オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ファイナルファンタジーXI公式サイトへ
読者の評価
81
投稿数:90
レビューを投稿する
海外での評価
85
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/06/22 20:43

プレイレポート

「FFXI」過去最大級のボリュームでアップデート実施。新アドオン“アビセア”,6年半ぶりのレベルキャップ開放,プロマシアのLv制限撤廃などを紹介

ファイナルファンタジーXI
 6月22日,スクウェア・エニックスのMMORPG「ファイナルファンタジーXI」PC / X360 / PS2)において,大規模アップデートが実施された。今回のアップデートは,FFXIのサービス開始以来最大級といえるもの。アップデート内容は多岐にわたるので,プレイヤーは公式サイトの説明も,しっかりと確認しておこう。本稿では,アップデートの主な見どころを紹介していく。

「ファイナルファンタジーXI」公式サイト



実に6年半ぶりにレベルキャップが開放!

レベル80向けのコンテンツ環境が登場


レベルキャップを開放するには,恒例の“限界突破”クエストの攻略が必須。難度はあまり高くないので安心しよう
ファイナルファンタジーXI
 なんといっても最大の注目点は,プレイヤーキャラクターのレベルキャップが80へと開放されたことである。FFXIでは,2003年12月にレベルキャップが75と定められ,それを前提としたコンテンツの追加や,レベルとは別枠の成長システム“メリットポイント”などを実装してきた。それが今回のアップデートを皮切りに,最終的にはレベル99までの開放を見据えて,ゲームバランスが調整されていくのだ。サービス開始から9年目を迎えたFFXIは,ここへきて新たな方向へ進もうとしている。

 レベルキャップの開放により具体的に何が変わるのかを,一つずつ確認していこう。まずは全ジョブを対象に,レベル76〜80用のアビリティや呪文が多数追加される。これだけでも相当な量があるので,詳しくは公式サイトの一覧を確認してもらいたい。
 また,各ジョブの立ち回りに影響がありそうなバランス調整も行われている。多くのプレイヤーにとって興味深いのは,踊り子が“二刀流”を会得したことで,サポートジョブのトレンドが微妙に変化しそうなこと。もう一つは,敵対心のバランス調整により,赤魔道士が盾役になる際の動き方が変わってきそうなことだ。


ファイナルファンタジーXI
 メインジョブのレベルが75から80へと開放されることに合わせ,サポートジョブのレベルキャップは,37から40まで引き上げられている。たった“3”とはいえ,これが劇的な変化をもたらすことは,FFXIプレイヤーにとっては説明するまでもないだろう。コンバート(赤魔道士),ヘイスト(白魔道士),女神降臨の章(学者)などといった多くの能力が,メインジョブに関係なく使えるようになるわけで,全ジョブの特性をあらためてチェックする必要が生じる。

 FFXIのバトルコンテンツの多くは,レベル75向けにバランス調整されていることから,レベルキャップの開放によって,それらの難度が相対的に緩和されることになるのも大きなポイントだ。たとえばRaidコンテンツに関しては,従来よりも少ない人数での攻略が可能になることで,一般公募などにも参加しやすくなるかもしれない。

ファイナルファンタジーXI
 レベル76以上のキャラクターに向けては,今回のアップデートで“アビセア”および“ウォークオブエコーズ”といったハイエンドコンテンツが用意された。そのほかにも一部のエリアで,ハイレベル向けにバランス調整が行なわれている。当分の間は,レベルシンクなどの既存コンテンツを含め,レベル上げを行なう人達でヴァナ・ディール全体が大きく賑わうことになりそうだ。


バトルエリアを拡張するアドオン“禁断の地 アビセア”


アビセアのクエストは,“ジュノ港”のエリアへ移動すると始まる。軽く説明を受けたあと,3エリアのいずれかへと向かおう
ファイナルファンタジーXI
 6月22日より,FFXIの新アドオン“禁断の地 アビセア”でのプレイも解禁となった。今回はバトルエリアを拡張するものとなっている。さっそくソロプレイで挑戦してみたところ,これまでになかった要素が多く盛り込まれており,なかなか新鮮。全体を把握するのには相当な時間がかかりそうな雰囲気だ。

 ざっくばらんに説明すると,アビセアとはデュナミスに似た異次元のエリアで,今回のアドオンではラテーヌ高原,コンシュタット高地,タロンギ大峡谷のそれぞれに対応したエリアが導入されている。各エリアに新たに設置された“禁断の口”から,アビセアへと進入できる形だ。

