オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
モンスターハンター フロンティアZ公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2007/07/05
  • 価格:30日コース:1400円(税込)〜
  • Amazonで買う
読者の評価
62
投稿数:356
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/09/26 17:00

イベント

運営プロデューサー杉浦一徳氏の“ここだけの話”も聞けた,「MHF VS.クエスト チャンピオントーナメント in Autumn 2011」岡山大会をレポート

ゆう遊空間 倉敷笹沖店(店舗サイト
住所:岡山県倉敷市笹沖1325-7
 カプコンのオンラインアクション「モンスターハンター フロンティア オンライン」PC / Xbox 360)のオフラインイベント,「VS.クエスト チャンピオントーナメント in Autumn 2011」岡山大会が,ゆう遊空間 倉敷笹沖店で2011年9月24日に開催された。

 毎回,MHFの大型アップデート直前のタイミングで実施されている本イベントも,通算9開催目となり,今回は9月17日の富山県を皮切りに,滋賀県,鳥取県,三重県,岡山県,熊本県の6都市で実施された。今回で35都道府県・通算38大会が開催されたことになり,47都道府県の全踏破まではあと12県と,残りわずかとなってきた。

 さて,本大会は,MHFのクエストを利用したタイムアタックと「VS.クエスト」による2on2の対戦がメインイベントになっているが,会場を訪れ,大会に参加するなどすると,オリジナル武器やNポイント(最大1万2000ポイント),オリジナルグッズなどの賞品が入手できる(事前応募者限定のものもあり)。
 また,大会に合わせて実施されたゲーム内イベント「来場者特典クエスト」をクリアしてから来場すると,Nポイントやレア素材などと交換できるイベントコードが手に入るなど,来場するだけでもメリットが大きいイベントになっている。

モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン

 加えて,毎回恒例となる,カプコン「MHF」運営プロデューサーの杉浦一徳氏による“ここだけの話”も話題に上がったプレゼンテーション,“「運営レポート」出張版”も行われた,本イベントのレポートをお伝えしよう。

「VS.クエスト チャンピオントーナメント in Autumn 2011」特設サイト

「モンスターハンター フロンティア オンライン」公式サイト


モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン

モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
 「VS.クエスト チャンピオントーナメント」は,2人一組のチームで挑戦する大会だ。
 予選クエストは「ノノ・オルガロン1頭の討伐」で,参加した全チームの中から,タイムアタックで上位4チームが決勝トーナメントに進出できる。武器・防具はあらかじめ用意されたものの中から選択し,アイテムの持ち込みは不可。支給品ボックスにあるもののみ使用可能となる。

 岡山大会で予選に参加したのは合計20チームで,参加した多くのチームがハンマー+αという組み合わせを選択。
 結果,予選を通過した4チームの成績,および使用武器は以下のとおり。もっとも人気の高かった武器種は,ハンマー+双剣の組み合わせだったが,予選2位通過チームはハンマー+大剣,予選4位通過チームはハンマー+ガンランスと,ハンマー+双剣以外の組み合わせでも好タイムを出した点は興味深い。

順位 チーム名 使用武器種 クリアタイム
1位 メロンパン ハンマー+双剣 3分0秒53
2位 闘技党 暗濃雲支部 ハンマー+大剣 3分11秒80
3位 カナリア聖歌隊 ハンマー+双剣 3分29秒03
4位 グークもふもふ ハンマー+ガンランス 3分49秒43


モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
 決勝トーナメントは,特異個体のクシャルダオラが登場するVS.クエスト「クシャルダオラ1頭の討伐」を利用して行われた。
 準決勝は1本先取,決勝戦は2本先取したチームが勝利というルールだ。なお決勝戦は「1武器種はチームで1回限り使用可能」という制限付きとなる。これは,チームメイトと同じ武器を使えないうえ,次のセットでは別の武器を選ぶことが要求される(3セット行った場合,2人で合計6種類の武器種を使うことになる)というルールのため,武器種の選択も戦略上重要になってくる,というわけだ。

 さて,準決勝は,「メロンパン」チームと「グークもふもふ」チームの対戦で第1試合がスタート。両チームとも,ハンマー+ランスという組み合わせを選択し,クシャルダオラの頭を集中攻撃するが,グークもふもふチームが1回力尽きてしまう。一方のメロンパンチームは着実にダメージを重ね,先にクシャルダオラの討伐を達成して,決勝戦へと駒を進めた。

