オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2008/03/07 13:43

連載

インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」



インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」
 個人/サークル単位で制作されたオリジナルゲームを紹介する「インディーズゲームの小部屋」の32回めは,ゲーム制作サークルSEEDの「狼炎改」を取り上げる。本作は,華麗なドッグファイトが気軽に楽しめる3Dフライトアクション。最新鋭の試作型戦闘機「狼炎」を駆り,敗色濃厚の帝国軍の切り札となって,さまざまな困難なミッションに挑むのだ。

 数十年におよぶ慢性的な戦争により,疲弊しきった“帝国”は存亡の危機に立たされていた。かつて破竹の勢いを見せた機動艦隊はすでに壊滅し,歴戦のパイロットもその多くが姿を消していた。そして今では連日のように敵の重爆撃機が本土を蹂躙し,帝国全土が焦土と化しつつあったのだ。そんな中,一機の試作型戦闘機が完成した。この機体こそが,比類なき火力と機動性を備え,決戦兵器となるべく開発された「四式強襲戦斗機 狼炎」であった……。

インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」
インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」

 主人公が乗るワンオフの試作機が最強であるというのは,言ってみれば古来からのしきたりであり,本作でプレイヤーが搭乗するのも,もちろんこの狼炎だ。見てのとおりのプロペラ機だが,この世界においてはまぎれもない最新/最強の機体。その高い火力と運動性能を生かして,本土防衛戦から大陸に展開している帝国軍(“帝国”は日本のような島国)の退却戦の支援まで,さまざまな任務を遂行していくという,「キャンペーンミッション」がゲームのメインとなる。

 ミッションを開始するとまずデモシーンが流れ,最後にミッション目標が表示される。本作は非リアル系のフライトアクションなので,ミッションに登場する敵もなかなかに常識ハズレだ。序盤の敵は狼炎同様のレシプロ機や(普通の)戦艦などだが,中盤以降はジェット戦闘機が出現し,そのスピード性能に苦しめられる。また,各ミッションの破壊目標となるボスクラスの敵も,超巨大列車砲から超巨大戦艦,さらには空中戦艦と,どんどんスケールアップしていく。狼炎には,「メイン兵装」「サブ兵装」「サポート装備」という,3種類のアイテムが装備できるので,これらをうまく使いこなさなければ苦しい戦いを強いられるだろう。

インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」
インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」

 本作では,ミッション達成時に経験値を示す「EXP」と,お金を示す「CRP」という,2種類のポイントが得られる。EXPが増えると新たな武器がアンロックされ,これをCRPを消費して購入することで武装を強化していく。
 メイン/サブ兵装は,言うまでもなくメイン/サブ武器のことで,それぞれ一つずつ装備可能。また,サポート装備は主に機体性能をアップさせるアイテムで,EXPの増加にしたがって装備可能数が増えていく。ミッションを開始する前に敵の予想戦力を確認できるので,それに合わせた武装で出撃したい。筆者は装備変更の手間を惜しんで,初期装備の機銃だけで敵の空母を撃沈させようと奮闘したが,これはさすがにムリだった。このような場合は当然,対地ミサイル系の武器を装備するべきだ。

 上述のように,本作はフライトシミュレータではなく,アクション性を重視したシューティングゲームなので,画面構成はいたってシンプルだ。3Dフライトゲームには付き物である高度計や水平計,速度計といったものはなく,ちょっぴり寂しい気もするが,その分この手のゲームの初心者でも取っつきやすくなっている。また本作では,すべての武器の弾数が無制限で,攻撃ボタンを離している間に自動的にリロードされるというのもありがたい。ただし,ミッション中に受けたダメージや,使用した弾数に応じて,ミッション終了後に受け取るCRPから経費が差っ引かれてしまうので,無駄撃ちや無謀なフライトは極力避けたいところだ。

インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」

 やり込み要素も多く,アンロック可能な40種類以上の武器,50種類以上のサポート装備,特定の条件で出現する20以上の「トライアルミッション」と,その数はかなりのもの。難易度は「Easy」から「Inferno」までの5段階あり,初心者から上級者までじっくりと楽しめるゲームに仕上がっている。
 SEEDの公式サイトでは,本作のプレイムービーやミッション3までプレイできる体験版などが公開されている。とくに,本作のハイライトシーンをつなぎ合わせたプロモムービーでは,激しいドッグファイトや敵の巨大兵器などが見られるので,フライトアクションファンは要チェックだ。製品版は1680円(税込)で発売されているので,体験版やムービーを見て気に入った人は,公式サイトで取り扱いショップや動作スペックを確認のうえ,購入を検討してみよう。

■SEED公式サイト
http://www.seed-web.net/

インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」
インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」 インディーズゲームの小部屋:Room#32「狼炎改」

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日
タイトル評価ランキング
88
82
NieR:Automata (PS4)
82
ARMS (Nintendo Switch)
75
鉄拳7 (PS4)
2016年12月〜2017年06月