オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
RUSTY HEARTS公式サイトへ
読者の評価
68
投稿数:8
レビューを投稿する
準備中
RUSTY HEARTS
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/10/26 00:00

インタビュー

セガが運営するオンラインRPG「RUSTY HEARTS」プロデューサーにインタビュー。ゲームの概要とオンラインゲーム事業の今後の展開を聞いてきた

 セガは,PC向けオンラインRPG「RUSTY HEARTS」のクローズドβテストを,2012年11月1日から11月5日の5日間にわたり実施する。
 「RUSTY HEARTS」は,韓国Stairway Gamesが開発したスクロールタイプのオンラインアクションRPGで,カートゥーン調のレンダリングによるアニメ風のグラフィックスとコンシューマゲームのようなプレイフィール,そして奥深いストーリーを特徴とする作品だ。

RUSTY HEARTS

 セガは,「ファンタシースターオンライン2」をはじめとした自社開発のオンラインゲームのサービスを行っており,日本のオンラインゲームパブリッシャとしても老舗の部類に入るのだが,他社開発タイトルのライセンスを取得して運営を行うのは約7年振りとなる。

 今回4Gamerでは,「RUSTY HEARTS」のプロデューサーである関口悦昭氏に,本作を日本でどのように運営していくのか,また,今後の同社におけるオンラインゲーム事業をどのように展開していくかといった話題について,インタビューしてきた。

 なお「こちら」の記事にあるように,4Gamer読者枠として3000名分のクローズドβテスト参加者募集を行っている。応募締切は10月29日の13:00までなので,ぜひ応募してみてほしい。

「RUSTY HEARTS」公式サイト

「RUSTY HEARTS」クローズドβテスト4Gamer読者枠応募はこちら

関連記事:
セガ,韓国発のPC向けMORPG「RUSTY HEARTS」の国内サービスとクローズドβテスター募集を発表。4Gamer読者枠は3000名

RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS
RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS


クローズドβテストでは,重厚なストーリーの片鱗と世界観,そして爽快なアクションを味わえる


4Gamer:
 本日はよろしくお願いします。まずは「RUSTY HEARTS」がどんなゲームなのか,あらためて教えてもらえますか?

「RUSTY HEARTS」プロデューサー 関口悦昭氏
関口悦昭氏(以下,関口氏):
 14世紀のヨーロッパを舞台にした作品で,ヴァンパイアや魔女,狼男といった伝説,伝承をモチーフにしたキャラクター達が活躍するアクションRPGです。3Dベルトスクロールタイプで,基本的には,最大4人でパーティを組む協力プレイが主となりますが,最大10人対10人のPvPシステムといった要素も用意しています。

4Gamer:
 アクションゲームにもいろいろな種類がありますが,本作はどのようなタイプになるのでしょうか。

関口氏:
 ステージに登場する多数の敵を倒していく,一騎当千タイプのアクションですね。360度の全方位に攻撃ができますから,ベルトスクロールタイプにありがちな,軸がズレて攻撃が当たらないといったストレスを感じることはありません。
 キャラクターを選んでダンジョンに入り,敵を倒しながら奥に進み,ボスを倒すなどの目的を達成してクエスト完了,というサイクルを繰り返すというのが,ゲームの基本的な進行となります。
 操作体系はシンプルで,攻撃ボタンを連打するだけでも大丈夫です。また,アクションをより楽しめるよう,「ジャストガード」や,そこから派生する「ジャストカウンター」といった上級者向けの要素も用意していますので,幅広い層の方々に楽しんでいただけると思います。

RUSTY HEARTS
RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS
RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS

4Gamer:
 プレイアブルキャラクターは,何人ぐらいいるのでしょう。

関口氏:
 クローズドβテストの時点では,フランツとアンジェラの2人だけになります。まだ具体的な数まではお話できないのですが,オープンβテスト以降,キャラクターは順次追加していく予定です。
 キャラクターの外見は,敵のドロップアイテムやクエスト報酬などで入手できる素材を使って作るアバターを着用することでカスタマイズできます。ベースとなるキャラクターそのものは変えられませんが,アバターは20〜30種類ほどゲーム内で製作できますし,髪型や色も変えられますから,同じキャラクターでもまったく異なる雰囲気にすることが可能です。

