※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/09/22 12:42

連載

インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」



インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」
 「インディーズゲームの小部屋」の第152回は,夏休みもとうに終わり,満員の通勤通学電車で毎日揉みくちゃにされ,息も絶え絶えになりながら,「最近ちょっと人類増えすぎではないだろうか」と疑問に思ってしまった人にぴったりな,Mercenaryの人類殲滅シューティング「Another Apocalypse」を紹介する。

 西暦2XXX年。「ヒト」が着実に生息領域を拡大し,今まさに太陽系全域に広がらんとしていた時代。突如,地球に謎の警告が放たれた。その警告の主である第六天調整者,「アポカリプス・ラグナロク・ハルマゲドン」,通称アポカリさんからの宣告は,ちょっと増えすぎちゃった人類を,これから軽く殲滅しにいくというものだった。一方的に人類殲滅を宣言したアポカリさんと人類の,存亡をかけた戦いが始まる……。

インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」 インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」

インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」
 というわけで,ゲームの目的はこのアポカリさんを操作し,太陽系外縁部から徐々に地球に向けて侵攻しながら,増えすぎた人類を殲滅していくことだ。
 アポカリさんの操作方法は,方向キーによる移動および,ショット,チャージショット,ボム,低速移動の4ボタンで行うというスタイル。チャージショットは画面左下のチャージゲージを消費して行う強力な攻撃で,一部を除く敵の弾をかき消すことができる。

 チャージショットには「シールドタイプ」「レーザータイプ」の2種類があり,前者はその名のとおり自機の周囲にシールドを張るもの,後者は自機の前方に極太のレーザーを照射するものだ。ゲーム開始時にどちらのタイプを使用するかを選択可能だが,初心者には発生が早く,自機の全方位を防御できるシールドタイプのほうが使いやすいだろう。

インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」 インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」

 また,最初は非力な通常ショットも,敵を破壊したときに出現するアイテムを取得することで強化され,最大までパワーアップするとオプション2機+ワイドショット+ホーミング弾という,圧倒的な火力を行使できるようになる。さすが,アポカリさん。伊達に人類を殲滅しに来たわけじゃないのだ。


インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」
 しかし,対する人類も,ただ手をこまねいていたわけではない。彼女からの宣告を受けた人類は戦々恐々としつつも,「神殺し」の準備を進めていたのだ。
 人類の基本戦術は,圧倒的な物量でアポカリさんの侵攻を阻止しようとするものだが,ステージの最後では,「大神殺し」や「模倣神器」と呼ばれる超巨大兵器でアポカリさんの息の根を止めようとしてくる。これらがまた,揃いも揃って知っていなければ避けられない“初見殺し”の攻撃を仕掛けてくるので気が抜けない。

インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」
 主人公のアポカリさんはかなり飄々とした性格で,おまけに見た目はボンキュッボンな美少女であり,ボスとして登場する人類側の代表者も,どこか肩の力の抜けた性格の人が多いので,人類殲滅というストーリーの割に悲壮感はあまり感じられないのが本作のいいところ。

 また,ゲームシステムはひたすら敵を倒して突き進むという王道一直線な作りで,複雑なところは一つもなく,シューティングゲームの何よりの醍醐味である爽快感をこれでもかというほど満喫できるのも素晴らしい。とにかく気分よく楽しめるので,広くお勧めしたい作品だ。

インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」 インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」

 そんな本作は,Mercenaryの公式サイトで体験版が公開されているほか,製品版が751円(税込)にて発売中。アポカリさんと一緒に人類を殲滅して,スッキリした気分になりたい人は,まずは体験版からお試しあれ。

■Mercenary公式サイト
http://apocaly-san.com/

インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」 インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」
インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」 インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」
インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」 インディーズゲームの小部屋:Room#152「Another Apocalypse」

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日