オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
デッドライジング2公式サイトへ
読者の評価
67
投稿数:18
レビューを投稿する
海外での評価
80
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

デッドライジング2

デッドライジング2
公式サイト http://www.capcom.co.jp/deadrising/2/
発売元 カプコン
開発元 Blue Castle Games
発売日 2010/09/30
価格 7990円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
67
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 忙しい。 80
    • 投稿者:BARD(男性/40代)
    • 投稿日:2011/05/17
    良い点
    MAPが広い。それゆえに色んな場所で色んな事が起きている。建築物にも数々の仕掛けが用意されているし、バイクや車、武器、救出、あらゆる面で1回プレイでは見て回れない。ゾンビは王道的な動きをする。スーパーマーケット風な場所が舞台なのは、元祖の映画「ゾンビ」を彷彿とさせるが、全体的な色使いは明るい。ゾンビが居る世界で生き残ってくださいというよりは、ゾンビ相手にやりたい放題してくださいというコンセプトだと思う。自分の娘に治療薬を与え続けるという人間的な設定も準備されているが、逆を言うと人間的な設定は、その部分くらい。
    悪い点
    MAPが広い。それゆえに何処に何があるのか頭の中で把握するのに時間かかる。特に合体させた武器は、素材が何処に在るかを把握していないと時間を食うので困ってしまう。何度も何度もプレイすれば憶えていくので改善される。しかし何度も何度もプレイしないと訳が分からないし、主線のストーリーを「やらされてる」感覚がずーっと続く。洋ゲーチックな荒っぽい強化アイテムを上手く使わないと死にまくる点は、日本ゲームだけ遊んできた人には良い意味で新鮮、悪い意味ではショックかも。
    総評
    やりこむほど面白くなるゲームだと思う。レベルや能力を引き継いで再度プレーできる点も「何度もやってください」という製作サイドの気持ちが伝わってくる。でも何度もやり込めるほどストーリーが短くない。「まだ続くの?」と食傷気味になることも。メインストーリーを無視して暴れまわっても構わないので、そういう意味では自由なのだが。ちゃんとやっていくとストーリーが長すぎるなと感じた。設定も含めて、人を選ぶゲームだと思う。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 4 3 5
  • 好きにヤレ、とは言うが… 65
    • 投稿者:2児の叔父(男性/30代)
    • 投稿日:2010/10/24
    良い点
    ・圧倒されるほどのゾンビの数と、人によっては感じられるであろうそれをなぎ倒す爽快感。
    ・箱庭の中を自由に動き回れるので、無線通信(与えられるミッションのようなもの)を無視すれば、時間制限こそあるものの一応自由に行動できる。
    悪い点
    ・きちんとストーリーなどをこなそうとするとかなり行動を制限される。何を当たり前の事を言ってるんだ、と思われるかもしれないが、これだけ自由度が高いのにそれを活かせるモードが無い(時間制限無しモードなど)。結局自分が行き着いたのは、「NEW GAMEで開始する(レベルなど一切引継ぎなし)、TIR(オンラインの対戦ミニゲーム)での賞金持ち込み無し、ダウンロードコンテンツである強力な性能のコスチューム禁止、能力アップのミックスジュース禁止で、いかにして生存者全員救出して最良のエンディングを迎えるか」だった。自由気ままにやるというよりも、どちらかというと、「どこに何があるかを把握してルートを工夫する」という性格が強い気がする。
    ・このゲームに限ったことではないが、トロフィーのアンロック条件に配慮が足りないと思われる節がある。対戦ミニゲームに関するものは特にそう。そのうち過疎化するのはどんなゲームでもやむを得ないんだけれども、そうなったらどうするのか?そうでなくても、すべてのミニゲームで最低1位にならなければならないが、人によってはいつまで経ってもコンプリートできないだろう。ここは最低でも、例えば「ミニゲームごとにそれぞれトータルで資金をどれだけ稼いだか」くらいにするべきだったと思う。これなら勝てなくても、精一杯やっていればそのうち取れるだろう。また他の方もレビューでおっしゃっているが、ゾンビ72000Killのトロフィー解除は本当にうんざりする。おそらくトロフィーというやり込み要素は中古対策という面もあるんだろうけど、それならばコンプリートしようという気になれるものを用意するべきでは。
    総評
    いわゆるオープンワールド系のゲームだと期待すると人によっては肩透かしを食う気がします。まぁ、途中で入る無線を全て無視すればその限りではないのでしょうけれども、なんとも後味が悪くなる。何度かやりこんでどこに何があるかを把握して、効率の良いルートを模索するというのが楽しいかも。気兼ねなく好きにヤレる無制限モードを希望します。前作にはあったようなのですが、今後ダウンロードコンテンツとして用意されるのでしょうか。期待しています。
    また、特に良い点とも悪い点とも言えないのですが、最初は主人公は貧弱で、足は遅いし攻撃力は低いし所持できるアイテムは少ないし…ですが、レベルが上がるにつれて緊急回避的な動作やその他スキルを覚えていったり、組み合わせ武器の能力がアンロックされたりするので、最初はやりたいことすらできず窮屈に感じるかもしれませんが、レベルが上がるにつれてそうした状況が改善されていくでしょう。とにかくレベルを上げて、次の周へ持ち越しつつ、どこに何があるのかを把握していくうちに、「じゃあ次の周ではこういうやり方でやってみよう」という流れに乗れれば楽しく遊べる、そんなゲームだと感じました。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 3 3
  • 可もなく不可もなく 60
    良い点
    ・前作同様のゾンビパラダイスで暴れ放題できる
    ・各所にある小さなミニゲームが遊べる
    ・コンボ武器で多彩な攻撃方法を楽しめる
    ・オンライン可能であれば、TIRモードで対戦が楽しめる
    ・前作よりも色々な服が着せ替えが可能
    ・オンラインCo-opで協力プレイが可能
    悪い点
    ・エリア移動する度に起こる、ロード時間がとにかく長い
    ・基本的に前作とあまり変わらない
    ・今回は写真撮影がなくなった為、主人公に特に特徴がなく
     固有アクションがないので楽しみが減少。
    ・サバイバルモードがなくなった為、ハードゲーマーには物足りない感が有り
    ・新モードはオンライン接続できなければ遊べない
    ・コンボ武器も強い物と弱い物が分かってくる為、種類が多くても意味がないので面倒なだけ
    総評
    前作よりも装備などは豊富になっていますが、結局後々にはコンボ武器も強い物が
    分かってくるので合わせる物を取りに行く作業が面倒なだけになります。