RUSTY HEARTS

4Gamer:
 フランツとアンジェラの特徴を,それぞれ教えてください。

関口氏:
 フランツはヴァンパイアハーフで,次々に敵を倒していくような,スピード感と爽快感のある戦闘を楽しめるキャラクターです。一方のアンジェラは見習い魔女で,大型の武器を装備して戦います。スピードは遅いものの一撃の破壊力が大きいタイプで,魔法スキルを多く習得していきます。
 フランツはソード/アックス/ツインソードを,アンジェラはマジックソード/サイス/グレイヴを使えます。

フランツ
RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS
アンジェラ
RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS

4Gamer:
 キャラクターごとに装備できる武器が複数あるんですね。

関口氏:
 はい。それぞれの武器カテゴリごとに,グラフィックスの異なるさまざまな武器が用意されていて,素材を集めて武器を生産したり,「活性石」というアイテムでエンチャントして強化することも可能です。
 また,クローズドβテストでは,レベル10から3タイプの武器を持ち変えられるようになります。同じスキルでも武器が異なればモーションが変化する場合もあります。また,クローズドβテスト以降では,それぞれの武器に特化する形で,いわゆる“転職”を行うことになり,習得できるスキルも武器ごとに大きく個性が出るようになっています。

RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS
RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS
RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS

4Gamer:
 ということは,武器の持ち替えはあまり頻繁にはできないんですか?

関口氏:
 いえ,1つの武器に特化する転職を行うまでは,いつでも武器変更ができます。

4Gamer:
 ちなみに,1アカウントで使えるキャラクターの枠に制限はありますか?

関口氏:
 キャラクター枠をアンロックして増やしていく形式です。どのようにアンロックするかについては,現在調整中ですが,少なくともクローズドβテストでは,1アカウントで2キャラクターとも遊べるようになっています。

4Gamer:
 先ほど,14世紀のヨーロッパを舞台にしているという話が出ましたが,「RUSTY HEARTS」にはストーリーモードのようなものは用意されているのでしょうか。

関口氏:
 もちろんストーリーも用意しています。基本的に,一つのメインシナリオに沿って進行して,フランツとアンジェラの2人がメインとなる物語に,ほかのプレイアブルキャラクター達が関わってくるという形です。

4Gamer:
 ということは,ストーリーを進めないと,ほかのプレイアブルキャラクターの選択はできないのですか?

関口氏:
 いえ,どのキャラクターを選んでも,“ヴァンパイアロード”との決戦を7日後に控えた,黄金騎士団のフランツとアンジェラの物語から始まるというだけです。フランツとアンジェラ以外のキャラクターも,実装されたらゲームを開始してすぐに使えるようになります。

RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS
RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS

4Gamer:
 選択したキャラクターのストーリーから始まって,次第に1本のシナリオに収束していくという形式ではないと。

関口氏:
 そうですね。オンラインゲームというよりは,家庭用ゲーム機のタイトルのような展開になっています。それから,ストーリーはモードとして独立しているのではなく,ストーリークエストがあって,それをクリアしながら先に進む形になっています。

4Gamer:
 では,ストーリーにはエンディングがあって,アップデートで追加されていく感じなのでしょうか?

RUSTY HEARTS
RUSTY HEARTS
RUSTY HEARTS
関口氏:
 実は,2011年からサービスが始まってもっとも展開が進んでいる韓国でも,まだストーリーが大団円を迎えていないんですよ。私も開発元に確認したのですが,まだまだ終着点には程遠いみたいです。
 また,「RUSTY HEARTS」はシナリオのボリュームが膨大で,一般的なオンラインRPGの10倍程度はあると思います。翻訳作業だけでもかなりたいへんでした(笑)。

4Gamer:
 「RUSTY HEARTS」は,海外で先行してサービスされている作品なので,コンテンツの量も十分あると思います。正式サービス開始のタイミングで,日本では海外で提供済みのコンテンツすべてが最初からプレイできると考えていいのでしょうか?

関口氏:
 いえ,正式サービス以降,日本要望による新しい仕様を開発としっかり協議して調整したものを含め,アップデートを重ねて段階的に実装していくスタイルになります。

4Gamer:
 ということは,日本では独自のローカライズを行っていくことになるのでしょうか。

関口氏:
 基本的には全世界で共通ですね。日本から要請したコンテンツは,先行している韓国でまず実装され,プレイヤーの反応や安全性などを確認してから,日本に導入するという流れになります。

4Gamer:
 全世界でバージョンをある程度揃えたほうが管理面などでメリットが大きいと思うのですが,そうしなかったのはなぜですか?

