オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ソウルキャリバーV公式サイトへ
読者の評価
74
投稿数:12
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/01/28 22:46

イベント

100名のソウルキャリバーファンが,最高のオンラインプレイを実体験。「ソウルキャリバーV ユーザー先行オンラインプレイ体験会」をレポート

約100名のソウルキャリバーファンが会場に集まった。バンダイナムコゲームス本社での開催ということで,社内の雰囲気ををしみじみと眺める来場者の姿も見られた
 バンダイナムコゲームスは本日(1月28日),2月2日発売予定の新作タイトル「ソウルキャリバーV」PlayStation 3 / Xbox 360)のユーザー先行オンラインプレイ体験会を,同社の本社ビル未来研究所にて開催した。
 1月中旬には,メディアやブロガーなどを対象とした体験会が行われたが(関連記事),今回は抽選で選ばれた一般ユーザーが対象となり,主にオンラインプレイを中心とした試遊会が開催された。


「ソウルキャリバーV」公式サイト


プロデューサーの夛湖久治氏。「皆様,前作ソウルキャリバーIVを愛してくれてありがとうございます。そんな皆様の愛や暖かい声援,あるいは叱咤激励があったからこそ,今回このソウルキャリバーVを完成させることができました」と挨拶した
 来場者は,まず社内のファンシアターへと招かれ,本作のプロデューサーである夛湖久治氏による,本作の概要やオンラインプレイについてのプレゼンテーションステージを観覧した。その内容の多くは,すでに前回のメディア体験会で公開済みのものだったが,いくつかの新情報が明らかにされたので,ここでまとめて紹介しておこう。


本作は格闘ゲームながら,世界設定などにも注力されている。現在公開中のプロモーション映像は,実は2本の長いトレイラー映像を1本に編集したものなのだが,ここでは,そのベースとなった2本の映像が上映された
ソウルキャリバーV ソウルキャリバーV

ソウルキャリバーV
「絶望編」「希望編」と名付けられた2本のトレイラー映像では,邪剣ソウルエッジと霊剣ソウルキャリバーの2つの剣にまつわるストーリーが描かれている。「この続きは,本編でお楽しみください」と夛胡氏
ソウルキャリバーV
ラグを体感させることのないオンライン環境の構築をアピール。「鉄拳 ハイブリッド」や「ACE COMBAT ASSAULT HORIZON」などのオンライン環境を,さらに強化しているとのこと

ソウルキャリバーV
通信速度だけでなく,誰もが参加したくなる「最高のオンラインコミュニティ」を作り上げることを宣言。そのために用意した4つの要素がスクリーンに映し出された
ソウルキャリバーV
「プレイヤーライセンス」は,プレイヤーのあらゆるデータが視覚化された名刺のような存在。通り名を“初心者”としながら,レベル33で総プレイ時間60時間というプレイヤーの例を出し,その通り名が“ダウト”だということを証明した

ソウルキャリバーV
そのプレイヤーが一体どんなプレイをしているのかは,プレイヤーライセンス上で“リプレイダウンロード”をすることで確認できる。「相手がどういうプレイヤーなのかを知っていただくのが目的です」と夛胡氏は解説する
ソウルキャリバーV
オンラインプレイのロビーとなる「グローバルコロッセオ」。この中には最大50名入ることができ,ロビーは地域別に60用意される予定とのこと。国内だけでなく,海外のロビーに出入りすることも可能だ

ソウルキャリバーV
グローバルコロッセオでは,プレイヤーライセンスがカード化され,これらにカーソルを合わせることで,対戦申し込みやメッセージの送信ができる。もちろんライセンスの確認も可能
ソウルキャリバーV
仲間同士で集まって楽しむための“ラウンジ”も作ることができる。ラウンジには名前をつけられ,プレイスタイルやルールなども設定可能なので,使い勝手はよさそう。ちなみにラウンジには,最大16名が入れる

ソウルキャリバーV
グローバルコロッセオでは,月2回の予定で公式のランキングイベントが開催されるとのこと。参加したいときは,カードをこのエリアにドラッグ&ドロップするだけでOKだ
ソウルキャリバーV
「プレイヤーマッチ」は最大6人で,チャットをしながら観戦することができる。夛胡氏いわく,「心が折れるので,戦っている人にはチャットの様子は見せません(笑)」とのことだが,対戦後にチャットログを見ることは可能なので,「ケンカにならない程度にコミュニケーションをとってください」と付け加えた