    主人公の特徴として、TIR選手なのですが
    そのTIRモードはオンラインでなければ遊べない事が配慮不足か
    オンラインをしない方にもできるようにするべきではないだろうか。

    今回の一番悪い点はこれではないだろうか
    とにかくロードが多い、長いという点
    それがなければ基本的に変わらなくても快適に爽快にプレイできたのでは
    ないでしょうか。

    可もなく不可もなくいつも通りなデッドライジングです
    過度の期待は身を滅ぼします
    但し、今回はPS3でも発売されましたので未プレイの方は
    されてみてはいかがでしょうか?
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 3 3
  • プラチナトロフィーを取得してみての感想です 65
    • 投稿者:どる(男性/40代)
    • 投稿日:2010/10/18
    良い点
    ・ゾンビを倒す時の演出が多彩で楽しめました
    ・サイコ戦の時のムービーがけっこう楽しめた
    ・NPCのAIがよくできていて快適でした
    ・コンボ武器という発想が武器を使う楽しみから作る楽しみに変わった
    ・オンラインでCOOP TIRが遊べる
    ・クリア後引継ぎができる点
    ・コスチュームがかなりの数が用意されていて笑えました
    ・BGMがゾンビゲームらしくなくあまり殺伐とせずプレイできました
    悪い点
    ・ロードがインストールしているにも関わらず異様に長い
    ・コンボ武器の種類の多さや実用性に欠けたり、異様に強すぎるというバランスの悪さ
    ・COOPで同じエリアでしか活動できない
    ・TIRで回線落ち(故意?)されると今までのゲームが無効になる
    ・自由をうたっているゲームであるのにタイトな時間制限がある
    ・ストレス発散系ゲームなのに実際プレイヤーの方がストレス溜まりました
    総評
    ゲームの世界観、演出等はかなり楽しめました。ゾンビの部位欠損やガスゾンビまたそれらの強さなども適度にバランスよくできていたと思います

    しかし一言でいうともったいない!!!もっと面白くより楽しく作れたのではないかな?と思ってしまいます。必要以上に薬を探しに行かさせたり意味のないイベントのために時間をさかせたりと手をいれすぎた感があります

    楽しくゾンビ狩りをするゲームなのにゾンビジェノサイダー1とかいう当分ゾンビを
    見るのも嫌になるような討伐数を設定されていたのが残念です

    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 2 3
  • 2週目からが本命か? 80
    • 投稿者:マッシ(男性/20代)
    • 投稿日:2010/10/18
    良い点
    ・そこらに落っこちている武器で戦える。ネタっぽいものが多い!それがまたいい!

    ・モノとモノをあわせて作るコンボ武器で倒すのが楽しい。

    ・2週目以降ぐらいになるけど、レベルが結構高くなれば無双ゲームになる。本当の楽しみはここからだと思う。
    悪い点
    ・1周目の強さだと、時間的余裕があまりない。常に時間に追われている感がすごくする。

    ・結構言われてるけどロード時間が長め。
    総評
    1週目は遊んでる時間があまりにもない。だけどレベルが強くなって(2週目とか)最初からやってみると結構楽しいです。スキルがかなり使える、移動速度のアップ等のおかげで結構いいと思います。1週目でこの強さではいけなかったのかな。

    そもそもゾンビ自体はあんまり強くなく、時間のかかる障害物と見たほうがいいかもしれない。バッコバッコ倒せるぐらいの武器を持ちながらやってるのが一番楽しい。

    サバイバルゲームではなくゾンビ無双ゲームだと思ったほうがよさそう。そう思ってやってるほうが楽しいですよ!
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 3 4 4
  • デッドライジングは初ですが 50
    良い点
    衣装や武器が豊富な上にカスタマイズもできる。
    その他色々と遊び心があって良い。
    操作性も良く、違和感をあまり感じない。
    悪い点
    ストーリーは『謎めいた陰謀を解き明かしていく』という感じですが、やってる事は延々と時間に追われ淡々と人命救助をしていくって感じですね。
    やり込み性や豊富な武器や衣装やカスタムでどんどん出来る事が増えていくという感じではあるものの、ミッションの時間制限のせいでじっくりと箱庭を堪能できないという淡白感を感じました。前作はプレイしていないので前作がどうだったか知りませんが、ゾンビゲームなのにゾンビゲームらしくないというか、物語ですらもうゾンビを生かしきれてない上にサバイバル感もあまり感じられない。
    はじめの方は爽快だったゾンビ狩りも中盤でもはや作業になってきちゃいます。
    総評
    ゲーム自体の基盤はシッカリしているんだろうけど、やることは淡々とお使いを時間制限有りでしていくという感じで、それを淡々と感じさせない工夫があまり無いというか、『淡々としたゲームだな』とすぐに感じてしまうのが残念ですね。
    『マップ狭いからミッションを次から次へと投げかけて時間で縛ってしまおう』的な感じを受けました。
    ゲームの基盤としてはシッカリとした出来なのに残念だなぁと思います。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 3 4
  • 箱庭で時間制限つきお使いをするゲーム 65
    良い点
    ・武器と武器を組み合わせることでユニークな武器が作成できる。

