オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PCゲーム
PCゲーム
レビュー
プレイレポート
インタビュー
体験版
ムービー
最近発売されたタイトル
最近のオススメ
ゲームカタログ
読者レビュー
Xbox One
PS3/PS4
PSV
Wii U
3DS
スマホ
VR
ハードウェア
アーケード
アナログ
パッケージ
League of Legends公式サイトへ
  • Riot Games
  • 発売日:2009/10/27
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
91
投稿数:51
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「League of Legends」日本サーバーでのクローズドβテストがついにスタート。言い訳が通じない応答速度1ケタの世界を体験してみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/02/04 19:32

プレイレポート

「League of Legends」日本サーバーでのクローズドβテストがついにスタート。言い訳が通じない応答速度1ケタの世界を体験してみた

 世界的に大きな人気を誇るMOBA「League of Legends」の日本サーバーにおいて,ライアットゲームズは本日(2016年2月4日)クローズドβテストを開始した。このテストは,すでにLeague of Legendsを遊んでいる日本在住のプレイヤーを優先的に招待して行われるもので,テストには東京都内に設置されたサーバーが使用される。

League of Legends

 2013年に日本市場におけるサービスの話が持ち上がってから,ずいぶんと年月が経ってしまったが,現状クローズドとはいえ,こうして日本語化されたクライアントを使って国内のサーバーで遊べる日が来たというのは,素直に喜ばしいことだ。

 今回4Gamerは,本テストに参加する機会を得たので,日本語環境におけるゲームプレイの感触をさっそくお届けしたい。

「League of Legends」公式サイト



 最初に,ゲームプレイ時の通信環境から見てみよう。現在,日本国内から北米サーバーでプレイすると,サーバーの応答速度は170ms前後となり,体感できるレベルで遅延が感じられる。一方で日本サーバーの場合は,前述したとおりサーバーが都内に置かれているため,都内(中央区)にオフィスがある4Gamer編集部のPCから接続すると,なんと応答速度は8ms前後と非常に快適だ。

応答速度が1ケタだとチャンピオンがキビキビ動いてくれる
League of Legends

 やはりサーバーの応答速度が速いと,ラストヒットが取りやすいのはもちろん,当たり判定の違和感も解消されているように感じた。これにより,いよいよ筆者もスレッシュの鎌に捕まった言い訳をラグのせいにできなくなったわけだ。まいったなあ。
 ちなみに,今回プレイしたのは「ブランド」「ヴェイガー」「ケイトリン」の3人で,いずれもボイスが日本語になっていた。とくにラスボススキンのヴェイガーがしゃべるパロディネタは,もともと日本向けのものが多いためか,日本語ボイスで聴くと一層面白く感じられる。

「今の絶対避けたから!」なんて言い訳はもう通用しない(涙目)
League of Legends

 続いて,LOLの玄関口となるクライアント周りをチェックしてみよう。LoLの言語はサーバーの地域ごとに紐付けられており,日本サーバーで遊ぶときは当然クライアントも日本語になる。今まで北米や欧州のサーバーでプレイしていた人からすれば,日本語がずらっと並んだインタフェースは,かなり新鮮に感じるはずだ。

League of Legends
英単語を駆逐するかの勢いで,隅々までしっかりと日本語化されている
League of Legends League of Legends

 日本語クライアントにおける大きなポイントは,サモナー名に2バイト文字が使えるという点だろう。実際に試合をしてみると,ひらがなや漢字を使った名前のプレイヤーを多く見ることができた。
 また,チャンピオンやルーンを購入するストアページもすべて日本語化されており,チャンピオンのバックストーリーなども日本語でじっくりと楽しめるのが嬉しい。ちなみに,チャンピオンはすべてカタカナ表記になっている。

League of Legends

 一方,英語でプレイしてきた人にとって不便に感じられるのが検索周りだ。日本語クライアントは,チャンピオンやアイテムの英字検索に対応していないので,たとえば「Brand」と入力しても「ブランド」はヒットしない。
 また,細かいことになるのだが,カタカナ検索となると,一度変換キーを押してからEnterキーで入力を確定させなければならないので,チャンピオンやアイテムを素早く検索したいときにはもどかしさを感じる。せめて,ひらがな検索に対応してもらえればといったところだろうか。この辺りは今後の改善に期待したい。

アイテムショップは,ひらがなでも検索できるので,チャンピオンもそのうちできるようになる可能性はある
League of Legends

 最後に,ゲームに参加したプレイヤー全員が日本人の場合,試合中のコミュニケーションにどのような変化が起きるのかという部分についても触れておきたい。今回筆者は本稿の執筆にあたって10試合ほどプレイしたのだが,全体的な印象としては,とても静かに感じられた。
 北米サーバーでは,ミスをすると「troll」やら「noob」やらと罵倒が飛んで来るのが日常茶飯事だったわけだが,それに比べて日本サーバーはとても優しい。まあ,筆者自身はむしろ静寂の方が怖かったりするわけだが……。

League of Legends

 もちろん,まったくコミュニケーションがないというわけではなく,ドラゴンやバロンを取りに行くタイミングや,バフを譲るときなどに,声がけしてくれるプレイヤーも多い。今回はクローズドな環境だからというのもあるかもしれないが,いずれにせよ初日を遊んでみた限りでは,過激なコミュニケーションをするプレイヤーに遭遇することはなかった。

League of Legends

 現在実施されているクローズドβテストの終了時期は未定となっているが,日本サーバーの開設自体は「桜の咲くころ」(関連記事)に予定されているとのことなので,今回テストに参加できなかった人も,そう日を待たずに日本サーバーで遊べるようになるはずだ。
 日本語版は隅々まで翻訳されているので,英語のインタフェースに慣れ親しんできた人にとっては,戸惑う部分も多いだろう。ただ,応答速度の速いサーバーでのプレイを一度体験してしまうと,海外のサーバーに戻れなくなることは間違いないので,正式にサーバーが公開される日を楽しみしていてほしい。

「League of Legends」公式サイト

  • 関連タイトル:

    League of Legends

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月25日〜07月26日