オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

三国群英伝ONLINE

三国群英伝ONLINE
公式サイト http://sg1.ujj.co.jp
発売元 USERJOY JAPAN
開発元 UserJoy Technology
発売日 2008/01/29
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
59
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 初めてのonlineゲーム…からもう何年になるんだろうか 80
    • 投稿者:Junkie-Joker(男性/40代)
    • 投稿日:2017/07/11
    良い点
    新規さんにとってもやさしい仕様になってます!
    これだけ続いているのにはきっと何か理由がある!
    悪い点
    地味なグラフィックと凡庸なゲームシステムには定評があるかなぁ…
    総評
    分にとっての初めてのオンラインゲームが三国群英伝でした。

    選んだのは確か別サイトのゲーム紹介欄で
    低スペックPCでもOKとのことで選んだような気がします。

    あとはちょっとだけ三国志に興味があったからかな?
    本当ならば三国無双onlineとかソッチやってたでしょうねw

    じっさい最近のモバイルノートでも十分サクサク動きます。

    このゲームはいわゆる中国東漢末期である三国時代を舞台にして
    プレイヤーキャラクターが、他プレイヤーと交わりながら
    対人戦を楽しんだりNPCボスを倒してアイテムをゲットしたりという
    「よくあるカタチのMMO型RPG」なんだそうです。

    自分はこれが初めてなんで他のゲームはどうなのか知りません。
    今はそのまま鵜呑みにプレイしてますが間違ってはないと思いますw

    ゲームを始めるにあたっては十分なwikiも出来上がってますし、
    本家台湾版の攻略サイトもあるので安心して始められると思います。
    始める前にある程度見ておくといいかも。

    まず始めるといくつかのクエストが用意されており、
    そのクエストを進めていく上でGMやさまざまなアイテムやスキルを得られます。

    自分は課金前提で始めましたので初期の段階から十分なGMを手にして
    進められましたが正直言って完全に無課金でのプレイはお勧め出来ませんw

    この初期の段階のクエストをこなすことで得られる運営設定上でのGMでは
    実際にプレイするに見合うような装備やスキルが身につけられないからです。
    (一人前にプレイできるようになるまで異様に時間がかかってもOKならどうぞ)

    解決する方法はおおよそ2種類でしょうか?

    一つは一人で幾つも(多い方は数十)のキャラ(サブ)を作り(運営としては非推奨)
    NPCが徘徊するマップにそのキャラを放置することによって得られるドロップを
    キャラクター同士が開く市場やNPC露店で売ってGMを得る方法。

    もう一つは課金アイテムを市場で他プレイヤーに売ってGMを得る方法です。
    多くの人はこの両方を上手くバランスとりながらゲームを進めていると思います。

    理想としてはある程度の初期投資(課金)を行うことでキャラクターを成長させ、
    上位のNPCボスを倒すことで得られるドロップを市場で下位プレイヤーに売り、
    徐々に自分の課金額を減らしていくというのが一番の賢い遊び方でしょう。

    さてある程度の段階になるとクエストも減り自然と他プレイヤーとの交流が中心となって
    ゲームを進めるようになってきます。この辺になると一人前といったところでしょうか。
    中にはそのまま孤独にNPCボスを倒すことに喜びを見出されている人も居ますが
    ある一定のレベル以上のボスを倒すには他プレイヤーとパーティを組む必要性があり、
    いずれにしろMMOなんだから「皆で楽しくやろうよ!」と個人的には思いますw

    他プレイヤーとの交流の中心はいわゆるギルドというものになります。
    このゲーム上では軍団という呼び方をしています。
    ゲームを進めていく上で知り合った者同士で新しく軍団を立ち上げたり
    既存の軍団のメンバー募集に応募してみたりして自分の所属の軍団に入ります。

    この軍団はある程度の制約はありますが所属後も自分から退団することができるので
    積極的にいろいろ所属をしてみて自分に会う場所を見つけることも出来ます。
    逆にマナーやモラルが合わないとメンバーや軍団長に判断された場合は追放もされます。
    この辺は現実世界と同じでマナーやモラル、価値観の問題ですね。

    軍団のメンバーになると軍団内でチャットをしたり
    PTを組んで上位のボスに挑戦したりしながら日々を送ります。
    また装備やスキル、統率職の場合は兵令や兵本体を上位者から譲ってもらえたりします。

    軍団に所属することの一番大きな要因では国戦というものがあります。

    このゲームでは全てのプレイヤーは魏・呉・蜀の三国か
    プレイヤーが建国した独立国家のいずれかに所属しなければなりません。

    国戦とはまさにその国同士がお互いの領地(城)の保有を目指して
    火花を散らす大決戦です。このゲームの柱の一つですね。

    基本、軍団単位で作戦行動するわけですが同じ国同士の友軍と共闘したり
    時には国と国が共謀して(偶然?必然?)大国と戦ったりします。

    2時間の戦闘時間の終了時に自軍団で城を確保するのが大目標です。

    国戦で城を確保すると次の国戦までの間、自城で俸禄という
    自分の等級に見合ったレベルのアイテムが入った箱が2つ貰えます。
    この俸禄は売買も出来ますし中には貴重なアイテムも出現します。

