オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/04/17 10:00

連載

インディーズゲームの小部屋:Room#275「Knytt Underground」



 新生活とはまるで無縁の4月も半ばを過ぎ,今から五月病にかかる気満々の筆者がお届けする「インディーズゲームの小部屋」の第275回は,“Nifflas”のニックネームで知られるスウェーデンのゲーム開発者,Nicklas Nygren氏が手掛けた「Knytt Underground」を紹介する。本作は主人公の少女,Mi Sprocketを操作して不思議な地下世界を探検する横スクロールアクションだ。ところで五月病って,どうすればなれるんだっけ?

インディーズゲームの小部屋:Room#275「Knytt Underground」

 タイトルからもお分かりのとおり,本作はNifflas氏が制作し,フリーゲームとして公開している「Knytt」および「Knytt Stories」の続編にあたる作品だ。前2作も本作同様の横スクロールアクションで,シリーズ第1作の「Knytt」では,エイリアンにさらわれてしまったおサルのKnyttが,第2作「Knytt Stories」ではJuniという名の少女が主人公として登場する。グラフィックスは簡素ながら,どちらも独特の雰囲気を持った作品で,本作でもKnyttシリーズならではの摩訶不思議な世界観は健在だ。

インディーズゲームの小部屋:Room#275「Knytt Underground」

 ゲーム開始直後に出会う作者本人のNPCの言葉を信じるなら,本作の主人公であるMiは記憶を失っており,自分がなぜこんな場所にいるのかも,どうすればここから抜け出せるのかも分からないという。しかし,Miはそんな彼のことをうそつき呼ばわりしている。
 ゲームを進めると,実はMiにはとある大事な使命が託されていることが判明するのだが,Knyttシリーズのストーリーが謎めいているのはいつものことなので,とりあえず深く考える必要はないだろう。また,ストーリー自体がこんな感じなので,過去の作品をプレイしたことがなくても,まったく問題なく本作を楽しめる。

インディーズゲームの小部屋:Room#275「Knytt Underground」

 キャラクターの操作方法は非常に簡単で,方向キーの上下左右でジャンプや移動を行うというもの。Knyttシリーズの伝統(?)である,壁に張り付いての上下移動ももちろん可能だ。おサルのKnyttはまだしも,見た目は普通の少女であるJuniやMiまで垂直の壁をスイスイ登れる理由は不明だが,おそらくフリークライミングの達人なのではないかと思う。まあ,それはともかく,こんなふうにMiを操作して不思議な地下世界を探検していくわけだ。

インディーズゲームの小部屋:Room#275「Knytt Underground」

 これまでのKnyttシリーズは,ゲーム画面(ウインドウのサイズ)もキャラクターも非常に小さく,ちまちました感じのいい味を出していたが,本作ではシリーズ初のHDグラフィックスが採用され,これ以上ないほど簡素だった見た目もより美しく,幻想的になっている。
 この地下世界は,触れると即死してしまう酸の池や,ビームを放つ謎のメカなどの数多くのトラップと,ちょっとしたパズルのような仕掛け,そしてエキセントリックな住人達に満ちあふれており,マップは非常に広大だ。

インディーズゲームの小部屋:Room#275「Knytt Underground」

 しかし,トラップに引っかかって失敗しても,その場ですぐに再開できるテンポの良さと,上述のようなさまざまな仕掛け,そして何より,次にどんな場面が現れるのか予想もつかない夢の世界のようなグラフィックスがプレイヤーを引きつける。それこそ,探索が少しも苦にならないどころかつい先が見たくなり,止めどきを見つけるのが難しいほどだ。また,風の音などの環境音をうまく使った幻想的なBGMも,本作ならではの独特な世界観を作り上げるのに一役買っている。


 一つ一つの要素は決して目新しいものではないが,作品全体に漂う雰囲気はまさに“Knyttの世界”としか言いようがなく,ほかの作品にはない唯一無二のセンスが光る本作。公式サイトでは,そんな本作の体験版が公開されているほか,製品版はGamersGateにて7.99ドルで発売中だ。また,シリーズ前2作は現在も無料でダウンロード可能なので,Knyttの世界をより堪能したい人は,そちらも合わせてお試しあれ。

■「Knytt Underground」公式サイト
http://nifflas.ni2.se/?page=Knytt+Underground

インディーズゲームの小部屋:Room#275「Knytt Underground」
インディーズゲームの小部屋:Room#275「Knytt Underground」
インディーズゲームの小部屋:Room#275「Knytt Underground」
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月23日〜11月24日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月