関口氏:
 私は,「プレイヤーの皆さんを楽しませるにはどうすればいいか」という部分を最優先すべきだと考えています。まとめて実装したほうが楽といえば楽ですが,それは開発の都合であって,プレイヤーの皆さんには関係ないことです。
 また,最初に膨大過ぎるコンテンツを実装すると,プレイヤーの皆さんも何からプレイしたらいいのか迷ってしまうこともあるでしょうし,さまざまなコンテンツに分散してマッチングにも影響します。ですから,仮に開発チームに反対されたとしても,必要だと思ったら粘り強く説得しますね。
 ちなみに,日本展開に向けて足りない要素や作り込みが甘い部分として,開発元に要望を出した項目は,すでに200項目を超えています。

4Gamer:
 具体的には,どのようなものが多かったのですか。

関口氏:
 たとえば,韓国ではキーボードとマウスでの操作が一般的ですが,アクション性の高いゲームを日本で展開するなら,ゲームパッドでも操作できるようにしないといけません。
 いちおう,元のバージョンでもゲームパッドでプレイはできたのですが,ボタンのカスタマイズを行うたびに,いちいちゲームの再起動が必要だったんです。それはストレスになるからという理由で,改善してもらいました。
 ほかにも,元のバージョンを実際にプレイしたときに,「こうすればもっと良くなる,もっと喜ばれる」と感じた部分が非常に多かったんです。なので,プレイしてストレスがたまる部分については,とくに強く要望を出しました。

4Gamer:
 クローズドβテストでは,海外でサービスされている内容の何割程度を体験できるのでしょうか?

関口氏:
 クローズドβテストでは冒頭の部分に限定させてもらっています。とはいえ,メインシナリオに関わるダークでシリアスなクエストから,ちょっとおふざけ要素の入ったクエストまで,多種多様なクエストを100個ほど用意しましたから,世界観を十分堪能できるボリュームにはなっているはずです。

4Gamer:
 実際のところ,ストーリーを進める部分は1人でプレイできるものなんですか?

関口氏:
 基本的には,1人でもプレイできるようになっていますが,複数人でプレイしたほうが,クエストの難度や獲得経験値の面から見てメリットが大きいです。協力プレイを楽しむためのパーティ専用クエストや,パーティを組んでいないと発生しないクエストがありますので,パーティプレイのほうがお勧めです。
 また,ギルドシステムやギルド専用スキルといったコミュニティ要素もあります。日本でのサービス展開にあたって開発元に導入を要請して実現したものもたくさんありますので,ぜひフレンドを作って楽しんでほしいですね。もちろん,ギルドに加入していないと楽しめないようなコンテンツにならないように配慮していますので,ご安心ください。

RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS

4Gamer:
 本作はレベル制を採用していますよね。マルチプレイの場合,パーティを組んだキャラクター間にレベル差があると,受けたクエストの難度が極端に上がったり下がったりする可能性もあります。そのあたりはどのように対処しているのでしょうか。

関口氏:
 極端にレベル差があるキャラクター同士では,取得経験値などに制限がかかったりする仕様となっています。ただ,それだけではギルド内の友達同士で一緒に遊べなくなるケースが発生してしまいますから,レベル差があっても一緒に遊べるような仕組みを開発しているところです。

4Gamer:
 PvPのコンテンツもあるとのことですが,この場合のキャラクターレベルの扱いはどのようになるのでしょうか。

関口氏:
 PvP内では,全プレイヤーキャラクターに専用のステータスを適用して,画一化しています。ただ,装備やスキルなどは自分がカスタマイズしたものをそのまま利用できるので,そういった面で差別化を図ったり,キャラクターを育成するメリットを出していく形になります。
 あとは,ルームを初心者向けから上級者向けまで用意するのをはじめ,マッチングの設定で吸収していくことになります。
 バランスに関しては,まだまだ調整の余地はありますが,社内でテストを繰り返して調整したので,いいバランスになってきていると思います。あとは,クローズドβテスト以降,実際にテスターの皆さんにプレイしていただいて,その結果を反映していく予定です。

