オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
オーディンスフィア公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2008/02/25 13:43

連載

極私的コンシューマゲームセレクション:第29回「オーディンスフィア」


» 編集部のgingerは,本連載で「アイドルマスター」に始まり,「キミキス」「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)」と,かなり突っ走った紹介記事ばかり書いているので,そのことばかり記憶に残っている読者もいるかもしれない。そんな(?)gingerが今回紹介するのは,プレイステーション 2向けの「オーディンスフィア」。気になる人はぜひご一読あれ。



オーディンスフィア
 ここだけの話だが,この汚れちまった現実世界からあえて目をそむけ,2次元と3次元の狭間に生きることにした筆者としては,小難しいゲームや,殺伐としたゲームはあまり好んでプレイしたくなる部類ではない。争いや憎しみの絶えないこの世の中にあって,なにゆえゲームの世界でまで,殺伐とした気分を味わわねばならぬのか? 筆者はせめてゲームの中では,心穏やかに美少女を愛でていたいのだ。
 一方,筆者の隣の席では,気がつけば四六時中,地球を侵略せんとするエイリアンやら,どこぞのテロリストやらと殺し合いばかりしている,それはそれで困ったカジュアルオヤジが今日も盛大に銃声を響かせているのだが,こういう人とは一生理解し合えそうにない。たぶん。
 そんな筆者が今回紹介するのは,アトラスから発売中のプレイステーション2用ソフト,「オーディンスフィア」だ。横スクロールタイプのアクションRPGである本作は,防御力があるのかないのか分からない鎧(の一部)を身にまとい,魔力を秘めた槍を手にした可愛らしいお姫様が,仲間と共に大活躍するという,もうそれだけで筆者の厳正なる脳内審査員達がこぞって10点満点の札を挙げてしまいそうになるゲーム。なお,本作の開発には「プリンセスクラウン」の開発で知られるヴァニラウェアが当たっている。

オーディンスフィア オーディンスフィア
オーディンスフィア オーディンスフィア

絵本のような世界でお姫様(と王子など)が大活躍


ある意味,このゲームの真の主人公はこのアリスちゃんかもしれない
オーディンスフィア
 本作の舞台は,五つの災厄が世界を滅ぼすという予言が伝わるエリオン大陸。魔力の結晶炉コルドロンをめぐる争いを発端に,終焉に向かいつつある世界で,魔石に選ばれた5人の主人公達がときには協力し,ときには敵対しながら,それぞれの物語を紡ぎ出していく。
 本作では,5人のキャラクターそれぞれに用意された章を順番にクリアしていき,やがて世界の終末に立ち向かっていくことになる。ちなみに,パッケージイラストの中央下で本を広げている女の子はアリスという名前で,この物語はアリスちゃんが読んでいる本の中のお話であるという体裁が採られている。

●グウェンドリン(CV:川澄綾子さん)
 魔王と恐れられる魔導王オーダインの娘にして,一人めの主人公。物静かな雰囲気だが,戦場ではワルキューレとして勇敢に戦う。なぜか手足にしか鎧をつけていないが,理由はたぶんそのほうが可愛いからだと思う。
右の画像の巨人は,グウェンドリンの父,オーダイン。どうすればこの父親からこのような愛らしい娘が生まれるのかは,エリオン大陸七不思議の一つ(?)
オーディンスフィア オーディンスフィア

●コルネリウス(CV:浪川大輔さん)
 登場するなり,何者かの呪いによってウサギのような姿の“プーカ”という生き物にされ,しかも気がついたら冥界にいたという,不遇極まりない王子。実はイケメンで,呪いをかけられる前はベルベットといい仲だった。2人めの主人公。
本作で最もツイテない男だと思われるコルネリウス。しかし,プーカ姿が思ったより醜くないというか,むしろ可愛いかったのが不幸中の幸い
オーディンスフィア オーディンスフィア

