オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
BRAVELY DEFAULT公式サイトへ
読者の評価
79
投稿数:9
レビューを投稿する
海外での評価
85
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/06/20 15:35

ニュース

Sound HorizonのRevo氏が「BRAVELY DEFAULT」の楽曲制作で見せたこだわりとは。近日配信される体験版の話題も出た発表会をレポート

BRAVELY DEFAULT
 2012年6月19日,スクウェア・エニックスのニンテンドー3DS用ソフト「BRAVELY DEFAULT」で使用される全楽曲が,音楽ユニットSound HorizonのRevo氏によって作曲されたものであることが発表された。これはポニーキャニオンが開催した「Sound Horizon PONY CANYON移籍第一弾 制作発表会」で明らかになったものだ。 

BRAVELY DEFAULT
Revo氏
 Sound Horizonは,組曲形式で物語を紡ぐ「物語音楽」という独特のスタイルを持つ音楽ユニットで,Revo氏がサウンドクリエイターとして作詞/作曲/編曲のすべてを手がけている。
 Revo氏によるBRAVELY DEFAULTの楽曲が収録された「ブレイブリー デフォルト フライング フェアリー オリジナル・サウンドトラック」は,2012年内に発売されるとのことだ。

 また,Revo氏が新ユニットのLinked Horizonを立ち上げることも合わせて発表されている。BRAVELY DEFAULTの楽曲にボーカライズアレンジなどを施したシングル「ルクセンダルク小紀行」(2012年8月22日発売予定)とアルバム「ルクセンダルク大紀行」(2012年9月19日発売予定)がLinked Horizon名義でリリースされる。

BRAVELY DEFAULT
「ブレイブリー デフォルト フライング フェアリー オリジナル・サウンドトラック」の発売日は,まだ明らかになっていないゲーム本編の発売日とほぼ同時に発表される見込み。初回限定版は特殊パッケージとなる予定だ
BRAVELY DEFAULT
「ルクセンダルク小紀行(BRAVELY DEFAULT盤)」のジャケット

BRAVELY DEFAULT
Revo氏(写真左)と,BRAVELY DEFAULT プロデューサー 浅野智也氏
 発表会では,Revo氏とBRAVELY DEFAULTのプロデューサーであるスクウェア・エニックスの浅野智也氏による対談も行われたので,以下でその模様をレポートしよう。

 まず浅野氏は,BRAVELY DEFAULTは「ドラゴンクエスト」シリーズや「FINAL FANTASY」シリーズといった日本のRPGに親しんだ人達向けの「スタンダードでベーシックなファンタジーRPG」で,それに3DSならではの新しい要素を盛り込んだと説明した。そうした新要素は近日配信予定のバトルシステムをフィーチャーした体験版で確認できるとのことだ。
 Revo氏は楽曲制作にあたり,その新要素を開発中のバージョンで体験したとのことで,「どこまで話していいものやら……」と浅野氏の顔をうかがいながらも,「面白いですよ。なかなか燃えるシステムです」と感想を話した。

 続けて浅野氏は,自身が2004年のアルバム「Chronicle 2nd」の頃からSound Horizonのファンだったことを明かし,「常々この音楽でゲームをやりたいと考えていました」と,Revo氏を起用した経緯を紹介。BRAVELY DEFAULTでは“ダメもと”でオファーを出したのだが,Revo氏から,浅野氏の携わった「光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-」をクリア済みだと聞かされ,運命を感じたそうだ。

 一方のRevo氏は,Sound Horizonで中世ヨーロッパやファンタジーをモチーフにした楽曲を制作していたことに加え,以前からゲーム好きだったこともあって,漠然とファンタジーRPGに携わりたいと考えていたという。オファーが来た時点では当然ながら心の準備ができていなかったそうだが,人生の一大チャンスと捉え,「やらせてください!」と即答したそうだ。

 浅野氏は,Revo氏の楽曲制作について「BRAVELY DEFAULTに愛情を注いでもらいました」と表現。Revo氏は開発バージョンのプレイだけでなく,膨大な分量のシナリオを街にいるNPCの一言に至るまで読み込んでから制作に臨んでいたとのことで,仕上がった楽曲も当初予定されていた20〜30曲の倍近い数に及んだという。
 そうした並々ならぬ注力について,Revo氏は「ゲームの美麗なグラフィックスにふさわしい,世界観にリアリティを持たせるような音楽を作ろうと考えました」と振り返った。

BRAVELY DEFAULT
 対談の最後に浅野氏は「Revoさんの音楽が,ゲームという新しい形で聴けますのでぜひBRAVELY DEFAULTをプレイしてみてください」とアピールした。
 Revo氏は,ドラゴンクエストやFINAL FANTASYのような,スクウェア・エニックスの歴史あるRPGが持つテイストと,今の新しい遊び心が融合したタイトルがBRAVELY DEFAULTだと説明したうえで,「Sound Horizonのファンが驚くような新しい要素や,昔のゲームミュージックが持っていた部分を入れたうえで,これまでどおり口ずさめるようなメロディとなっています」と楽曲へのこだわりを紹介。「サントラで聴くのももちろんいいのですが,ぜひ実際にゲームをプレイして,ゲームの中で聴いてください」と締めくくった。

「BRAVELY DEFAULT」公式サイト

  • 関連タイトル:

    BRAVELY DEFAULT

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月16日〜12月17日