ファイナルファンタジーXI ファイナルファンタジーXI
ファイナルファンタジーXI ファイナルファンタジーXI

ファイナルファンタジーXI
 アビセアの入口付近は,NPCがたむろしたちょっとした拠点のようになっており,時間制限をはじめとした特殊なルールについて教えてもらえる。エリア内での滞在時間は,20時間経過ごとにもらえる“トラバーサー石”の使用数により,30分単位で選択でき,その間にフィールドを冒険しながら,ノートリアスモンスターとのバトルや,ポイント獲得などといった冒険が楽しめるようだ。
 ちなみにトラバーサー石は,オープン時は最大3個まで所持できるが,アビセア内で入手できる“だいじなもの”があれば,最大4個まで所持できるようになる。

 モンスターの強さに関しては,レベル75のキャラクター視点だと,入口付近では“ちょうど〜おなつよ”前後。しばらく奥へ進むと,“とてつよ”が中心になる。その景観からデュナミスを彷彿とさせるアビセアだが,前者に比べればモンスターが密集しておらず,ソロプレイ〜少人数のパーティでも気軽に転戦できそうな印象を受ける。レベル上げ目的でも活用できるかもしれない。地形に関しては,元のエリアをベースとしているものの,微妙に違っているようだ。

 エリアの中には所々に宝箱があり,その内の一つから“クルオ”なるポイントが獲得できた。これを一定量集めて,報酬と交換できるシステムがあるのかもしれない。また,ノートリアスモンスターをポップさせるなど,ほかにもさまざまな仕掛けが用意されているようだ。

ファイナルファンタジーXI ファイナルファンタジーXI

 ちなみにアビセアの報酬に関しては,“エンピリアンウェポン”特設サイト上にて公開されている。いずれもレベル80用の武器で,ダメージレートを見る限り,既存のものと比べて数ランク上の性能を持っていることが分かる。しかもこの武器は,今後“メイジャンの試練”を通じて,グレードアップも可能だそうだ。以前オフラインイベントで軽く紹介されていた“第3の最強武器”とは,このエンピリアンを指していたのかもしれない。ミシック/レリックウェポンを狙うような人にとっては,要注目といえそうだ。

ファイナルファンタジーXI ファイナルファンタジーXI ファイナルファンタジーXI


あらゆるプレイヤー層向けの盛りだくさんな内容


ウォークオブエコーズのミッション条件は割と低め。過去世界で所属する国によって,ミッション内容が大きく変わることはないので安心しよう
ファイナルファンタジーXI
 コアプレイヤーにとって,そのほかの見どころといえるのは,ハイエンド系コンテンツの“ウォークオブエコーズ”の実装と,“メイジャンの試練”のクエストが多数追加されたことである。前者に関しては,前提条件となるアルタナミッションのハードルが意外と低めに設定されており,今から開始してもすんなり達成できるはず。
 ウォークオブエコーズは,従来のバトルコンテンツと比べると,エリアに“占有”の概念がなく,他プレイヤーとの協力に重点が置かれているようだ。レベル上げとアビセアの合間に挑戦してみてはいかがだろうか。

ファイナルファンタジーXI
メイジャンは次第に人気が出てきている。コツコツと進められるコンテンツは,日本人プレイヤーとの相性が良いのかもしれない
ファイナルファンタジーXI
メイジャンのクエストではNMとの戦闘パートもある。もちろんこれに関しても,レベルキャップの開放で難度が緩和されている

 ライトプレイヤー層は,フィールド/ダンジョンのエリアとバトルフィールド戦の両方において,「プロマシアの呪縛」関連のレベル制限が全撤廃されたことに注目してほしい。例えば,ミッション序盤の“プロミヴォン”は,従来だとレベル30の制限が課せられていたが,現在はこれに,レベル75や80のキャラクターでも挑戦できるのである。極端な話,ソロプレイでもプロマシアミッションをある程度進められるようになるのではないだろうか。

プロマシアミッションではこれまで,数多くのバランス調整がなされてきた。さまざまな事情でミッションがクリアできなかった人も,この機会に進めてみてはどうだろうか
ファイナルファンタジーXI ファイナルファンタジーXI

 最後に,これはアップデートとは少々異なるが,インゲームアイテムや金銭が当たる“モグボナンザ”では,6月24日に当選番号の発表が行われ,それ以降に引き換えが可能となる。この件も含め,これからのFFXIの盛り上がりはちょっと凄いことになりそうな予感。例えば,レベル75のキャラクターを持っていて,現在はプレイを休止しているような人も,この機会に再びログインしてみるのも悪くないだろう。

「ファイナルファンタジーXI」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI アトルガンの秘宝

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI ジラートの幻影

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI プロマシアの呪縛

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI アルタナの神兵

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
92
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
78
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月