オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/05/30 10:00

連載

インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」



インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」
 本でもCDでもゲームでもアニメのBDでも,四角いものは何でも積み上げちゃってごめんなさいよォ! な筆者がお届けする「インディーズゲームの小部屋」の第232回は,ASTRO PORTの「超戦車戦アドベンティア」を紹介する。本作は,世界征服を狙う悪の組織,R党の陰謀を阻止するため,3人の少女が戦車に乗って戦うアクションシューティングだ。ダメな大人でごめんなさいよォ!

 時は西暦1947年。見習い新聞記者のルーシィは,空飛ぶ円盤目撃事件の取材中,日本の青年科学者,アマモリ博士から,超戦車「アドベンティア」を強引に託された。アマモリ博士が言うには,地球は国際陰謀団R党に狙われているのだという。そんな大事なことをいきなり言われても困ってしまうというか,言う相手を間違っている気もするが,アドベンティアを託された以上は放っておけない。ルーシィは取材で訪れた国々で出会った仲間達と共に,アドベンティアでR党の秘密要塞に進撃を開始する。

インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」 インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」

 ASTRO PORTの戦車アクションといえば,本連載の第121回で紹介した「蒸気活劇アドベンタム」があるが,本作は一応その続編にあたる。とはいえ,ストーリー的には深いつながりはない(と思う)ので,前作をプレイしていなくても問題なく楽しめる。横スクロールアクションだった前作と異なり,本作は真上見下ろし型の視点になっているが,1台の戦車に3人で乗り込むというゲームシステムは共通だ。

インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」 インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」

 本作では,主人公のルーシィ(アメリカ出身)のほか,ソ連出身のターニャ,イギリス出身のジョイス,ドイツ出身のフリーダ,そして精霊界出身のメルという5人のキャラクターが登場し,このうちの3人がアドベンティアに搭乗する。我ながら,パンチの利いた駄洒落ではないかと思う。ちなみにメルは,髪形こそ違うが,前作でアドベンタム号に乗っていたのと同一人物だ。5人はそれぞれ性能の異なる武器を担当しているが,戦車砲担当のルーシィは必ずアドベンティアに乗ることになるので,残る4人の中から2人を選ぶことになる。

インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」 インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」

 こうしてアドベンティアに乗り込んだ3人(=3種類の武器)には,それぞれ個別に耐久力が設定されており,敵の攻撃を受けて耐久力が無くなると破壊され,そのステージでは使用できなくなる。そして,3人全員の耐久力がゼロになるとゲームオーバーだ。基本的には誰を選んでも問題ないが,一度決定したら途中で変更できない点は注意してほしい。個人的には,使いどころの多いメルの電光砲がお勧めだが,いかんせん耐久力が低いのが悩みどころだ。

インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」 インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」

 アドベンティアの操作は,W/A/S/Dで移動,マウス左クリックで攻撃,右クリックで武器変更というもの。上述のとおり,各キャラ個別に耐久力を持っているので,被弾状況や戦況に応じて武器を切り替えていこう。また,もう一つ重要な要素として,燃料ゲージの存在がある。燃料ゲージは時間と共に減少していき,燃料が空になると,これまたゲームオーバーだ。ステージをクリアすると,破壊された武器が修復され,耐久力と燃料が一定値回復するものの,必ずしも全快するわけではないため,いかに少ないダメージで,迅速にクリアするかが鍵となっている。


インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」
 タイトルに“超戦車戦”とあるように,ゲームに登場する敵兵器は戦車がメイン。第二次世界大戦で活躍したまっとうな戦車から,万能戦車グラタンも真っ青なビックリドッキリメカまで,さまざまな戦車が束になって襲い掛かってくる。ゲームは全6エリア,24ステージ構成で,敵の攻撃は後半に進むほど激しさを増すが,アドベンティアの武器や装甲,機動力は敵を撃破した時に獲得できるGP(ガジェットポイント)を使って強化できるので,R党の秘密兵器を蹴散らしてやろう。ちなみに倒した敵戦車は,あとから戦車名鑑でチェックできる。

 選んだキャラクターによって異なる武器が使えるだけでなく,途中に挿入される会話シーンも変化するなど,繰り返し楽しめる要素も持った本作。公式サイトではゲーム序盤が遊べる体験版が公開されているので,興味を持った人はぜひお試しを。また,製品パッケージ版は1890円,ダウンロード版は1575円(共に税込)にて発売中。R党に引導を渡してくれようという人は,こちらをどうぞ。

■ASTRO PORT公式サイト
http://www.interq.or.jp/saturn/takuhama/dhc.html

インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」 インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」
インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」 インディーズゲームの小部屋:Room#232「超戦車戦アドベンティア」

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日