    国戦の終了時に自城が確保できなかった軍団員には俸禄が出ないので
    毎日貰える城持ち状態はかなり優位ということになります。
    ちなみにプレイヤーが建国した国に所属している場合、俸禄は3つ貰えます。

    現段階のレベルキャップは190までとなっており、
    メインキャラとして比重的に多いのはレベル160〜180の間ぐらいになってます。
    今なら新規さんは160まで経験値が3倍〜20倍になる倍符をタダで貰えるので
    あっという間に一人前のLVまでは成長させることができますw

    なので国戦である程度戦闘を楽しめるようになるには
    最低でもレベル160位にはなっておく必要があります。
    またある程度の装備を入手しておかなくてはただの的になってしまうので
    まずは国戦に出られるようになるまでが一つの大きな段階でしょうか。

    と、ここまで書いてやっと気づきましたが
    このまま書いていくと終わらないのでこの辺で切り上げたいと思います。

    続きは…また書きたくなったらということでw
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 2 2 5 5
  • 掘り出し物のようなゲーム 85
    • 投稿者:kawano(男性/30代)
    • 投稿日:2010/03/01
    良い点
    ・ユーザーのモラルがいい(相対的に)
     年齢層が高めなせいか、10ほどネットゲームを経験した中では
     一番いいと感じました。しかし、決していい人ばかりではないので注意。

    ・運営の対応がいい(相対的に)
     質問にも丁寧に対応してくれました。

    ・放置してレベルが上がる
     ゲームを放置しててレベルを上げる事ができる珍しいゲーム

    ・CPUだけやりたい人、対人やりたい人の住み分けができている

    ・曜日別の対人や協力戦
    悪い点
    ・結局、昔から居た人にレベルが追いつくのは難しい
     経験値倍増(課金)など使えば、差を小さくすることは可能

    ・レベル相応の武器・防具を自分で出すことは、難しい
     ほとんどの場合、ゲーム内ショップや露店で買うことなる。

    ・サーバー
     新規参入者は一番新しい朱雀サバでないと対人戦はつまらないでしょう
     (レベルの差の関係)

    ・若干過疎り気味です
     今のところ、一番新しい朱雀サバであれば問題ないかと思います
    総評
    マナーなど気にされる方にはとてもいいゲームだと思います。

    時間の制約の厳しい方でも気軽にできる貴重なゲームかと思います。

    私の中では、好きなときに動かして、動かさない時は放置してレベル上げ
    という感じで気楽にできて、楽まさせていただいております。

    今後のアップデートや新要素次第でまだまだ面白くなれると思うので、
    運営に期待です。
    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 5 4 3
  • PVPもボス戦もバランスは悪くないだけに・・・ 20
    • 投稿者:boss(男性/30代)
    • 投稿日:2009/10/13
    良い点
    ・ボス戦をして、良い装備を手に入れ、PVPでも役に立つという、普通の事なのだがバランスが良いです。

    ・放置ができる。

    ・コミュニティーも充実(チャット室が任意で気軽に作れる)

    悪い点
    ・課金が高いの一言につきます・・・本体・兵士の経験2倍を使わないとLVがあがりにくいのに、この2つを1ヶ月するだけで5000円です。
    LVがある程度上位になって、ステの振りなおしをしようと思っても、全部振りなおすなら1万円はかかる。

    ・上位になるとボスがソロで倒せない。

    ・ある程度、強くなるまでPVPに参加しても、狩られるだけ。

    ・運営はテンプレ返信が基本。

    ・グラフィックが問題外。(スーファミレベル)

    ・ストーリーなんてないです。クエストはありますが、ストーリーとか関係ないです。
    総評
    レベルの低い間は楽しめるのではないでしょうか。
    レベルがある程度あがってくると、課金とPTが必須になるので、無課金でしようとするなら、おすすめできません。


    社会人が多いので夜は活発ですが、日中などは放置が多いだけで、鯖に人が多くても実働は少ないです。
    鯖の混み具合と実働が合ってないゲームです。それくらい放置が当たり前のゲームです。


    このゲームを始めるなら、月に万単位で課金をする事と、24時間PCをつけっぱなしにする事を前提に始めたらいいかもしれません。
    それ以外の方には、おすすめできません。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 1 2 2 4
  • 今の社会にはないものもある。 50
    • 投稿者:ch4t4r0u(男性/30代)
    • 投稿日:2009/09/01
    良い点
    課金しなくても努力すれば、レアアイテムを拾えて売ればまぁまぁ金になる。(今の社会にはないねw)

    低スペックでも余裕です。

    悪い点
    三国志からどんどん離れていっている。

    課金アイテムは、ある意味ギャンブル性が高いものになっている。

    国戦は、初心者は瞬殺される。よって、参加できる人が限られてきます。
    総評
    少し楽しみました。

    課金アイテムは、ある意味ギャンブル性が高いものになっているというのは、大金つぎ込んでも、損するという話を結構聞いたので課金しないで楽しんでましたが、ノルマ付きのアイテム採取が、だるくなるゲームでもあります。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 2 3 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2017/07/25)
三国群英伝ONLINE
Software
発売日:2008-07-18
価格:980円(Amazon)
amazonで買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月21日〜11月22日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月