 続いての準決勝第2試合は,「闘技党 暗濃雲支部」チームと「カナリア聖歌隊」チームの対戦。闘技党 暗濃雲支部チームはハンマーと大剣を,カナリア聖歌隊チームはハンマーとランスという組み合わせを選択していた。
 闘技党 暗濃雲支部チームは,クシャルダオラの頭にハンマーの打撃と大剣の溜め3攻撃を華麗に叩き込み,先に討伐を達成して決勝へと進んだ。

 そして決勝戦は,メロンパンチームと闘技党 暗濃雲支部チームの対戦となった。
 1セット目,メロンパンチームはハンマーとランスの組み合わせを,闘技党 暗濃雲支部チームはハンマーと大剣の組み合わせを選択。
 筆者が見ていた限り,闘技党 暗濃雲支部チームは対戦前に「正々堂々と」と宣言していたとおり,VS.クエスト専用の罠は使わずに討伐を目指す,スピード重視の戦略を取っていた。ハンマーのスタンと大剣の溜め3攻撃を次々とクシャルダオラの頭に叩き込み,見事討伐を達成して1本目を先取した。
 続く2セット目は,メロンパンチームが双剣と太刀,闘技党 暗濃雲支部チームがガンランスと弓を選択。今度はメロンパンチームが1本取り返し,1対1のイーブンに。
 そして最終セットでは,メロンパンチームが片手剣と大剣,闘技党 暗濃雲支部チームが双剣と太刀を選択。メロンパンチームは“支給VS睡眠罠”や“支給VS閃光罠”などを仕掛けて足止めを図るも,またもや闘技党 暗濃雲支部チームが先に討伐を達成して,見事岡山大会の優勝を飾った。


運営プロデューサーの杉浦一徳氏による「MHF運営レポート イベント出張版」


「モンスターハンター フロンティア オンライン」運営プロデューサーの杉浦一徳氏
 ここからは,予選と決勝の間に行われた,MHF運営プロデューサーの杉浦一徳氏によるプレゼンテーション,「MHF運営レポート イベント出張版」の模様をお伝えしていこう。
 なお,内容の一部は4Gamerに掲載済みの事前情報記事やインタビュー記事と重複するので,ここでは一部内容を割愛している。より詳しく知りたい人は,以下の記事にも目を通してほしい。

関連記事:
「MHF」大型アップデート「フォワード.2」の最新情報が公開に。新大型モンスター「ゴゴモア」や新フィールド「潮島」を動画で確認しよう
「MHF」頼れる相棒? 新たな仲間「ホルク」が登場&新要素「シリーズクエスト」や,リファイン情報第2弾も要チェック
「MHF」,アップデート「フォワード.2 “跳影,熱帯の猛き眷族”」最新情報。高速納刀&抜刀を実現した高性能武器「親方印武器」に要注目
新モンスター“ゴゴモア”と拡張されるフィールド“潮島”で新たな驚きを。「MHF」大型アップデート「フォワード.2“跳影,熱帯の猛き眷族”」実装直前インタビュー


 杉浦氏はまず,フォワード.2の新モンスターである跳緋獣「ゴゴモア」,新しい仲間「ホルク」を紹介。ホルクについては,“雷属性”に進化した姿を公開したり,30種類以上存在する「学びの書」を集めることでホルクに細かく指示を出したりできることが紹介された。なおホルクは基本的に,ハンターライフコースに加入していれば楽しめる内容になっているという。
 また,新フィールドの「潮島」は,フォワード.2ではベースキャンプ含めて4エリアのフィールドで,今後のアップデートでエリア追加も実現したいと述べていた。

モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン

モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
 ゴゴモアの防具には今回最初からFXシリーズまでの強化派生が用意される。ゴゴFXシリーズを一式揃えると,剣士タイプは「早食い」「回避性能+2」「高級耳栓」「業物+2」,ガンナータイプは「回避性能+2」「反動軽減+2」「装填速度+3」「散弾・拡散矢威力UP」といったスキルが発動すると紹介された。
 また,ルコディオラの素材を使うルコシリーズにもFXへの強化派生が追加される。剣士タイプを一式揃えると「麻痺無効」「業物+2」「切れ味レベル+1」「見切り+2」が,ガンナータイプは「集中+2」「狙い撃ち」「反動軽減+2」「装填数UP」といったスキルが発動するとのこと。
 そのほか,剛種防具のワダツミ/オカミシリーズや,新グラフィックスの武器,進化武器に追加される狩猟笛なども紹介された。なお進化武器では,派生によって旋律も変わるとのこと。

モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン

モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
 先のインタビュー記事でも触れたように,ゲーム内イベントで入手できる“イベント武器”についても,強化段階を追加したと杉浦氏は述べ,大剣「カンゴムフローレス」,ランス「シュヴァルツインゼル」,双剣「ガーベラフィオーレ」といった武器の最終強化時における性能を公開した。
 また,“Nの塊”で生産できる大剣「カリバーン」についても,「カリバーンF」の強化派生が追加されるそうだ。
 そのほか,Nの塊で生産できる防具については,マギサ・青/ウィザー・青シリーズに強化派生が追加される。なお杉浦氏によれば,ネットカフェや課金系の防具については,スキルが充実しているため,その分,防御力を抑え目に設定しているとのこと。「課金防具の防御力が低い」という要望も送られてきているが,そのあたりの調整は,今後の状況を見つつ検討していくそうだ。

モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン

 続いて,以前「こちら」の記事でも紹介しているように,置鮎龍太郎さんや田中理恵さん,植田佳奈さんをはじめとした声優陣がMHFのコンテンツを紹介する動画コンテンツ,「ガールズ・フロンティア 2nd Season」の配信が始まっていることを紹介。それに合わせ,「イメチェンサービス」に植田佳奈さんのボイスが追加されることも発表された。

 そして話題は今後の予定に移り,今後のアップデートについては,2011年9月28日の「フォワード.2」以降は,2012年冬に「フォワード.3」,2012年春に「フォワード.4」を予定していると,杉浦氏は述べた。
 杉浦氏は,フォワード.2プレビューサイトの“次回予告”で,年を越して冬と春の狭間くらいの時期になるであろうことから,最初に「2012年春」としていたと,その理由を説明した(※現在は2012年2月予定と,より具体的な時期に修正されている)。
 また会場では,フォワード.3での実装予定内容の一部が紹介されたのだが,こちらは会場限定の情報ということで,本稿では割愛する。

武器倍率上限撤廃の検討といった話も出た「気になるあの話一問一答」


モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
 次に,「気になるあの話一問一答」と題して,現状のMHFにおけるバランス調整などの話題について,杉浦氏から説明するコーナーとなった。
 まずは武器・防具についての,最近属性値の高い武器が増えているのはなぜか,というもの。これについて杉浦氏は,属性値については,今まで以上に属性を意識して武器を作るといった“遊びの幅”を広げてプレイしてもらいたいという意図から増やしていると説明した。
 過去の武器・防具に強化段階を追加してほしいという要望については,「親方印」の武器や「FX防具」など,フォワード.2で多数実装を行い,また今後もさらに追加していくと,杉浦氏は回答していた。
 なお,ヘビィボウガンをはじめ,全武器種における武器倍率上限の撤廃も現在検討中とのことだ。杉浦氏は,最近ヘビィボウガンの使用機会が減っている傾向にあるが,上限が撤廃されれば,今後活躍の場が増えるのではないかと,自身の見解を示した。
 また杉浦氏は,変種モンスターの肉質リファイン体験会を2011年8月に実施したことに触れ,今後はババコンガ変種,フルフル変種といったモンスターについても,同様の体験会のような場を設けて,調整を行っていきたいとした。

モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン

 ハンターランク(HR)999上限の撤廃は行われないのか,という件については,現在その予定はないと杉浦氏は語る。というのも,HRの次の要素として実装したスキルランク(SR)があるが,それが合格点を出せる段階には至っていないため,それをおざなりにしたまま,HRを拡張することはありえない,まずはSRがもっと魅力的なコンテンツにすることに注力をしていくとのことである。
 また,HRハンターとSRハンターが一緒に遊びづらいという要望が寄せられており,こちらについてはHRハンターとSRハンターで一緒に遊べる企画やクエストを計画中であるそうだ。
 なお,「難しい書物」については,フォワード.2実装以後,Nポイントで入手できるようになるとのこと。また,先述のHRハンターとSRハンターで一緒に遊べる企画やクエストなどでも入手できるようにすることも,現在検討中だという。

モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン

モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
 杉浦氏は,「難しい書物」をNポイントで入手できるようにすることは,かなり悩んだという。たとえば,狩人祭の「祭ポイント」で入手できるようにすればいいのではないかという意見も出たそうだ。
 ただ現在は,狩人祭で接続障害などが発生したときに,祭ポイントや「祭典の証」といった褒賞内容を上方修正するという形での対応を行っているが,「難しい書物」は“センシティブ”なコンテンツであるため,祭ポイントで入手できるようにすると,今後は褒賞内容の上方修正といった対応策が取れなくなってしまうという。そのため杉浦氏は,今回はまず入手手段としてNポイントを増やし,交換の傾向などを見ながら,ほかの入手方法なども検討していきたいとコメントした。

 また,以前βテストやロケテストを実施してから動きのなかった「VS.トーナメント」(公式サイト)については,テスト後に寄せられた意見をもとに調整を行い,フォワード.2で最終確認を行ったあと,実装に向けて動くそうである。

 そのほか,公認ネットカフェとNコース限定のアニバーサリー企画「たっぷり祭り」(公式サイト)については,ネットカフェを優遇しすぎではないかという意見が寄せられたそうだ。こちらは今後,通常の配信での提供を検討しているとのこと。

モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン
 以前「フォワード.1」プレビューサイト内で公開された「フォワード.1の歩き方」において告知をしていたものの,フォワード.2まで実装できなかったコンテンツがあることをお詫びするとともに,狩猟笛「くろくろ【クゥーン】」と防具「ブランFシリーズ」は2011年10月に,大剣「アミクスセヴァー」と片手剣「グランドガルセイン」は2011年11月に実装予定であると,あらためての予定を告知した。
 なお杉浦氏は,これらを実装できなかったことはお詫びするしかないが,手抜きなのではなく,あくまで優先度に従ったものだと説明した。
 たとえば,「HC武器大作戦」など,フォワード.1で実装されたコンテンツやイベントなど,全体の3割ほどは,フォワード.1実装以後に状況を見ながら急遽実装を行ったという。

ゴゴモアにちなんで,毎月5・15・25日には“プレイヤーが喜ぶ”クエストを配信するかもしれないなど,今後の予定も一部明らかにされた
モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン

交流酒場を少人数で占有したり退出するようなことはせず仲良くしてほしい,ネットカフェでログイン放置したまま帰宅したりするようなことは,セキュリティ上危険なのでやめてほしいといったお願いも
モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン

 また杉浦氏は,9月28日にラヴィエンテを主体とした,新しいベンチマークソフトをリリース予定であること,VS.クエストチャンピオントーナメントのイベントで47都道府県を踏破したあとには,数百人以上の規模のイベントを実施してみたいといった,今後の展望にも触れていた。

現状におけるHR/SR/秘伝書所持数といったサーバー分布のデータも公開された。中でも注目は,Xbox 360版のサーバー4である。1年ちょっとが経過したXbox 360版のサーバーも,サービス開始から4年が経過したPC版と引けを取らないデータが出ており,SRについてはサーバー1〜3よりも平均値が高いという結果に。秘伝書の所持数では,双剣がトップ,次いで弓,ランス,大剣,片手剣という順位に。杉浦氏は,トップ5入りしない武器種は魅力が低いことの裏返しであり,今後対策を行っていきたいと述べていた
モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン モンハン | MHF | モンスターハンター フロンティア オンライン

 以上で,「VS.クエスト チャンピオントーナメント in Autumn 2011」岡山大会レポートは終了だ。
 4GamerのMHFインタビュー記事を毎回読んでくれている人なら分かると思うが,このイベントでは,杉浦氏をはじめとしたMHFチームが,直接プレイヤーとふれあい,意見や要望を聞き,それを今後の運営に生かしていきたいという思いから実施されているものだ。
 冒頭でも書いたが,本イベントは,大型アップデートの時期に合わせて実施されることが多いため,次は「フォワード.3」の実装予定時期である,2012年1〜2月頃に実施されそうな感じである。
 次の開催が近郊で開催される際には,MHFプレイヤーはぜひ一度足を運んでみてほしい。

「VS.クエスト チャンピオントーナメント in Autumn 2011」特設サイト

「モンスターハンター フロンティア オンライン」公式サイト


  • 関連タイトル:

    モンスターハンター フロンティアZ

  • 関連タイトル:

    モンスターハンター フロンティアZ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月28日〜05月29日