オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
BAYONETTA(ベヨネッタ)公式サイトへ
  • セガゲームス
  • 発売日:2009/10/29
  • 価格:7,980円 (税込),ダウンロード版3600円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
67
投稿数:6
レビューを投稿する
海外での評価
87
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/08/29 22:06

イベント

日本初のプレイアブル出展に全国からファンが集合。クライマックスアクション「BAYONETTA」の先行体験会が開催

BAYONETTA(ベヨネッタ)
 セガは8月29日,六本木にあるA.I TOKYOにて,「Feel BAYONETTA 8.29」と題した先行体験会を開催した。この体験会では,10月29日にPLAYSTATION 3版 / Xbox 360版が発売される∞クライマックス・アクション「BAYONETTA(ベヨネッタ)」が,日本で初めてプレイアブル出展された。
 BAYONETTAは,記憶を失った魔女“ベヨネッタ”を主人公とした作品で,両手両足に装備した四丁拳銃や格闘技などを駆使し,ド派手アクションが楽しめる。
 また,「デビルメイクライ」や「ビューティフルジョー」などで世界的な評価を受けたゲームデザイナー,神谷英樹氏の最新作であるという部分も,熱心なゲームファンならば気になるところであろう。
 本稿では,体験会の模様を詳しくレポートしていくので,興味のある人はぜひご一読を。

BAYONETTA(ベヨネッタ) BAYONETTA(ベヨネッタ)
BAYONETTA(ベヨネッタ)


ウィッチタイムを駆使したプレイは爽快の一言 

慣れてくればやみつきになること間違いなし! 


BAYONETTA(ベヨネッタ)
 体験会では,試遊タイムに先立ち,BAYONETTAのディレクターを務める神谷英樹氏と,プロデューサーの橋本祐介氏が登場して挨拶を行った。
 橋本氏はまず「感じるままに操作できる触り心地と,本作のコンセプトでもある“ノンストップ クライマックスアクション”の部分を体験してほしいと思います」と語った。
 その後,神谷氏は,会場のモニターで“ベリーイージーモード”をプレイしている動画を公開。そこで「このモードでは,ボタン連打をしているだけでも問題なくプレイできます」と,ベリーイージーモードのウリをアピール。

「BAYONETTA」プロデューサーの神谷英樹氏(左)と,プロデューサーの橋本祐介氏(右)
BAYONETTA(ベヨネッタ)

BAYONETTA(ベヨネッタ) BAYONETTA(ベヨネッタ)

 また橋本氏は,「本作はバリバリのアクションゲーマーだけではなく,ライトユーザーにもプレイしていただきたいと思っていました。そんなとき,開発の方からこのモードを提案してもらったんです」と本モード誕生の経緯を述べた。
 動画では実際に,右手の親指しか使っていないにもかかわらず,サクサクと戦闘を進めている模様が確認でき,ベリーイージーモードがどれだけ初心者を考慮して作られているのかが感じ取れた。


 お次は神谷氏から,本作独自のシステムである“ウィッチタイム”の説明が行われた。
 ウィッチタイムとは,敵の攻撃をギリギリで避けることで発動するシステムだ。ウィッチタイムが発動すると,ベヨネッタは超高速で動けるようになり,その間,敵へ自由に連続技をたたき込むことができる。
 神谷氏によると,「最初はなかなかタイミングがつかめず,トライ&エラーを繰り返すと思いますが,成功するとやみつきになると思います」とのこと。


BAYONETTA(ベヨネッタ) BAYONETTA(ベヨネッタ)
BAYONETTA(ベヨネッタ) BAYONETTA(ベヨネッタ)