    ・オンラインでの対戦(TIR)、協力プレイ(Coop)が楽しめる

    ・前作よりサバイバー
    (救助できるNPC 以降サバイバー)のAIが改善されている)

    ・表現規制の撤廃(部位欠損などの規制なし)

    ・前作よりサバイバーの女性のモデリングが丁寧(美人が増えた)

    ・スロット、ロデオマシーン、ゴルフ、ウォータースライダーなどの遊戯施設がある

    ・脱衣ポーカーが結構楽しい

    ・娘にギフトを送ることができる

    ・虎(スノーフレーク)の挙動がかわいい

    ・バイクをカスタマイズできる
    悪い点
    ・エリアチェンジする際のローディングが長すぎる
    (ゲーム全体のテンポが悪くなり、大きなストレスを感じる)

    ・写真撮影ができなくなった
    (カメラをアイテムで用意して撮影できるようにしてほしかった)

    ・一部コンボ武器が作りづらい、使いにくい

    ・サイコ(中ボス)の演出の印象が薄い

    ・バイクをカスタマイズできるが、走れる範囲が狭い

    ・前作に比べるとストーリー展開、クライマックスが陳腐

    ・前作はコスチュームが無料でダウンロードできた

    ・男性用小便器でセーブするときの振動がなくなった

    ・前作にあった∞モードが欲しかった
    総評
    前作をプレイし、今作をクリア済みです。
    おかしな格好をしながら、生活用品などでゾンビを倒すお馬鹿なゲームですが、
    コンボ武器があることで、そこらのイスやゴミ箱を無駄に使うモチベーションが低くなる。

    主人公のチャックさんの境遇が不遇で、さらに感染した子供を保護する立場にあるため、
    自らの命が危機にさらされてるところで、はっちゃけてる前作に比べると、
    お馬鹿な格好になるのに、どこか躊躇させられる、これに関しては私見ですが。

    TIRはもっとストーリーに絡んできてよかったのではないかと思う。
    (CASE:WESTには期待しています)

    総合的にはお買い得な値段になって、気がついたら買われるのがよいかと思います。

    追伸:セーフハウスのバニーガールさんとポーカーがしたかった。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 1 4 4
  • デッドラは今回が初めてですが 75
    • 投稿者:れんこん(男性/20代)
    • 投稿日:2010/10/12
    良い点
    ・ゾンビをなぎ倒していくのはやっぱり面白い

    ・コンボ武器などもあり武器が多くて楽しい

    ・休憩がてらにポーカーなどのミニゲームも楽しめる
    悪い点
    ・やる気がそがれちゃうくらいロードが長い

    ・ロード頻度が多い

    ・MAP移動したときに生存者がついてきていないともう一度ロードして元のMAPに戻らないといけないので面倒

    ・時間制限があるゲームなので乗り物を頑丈にしてもっといろんなところに置いてほしい

    ・カジノばっかりのMAP

    ・でもカジノにゲーム性はない。お金をいれて勝手にお金が出てきたりするスロットなどがあるだけ

    セーフハウスなどでトランプができるが制限時間はとまらない
    総評
    悪い点を多く書きましたが全体的にゲームは面白かったです。

    でも、お店が似たようなのばっかりだったりするので次回があればもっといろいろ詰め込んでほしいです。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 4 4
  • 試金石として試したが・・・。 35
    • 投稿者:Romantica(男性/30代)
    • 投稿日:2010/10/11
    良い点
    >ストーリー
    導入部から序盤に至るまでのプロセスはごく自然で好感が持てた。

    >見栄え
    冒頭からゾンビがわらっといる様は、このゲームのテイストを感じさせる。

    >生存者
    ゲーム開始後も生存者が登場することにより、孤独な戦いを演じずに済む部分もある。
    (別に毎回即救助する必要は無い)

    >敵対者(錯乱者)
    ある種現実味のある光景だと思う。

    >コンボ武器
    発想自体は別に悪くない。(続きは悪い点)

    >武器全般
    耐久力性なのは良いと思う。

    >Co-opシステムの導入
    このゲームを買うきっかけがここにありました。
    悪い点
    >ストーリー
    娘の部分に関してはまあアリとしても、それ以外の本編が適当すぎて感情移入が出来ない。
    他のゲームと比べても正直おざなり、か、それ以下としか言えない。

    >マップ
    広そうに見えて実はそんなに広くない世界。また、似たようなステージが多い。
    特にカジノステージの見栄えが似たり寄ったりで工夫に欠ける。
    (小さなスロット台の種類が少なく、それで埋め尽くされてる辺りは失笑)。
    また、全体的にもう少し立体的な構造を持っていてよかったと感じた。
    (地下鉄道通路とか、正直あるだけ無意味ではなかろうか?)