「ソウルリンク」は,プレイヤーライセンスをフォローして,いつでも情報を見られるというシステムだ。最大3人まで登録可能で,新しいプレイヤーをフォローすると,古いプレイヤーに上書きされる
ソウルキャリバーV
 オンラインの解説が一通り終了したあとは,本作の新キャラクター2人の声を担当している声優のKENNさんと,ささきのぞみさんからのビデオメッセージが流された。お二人とも,本作に対して非常に愛着を持っているようで,メッセージ映像は本来10分ほどのボリュームだったそうだが,当日の尺の関係で約4分ほどに編集されたものが上映された。なお編集なしのフルバージョン映像は,今後バンダイナムコゲームス公式のYouTubeチャンネルにアップロードされる予定とのことだ。


「学生の頃からプレイしていたゲームでセリフをしゃべっているというのはすごく不思議で,夢にも思いませんでした」と,パトロクロス役のKENNさん。一方ピュラ役のささきさんは,「彼女は戦いを好まないヒロインで,ちょっとでも強気に演技してしまうとダメ出しされました」と,収録の裏話を語ってくれた

 プレゼンテーションはここで終了し,来場者は試遊会場へと移動。試遊会が行われたのは同社にあるプレゼンテーションルームで,ここにはPlaystation 3版とXbox 360版,そしてiOS版の試遊台が,合計30台用意されていた。とくに,今回の試遊会のテーマとなったオンライン試遊台は,「プレイヤーマッチ」が7台,「グローバルコロッセオ」が8台用意され,それらとのラグを比較するためのオフライン試遊台も6台用意されていた。来場者は試遊会終了まで,各々好きなコーナーに並び,対戦を楽しんでいた。

会場内は自由に移動して,好きなコーナーに並んでプレイができた。また動画以外の撮影も可能だったので,ブログやTwitterに会場の様子をアップしていた人もいたようだ
プレイヤーマッチのコーナー。ここでは外部サーバーを経由して,来場者同士が対戦できる4台のほか,同社の別のフロアにいる開発者と対戦できる2台が用意されていた

また,プレイヤーマッチを楽しんでいる人たちを観戦する台もあった。開発陣とともにチャットをしながら観戦することができた
グローバルコロッセオのコーナー。このモードをプレイできるのは今回が初めてとなる。8台の試遊台があり,社内の開発陣とオンラインで対戦することができた

現在配信中の「ソウルキャリバー」のiOS版の試遊台。最初は3台のみ出展の予定だったが,急遽4台のiPadとiPhoneが追加されたとのことだ
こちらは6セット用意されたオフラインの試遊台。純粋にゲームの完成度をチェックしている人が多いように思えた

会場ではHORI製/マッドキャッツ製のソウルキャリバーV対応ジョイスティックのほか,各ハードの純正コントローラーでもプレイができた。好みで選べる嬉しい配慮だ
Ustreamのバンダイナムコゲームス公式チャンネルにて,「ソウルキャリバー開発室 最終回」の模様が,試遊会会場から配信された。本作のゲームデザイナーの宇藤慶彦氏(左)と,ディレクターの小田嶋大士氏が進行をつとめている。当日の模様は公式チャンネルにアーカイブされている

ソウルキャリバーVに関するグッズなども展示されていた。今後,国内外でさまざまなアイテムが発売される予定だ
ソウルキャリバーV ソウルキャリバーV

 ソウルキャリバーVのオンライン要素を,ゲームの発売前に体験できただけでなく,プレイヤー同士や会場にいた開発陣などとも交流でき,来場者にとって非常に楽しい体験会になったのではないだろうか。また,メーカーがこういったイベントを開くことで,本作の完成度に対する自信の程を確認することもできた。残念ながら会場に来られなかったソウルキャリバーファンは,2月2日の発売日を楽しみに待とう。

「ソウルキャリバーV」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ソウルキャリバーV

  • 関連タイトル:

    ソウルキャリバーV

  • 関連タイトル:

    ソウルキャリバー

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月23日〜11月24日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
2017年05月〜2017年11月