オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
スカッとゴルフ パンヤ公式サイトへ
読者の評価
76
投稿数:57
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/12/14 20:07

イベント

2009年の「パンヤ」日本一が決定。オフラインイベント「PJC2009 グランプリ」レポート

 オンラインゴルフゲーム「スカッとゴルフ パンヤ」(以下,パンヤ)のオフラインイベント「PJC2009 グランプリ」が東京港区にある「NEW PIER HALL」で開催された。これは,パンヤの運営元であるゲームポットが12月1日から12月15日まで行っているイベント「Gamepot Festa 2009」の一環として開催されたもの。昼前から夕方まで,約7時間にわたってパンヤ関連の催しがぎっしりと盛り込まれたイベントで,有意義な時間を過ごしたファンが多かったようだ。

 なお,4Gamerでは当日行われたトークセッションの内容をすでに紹介している。本稿ではそれ以外のイベント,各試合の様子,会場全体の雰囲気などをレポートしよう。



瞬きも許されない(?)高速展開の「PJCスピーダー」


スカッとゴルフ パンヤ
ゴー☆ジャスさん
 お笑い芸人のゴー☆ジャスさんによるネタで会場が盛り上がった後,最初の試合となる「PJCスピーダー」が行われた。PJCスピーダーとは,指定されたコースをホールアウトするまでの“時間の短さ”を競うという種目だ。スコアは問われないが,1度でもボギー以下を出すと,その時点で失格となってしまう。

 今回出場した選手は,オンライン予選を勝ち抜いた,「変神たるとん」選手,「ぬるぽを叩け!!」選手,「変態侍52」選手,「†菅野走一†」選手の4名。使用キャラクターは全員がケンだったのだが,その理由はキャラクターのパラメータがどうこうといった次元の話ではなく,「ショット時のモーションが他キャラよりも短いから」である。

 普段のパンヤ,とくにこういった大舞台にもなると,選手達はワンショットごとに熟考を重ねることになる。見ている方も息が詰まりそうな緊張感があるのだが,その点スピーダーの選手達は,一切迷うことなく,気持ち良いくらいスパスパと打ち込んでいく。

スカッとゴルフ パンヤ
磯村知美さん(左)と(わいん)ぜりー氏
 試合の実況と解説を務めたのは,GMの(わいん)ぜりー氏と,声優の磯村知美さん。このコンビによる実況と解説には定評があるが,それでも各選手の動きをすべて追っていくことは難しい。大げさな表現ではなく,瞬きをする間にも各選手はコースをどんどん進んでいき,「変神たるとん」選手が約14分というクリアタイムで見事優勝。単純計算で,1ホールあたりの攻略時間が50秒前後という短さだった。

スカッとゴルフ パンヤ


女同士の壮絶な戦い。新たな種目「レディースカップ」


スカッとゴルフ パンヤ
 今回のオフラインイベントでは新たな競技種目として,女性だけが参加できる「レディースカップ」も行われた。この種目に限り,予選などはなく当日に会場で選手登録が受け付けられていた。

 レディースカップの試合コースは,「Ice Spa」のフロント9ホール。やはり女性ということで,アバターの衣装に凝ったプレイヤーが多い印象。導入されたばかりのカットインを使っている選手も多かったのが特徴的だ
 だが,見た目にこだわっているだけでなく腕も確かで,スコアは総じて高い。その安定したプレイ振りにGMの(わいん)ぜりー氏も感心していた。
 とはいえ,PJCグランプリでは当たり前と思われる場面でも,レディース大会では歓声があがるなど,観戦者の雰囲気はほかの試合とはだいぶ異なっていたようだ。真剣勝負が多いなか,観戦する側にとっても丁度いい息抜きになったといえるだろう。


スカッとゴルフ パンヤ
 そんなレディースカップを制したのは「Jenny128」さんだ。スコアは-19で,4609PPという成績である(フロント9ホール分)。レディースカップの開催意義は十分あると思えたので,選手の募集方法を検討したうえで,来年以降の展開に期待したい。



パンヤトッププレイヤー達が腕を競い合う「PJCグランプリ」


 当日のメインイベントとなったのは,2009年のパンヤ日本一プレイヤーを決める「PJCグランプリ」だ。この1年を通して行われた各種大会から,選りすぐりのプレイヤー8名がこの会場に集結した。

“-yusk-”選手
“☆☆コウ☆☆”選手
“【佳司】”選手
“BRAVE_PHOENIX”選手
“ゆりしぃ〜”選手
“(てんし)一輝”選手
“サイクロンpsgp”選手
“つばめ(あくま)”選手