    >生存者
    フォロー機能がついているが、全体命令かつ2パターンしかないのが勿体無い。
    (地点指定と自キャラフォローのみ)
    もう少し細かく命令を出せればより連携感ある戦い方も可能だったかと思う。
    (最も、生存者は"救出する"ことを主眼に置いているという点はあるが・・・)

    >コンボ武器
    ネタだと思って割り切らないといけないのはわかってるが、リアリティ追求に欠ける。
    特に開発時間が瞬間的に終わるのはこのゲームの時間縛りと相反する為に理解し難い。

    >ゾンビ
    このゲームの肝となる存在だが、余り動かないのが勿体無い。
    結構な数が案山子のように突っ立っているのだが基本はそれだけ。
    付近で戦いが起きたり傍を駆け抜けたりするとゆらゆらと寄ってくる仕様。
    これはこれでありなのか・・・?と割り切るしか無い感じ。
    自分はゾンビゲーをそれなりにやっているのだが、
    このゲームのゾンビが一番いてもいなくてもどうでも良かった。

    >Co-opシステム
    他の方も書いている通り、片方がメニューや地図を開くともう一人も
    「ポーズ状態」のまま待たされる。エリア移動も二人が一緒にいないと不可。
    この辺は改善してプレイに支障がないように出来た方がよかった。
    二人である意味はせいぜい敵対者相手に戦う時位なのでCo-op本来の意味が薄い。

    >ロード時間
    MAPの切り替わり時やイベント発生時にローディングが入りますが、
    特に頻繁に行われるMAP切り替わり時のローディングが長い。
    これだけ頻繁に長いロードが入ってしまっては気分はだだ下がり。

    >サウンド
    この作品ほど音楽が印象に残らないゲームは初めてでした。
    総評
    当方デッドラシリーズは2が初体験となります。
    ネット上でよく見かける人物が手掛けた一本、かつ自信がありそうだったので、
    一体どれほどの出来なのか試金石にしてみようと思いこのゲームを購入しました。
    また、本ゲームはCo-opプレイ対応と聞いたため、その辺にも期待していました。
    以下感想。


    基本的には【中途半端な自由度を含んだ時間制限ありの箱庭系お使いゲーム】。

    導入部は惨事に巻き込まれるまでの展開+大量のゾンビ達に心惹かれるものの、
    冒頭〜2・3時間もこなす頃にはこのゲームの抱えてる根幹問題に気づかされます。
    それが【時間制限がある不自由さ】と【ロード時間の長さ】です。
    ストーリーの都合上時間制限は仕方ないと言う人も居るかもしれませんが、
    その時間制限のせいでどこまでも自由気侭に散策出来ない点は大きくマイナス。
    特に初見プレイなのに気侭に出来ず、死んだわけでもないのに最初からやり直し・・・
    というのはCo-opしていた人ともども、非常に不便に感じました。

    ロード時間の長さに関しては悪い点を参考にして下さい(本作随一の欠点です)。
    正直これがなければ印象はもう少しマシだったと思います。

    結果として上記2点が主要素で気持ちよく協力プレイすることが出来ず、
    本作品の真の魅力を見出すことは叶いませんでした。


    金ドブとまでは言いませんが、正直これ以外にも良い作品は多々あります。
    また、ゾンビゲーとして見ても他にもっと良いものはあります。
    他作品と比較して購入に悩んでいる方は、どうぞ慎重に判断してください。

    点数は冒頭の良さを考慮した結果、25点から35点に引き上げました。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 1 1 1 3
  • 真のエンディングを迎えての感想は・・・ 60
    良い点
    ・前作には無かったアイテム同士を組み合わせて作るコンボ武器が登場

    ・グラフィックは前作より少しリアルになった

    ・Co-opが採用され、友達とデッドライジングの世界で暴れる

    ・TIRという4人対戦で、白熱した競技が遊べる

    ・ポーカー、スロット、ゴルフなど、娯楽の場が増えてより面白くなった

    ・前作では困り気味だったサバイバーの行動が改良され、ちゃんと付いて来てくれた

    ・世界共通化で部位欠損が削除されずに収録
    悪い点
    ・けっこう頻繁にロードがある

    ・セーブ方法がトイレと、次のケースに移行する時だけ

    ・主人公にあまり印象がない

    ・時間制限がある為ゆっくりアウトブレイクな世界を堪能出来ない

    ・サウンドがあまり印象に残らない
    総評
    正直、結構いろいろな謎を残してSエンディング…

    一つか二つ謎を明かして、終われば良かったのに、
    半端にスタッフロールに突入したことには驚きました。

    一体、いつ数々の謎を明かすのか大丈夫なのだろうか?

    時間の流れも速いせいか、アウトブレイクな世界をあまり堪能できず、
    サバイバー救出、物資確保、サイコパス撃破で暇がないorz
    時間の流れの調整とかオプションで追加とかすれば良いのに(_ _ )Zzz

    そんなこんなで、こんな評価になりましたが、個人的には楽しめました。
    デッドライジングを初めて、2作目から遊ぶ人には大丈夫そうですけどね・・・
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 2 4 2 2
  • 偽りの自由の先は? 55
    良い点
    前作の不満点をしっかり改善してくれていた点は大いに高評価。
    ・セーブの時間の改善(セーブの長さ)
    ・サバイバーAIの素晴らしい向上(前作はまぁゾンビ慣れしてなかったんだよ市民がw)
    ・前作以上に多くなった武器(コンボカードもこのゲームならではないでしょうか)
    ・相変わらずサイコ戦の音楽はセンスが非常によい。
    ・女性の表情が今作は豊かになりかわいさも垣間見える。
    ・ポーズ中のあののんびりした音楽は癒されますね。
    ・前作ユーザーをニヤリとさせるBGMや風景
    ・オンラインモードの追加
    悪い点
    さて悪い点はちょいと長々とかなりキツメな内容です。
    前作から4年の月日が経っていたにも関わらずこのレベルで発売した製作陣に疑問がたたありです。稲船Pはほんとにこんな作品で満足なのだろうか?

