※見出しをクリックすると記事が読めます
DMMゲームズ号外を自動表示しない
号外No.1
東京ゲームショウレポート
今熱い最新タイトル情報
話題の記事

事前登録受付中!

オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Alliance of Valiant Arms公式サイトへ
読者の評価
93
投稿数:175
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/05/28 00:00

イベント

「ゲームオンフェスティバル 2012」で行われた「AVA」の大会と,新ポータル「Pmang」のメディア向けプレゼンをレポート。「ArcheAge」や「ロードス島戦記」など新作のムービーも公開

Alliance of Valiant Arms
 ゲームオンは,2012年5月27日,東京都内でオフラインイベント「ゲームオンフェスティバル 2012」を開催した。このイベントでは,同社がサービス中の「Alliance of Valiant Arms」(以下,AVA)と「RED STONE」,そして「C9 [Continent of the Ninth]」のステージイベントが行われ,さらに新作タイトル「S4League」の体験コーナーなどが会場に設けられていた。

Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms

 そのほか会場では,同社のゲームポータル「ゲームチュー」が,2012年6月7日に「Pmang」と名前を変え,内容もリニューアルされると発表された。
 本記事では,AVAのステージイベントと,会場でメディア向けに実施されたPmangのプレゼンテーションの模様をお伝えしよう。

「RED STONE」ステージイベント記事
「C9 [Continent of the Ninth]」ステージイベント記事

「S4League」の体験コーナーでは,参加プレイヤーが全員敵同士という「バトルロワイヤル」モードをプレイできた。スタッフいわく,短時間でキャラの魅力やスキル/アクションのスタイリッシュさを確認できるモードとのことだ
Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms


ゲームオンがリリースしているモバイル端末向けタイトルもプレイアブル展示されていた
Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms
Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms

ゲームオンがサービスしているオンラインゲーム8タイトルをモチーフにしたアトラクションあった。見事クリアすると,希望するタイトルの特典をもらえるという仕組みだ
Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms

会場に展示してあった「RED STONE号」
Alliance of Valiant Arms


「AVA」の国際大会護衛部門は,日本のDeToNatorが実力を発揮し優勝!


実況/解説は,FPS実況解説者のmejikaさん(左)と,AVA運営プロデューサー 井上洋一郎氏(右)が担当した
 AVAのステージイベントは,日本/韓国/香港/台湾の代表クランが実力を競う「AGC国際エキシビション」だ。
 護衛部門では,以下の3チームがリーグ戦を戦った。なお,AVAの護衛部門で国際戦大会が行われるのは,今回が初とのこと。


●日本代表クラン:DeToNator
Darkよっぴー選手
上海紅茶館選手
UnLucky.選手
Mchik選手
Det.Rauru選手

●韓国代表クラン:ClanHeat
[Heat]BoA選手
[Heat]HOON選手
[Heat]LK選手
[Heat]DIVE選手
[Heat]Bold選手

●香港代表クラン:0skill
0skill.Yu選手
0skill.Syr選手
0skill.qAk選手
0skill.oki選手
0skill.Lov選手

 1回戦の日本代表対香港代表戦は,DeToNatorが先攻。DeToNatorは国内大会で培った裏取りやタイムコントロールのテクニックを駆使して香港0skillを翻弄し,わずか6分半前後で戦車を最終防衛ラインまで到達させる。
 さらに攻守を入れ替えた後半戦ではDeToNatorのDarkよっぴー選手が活躍し,0skillはなかなか戦車を前進させることができない状態に。単純な撃ち合いでは勝る場面があった0skillだが,結局,戦車を第1防衛ラインまで到達させられず,DeToNatorの勝利となった。

 2回戦の香港代表対韓国代表戦は,韓国ClanHeatが先攻。ClanHeatは韓国AVA爆破部門では2位という実力の持ち主で極めて殲滅力が高いが,0skillも負けてはおらず堅い守備を見せる。結果,ClanHeatの戦車は11分弱で最終防衛ラインに到達した。
 しかし後半戦では,0skillのメンバーが停止した戦車の修理に固執して,逐一ClanHeatに倒されるという初歩的なミスを連発。残り時間2分30秒でようやく第1防衛ラインを越えるも,第2防衛ラインに到達できないまま時間切れとなり,ClanHeatが勝利を収めた。

国際大会初の護衛部門での優勝に,DeToNatorに選手達は喜びをあらわにしていた
 事実上の決勝戦となった日本代表対韓国代表戦は,DeToNatorが先攻となり,開幕から一方的な展開を見せる。ClanHeatは強い殲滅力を武器にプレッシャーをかけ続けるのだが,DeToNatorは倒されてもリスポーンで人数を揃えてから前線に戻るなど,タイムコントロールを交えた連携プレイを駆使して応戦。見事,残り時間8分18秒で,戦車を最終防衛ラインまで導いた。
 さらに後半戦では,ClanHeatの戦車が第3防衛ラインに到達する前に時間切れとなり,AVA初の国際大会防衛部門は,日本のDeToNatorが優勝を飾った。

