※見出しをクリックすると記事が読めます
DMMゲームズ号外を自動表示しない
号外No.1
東京ゲームショウレポート
今熱い最新タイトル情報
話題の記事

事前登録受付中!

オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Wii Sports Resort公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2009/06/25
  • 価格:4800円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
75
投稿数:2
レビューを投稿する
海外での評価
80
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/06/22 15:34

イベント

話題の「Wii Sports Resort」「モンスターハンター3(トライ)」も試遊できた「次世代ワールドホビーフェア’09 Summer」レポート

 6月20日/21日の両日,幕張メッセで次世代ワールドホビーフェア'09 Summerが開催された。
 1994年の第1回以来,通算30回目の開催となった本イベントでは,家族連れが気軽に来場できることや親子のコミュニケーション促進をコンセプトに,主に子供を対象とするゲームやホビーグッズが各社ブースで展示されていた。ここでは,ゲーム関連で直近から年内にかけてリリースされる話題作にスポットを当てて,レポートをお届けしよう。

 会場内の最大規模を誇る任天堂のブースでは,6月25日発売予定の「Wii Sports Resort」が大々的にフィーチャーされていた。リゾートをイメージした爽やかな配色のブースには,ステージ兼用を含む全21か所の試遊スペースを設置。試遊は1組あたり約10分で,7種目のスポーツを実際にプレイできた。
 来場者の人気が高かったのは「チャンバラ」と「ピンポン」。この2種目は二人で対戦可能であること,決着が付くまでが約3分と短いため,限られた試遊時間の中でより多くの種目をプレイできたことにある。試遊待ちをしていたのは,親子ペアや3〜4人の家族連れがほとんど。初日となる20日は,ピークタイムのお昼過ぎには最大100分待ちで,1日で約1300人がプレイしたとのこと。

7種目の中で人気の高かったのは「チャンバラ」。短時間で楽しめるため,任天堂スタッフもお勧めしていた
存分に身体を動かせる広めの試遊スペース。他社ブースと比較すると,子供や女性の割合も高かった
会場直後から,30分待ちを超える順番待ちの列が発生。注目度の高さが伺える
イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア
キャンペーンでプレゼントされるオリジナルカラーのWiiリモコン
イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア
試遊体験者へのプレゼントは,ゲームのイメージにあったスポーティなグッズ

 レベルファイブのブースは,10月1日発売予定の「イナズマイレブン2〜脅威の侵略者〜」を出展しており,主に小学校中学年くらいの男子から熱狂的ともいえる人気を集めていた。試遊台には,子供とそのお父さんが順番待ちの列を作っており,20日には最大90分待ちを記録したとのこと。
 試遊できたのはシングルプレイと,二人対戦の2種類。二人対戦は列に並んでいる順番でマッチングしており,親子で対戦する光景もかなりの頻度で見受けられた。またステージでは,観客の子供から参加希望者を募り,4人同時対戦の実演も行われていた。

試遊は1回約15分。お父さんが一緒に列に並んで,お母さんは後ろで見守るというケースが多かったようだ
試遊台は,会場直後からいきなり60分待ちの順番待ちとなった。前作や放映中のテレビアニメの影響が大きいのだろう
ステージでは,ほとんどの子供が4人対戦を希望。運よく選ばれたのは1ステージにつき8人だけ

イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア
 カプコンのブースは,「モンスターハンター」シリーズを中心に出展。8月1日発売予定の「モンスターハンター3(トライ)」の試遊スペースは,試遊に整理券制を採用していたこと,またプレイできる内容が東京ゲームショウ2008/ジャンプフェスタ'09などに出展されたものと同等であったためか,比較的落ち着いていた印象だ。
 試遊は1回あたり4人一組で20分,20日は約500人がプレイしたとのこと。中でもラギアクルスが登場するクエストの人気が高いように見受けられたが,これはWii用ソフト「モンスターハンターG」に付属する本作の体験版ではプレイできないという理由によるものだろう。また試遊スペースには,「モンスターハンター3(トライ) スペシャルパック」でお目見えする新色のWii(クロ)も設置されていた。
 そのほか,発売開始から1年を過ぎてもいまだ高い人気を誇る「モンスターハンターポータブル 2nd G」の体験コーナーも設置されていた。「ティーチングコーナー」では,インストラクターを務めるスタッフに導かれた初心者が,モンスター狩猟クエストを楽しんでいた。

整理券制を取っていたため試遊スペースは目立つほどの行列もなく,非常に落ち着いた雰囲気。ちなみにWii(クロ)の試遊台も設置されていた
ブースの内装は,ゲーム内の酒場を思わせるデザイン。クエスト参加者を募るボードも再現されていた
イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア
「モンスターハンター3(トライ) スペシャルパック」をはじめとした「モンスターハンター3(トライ)」のパッケージも各種展示されていた
「モンスターハンターポータブル 2nd G」のティーチングコーナー。スタッフと一緒にモンスター討伐を目指す内容

 一方,カプコンブース隣のソニー・コンピュータエンタテインメントブースでも,「MHP2G」の体験コーナーを設置。こちらは中〜上級者を対象にした「チャレンジコーナー」ということで,腕に覚えのある来場者が規定のクエストに挑戦していた。なおMHP2Gコーナーは,カプコン/SCEの両ブースともデザインやレイアウトのコンセプトを統一しており,一見しただけでは異なる企業のブースとは思えないほどの一体感を見せていた。また,E3 2009で発表された新ハード「PSP go」も展示されていた。

SCEの「モンスターハンターポータブル 2nd G」コーナー。カプコンのブースとは隣り合わせ
SCEは「ラチェット&クランク FUTURE2」「ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図』」を中心に,非常に凝ったデザインのブースを出展していた

エレクトロニック・アーツ
 そのほかのブースでは,エレクトロニック・アーツブースでは「少年鬼忍伝 ツムジ」(NDS)や「ぼくとシムのまち レーシング」(Wii版/NDS版),KONAMIブースでは「ペンギンの問題X 天空の7戦士」,バンダイナムコゲームスブースでは「仮面ライダー クライマックスヒーローズ」(PS2)といった新作タイトルが展示されていた。

コーエー
KONAMI
ハドソン
バンダイナムコゲームス

  • 関連タイトル:

    Wii Sports Resort

  • 関連タイトル:

    イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア

  • 関連タイトル:

    モンスターハンター3(トライ)

  • 関連タイトル:

    モンスターハンターポータブル 2nd G

  • 関連タイトル:

    イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ブリザード

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月21日〜10月22日
タイトル評価ランキング
88
TERRA BATTLE (iPhone)
83
81
人狼オンライン (BROWSER)
81
マリオカート8 (Wii U)
2014年04月〜2014年10月