4Gamer:
 PvPのルールには,どんなものが用意されるのでしょうか。

関口氏:
 個人サバイバル,チームサバイバル,タッグマッチ,10人対10人の大規模対戦などを用意しています。クローズドβテスト以降も,新しいマップやルールを追加していく予定です。
 また,ただ対戦できるだけではプレイするモチベーションにつながらないと思いますので,PvP関連の称号であったり,PvPをプレイすることで溜まるポイントで特別なアイテムを入手できたりといったメリットも用意していきます。

RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS
RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS


単なるローカライズではなく,日本でサービスするにふさわしい内容になるまでクオリティアップを図る


4Gamer:
 「RUSTY HEARTS」のビジネスモデルは,基本プレイ無料のアイテム課金制だと発表されていますが,有料アイテムは,どのようなものになるのでしょうか。

関口氏:
 基本は,アバターアイテムやペットが中心ですね。ちなみにペットは,ドロップアイテムを回収してくれたり,アイテムを保管してくれたりといった役割です。
 ほかにも,アクションゲームが苦手という方のために,クエストの難度を下げるアイテムや,力尽きたときに復活するアイテムが足りないときに補給できるといった補助系のアイテムも用意します。
 ただ,アバターはゲーム内で生産/入手できますし,補助系のアイテムも,同様のものがクエスト報酬などで入手できますから,とくにご購入いただかなくとも十分プレイは可能です。

4Gamer:
 トレードなど,有料アバターやペットをゲーム内通貨で購入する手段は用意されていますか?

関口氏:
 有料アバターについては,ゲーム内のオークションシステムでユーザー間の売買が可能ですが,一部例外もあります。有料ペットについては取引不可ですが,有料販売とゲーム内通貨の2通りで入手できるようにしました。また,ペットは独自のインベントリを持ち合わせているので,倉庫代わりに利用することもできます。

4Gamer:
 有料コンテンツについてもう少しお聞きしますが,海外では,プレイアブルキャラクターの一部が有料で販売されていると聞きました。日本でも同じビジネスモデルが採用されるんですか?

関口氏:
 それは,日本展開にあたって撤廃しました。私自身が追加キャラクターを販売することには反対でしたから,「それは望ましくない」と開発元に強く主張したんです。
 やはり今の時代,追加プレイアブルキャラクターを有料にするのは,ビジネスとして露骨過ぎますよね。プレイヤーの皆さんにはまずはゲームをにどんどん触れていただき,ストーリーを楽しんでいただくことが大前提になりますから,ゲームを楽しんでもらうのに,最初からお金が必要になるようではダメだと。

4Gamer:
 日本で展開するにあたり,キャラクターボイスに20名程度の声優を起用したということですが,ゲーム内のどのようなシーンでボイスが使われるのでしょうか。

関口氏:
 クエスト中のスキル発動時などのボイスに日本語ボイスが入るのはもちろんですが,イベントシーンの一部やダンジョンの重要地点といったパートでも,ボイスによる演出が入ります。

RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS
RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS
RUSTY HEARTS RUSTY HEARTS

4Gamer:
 それから,公式サイトでは主題歌を担当するアーティストが存在することは明らかになっていますが,「?」のままですよね。これは誰が担当するのでしょうか?

関口氏:
 近日公開予定です(笑)。……ヒントとしては,“3人組”です。楽曲は「RUSTY HEARTS」のために書き下ろしていただいたので,ぜひご期待ください。


「サイトに行けば遊びたいタイトルがある」ようなパブリッシャを目指す


4Gamer:
 セガのオンラインゲーム事業展開についても,話を聞かせてください。「RUSTY HEARTS」の日本国内におけるサービスの発表と合わせて,今後は海外のPCオンラインゲームの国内サービスを推進する予定だという方針が明らかにされました。これは,どのような経緯で決まったことなのでしょうか。

関口氏:
 セガでは「PSO2」「野球つくONLINE2」をはじめとした自社開発タイトルの開発・運営を行っていますが,自社開発タイトルだけでは,ユーザーさんのさまざまなニーズにお応えできる,バリエーションのある迅速な展開が難しいところがある,というのも事実です。
 ですから,海外タイトルのライセンスインという形式で,多様なジャンルを取り揃えることになったんです。当面の目標は,1年間で3タイトル程度のサービスを目標に,「セガのサイトに行けば,何かしら遊びたいオンラインゲームがある」という状態に持っていくことです。