 もう一方の爆破部門では,以下の3クランが7ラウンド先取したほうの勝ちというルールで,リーグ戦を戦った。

●日本代表クラン:Kopernix
Camisado選手
callman選手
鈴木みそ選手
粛清の嵐選手
A.F.O選手

●韓国代表クラン:Astrick
vdk*選手
sB*選手
F0rman*選手
Oh.God選手
eNyo*選手

●台湾代表クラン:aLieN
aLieNo.Six選手
aLieNo.Yao選手
aLieNo.Bow選手
aLieNo.Ree選手
aLieNo.Zhi選手

 1回戦の日本代表対台湾代表戦は,Kopernixが先攻し,前半戦を3対3で終える。攻守を入れ替えた後半戦の11ラウンド目,台湾aLieNが6対4とリーチを迎えた中,Kopernixは,まず5人対3人という人数差を作り出し,慎重にラウンドをゲット。しかし流れを変えることはできず,12ラウンド目でaLieNがラウンドを取得し,勝利した。

 2回戦の韓国代表対台湾代表戦は,韓国Astrickが先攻。aLieNは,3ラウンド目や5ラウンド目にに1on1の状態を制しラウンドを取得するなど,随所で粘り強さを見せる。しかし,試合全般で総合力の上回るAstrickが,最終的に7対3で勝利となった。

爆破部門で優勝した韓国Astrickの選手達。今回も世界王者の風格を見せ付けた
 3回戦の日本代表対韓国代表戦は,Astrickが先攻。2ラウンド目までは素早い展開でKopernixを圧倒したAstrickだったが,3ラウンド目から戦術を変更し,慎重な攻めを見せる。以降,後半戦に入ってもシーソーゲームが続くのだが,12ラウンド目では5対6とあとがなくなったKopernixが奮闘し,ラウンドをゲット。
 互いにマッチポイントで迎えた最終ラウンドは両クランとも慎重なスタートとなったが,残り時間1分30秒を切った辺りからAstrickが得意の猛ラッシュであっという間に3人対一人の状況を作り出し,そのまま優勝を決めた。

 Astrickと言えば,長らく韓国AVA爆破部門の王座に君臨するクランであり,これまでも何度か来日して日本のトップクランとの戦いを披露している。当初,Astrickに手も足も出なかった国内トップクランが,負けたとはいえ,こうしていい勝負ができるまでになった背景には,ここ数年の10〜20代を中心としたオンラインFPSの隆盛が挙げられるだろう。その盛り上がりの牽引役となったAVAの今後にも,期待したいところだ。


ゲームポータル「ゲームチュー」が「Pmang」へとリニューアルに


ゲームオン 新倉敬二郎氏
 イベント中,会場内で行われたメディア向けプレゼンテーションでは,ゲームオン 新倉敬二郎氏から,同社のゲームポータル「ゲームチュー」が,2012年6月7日にリニューアルされ,「Pmang」と名前を変えることの説明がなされた。
 新倉氏いわく,ゲームオン設立10周年となる2011年にリニューアルの実施を予定していたが,東日本大震災などの影響で延期されていたそうだ。

Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms

 このリニューアルは,PCだけでなくスマートフォンなどのモバイル端末を含めたオンラインゲームビジネスを展開するべく企画されたものだ。またゲームオンの属するNeowizグループがプラットフォーム事業統一とも目的が合致していたことから,今回の実現に至ったと,新倉氏は語る。したがって今後,日本/韓国/北米/アジア諸国で展開しているNeowizグループのプラットフォームは,Pmangで統一されることとなる。

Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms

 新倉氏は今回のリニューアルのメリットとして,まず韓国/北米における豊富な開発リソースを利用できるようになることを挙げる。もちろんその中にはモバイル向けコンテンツも多数あるとのことだ。ゲームオンではこれまで3つのiOS向けタイトルをリリースしているが,今後はNeowizグループの豊富なタイトルを遊べるようになるというわけである。
 またPmangでは,PCオンラインタイトルにも引き続き注力していくとのことで,具体的なタイトルとしてNeowiz開発のオンラインRPG「清風明月(仮)」,ゲームオン開発のPCブラウザゲーム「ロードス島戦記 -伝説の継承者-」,サードパーティ開発の「KRITIKA」「ArcheAge」(いずれも仮称)をサービス予定であることが紹介された。

Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms

Alliance of Valiant Arms
 世界戦略の具体的な例としては「グローバル対戦サービス」が挙げられた。これは主にゲームオン/Neowizが共同配信しているタイトルにて,国際対戦ができるようにするサービスである。実装時期を含め,詳細はこれから確定していくとのことだが,専用サーバーを用意し,各国のプレイヤーがそこにアクセスして対戦モードを楽しむイメージとなる。

 ちなみに現在のゲームチューユーザーは,2012年6月7日からそのままPmangユーザーへと移行し,アカウントなども引き続き利用可能だ。そのあと2012年中は,Pmangにはプラットフォームとしてのさまざまな機能が追加されていく予定となっており,そのロードマップは追って発表される。最後に新倉氏は,今後のPmangの展開に期待してほしいと意気込みを見せていた。

Alliance of Valiant Arms Alliance of Valiant Arms

会場で公開されたムービー






  • 関連タイトル:

    Alliance of Valiant Arms

  • 関連タイトル:

    S4 League

  • 関連タイトル:

    ロードス島戦記 -伝説の継承者-

  • 関連タイトル:

    KRITIKA

  • 関連タイトル:

    ArcheAge

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
88
TERRA BATTLE (iPhone)
83
81
マリオカート8 (Wii U)
81
人狼オンライン (BROWSER)
2014年04月〜2014年10月