    その1:そもそもでデッドライジング2(以下DR2)の舞台はトレーラーなどで今度は町!と散々言っていたにも関わらず結局前作のモールを広くしただけの、名前はフォーチューンシティーでもやっぱモールだった点。当初はやった!今度は野外戦も楽しめるじゃん!と思ったのもつかの間、結局同じモールの風景だった(怒 ケース0のように野外のままで製作してもよかったのでは?

    その2:マップ関連について。マップを見た際にまずなんでこんなにカジノばっかなの?と感じた。どう見ても場塞ぎにしか見えず、こんなことをするのなら前作のように個性のあるお店を配置してほしかった。お店の数もよ〜く見ると前作とあまり変わっておらず、下手をすれば前作より少ない気もするというか少ない。しかもお店の基本形状が前作の使いまわしという点も個性がなく残念。また前作よりも全体的にまとまっているため余計に狭く見える。

    その3:アイテムについて。今回コンボカードが実装されより多種多様のアイテムが豊富に用意されているが、逆に多すぎて毎回同じような武器やアイテムばかりになってしまい意味がない。またコンボカード入手後使用武器ではPPが2倍になるが、サバイバーを助けたほうが早くPPが溜めれてしまうため完全に空気。

    その4:ゲーム内容・種類について。内容がとにかく薄すぎる。ラスボスが弱すぎたり、終盤のストーリーは前作のドキドキ感が皆無。4年もかかってこの程度は正直前作のネームバリューがなければ成り立たない。前作で要望の多かったオンラインを実装したがその代償として∞モードの廃止があまりにも痛すぎる。しかもこのオンラインもゲーム内のお金を稼ぐ対戦ゲームや本編をフレと2人でプレイできるというものだが、お金は本編でも運気アップ本を使用すればいくらでも稼ぐことがきるし、わざわざ2人でやらなくても簡単にクリアできてしまう内容に意味があまりない。そもそも前作で要望があったオンラインは∞モードで好きなようにフレやいろんな人とサバイバルしたいというものではなかった?
    総評
    稲船Pがのインタビューの中でこのゲームの中で自由に遊んでみてください。
    こうおっしゃってましたが、その極みまではたどり着けなかったように思えます。

    結局72時間という、しかも限られたスペースの中で偽りの自由を享受するか否かをユーザに丸投げしたにも関わらず、ゲーム自体もそれに答えるだけの内容がなかったのが今作の大きな失敗。且つ前作に希望の多かったオンラインについてもユーザ―の思うオンラインと開発陣の思うオンラインの違いがもろに出てしまい正直期待はずれでした。

    前作より4年。もうそんなに経ったんだと思わせる今作。

    ただ悪い点が多くなってしまいましたが、総合的には満足の作品です。
    十分にお勧めです。しかし前作ユーザーから判断するとこの点数が妥当と判断します。

    正直なところ次回作はまぁもう必要ない気がします。
    最後にこの作品が今後バイオハザードのようにならないことを祈って。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 4 2 2
  • 期待しすぎた それに尽きる 50
    良い点
    ・前作で出来た操作が一通り可能

    あくまで操作
    悪い点
    ・頻繁に長いロードが発生
    ・主人公に魅力が感じられない

    前作はフランク=ウェストという出歯亀が自業自得で災難に遭いつつ暴れまわるバカゲー部分が面白かったのだが、近作の主人公には悲壮感あふれているせいか、そのバカゲー臭に非常に水を差しているように思う。

    根本的な操作は変わっておらず、追加された武器の組み合わせなんぞのゲームシステムも付け焼刃的な感が否めなかった。
    総評
    きっと自分が前作プレイヤーで、前と似たようなノリを期待していたのが悪いのだろう。
    デッドライジングというゲームを初めてプレイする方は買って楽しめるのかもしれない。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 1 1 3
  • 前作ありきだがゾンビ好きには堪らない 85
    • 投稿者:cozy(男性/40代)
    • 投稿日:2010/10/08
    良い点
    ・のめりこむストーリーと自由度
    ストーリーを楽しむ、ゾンビをひたすら狩る、生存者を助ける、
    カジノで遊ぶ等、自由度は高め

    ・コンボ武器(道具を組み合わせて作る武器等)を探す楽しみ
    その辺に落ちている物をイメージして組み合わせできる感じがいい

    ・ゾンビが好き自分としては大量のゾンビは好物
    前作より多いゾンビの量と大量のゾンビをなぎ倒すのは爽快です

    ・コスチュームの自由度。
    カジュアル、タキシード、スポーツ、アーミー等、色々なコスチュームで遊べる。

    ・ステータスの引継ぎがあるので周回プレイでやりこみ度も高い。
    ステータスは引き継がれるので強くなってから見つける発見があったり
    周回プレイをしても飽きない

    ・前作よりも救助者の動きがよくなった。
    前作は救助者が壁にはまったり無駄が多かったが
    そういう無駄なストレスがなくなった
    悪い点
    ・ローディングが異様に長い
    とにかく最初に思ったが無駄に多いし長い
    (10秒〜15秒ほどあるんじゃないか・・・)
    HDDにインストールしてこれは正直ひどいレベル