スカッとゴルフ パンヤ
 今年のPJCの特徴は,オンライン予選のほかにもネットカフェでの大会や,出場地区ごとにプレイヤーが腕を競い合う“天下統一戦”からも,出場選手が選出されているところ。PJCというイベント全体が,2008年よりも一回り大きくなったという印象だ。

 12時半から行われた決勝第一試合のコースは,「Sepia Wind」のフロント18ホール。ここの成績で8名から4名まで絞り込まれ,決勝ファイナルへと続く流れだ。

スカッとゴルフ パンヤ

スカッとゴルフ パンヤ
 試合展開を見ていくと,高パワーのカズを操る【佳司】選手が,早い段階から頭一つリード。同選手はその後,後続プレイヤーにプレッシャーを与えつつ,自分は無理せず着実にスコアを重ねていくという作戦を取ったようだ。
 ところが【佳司】選手はゆっくりプレイしすぎたのか,最終18ホールのパットを沈めたのは規定時間(40分)が終了する3秒前。見ているほうもちょっと冷や汗をかいてしまったが,最終スコアは-33,獲得PPは1万988という見事な成績でトップ通過。それに-yusk-選手,☆☆コウ☆☆選手,サイクロンpsgp選手が続く形となった。


 PJCグランプリの決勝ファイナルは,16時から開催された。ファイナルは「Eastern Valley」と「Deep Inferno」の2コースを大会モードでプレイし,その総合成績で競い合うというルールだった。

 ちなみに四分割されたメインスクリーンは,左上が【佳司】選手で,右上が-yusk-選手,左下が☆☆コウ☆☆選手,右下がサイクロンpsgp選手となっている。Eastern Valleyでの使用キャラは,それぞれカズ,アリン,カズ,アリンだ。

スカッとゴルフ パンヤ

 出場選手の中でとくに見ごたえがあったのは,四分割スクリーンの右下に表示されるサイクロンpsgp選手。同選手は最近のパンヤでは屈指の凄腕プレイヤーとして知られており,今回の試合前にも「パンヤショットが決まった数だけチップインできる」と豪語していた。
 ところが,サイクロンpsgp選手はメインスクリーンで大きくピックアップされるとミスすることが多く,ほかの選手が解説されていると,四分割スクリーンの隅でチップインなどを連発。その都度大きな歓声が上がっていたので,ちょっと実況泣かせの選手だったかもしれない。

スカッとゴルフ パンヤ スカッとゴルフ パンヤ
スカッとゴルフ パンヤ スカッとゴルフ パンヤ

スカッとゴルフ パンヤ
 また,☆☆コウ☆☆選手は慣れない舞台に緊張したのか,普段通りの実力を出せずに苦労していたようだ。大舞台ならではの戦術があるようで,PJCグランプリ2008で優勝経験を持つ-yusk-選手が,-35のスコアでトップに躍り出た。

 決勝ファイナルの第二試合で行なわれたDeep Infernoは,現在のパンヤで屈指の高難度コースとして知られている。飛距離を求められるコースのためか,-yusk-選手とサイクロンpsgp選手は,使用キャラをケンに変更していた。
 プレッシャーのかかる状況で大会モードを1日に3回もこなすというのは,選手にとって体力的にも精神的にもきつかったようで,Deep Infernoではこれまで冷静にプレイしてきた-yusk-選手も含め,ミスが目立つようになっていた。

 そんな心身共に激しい消耗戦となったDeep Infernoを制したのは,中盤以降から急激な追い上げを見せたサイクロンpsgp選手。ちなみにDeep Infernoは同選手にとっての得意コースで,-40という凄まじい記録を持っている。今回のスコアは-23だったが,普段とは勝手の違う環境でプレイしていることを考えれば,立派な成績といえるだろう。

 そして2コース分の最終結果は,-yusk-選手が何とかリードを守りきって優勝。総合成績は-62,獲得PPは1万7722で,PJC2連覇という快挙を成し遂げ,今年のPLCも無事に終了。その後は,来場者全員が対象に行われる大抽選会で盛り上がっていた。

スカッとゴルフ パンヤ
スカッとゴルフ パンヤ
  • 関連タイトル:

    スカッとゴルフ パンヤ

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2017/06/30)
スカッとゴルフ パンヤ よくばりキット 通常版
Software
発売日:2007-12-14
価格:14800円(Amazon)
amazonで買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月24日〜07月25日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年01月〜2017年07月