天使を倒す爽快感はBAYONETTAでしか味わえない

キャラデザインや,ディテールの細かさも見逃せない


 さてここからは,筆者が実際にBAYONETTAをプレイした感想を交えつつ,同作の魅力を紹介していこう。ちなみに今回の体験会で,筆者はPLAYSTATION 3版とXbox 360版の両方をプレイしたが,短いプレイ時間では,プラットフォームの差による大きな違いは感じられなかった。また,今回プレイできたバージョンは,E3 2009版ではなく,東京ゲームショウ2009版の先行体験用ロムとのこと。TGS 2009ではBAYONETTAの試遊が可能なので,今回のイベントに参加できなかった人は楽しみにしていよう。

 BAYONETTAをプレイしてまず思ったのは,キャラの動きがなめらかで操作性が非常によいということ。長年アクションゲームを作り続けてきた神谷氏の作品だけあって,このあたりの“手触り”の表現は「さすが!」の一言だ。
 また“バレットアーツ”(射撃と打撃を同時に行う連続技)も,最初はコツがいるものの,慣れてくればポンポンとコンボが繋がっていくので,プレイしていてかなり心地よい。

BAYONETTA(ベヨネッタ) BAYONETTA(ベヨネッタ)

 魔女ベヨネッタならではのシステムでもある“トーチャーアタック”も興味深い。トーチャーアタックとは,ダメージを受けると溜まっていくゲージを使うことで発動できる特殊攻撃のこと。トーチャーアタックを発動すると,中性ヨーロッパで実際に使われていた拷問道具を使って敵を倒すことができる(悪魔を召喚する場合もある)。
 また,その際の演出もかなり凝っているので,本作の魅力を隅から隅まで味わいたい人は,積極的に使っていきたいシステムである。
 筆者のプレイ時には,アイアンメイデンを使ったトーチャーアタックが見られた。魔女が鋼鉄の処女を使って天使を拷問にかけるという光景が,なんともいえず凄まじく,ドSな人にはたまらないアクションなのではないだろうか。ちなみに筆者はどちらかというとその逆なので,ちょっと食らってみたいと感じた。死んじゃいますけど。

BAYONETTA(ベヨネッタ)

 またウィッチタイムに関しては,最初は敵が攻撃してくるタイミングがつかめずに,ダメージを食らってばかりだった。しかし繰り返しプレイしているうちに,成功率が目に見えて上がってきて,プレイ後半ではボス相手でも繰り出せるようになっていた。
 ウィッチタイムが使いこなせるかどうかで,ゲームの難度やプレイ時のテンションは大きく変わってくる。本作をプレイするときには失敗を恐れず,常にウィッチタイムを発動させることを考えつつ,ベヨネッタを操作したいところだ。

 短い時間ではあったが,実際にBAYONETTAの試遊を終えて思ったのは「もっとやりたい!」ということ。アイアンメイデン以外のトーチャーアタックも見たかったし,バレットアーツやウィッチタイムの練習ももっとしたかった。ゲームの随所に挿入される,ベヨネッタのスタイリッシュかつセクシーな演出ムービーも,プレイのモチベーションをグッと高めてくれるクオリティだった。
 神谷氏の手がけたアクションゲームといえば,デビルメイクライが頭に浮かぶ人も多いと思う。実際BAYONETTAの操作性は,デビルメイクライに近いものがあるので,同作が好きな人にもぜひオススメしたい。

BAYONETTA(ベヨネッタ)

 また神谷氏によると,発売に先駆け,体験版の配信も予定しているとのこと。日程については後日あらためて発表されるようだ。加えて,10月にはBAYONETTAのテレビCMが公開される模様。会場ではテレビCMのメイキング映像が流れていたのだが,ベヨネッタそのもののとしかいいようのない女性が登場する,かなり凝った作りの作品になりそうだ。こちらについても,ベヨネッタファンは楽しみにしていてほしい。

BAYONETTA(ベヨネッタ) BAYONETTA(ベヨネッタ)
BAYONETTA(ベヨネッタ) BAYONETTA(ベヨネッタ)
  • 関連タイトル:

    BAYONETTA(ベヨネッタ)

  • 関連タイトル:

    BAYONETTA(ベヨネッタ)

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日