くて行動も殆ど同じなので、どうにも新鮮味に欠けます。
    総評
    エンディングまで到達したのでレビューを上げてみた訳ですが…。

    難易度が変更できるようになったので、今まで世界樹の迷宮に触った事が無い方や途中で投げ出してエンディングまで辿り着けなかった方を含めてオススメ出来る作品だと思います。

    ただ、前作に比べると戦える強敵の少なさ、使い回しによる新鮮味の低さが目に余る作品に思います。
    あと、私的にメインの迷宮にもっと力を入れて欲しかったです。(特に5層)

    もし次回があるのであれば、やり込み要素に期待したいです。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 3
  • 「シリーズ4作目にして、3DSでの1作目」という秀作 95
    • 投稿者:( 表)(男性/40代)
    • 投稿日:2012/07/10
    良い点
    ・難易度設定の追加

    カジュアルモードの効果、「全滅しても町に戻るだけ」というのは、高難易度が強調されるシリーズの敷居を大きく下げています。
    おかげで、シナリオ自体の安易な難易度低下が発生せず、ノーマルモードでは猛攻に晒されることも多いです。

    ・小迷宮やフィールド探索の追加

    前作まで、1つの迷宮を深く深く潜るだけだったのに対し、今回はフィールドマップで迷宮自体を探索する形式に変更。
    おかげで、前作まで「この階のテーマはこれ」という仕掛けを、各小迷宮に割り振ることが出来、パズル要素は増えています。

    ・逃走スキルによる難易度低下

    序盤に手に入るスキルのおかげで、全滅確率は大幅に低下。うっかりF.O.E.と接触しても、まず逃げ切れます。
    (迷宮入り口に戻される、というペナルティはあります)
    ただ、「安心して逃げれる」を前提にしているのか、前作まで以上に、F.O.E.が容赦なく接敵してきます。
    入り口に戻ってばかりじゃ探索が進まないので、前作同様にF.O.E.パズルを解く必要はあります。

    ・頻繁に起こるイベント

    前作までは、小さなイベントぐらいしか発生しない階(F.O.E.の仕掛けなどを解くだけの階)というのが存在しましたが。
    今回はほぼ各階・小迷宮でイベントが発生します。
    迷宮探索が進むと同時にトラブルが発生していることがよく分かるイベントばかりなので、プレイヤーを飽きさせません。

    ・スキルと職業の制限による初期の選択肢の少なさと、中盤以降の多様さ

    Lv20/Lv40にならないと取れないスキルを設定することで、初期段階ではスキルポイントの使い道が限定されており、初心者が迷う余地を削っています。
    しかし、リザレクトがLv20以降にならないと取れないなど、一部でかえって難易度を上げていたり。
    初期のスキルは、前提条件をクリアする為と割り切って最低限のポイントを注ぎ込むのか、それとも戦力としてポイントを注ぎ込むのか、Lv20以降に出てくる強化スキルまで見据えると、途端に選択肢が広がったりで、キャラ育成の選択肢は増えています。

    今まで以上に「休養」でスキルの取り直しを考える場面が発生するのではないでしょうか。

    ちなみに、初期状態で選択可能な職業は7つしかありません。
    初代も7つしかありませんでしたが、3では10も初期職業があったので、選択肢が狭いように感じます。
    (実際、友人とパーティ構成が完全に被った)

    ただ、これはあくまで第一印象の悪さ。
    実際は、3で10に膨れていた職業を、7つにまとめたので、1つ1つの職業で取れる選択肢は増えており、Lv20以降の選択肢は増えています。
    また、サブクラスは今回も健在なので、後半は似たようなパーティ構成になることは皆無と考えます。

    ちなみに、前作までのバードのイメージが強くて、ダンサーは初期パーティに選ばれにくいんじゃないかと思うが、イベント戦闘の「お試し」で6人目のキャラとしてダンサーを使ってみると「なにこのアタッカー」と感心することも。
    こういう販促(?)イベントが用意されているのは嬉しいです。

    ・パーティ不参加キャラのレベルアップイベント

    キャラ数限定ですが、Lv1のままで放り出していたキャラを、実戦級までレベルアップさせてくれるイベント(?)があります。
    パーティにいなかった職業の強さを見せ付けられた直後に、こういうサービスを用意されると、パーティ編成を考え直すきっかけになってしまって、本当に困ります(笑)。
    悪い点
    ・主軸が迷宮探索なのが変わらない

    ここが基本軸なだけに、3までをやりこんでると、どんなに印象を変えても「またか」という感想が出るのは事実。
    手かえ品かえしてるが新鮮味が足りない、というのは、贅沢な悩みでしょうか。

    ・3D描写が今ひとつ

    下画面を多用するゲームなので、際立って3D描写が優れているわけでもなし、常時、3DはOFFにしています。
    まぁ、そこは期待してないとこなので、悪い点に付け加えるのもどうかと思いますが。
    総評
    1をベースに、2、3と、回を重ねるごとに付け加えてきたものを、無駄は削り取り、重複しているものは合併させ、バラバラだったものは繋ぎ合わせ、初心者保護にも配慮しつつ、にもかかわらず主軸は「迷宮探索」。
    シリーズ4作目にして、3DSでの第1作目。

    それが世界樹の迷宮4に感じます。
    派手さはないものの、2や3で迷走を感じられていただけに、確実に新世代に突入したゲームとして、お勧めできます。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 4 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月18日〜11月19日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
70
2017年05月〜2017年11月