4Gamer:
 今回,「RUSTY HEARTS」を日本で展開するにあたり,どのような部分が“ウケる”と感じたのでしょうか。

関口氏:
 着目ポイントはジャンルによって異なりますが,「RUSTY HEARTS」の場合は,ビジュアル面が日本向けと感じましたし,派手なスキル,爽快な戦闘,重厚なストーリーも日本のユーザーさんにマッチするだろうと感じました。
 あとは,競合タイトルと何が違うのかという部分も重要ですね。私の場合は,直接開発元に出向いて開発中のバージョンをチェックさせてもらうのですが,開発元には,このゲームのメインコンテンツは何なのか,今後どんなコンテンツを導入予定なのかを確認しています。これは,「競合タイトルで受けがいいから」といった適当な理由ではなく,きちんとした考えを持って開発に取り組んでいるかどうかを確認するためです。

4Gamer:
 では,日本で成功させるためには,何が一番大事だと考えていますか?

関口氏:
 最も重要なことは,海外で展開しているタイトルを日本語化しただけでは絶対にうまくいかない,という認識を持つことですね。
 日本のプレイヤーにとって不自由がないよう,細かいところまで手が入ったタイトルは,遊んでいて本当に楽しいものです。それがあるとないとでは,プレイに対するモチベーションがまったく変わってきます。

4Gamer:
 なるほど。もう一つお聞きしておきたいのですが,昨今,日本のオンラインゲーム市場は縮小気味とも言われています。その中でどうやってシェアを獲得していこうと考えているのでしょうか。

関口氏:
 個人的には,オンラインゲーム市場は縮小傾向にあるとは思いますが,単純にPCオンラインゲーム人口が減っているわけではないと考えています。
 ゲームを遊びたいと考えているユーザー層自体は増えていて,そういった方々は現在PCオンラインゲームではなく,モバイルゲームやブラウザゲームに興味を向けているのではないでしょうか。
 ですからセガとしては,面白いタイトルを提供して,再びPCオンラインゲーム市場に注目してもらおうとしていて,その第一歩として「RUSTY HEARTS」を展開するというわけなんです。

4Gamer:
 まずは11月1日から実施されるクローズドβテストの盛り上がりに期待しています。
 それでは最後に,今後の「RUSTY HEARTS」の展開に向けて意気込みをお願いします。

関口氏:
 クローズドβテストは,コンテンツ量をあえて抑えさせていただいていますが,「RUSTY HEARTS」の世界観を十分に堪能してもらえる内容になっています。遊んでいただければ,多くの方に本作ならではの魅力が伝わると思います。
 クローズドβテスト以降は,アップデートでプレイアブルキャラクター,クエスト,マップなどコンテンツをどんどん増やし,遊びの幅をしっかりと広げていきますので,ぜひ期待してください。

4Gamer:
 ありがとうございました。


 「RUSTY HEARTS」は,2010年以来,韓国,北米,ヨーロッパでサービスを展開してきた実績のあるタイトルで,サービス前から“日本人向け”の色が濃いことでも注目されていたタイトルだ。
 今回,セガが日本でのサービスを行うことが決まったわけだが,インタビュー中に出てきたように,単なるローカライズにとどまらないさまざまな改善が施されているとのことなので,内容にも期待が持てそうである。

 セガは,10年以上前からオンラインゲームの開発/運営を行ってきており,オンラインゲームのパブリッシャとしても老舗の部類に入るメーカーだ。最近では,「ファンタシースターオンライン2」の大ヒットが記憶に新しいところだろう。
 これまでは,主に自社開発のタイトルが中心だったが,今回の「RUSTY HEARTS」を足がかりに,海外産タイトルの運営を本格的に行っていくという。同社の新たなオンラインゲーム事業展開の成功,ひいては,これをきっかけに日本のPCオンラインゲーム市場が盛り上がることに期待したい。
 11月1日から5日にわたり実施される本作のクローズドβテスター募集の締切は,10月29日13:00となっている。興味を持った人は以下のURLからぜひ応募してみてほしい。

「RUSTY HEARTS」公式サイト

「RUSTY HEARTS」クローズドβテスト4Gamer読者枠応募はこちら

関連記事:
セガ,韓国発のPC向けMORPG「RUSTY HEARTS」の国内サービスとクローズドβテスター募集を発表。4Gamer読者枠は3000名

  • 関連タイトル:

    RUSTY HEARTS

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年01月〜2017年07月