    ・進歩していないグラフィック
    コスチュームやアイテム等、使いまわし?と思うぐらい前作から進歩していない
    キャラグラフィックは日本人受けしないと思う(ゾンビは満足)

    ・武器の数は多いものの実用性は限られている
    今回売りなコンボ武器だけど、結局実用的なものは限られていて
    特に最初に簡単に作れる釘バットだけで他はなくてもいい状況
    強い武器を作るのが面倒で釘バットでいいやでクリアーできる

    ・BGMが異常に少ない?&印象に残らない。
    前作もこんなもんでしたが・・・ゾンビのうめき声メイン

    ・救助者の攻撃が無差別
    救助者がゾンビを攻撃してくれるのはいいが他の救助者がいても
    お構いなしに攻撃するので被害大になる場合も。(自分も食らう)

    ・前作ありきなストーリーとゲーム内容
    前作をプレイしていない人にとっては説明不足な所が多く意味がわかるのかな?

    ・説明のないミニゲーム
    色々ミニゲーム的な要素があるものの、説明なしのいきなりなので
    こまめなセーブ必須。死んだり失敗してもロードしかない。

    ・XBOX限定でPS3ユーザーは泣くしかない
    XBOX限定のケース0や今後のDLCがあるらしく
    XBOXが壊れてPS3でやってる自分にとっては
    何故XBOX限定なんてあるんだと嘆くしかない
    総評
    前作をプレイしていて、面白かったのなら買って損はないと思う。
    ゾンビ好きな人にもお勧めです。(前作からやることをお勧めします)

    自由度の高いゲームにありがちな器用貧乏な感じは否めないものの
    ゾンビ好きな自分にとっては、やりこみ度も高いので満足の一品。
    前作も今作も夢に出るぐらいやってます

    CO-OPに関してはやってないので未評価で。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 2 3 4 5
  • 良くも悪くも前作と同じ面白さ。しかし新たな不満も 75
    • 投稿者:hanny(男性/20代)
    • 投稿日:2010/10/08
    良い点
    ・バラエティにとんだ「コンボ武器」
    アイテム2つを組み合わせて使う「コンボ武器」の種類が多い。強くて実戦向きなものから弱くて笑えるものまで色々あります。

    ・ゾンビの部位欠損
    刃物を使うと腕が取れたり体が縦に切れたりします。断面図とかがリアルじゃないし生々しくないのであまりグロく感じないのも良かった。これがなかったらコンボ武器が引き立たなかったでしょう。機関銃で弾をばら撒くと爽快。

    ・ゾンビを殺して競う競技「TIR」を遊べる
    ストーリー最初で出てくる「TIR」をオンラインで遊べます。9種類のミニゲームで遊べます。賞金は本編で使えるので$に困った方はTIRへ。

    ・前作で面倒だったシステムの改善
    エリア移動の際引き連れてるNPCに「エリア移動可能状態」を示すマークが付きました。
    サバイバーが植木などに引っかかることもなくなりました。
    セーブスロットが3つになりました。
    銃を構えているとき移動可能になりました。

    ・スロット、ポーカーなどの遊び場が豊富
    舞台がカジノなだけにスロットやポーカーなど遊び場が豊富です。勝てばお金やレベルアップに必要な「PP」が手に入ります。

    ・オンラインcoopで本編を2人でプレイできる
    本編で協力プレイをして遊べます。コンボ武器を使う楽しさや可笑しな格好を見せ合う楽しさを共有すると楽しいですね。あと突発的なアクシデントが起こったりすると面白いです。
    悪い点
    ・ロード時間が長い
    長い気がします。サバイバーが遅れているのに間違えてエリア移動してしまうと「ああ・・・」となります。

    ・写真撮影のシステムが削除
    主人公がカメラマンではないので削除されたようです。ストーリー的な展開で入手とかも期待していたのですが・・・。

    ・作りづらいコンボ武器がある
    壊れるものや弾切れになるものなので全体的に作りやすくなる配慮が欲しかったと思う。アイテム欄に格納できない素材やセーフハウスから遠い場所にある素材を使うものは作りづらかった。コンボ武器作成室に共通のアイテムボックスがあれば良かったかも(用事で通ったついでに素材しまったりすれば後で使えるようになるし)。

    ・作業室に素材が少ないものがある
    coopのとき作業室で素材が足りなくて同じものがすぐできないことがあるのが残念でした。2人coop中だけでも最低同じ素材2セットは欲しかった。

    ・レベルアップでコンボ武器のカードが手にはいってしまう
    個人的には一部のコンボカードのように生存者を助けたり、ポスターを見て思いつく方式が良かった。多くがレベルアップで覚えたので場所の探索や偶然に見つける驚きや楽しみを重視して欲しかった。

    ・エリア移動不可なコンボ武器がある
    持てないせいでドアによるエリア移動が出来ないコンボ武器があります。もっと使いたいんだけどな〜。

    ・coopでの不便なシステム
    一人がメニューや地図を開くともう一人も「ポーズ状態」のまま待たされる。
    エリア移動も2人が一緒にいないとできない。

    ・スケボーの耐久力減
    スケボーで走るのが好きだったのですがすぐ壊れるものになってしまった。車やバイクだと速すぎて周りが見づらいし・・・。適度な速さでスイスイゾンビを避けて走れたスケボーが恋しい

    ・∞モードがない
    制限時間がないしcoop向きだと思うのだがモード自体がないみたいです(今後追加されることを願う)。coopでやったら面白そうだったのにな。