●メルセデス(CV:能登麻美子さん)
 3人めの主人公は,妖精の国リングフォールドのお姫様……だったのだが,母親である先王の死によって,幼くして女王の座を継ぐことに。現在はまだ発展途上だが,母親は目玉が飛び出るほどのナイスバディなので,この子も将来有望だ(?)。
使用前(左),使用後(右)みたいな感じで,将来はきっと右の画像のようなナイスバディに成長するに違いない。ちなみに右は生前のお母様だ
オーディンスフィア オーディンスフィア

●オズワルド(CV:千葉進歩さん)
 龍を殺した黒の剣士として恐れられている,4人めの主人公。得意技である,ポエムのようなクサイ台詞で,眠りの魔法にかけられていたグウェンドリンのハートを奪った,にっくきイケメン。でも実はいいヤツかもしれない。グウェンドリンは渡さないけど。
やることなすこと,いちいちカッコイイという,まるで筆者のような男。クールで2枚目,おまけに不幸な過去と3拍子揃っているが,不幸話なら筆者も負けないぞ
オーディンスフィア オーディンスフィア

●ベルベット(CV:沢城みゆきさん)
 一夜にして謎の滅亡をとげた魔法王国のお姫様で,現在は素性を隠し,森で暮らしているという5人めの主人公。ヘソ出し+絶対領域という,色っぽいにもほどがある出で立ちで,プレイヤー(主に筆者)の心を幻惑する,恐るべき魔女。
上ではグウェンドリンは渡さないと書いたが,できればベルベットも渡したくない。申し訳ないが,コルネリウスには一生ウサギのままでいてもらいたい
オーディンスフィア オーディンスフィア

 プリンセスクラウンで,2Dドット芸術の一つの頂点に達したといってもいい,ヴァニラウェアならではの美しいグラフィックスは本作においても健在で,本作の大きな魅力となっている。本作のグラフィックスは,一見すると2Dのように思える3Dグラフィックスで,絵本の世界をそのままゲーム化したような,美麗で独特の色づかいによってエリオン大陸の風景が描かれている。グウェンドリンのあまりの愛くるしさに,周囲のものが一切目に入らない筆者にして,思わず目を奪われてしまうほどだ。

オーディンスフィア オーディンスフィア
オーディンスフィア オーディンスフィア

見た目以上にハード。レベルアップとマジックミックスで切り抜けろ


全般的に敵の攻撃力が高いので,気を抜くとすぐにやられてしまう……あ,また死んだ
オーディンスフィア
 実際のゲームの流れは,上で述べたように各キャラクターに用意された物語を順番にクリアしていくというもの。それぞれの物語は,さらにいくつかの章に分かれており,イベントシーンと横スクロール型のアクションステージを交互に繰り返しながらゲームを進めていく。
 各章のアクションステージは,いくつかのフィールドが連結された形になっており,次へ進むためには,そのフィールドの敵を全滅させる必要がある。そして,最深部で待ち構えているボスを倒すことで,次の章へ進めるようになる。

 道中で現れる雑魚や中ボス,各章の大ボスなどは,序盤のうちこそルンルン気分でなぎ払える程度の強さだが,中盤からは次第にそうもいかなくなってくる。とくに問題なのが,中ボス大ボスはいざ知らず,そこいらの雑魚でさえ,こちらの攻撃でのけ反りにくくなることで,どんなに切りつけられていようがお構いなしに突っ込んでくるようになる。
 たとえ雑魚相手といえども挟み撃ちにされると,たちどころにして天に召されてしまうだろう。こうならないためにも,距離をとってヒットアンドアウェイ戦法を心がけたいところだが,やはりなんといってもキャラクターのレベルを上げ,アイテムを上手く使いこなすのが一番の近道だ。

オーディンスフィア オーディンスフィア オーディンスフィア

各主人公が持つ武器は,サイファーと呼ばれる魔石で作られており,フォゾンを吸収することで強くなる
オーディンスフィア
 キャラクターのレベルには,攻撃力の高さを示す「サイファーレベル」と,体力を表す「HPレベル」の二つがあり,これらはただ敵を倒すだけでは成長しない。サイファーレベルは,敵を倒したときなどに出現する「フォゾン」を武器に吸収させることで,HPレベルは,手に入れた肉や果物をとにかくムシャムシャと食べることでアップする。
 食べ物は各地の商人から購入可能なほか,倒した敵や宝箱などから入手できるが,植物の種を植えて育て,その実を収穫することでも入手できる。食べ終わった果物の種を育成すれば再度収穫できるので,なんだか得した気分になる。また,材料を集めてプーカの料理屋に持っていくと,そのまま食べるよりも多くの経験値が入る料理を作ってもらえる。

