オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Demon's Souls公式サイトへ
読者の評価
96
投稿数:35
レビューを投稿する
海外での評価
89
Powered by metacritic
Demon's Souls
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/01/30 15:07

ニュース

フロム・ソフトウェアとSCEがPS3ユーザーに贈る本格アクションRPG。「Demon's Souls」(デモンズソウル)2月5日発売

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは,PLAYSTATION 3用ソフト「Demon's Souls」(デモンズ・ソウル)を,2月5日に発売する。CEROレーティングはD(17歳以上対象)で,価格は6980円(税込)。

Demon's Souls

 本作は,アーマード・コアシリーズや「NINJA BLADE」の開発元としておなじみの,フロム・ソフトウェアが手がけるアクションRPG。“原点回帰”を旗標にした同社が,PS3のパワーを生かしつつ本気で制作したという本作では,「丁寧すぎる誘導」「過剰で一方的なムービー演出」といった,プレイヤーの想像力や主体性を阻害する要素が排除されているという。それは,挑戦/発見/達成感などの“ゲーム本来の喜び”を,存分に味わってもらおうという意志の現れなのかもしれない。

北の国、ボーレタリアの王、オーラントは
人跡地の限界、氷山脈の奥地で、巨大な楔の神殿を見出し、ソウルの業を手にした
ソウルとは、人に隠された、新たな力であるようだった

だが、ボーレタリアの繁栄は長くは続かなかった

老境に至ったオーラントは、更なる力を求め楔の深奥に入り込み
そこに眠る古い獣を目覚めさせ、色の無い濃霧と、デーモンたちが生じた

色の無い濃霧はボーレタリアを覆い、デーモンたちは人々からソウルを奪い、喰らった

ボーレタリアは、瞬く間に、ソウルに飢えた亡者だけが彷徨う亡国と成り果て
霧の裂け目から、多くの英雄たちを飲み込み、そして、誰も戻らなかった

濃霧は、静かにボーレタリアから滲み出しつつあり
既に北の地の大半が、濃霧の中に消失していた

人々は、緩やかな滅びの予感に絶望していた
やがて濃霧が、世界のすべてを覆うだろう

そんな中、また一人、最後の希望(主人公)が
霧の裂け目からボーレタリアに入り込む…


Demon's Souls Demon's Souls

 本作の舞台は,デーモン達が跋扈する亡国ボーレタリア。プレイヤーは一人の冒険者となり,デーモンと濃霧に覆い尽くされようとしているボーレタリアを救うべく,そして禁忌の業“ソウル”の謎を解明すべく,ボーレタリアへと入り込む。

 主人公キャラクターは固有のものではなく,プレイヤーが任意に選んだ“生まれ”や,ポイントを割り振った能力値によって,自分だけのキャラクターが作成できる。
 生まれは,騎士や魔術師,盗賊といった職業に相当するもので,10種類が用意されている。選んだ生まれによって,初期能力値や初期装備が決定される仕組みだ。ちなみに能力値は,ソウル(経験値でもあり,お金でもある)を消費することで成長させられる。

Demon's Souls Demon's Souls

 装備できる武具には,扱いやすい剣,盾と併用できる突き専用の槍,当て方によってダメージが変化する斧,防御力の高い金属鎧,回避力や隠密性に特化した革鎧といった具合に,見た目や数値的な性能以上の意味が盛り込まれている。武器は,両手にそれぞれ二つずつセットできるほか,防具も部位ごとに装備できるので,好みやプレイスタイルに応じたコーディネートが楽しめそうだ。

 生まれや能力値,装備している武具によって,キャラクターの長所/短所は大きく変わってくる。また倒すべき敵であるデーモンも,種類によって攻撃方法や弱点が異なるため,戦術のバリエーションは非常に多そうだ。状況を冷静に判断し,そのタイミングでもっとも有効だと思われる一手を繰り出す。そんな奥深い駆け引きが,バトルの緊張感をグッと高める。

Demon's Souls

 冒険の舞台であるボーレタリアは,五つのエリアで構成されている。これらの攻略ルートは一本道ではなく,行ったり来たりしながら,自由な順序で攻略していける。また,完全3Dグラフィックスで表現された起伏に富んだマップは,プレイヤーに発見の喜びや,不意打ちの驚きなどを提供してくれることだろう。

 なお本作には,シングルプレイ要素だけでなく,ブロードバンドネットワークを介したマルチプレイ要素も盛り込まれている。死んだプレイヤーの血痕が配信され,それに触れることでそのプレイヤーの死に様がリプレイされたり,「この先に宝がある」などのメッセージをMAPに書き込めたり,死亡してソウル体になったほかのプレイヤーをファントムとして召喚し,一緒に冒険を楽しんだりといった要素が存在する。

Demon's Souls Demon's Souls

 詳細については公式サイトで確認してほしいが,ちょっとしたお遊び要素から,なかなか本格的な協力プレイまで,幅広いオンライン要素が用意されている模様。シングルプレイにも新たな刺激をもたらしてくれそうだ。

「Demon’s Souls」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Demon's Souls

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
82
81
Banished (PC)
2014年01月〜2014年07月