    ・銃器はやはり使いづらい
    性能は近接武器に劣る銃器(巻き込み数など多数を相手にするには不向き)。せめて同じ銃拾ったら弾薬だけ拾うようにできればよかったな。
    総評
     点数はロードの長さなどの不満と前作の楽しさがそのままなのに加えて新たにcoopができることを考えて「75」にしました。
     悪い点を多く書いたけど前作と変わらぬゲーム性と楽しさは十分にあると思います。なので前作を楽しめた人は楽しいと感じると思います。悪い点をゲーム性やバランスの一部と捉えて遊ぶのがいいと考えます(ロードはしょうがないですが)。
      前作の不満点も改善できた部分も多く、今作のcoopなどでの不満点も解消してくれることを期待しつつ「3」を待ちたいと思います。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 2 4 5
  • 前作のアペンド版 75
    良い点
    Co-opによる協力プレイが出来るようになった
    コンボ武器導入
    武器や服等、ネタに富んだアイテム
    ぶっ飛んだキャラ達
    悪い点
    ロードの多さ(長くはないと思う)
    難易度調整が完全じゃない
    写真撮影が出来ない・・・だと・・・!?
    総評
    一言で言うと、前作にCo-opを追加しただけっというレベル。
    グラフィックも成長していないし、ストーリーも同じく。

    ロードもインストールさせるくせに、回数が多め。
    長くはないが頻繁にくるので難あり。

    しかしサイコパス(ボス的なキャラ)に関しては
    前作よりもさらにクレイジーでファンキー、そしてバカ(いい意味で)

    そしてデッドライジングらしさっという点で外すことのできない
    カメラによる撮影がカットされてしまったのは非常に残念。

    たしかに今回の主人公はジャーナリストではないが、
    要素的にはデッドライジング=ゾンビ、サイコパス、お色気
    この3つ外せないと思うのだが・・・・
    非常に残念!

    ただ前作のアペンドという題の通り、決して面白くないわけではない
    十分に面白いが前作のアペンド、追加ストーリー程度の位置づけになってしまった感がある。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 3 3 4
  • とても面白かった。だけど・・・ 60
    良い点
    ・コンボ武器を作るのが面白い。
    ・ギャンブルなど好き勝手できて自由度が高い。 
    ・無数のゾンビをなぎ倒す爽快感
    ・レベルアップごとに増えるアクション
    悪い点
    ・マップ移動やイベントのときのロードの長さ
    ・生存者を助けるので時間を食い、あまり遊べないことがある
    ・引き継いで始めると主人公が強すぎてつまらない
    ・パターンを覚えるとあっさり勝ててしまうサイコパス
    ・過剰にグロい表現(人によってはメリットかも?)
    ・謎を残して終わるストーリー
    総評
    「自由度が高く好き勝手に動ける。」「ゾンビをぶっ飛ばす爽快感。」この二つがこのゲームの良さだと思う。
    コンボ武器やギャンブルなど楽しめる要素が十分あるところも良かった。
    ただ、ロード時間やグロいところなどは人を選ぶところがありそう。


    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 2 2 3
  • ボリュームに不満なし。ゲームシステムに不満なし。しかし「隙間」に問題あり。 70
    良い点
    前作同様、細かいところまで作られており、ショッピングモールを探検するだけでも面白く舞台となっているフォーチュンシティもそれなりに広く、遊び場に困ることはない。
    メインとなるストーリーをただ追いかけるだけでなく生存者を探して回ったり、ひたすらゾンビと戦っていてもいい。メインストーリーはあくまでもゲームとしての指標でしかなく、それ以外の遊び方を自分で考えてみたり、悪ふざけに終始したって構わないというスタンスがこのゲームのキモであると思う。いい意味でその適当な投げ方が良く作用しているように感じた。遊ぼうと思えばいくらでも遊べるのだ。

    しかしゲームとして制限時間が限られており、そこに不満を覚えるユーザも多いかと思うが、一定の区切りの中で、ヘタに色々と詰め込まないようになっているのではないかと解釈することもできる。色々な遊び方で何度もプレイする、リプレイ性の高さは誇れるものであり、このゲームの何よりの長所であるように感じた。

    アクションやモーションのパターンも豊かで、数多く作成できる武器を使うところに若干の意味を持たせてくれている。武器だけでなくプロレス技などの体術もそれなりにそろっており、一度は試してみる価値がある。その技が有効であるかどうかはプレイヤーのスタイルや好みによるところが大きいとは思うが…。
    悪い点
    グラフィック的には良くも悪くもない平均点程度であるように思う。遠景表現とは違うぼやけ方をしている部分もあったように思う。残虐表現の強いこのゲームで解像度の向上や子細な描画をすると、よりゴア表現がきつくなってしまうようなことも考えると、あまり文句は言えないかもしれない。発禁よりかは大分マシと考えるかどうかでグラフィックの評価は多少上下するかなぁという程度の問題ですが。

    ゲームバランスとして、存在感の薄い武器が多いこともマイナス点に加えられることがあると思うが、個人的には「悪乗りプレイ」をすればいくらでも解決できる要素であって、あまりそこにこだわる必要もなければ、実際にゲームバランスを崩していたり、いたずらに難易度を上下させていることはない。

    個人的にはあまり頓着しないけれども、実績とトロフィーに関しては少々配慮が足りなかったのではないか?と感じた。「全ての店を訪れる」「全ての食べ物を食べる」など、カテゴリー制覇が目標として定められていても、進捗情報を確認することができず、ひたすらに虱潰しにやっていくしかないところは単純に面倒でしかなく、その作業を楽しいと感じるプレイヤーも中々いないのではないかと思う。ぶっちゃけて言えば、苦痛でしかない。