 また本作では,「マジックミックス」によって各種の魔法薬を作り出せるので,こちらも有効に活用したい。これは,魔法薬の元となる「マテリアル」に,さまざまな薬草(マンドラゴラ)を混ぜ合わせて,攻撃や回復のためのアイテムを調合するというもの。
 マンドラゴラはフィールドの地中に隠れているのだが,その上を歩くと鳴き声をあげるので,すぐに分かるだろう。鳴き声が聞こえた場所でジャンプすると,びっくりしたマンドラゴラが地面から飛び出してくるので,そこを武器で攻撃するなどして気絶させたところを捕獲するのだ。生のままムシャムシャ食べると,ほんのちょっぴりだけ体力が回復するので,よほど切羽詰ったときはこちらもどうぞ。

オーディンスフィア
種は周囲のフォゾンを吸収して成長するので,フォゾンがいっさいないところに植えると,一向に芽吹かない。武器とHPのどちらを成長させるか,フォゾンの使いどころを見極めよう
オーディンスフィア
食材はできる限り持ち帰って,プーカに料理を作ってもらうほうが効率的にHPレベルを上げられる。プーカの料理屋は2軒あり,それぞれ異なるレシピの料理を作ってくれる
オーディンスフィア
あっという間に鞄がいっぱいになってしまうほどアイテムが手に入るので,マジックミックスの素材には事欠かないだろう。強力な魔法薬を用意しておけば,ボス戦も有利に戦える
オーディンスフィア
武器にフォゾンを蓄えると「サイファースキル」を使用できる。攻撃スキルや,一時的に攻撃力を高めるスキルなどがあり,サイファーレベルを上げることで新たに習得していく

 繰り返しになってしまうが,本作は見た目の可愛らしい雰囲気とは裏腹に,中盤以降の敵の攻撃がかなり激しい。本作のアクションは全般的に隙が大きく,動作に独特のクセがあるため,ますます難しく感じるだろう。プレイ中はいつでも難度を変更できるので,こりゃアカン! と思ったときは迷わずEASYモードにしてしまおう。EASYモードでも,とくにゲーム進行に制限などはない……のだが,それでもやっぱり即死するときは即死してしまう。
 似たようなマップで,似たようなことを5人の主人公で繰り返さなければいけない(ボスもほぼ共通)という点は,もう一工夫ほしかったところだが,絵本のような美しいグラフィックスにはやはり一見の価値がある。本作の雰囲気や,お姫様方の愛くるしさに魅了されてしまった人は,見た目以上にシビアなゲームバランスであることを覚悟のうえで本作を手に取ってみよう。


■■ginger(4Gamer編集部)■■
レトロゲームから最新MMORPGまで語れる守備範囲の広さは特筆モノで,4Gamerでは MMORPGタイトルの記事執筆を担当することが多い。また,かなりのアニメ好きで,暇さえあればキャラゲーやギャルゲーもプレイするというインドア派だが,週末には中野や秋葉原のホビーショップを徘徊するというアウトドアな一面(?)も持つ。なおまったくの余談だが,「冠婚葬祭でも帽子がデフォ」と言い張るくらいの帽子好き。


オーディンスフィア
オーディンスフィア
対応機種:プレイステーション 2
メーカー:アトラス
発売日:2007年5月17日
価格:7329円(税込)
CEROレーティング:A(全年齢対象)
公式サイト:http://os.atlusnet.jp/
  • 関連タイトル:

    オーディンスフィア

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2016/05/04)
オーディンスフィア PlayStation2 the Best
Video Games
発売日:2008-06-19
価格:4800円(Amazon) / 1298円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月16日〜12月17日