※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/12/07 10:00

連載

インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」



 テスト前になると急に机の周りを片付けたくなるタイプの筆者がお届けする「インディーズゲームの小部屋」の第458回は,Trichotomyの「Dog Sled Saga」を紹介する。本作は,新人の犬ぞりレース選手となってレースやチームマネジメントを行うシミュレーションゲームだ。いや,これは年末の大掃除であって,別に仕事をさぼってるわけでは……。

インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」

 “犬ぞり伝説”というタイトルどおり,プレイヤーは聖ナントカ山にやってきた新人の犬ぞりレース選手として,自らのチームを率いてレースに挑戦していく。どうやら,聖ナントカ山は犬ぞりレースのメッカらしい。ともあれ,犬がいなければレースが始まらないので,まずはチームメイトとなる3頭の犬を選ぶことに。犬にはそれぞれ,犬種や性別,性格などが設定されているが,とりあえず好みで決めてしまっていいだろう。

インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」
インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」 インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」

 レース中にプレイヤーがやるべきことはいくつかあるが,その中で最も重要なのは,疲れてきた犬達にエサを投げ与えること。犬が疲労するとそりの速度が低下してしまうので,うまくキャッチできるように狙いを定めてエサを投げよう。一度に持てるエサの数には限りがあり,コースの途中にあるエサ箱で追加できるが,あまり適当に投げまくっていると犬がエサにありつけず,ゴールにたどり着く前に疲労困憊してしまうだろう。

インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」

 もちろん,エサを投げるだけがプレイヤーの仕事ではない。走っているうちに犬をつなぐロープがたるまないように,犬同士の間隔を調整しなくてはならないし,もしロープが絡まってしまったら素早くほどく必要がある。また,前方に障害物があるときは犬に指示を出して飛び越えなくてはならない。そうこうしているうちに,犬が疲れてきてまたエサをあげて……と,レース中はなかなか忙しい。あれもこれもと焦って,エサを明後日の方向に投げてしまうこともしばしばだ。うう,ごめんよ……。

インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」

 レースには複数のリーグがあり,下位のリーグでは3頭立ての犬ぞりレースにしか参加できないが,上位のリーグに進むと,4頭立て,5頭立ての犬ぞりでレースに挑むことになる。犬が増えるほど,レース中にやるべき手間が増えて忙しくなるのは言うまでもない。レースを終えると順位に応じて賞金がもらえ,これを使って新しい犬を手に入れたり,犬小屋を拡張したり,トレーナーを雇ったりできる。

インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」

 レースのない日は,犬小屋で犬達を休ませるか,トレーニングさせるかを決められる。レース後の犬達は疲労度が蓄積しているので休ませてあげたいところだが,そのあいだは犬のスキルレベルが低下していくので,休んでばかりもいられない。犬の疲労度とスキルレベルを見比べながら,バランスよく育成していくのがいいだろう。

インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」

 ちなみに,犬のスキルは最初からすべて分かるわけではなく,レースを続けるなかで徐々に判明していく。また,そりの先頭,中団,後方のどこに配置したらいいのかといった犬の適性も,同様に少しずつ見えてくる仕組みになっている。レース中に犬が「ワンワン!」と吠えたら良い効果が,「キューン」と鳴いたら何かの失敗が発生した合図だ。ほかにも,レースで犬が活躍するとスポンサーが現われたり,お気に入りの2頭を選んで交配させたりといった要素も用意されている。


 マネジメントゲームとしては比較的簡単で遊びやすく,レースではほどほどの忙しさと緊張感を味わえる本作。ドット絵によるグラフィックスも魅力的で,可愛らしい犬達の姿を思う存分堪能できる。犬好きにはたまらないゲームなので,興味を持った人はぜひどうぞ。そんな本作は,Steamにて798円で発売中だ。ああ,犬を飼いたいなあ,犬ぞりはさすがに無理があるけど……。

■「Dog Sled Saga」公式サイト
http://www.dogsledsaga.com/

インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」
インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」
インディーズゲームの小部屋:Room#458「Dog Sled Saga」
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月23日〜09月24日