    しかし、最大の問題点はロード時間にある。これは断言してもいい。このゲーム最大の欠陥がそこにあり、リプレイ性の高さが肝心要のゲームでストレスを感じるロードの多発は致命的と言えるかもしれない。2週目3週目と繰り返すごとに長いロードには辟易とするだろう。事実、2週目でもかなりげんなりとしてしまった。
    ロード時間とロードのタイミングさえ改善されればもっと高得点を得て然るべきなのに、ただただ残念に思う。
    総評
    ゲームの根幹を縛っているようにも見える制限時間も、何週でもプレイして新しい発見をして欲しいというメッセージのように感じるこのゲームでは、トライアンドエラーと様々なルールを組み合わせることで何度でもおいしく食べられるように設計されている。
    用意されている舞台も広く、様々な小ネタ・隠されたアイテムも多く、プレイする側がゲームへのアプローチを変えることでゲームが変わる、そのこと自体が面白く、"箱庭ゲー"とは少しばかり毛並みの違う"擬態ゲー"のように感じる。
    しかし、その面白さも度々ロード時間によって腰を折られてしまうことが非常に残念。ロード時間の長さとタイミングによってゲーム全体のテンポが遅くなってしまい、快適さは感じられない。

    全体的には完成度の高いゲームではあるけれど、致命的なロードタイムで評価を下げてしまっているところと、やや配慮に欠ける実績・トロフィーについて納得できるのであれば、という前提のもとならば胸を張ってオススメできるゲーム。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 4 4
  • 良くも悪くも「デッドライジング」 50
    • 投稿者:お魚侍(男性/20代)
    • 投稿日:2010/10/05
    良い点
    ・オープンワールドらしい自由度の高さがある(服装、武器、乗り物etc)
    ・レベルが上がると前作同様主人公が怪物化していく
    ・TIRというミニゲームがなかなか凝っていておもしろい
    ・コンボ武器の種類が多く探すのもさることながら自分で見つけた時の感動がグッド
    ・操作性、グラフィックに関しては気になるところがない
    ・前作以上にゾンビく、蹴散らしたときにかなり爽快感がある
    ・co-op協力が可能なのでレベルが低くても協力することでクリア可能だったりする
    ・武器として使えるものの多さ「こんなのまで使えるのか」といった感じ
    ・自由度が高いので繰り返し遊べる
    悪い点
    ・ロードがとにかく長い(マップ移動やイベントシーンの度にロード地獄)
    ・制限時間が意外とシビア(生存者を助けてメインストーリーをこなそうとすると『全く』遊べない)
    ・初期に作れる釘バッドが異常な強さのためこれだけで終盤までいける
    ・コスパの高いコンボ武器が限られるため、8割方のコンボ武器が空気
    ・レベルを上げないと途中で積む仕様になっており、作業感がある
    ・主人公がもっさり動くのでサクサク進まずストレスが溜まる(走行スピードMAXでもチンタラ走ってる程度)
    ・ケース7のボスがドロップキックだけで勝ててしまう
    ・生存者(AI)の頭の悪さと足の遅さ
    ・ギャンブル本集めてカジノへ行くとお金が沸いて出てくるチート並の本がある(10分くらいで100万ドル以上稼げる)
    ・前作より狭苦しいマップというイメージがある
    ・サイコ(ボスキャラ)達がアウトブレイクが原因でというより、ただ単に元々おかしな人という扱い
    ・トロフィーや実績が作業感丸出し(全ての〜を〜せよ等)で適当に作った感じが否めない
    ・TIRのオフラインプレイができない
    ・ストーリーが単純(続編を匂わせる終わらせ方もつまらなかった)だし、終わったという感じがなかった
    ・強化版ゾンビの謎は解明されないし、完全放り投げてるだろってかんじがしました。
    総評
    はっきり言って前作以上ではないです。むしろ同じかちょい下くらいかな…

    前作未プレイで2からやってみようって人はかなり楽しめると思います。

    ただ前作経験者からすると「ただのバージョンアップじゃね?」って感じがします。
    グラフィックや操作性には全く不満はないですが、どう見てもxbox版が優遇されすぎている気がします。
    一回クリアしたらあとは作業感丸出しです(実績やトロフィーがあれなので…)
    写真を撮るアクションがなくなったのは個人的に寂しい。
    マップももっと開放的であって欲しかった、車があってもマップが狭すぎて自由にドライブも出来なかったり…
    マップにはもっともっと工夫が欲しかった「ショップ通り」か「カジノ」しかないなんてつまらない
    ストーリーも手を込んだものにして欲しかった。3流のシナリオライターに任せたのかってくらい中途半端です。突っ込みどころ満載ですし、謎を謎のまま放り投げなんていくつあったか。

    そしてなんといっても【ロード】です。長い、すごい長い。
    マップ移動のたびに、ムービーのたびにロードするので実際にプレイしているうちの3分の1くらいロードなんじゃないかと思います。
    生存者助けるにはマップ移動が欠かせないのでストレスが溜まります。

    ただ面白さは前作同様あるので未プレイの方はぜひ買ってプレイしてみてください。
    ゾンビを蹴散らす爽快感に規制のないゴア表現はまさに鬼に金棒です。
    箱庭好きだけどはxbox持ってなくて前作やってない人でもふつうにハマります。
    遊び方は無限大なので何回でも遊べますし、co-opでフレンドと協力するのもまた面白いです。

    良くも悪くも『デッドライジング』です。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 4 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月22日〜11月23日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月